とんとんはうす

ワクワク建築学校、古民家再生、衣食住DIY

「観世能楽堂」が銀座の新スポット・GINZA SIXに開場。伝統芸能を気軽に楽しめる

2017年03月23日 | 謡部
観世能楽堂




観世kanze.net
http://kanze.net/index.php



「GINZA SIX」
http://ginza6.tokyo/features/04-noh-theater/



能楽最大流派の観世流の本拠地である「観世能楽堂」が、銀座松坂屋跡地中心に誕生する複合施設「GINZA SIX」に移転・開場する。
オープン日は2017年4月20日(金)。
能だけじゃなく、舞台も楽しめる「観世能楽堂」
「GINZA SIX」 は、地上13階、地下6階、約15万平米という銀座最大の複合施設となる。観世堂は地下3階で地下鉄の駅と直結する。

「GINZA SIX」外観イメージ
「観世能楽堂」は、2015年3月まで渋谷の松濤に構えていた観世堂の総檜の舞台がそのまま移築される。座席数は480席。
多目的ホールとして、能の公演以外にもさまざまな創造的な舞台として活用できるように設計されている。

能舞台 内観イメージ
開場記念公演は、二十六世観世宗家の観世清和をはじめ、各流宗家、流儀を代表する楽師、人間国宝、芸術院会員が顔をそろえ、
昭和47年4月に行われた松濤の観世能楽堂舞台披き祝賀能組の番組を再現する。
さらに公演の日賀寿(ひかず)能と呼ばれる特別な連続興行も開催される。
チケットは2017年1月29日(日)より販売開始。
2017年6月からは、観光客や仕事帰りのサラリーマン、OL、学生などが気軽に日本文化にふれることのできる伝統芸能の公演を、毎週月・火・水曜日の夜に行っていく予定。
コメント

3/23~3/25「ジャパン ドローン展」幕張メッセで開催中

2017年03月23日 | ドローン部
ジャパン ドローン展


主催者JUIDAについて
一般社団法人日本UAS産業振興協議会(略称JUIDA:Japan UAS Industrial Development Association)は、近年飛躍的な発展を遂げている無人航空機システム(UAS:Unmanned Aircraft Systems)の、民生分野における積極的な利活用を推進するとともに、UASの応用技術の研究開発、安全ルールの研究、人材育成、環境整備に努め、UAS関連の新たな産業・市場創造、健全な育成と発展に寄与するために、非営利・中立の立場でさまざまな活動を行っている。理事長は、東京大学大学院教授の鈴木真二が就任。設立は2014年の7月。2016年6月現在、正会員・賛助会員等の会員数は約400を数えている。
連絡先
一般社団法人日本UAS産業振興協議会
東京都千代田区神田錦町3-16-11 エルヴァージュ神田錦町4F
TEL:03-5244-5285(受付/土日祝日除く9:00~17:00)
FAX:03-3293-8802
コメント

四角豆の種蒔き

2017年03月23日 | 野菜作り
そろそろ薪時です。ベルさんに貰った「四角豆」、豆ごとに表情が豊か!可愛い~



夏にはグリーンカーテンになるんだって!頑張ろう~

四角豆の種蒔き
http://yasainosodatekata.com/sodatekata/miyasai/sikakumame.html



コメント

アイスクライミング~八ヶ岳赤岳

2017年03月23日 | 古民家再生部


アイスクライミング~八ヶ岳赤岳

http://nagano-outdoor.com/ice-climing-yatsugakate/



岩根山荘
http://www.iwane-inc.co.jp/sanso/
コメント

(3/27~4/1長野)古材活用でアップサイクル~諏訪

2017年03月22日 | 古民家再生部
 リサイクルで「新しいもの~カッコいいもの」を生み出す。 2016/6/1
リビルディングセンター・ジャパン


いろいろな建具を組み合わせて
 

武蔵境の料理店「お酒と料理 えいよう」さん (境1丁目12)


古材の提供者に、古材で作ったトレーをプレゼント



このテーブル、おしゃれ~~~。






古い「箪笥」の引き出しを・・・


壁一面に張り付けて。





新しい価値観で、新しいものをつく
コメント

9月20日 全日空工場修学旅行

2017年03月20日 | フィールドワーク部
9月20日(水)定員13名 時間 15時~16時半 そのあと新橋で「懇親会」

「ANA機体メンテナンスセンター見学」



所要時間は合計90分です。内容は状況により異なります。
順路1 - 受付け カウンター

エアフレームメンテナンスビル向かいの「コンポーネントメンテナンスビル」にて、入館手続きをしていただきます。
1階受付カウンターにて、お送りしております入館証をご提出ください。引換えに入館パスをお渡ししますので、各自そちらを着用してください。見学案内係員の誘導で1階の講堂にご案内します。
団体バスでのご来場
エアフレームメンテナンスビル向かいの「コンポーネントメンテナンスビル」正面玄関にお越しください。
代表者の方に入館手続きをしていただきます。お送りしております入館証と引換えに入館パスをお渡ししますので、各自そちらを着用してください。見学案内係員の誘導で1階の講堂にご案内します。
バスは警備員の誘導で建物裏の駐車スペースにご案内します。
順路2 - 1階講堂

講堂での説明内容
お客様の年齢層に合わせて、ANAグループが使用している飛行機についてご紹介します。
順路3 - 格納庫

整備作業中の実機見学
※格納庫内では階段を利用する移動があります。
A ヘルメットを着用して格納庫に出ます。
B デッキでの格納庫等の説明
C 飛行機の説明












コメント

満員御礼「西陣和紙でDIY講習会」

2017年03月18日 | 和紙DIY部
3月18日(土)≪西陣和紙でDIY≫
沢山のご応募を戴きました。
ありがとうございました。引き続きお受けしております。

「地域新聞」さん、3月3日号で公募しています。
今年は頑張って講習会の回数を増やしていきたいと思います。
今回は、船橋駅近くの「中央公民館」です。






3月18日(土)は、「第9集会室」12時半~14時半  参加費900円
4月15日(土)は、「第3和室」12時半~14時半  参加費900円


 「免許証入れ」と「ご祝儀袋」  ふくさ代りに使うと便利です。


 「御朱印メモ帳」「和綴じメモ帳」「しおり」


 「お箸袋」と「コースター」どす。西陣和紙の残りを使い切りました。



 昨年の「子供工作教室」での2種(メモ帳&名刺入れ)を、大人が作るかたちになります。
時間はたっぷりですから、小学生には負けられませんね。(笑)

そのほかの作品も、希望があれば・・・。船橋駅から徒歩7分。中央公民館 第9集会室。












船橋・中央公民館(船橋駅から徒歩7分)。時間と部屋の変更です。
4月15日(土) 12時半~24時半  中央公民館 第1和室 定員10名


「謡本」の修理~完成。



「和綴じ」の技術を使います。



ビフォー 50年使い込んだ「謡本」





 

★ 西陣和紙の「歩留まり」が完璧にできました。1ミリの余りも出さずに完成です。
 ★ 指先を使うこと、綺麗な和紙を見ることで脳を刺激、認知症予防になります。
 ★ 日本の伝統文化にふれ、外国の方へのプレゼントにも喜ばれます!









 ★ 地域新聞 3月 4月  1/20  2/7  2/9  3/3   3/18 4/15
5月 6月  3/20 4/7 4/9 5/3 5/18 6/15



このバナーをポチッとして戴くと、ブログ村のランクが上がります。よろしくね。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへにほんブログ村
        
コメント

6月定例会「すずらん祭り」

2017年03月17日 | 古民家再生部
スズラン祭り


http://www.fujimipanorama.com/summer/top_info/suzuran/
コメント

7月『Reborn-Art Festival』石巻に行こう!

2017年03月16日 | 復興支援 
「311」まであと1週間。あの日から6年、今年私たちには何が出来るのだろう。
この夏、石巻で開催される『Reborn-Art Festival』に行ってみませんか?
7月と8月に、「とんとんはうす」独自のツアーを考えています。

『Reborn-Art Festival』  2017年7月22日~㋈10日
『Reborn-Art Festival』とは、「アート」「音楽」「食」を楽しむことのできる総合型フェスティバルです。
「観て、聴いて、食べて、感じる。」ことで、これからの自分に出会うことができる。
そんな体験が今夏、待っているはずです。http://www.reborn-art-fes.jp/




フェイスブック『Reborn-Art Festival』
https://www.facebook.com/rebornartfes



震災後の東北に捧げる作品「時の海」。後世に残す3,000個のLEDガジェットー宮島達男
このプロジェクトについて
LEDでできたデジタルカウンターを用いた作品で世界的に知られる現代美術家・宮島達男が東日本大震災の犠牲者への鎮魂のために東北に作品「時の海」を制作します。10年がかりで制作する本作の礎となる、賛同者を国内外から募ります。
東日本大震災で「亡くなられた人々への鎮魂」と、その「未曽有の大災害の記憶」を後世に残すため、巨大プールに3000個のLEDガジェットが点滅する作品を、宮城県石巻市の太平洋を望む牡鹿半島の一角に設置します。
 東日本大震災が起きて、即座に何かしなければと考えました。
 まず、震災から2日目に東京・六本木ヒルズにパブリック・アートとしてある私の作品「カウンター・ヴォイド」(テレビ朝日本社の壁面)を消灯するよう、テレ朝に提案しました。9から1までデジタルの数字がカウントされていく巨大な光の壁をご覧になった方もおられるでしょう。
 震災4日目には、当時、私が副学長を務めていた東北芸術工科大学(山形市)に入り、学生たちを激励。その後はボランティアの一員として宮城県石巻市での泥かき作業に従事し、美大生やその卒業生が主催したAAFJ(絵を描いて販売し義援金にする活動)にも、自ら絵を描いて参加しました。








コメント

2018年 新年会~ベントモデルノ

2017年03月14日 | 古民家再生部
ベントモデルノ

http://www.v-moderno.com/
コメント

「発酵研究部」&「ドローン部」&「和紙DIY部」のブログできました!

2017年03月13日 | 発酵研究部
★ 西陣和紙を使って創作する会はこちらへ。 「和紙DIY部」

★ 発酵食品の研究に関しては、こちらのブログへ「発酵研究部」ブログgood850

★ドローン操縦に関してはこちらのブログへドローン部

「アメーバブログ」は、動画がご覧いただけます。




コメント

「 ドローンスクールジャパン東京」(潮見)行ってきました!

2017年03月03日 | ドローン部
 特別なご紹介を戴いて「産業用ドローン」のパイロットスクールで飛行体験させてもらいました。
残念ながら、飛行訓練場の撮影はできませんでしたが、「赤外線カメラ搭載」のファントム3を撮影しました。

緊急用の赤い塗装「ファントム3」


「ファントム3」は赤外線カメラを装着することができる。


シュミレーター









ドローンスクールジャパン
http://www.skyrobot.co.jp/school.html


(株)スカイロボット
http://www.skyrobot.co.jp/
コメント

「やっぱり鉄がいい~Fe★NEEDSさん

2017年03月02日 | アイアン製作部
 憧れの~アトリエ。今日は感動した加工場をご紹介、家具や作品は後日ご案内します。


 丁度1年前「半自動」を購入したっきり・・・(篝の誕生日プレゼントらしいのですが)それさえ忘れていました。
「Fe★NEEDS 中目黒店」で、忘れかけていた鉄のアトリエの夢を思い出しました。

中目黒ガード下のお洒落な空間~磨かれた感性を感じました。でも実は非常に素朴だった・・・。
桑原さんのお話が面白くて、ついつい長居をしてしまいました。皆さん、ごめんなさいね、お忙しいのに~。



写真説明
1「加工場」外観    234 「加工場」内部









feneeds 中目黒
https://feneeds-nakameguro.shopinfo.jp/



このバナーをポチッとして戴くと、ブログ村のランクが上がります。よろしくね。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへにほんブログ村
コメント

3/8 「木まま工房」上野村

2017年02月27日 | DIY木工部
ご縁ですね~。函館で「木まま工房」さんゆかりの方にお会いしました!びっくり!









木まま工房

住所 上野村新羽1365-1
電話 0274-59-2964
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休








大野さん


<観光協会/a>
http://user.uenomura.ne.jp/kankou/buy/kimama.htm



「木まま工房」さんと「遊木民」
ブログ紙&木(遊木民)



「木まま工房」さんと「ティンバーヤード」
コメント

3/15 住んでみたい「ぬくもりの森」

2017年02月27日 | 店舗案内
浜松「ぬくもりの森」









ぬくもりの森内にある「ぬくもりコテージ」をお客様に公開させていただいております。
中庭の奥に佇むこの建物は、ぬくもりの森オーナー佐々木茂良が数年前まで自宅として実際に住んでいた建物です。
佐々木茂良建築デザインアトリエ(ぬくもり工房)の住宅建築の一例として皆様にご覧いただきたいというオーナーの想いから、このたび扉を開かせていただきました。
 


このバナーをポチッとして戴くと、ブログ村のランクが上がります。よろしくね。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへにほんブログ村
 
コメント