渦の道~Un vorticoso modo~

サッカーJリーグディビジョン2の徳島ヴォルティスについて語るブログ

相性は悪いかもな

2016-09-18 20:20:33 | Weblog
第32節VS山形戦終了しました。

スタメンは変わらず。天候は雨でのスタートとなり、気温も20度ちょっととかなり涼しい気候となりました。

試合は立ち上がりから山形の攻撃を受ける形でペースを握られると、11分に中央を破られてディエゴに押し込まれ、早くも失点。

失点の時間帯が早過ぎる。

しかし、その後盛り返し、23分に右サイド藤原が送ったボールを最後は大崎が冷静に押し込み同点に追い付く。

攻守は一進一退。そんな中、41分にセットプレーのピンチ。ゴール前での競り合いの中、こぼれ球を最後はアルセウに押し込まれて失点。再びリードを許す。

1点リードのまま折り返し、後半も守勢の中、カウンターを狙うも、シュートが枠に行かず。

カルリーニョスの再三のミドル、木村のシュート、石井のヘッドは枠を捉えず。内田、広瀬のクロスは味方に繋がらず。

交代カードは大崎→山崎、佐藤→渡、木村→キョンジュンと攻撃カードを投入するも流れを変えるには至らず。

1-2での敗戦となってしまいました。せめて勝ち点1でも取りたかった所ですが。

やはり、受けにまわる時間帯が多かった様に思います。ゲーム展開のペース配分が上手く行かなかった印象は拭えず。

シュート数も8本と相手より少なく。余り効果的な攻撃は出来ていなかった様に思います。

攻守共に課題の残る一戦となってしまいました。色々かなり厳しくなってきました。

とはいえ、4日後には天皇杯があるので。それに向け、疲労を軽減させること、次節も踏まえて、どういうメンバー構成にするのか、よく考えないといけない所です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先ずひとつ。 | トップ | 荒れそう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。