ITニュース、ほか何でもあり。by KGR

ITニュースの解説や感想。その他、気になる話題にもガンガン突っ込む。映画の感想はネタばれあり。

試写会「レッド・クリフ Part1」

2008-10-24 02:27:32 | 映画感想
2008/10/23、文京区春日の文京シビックホールでの開催。
会場については別途詳しく書くが、1、2階合わせて約1800席。
雰囲気は中野サンプラザ。

司会者によれば、今回は東京メトロのサンクスイベントで、
500組1000名の招待、応募倍率は約25倍と言うことだった。

最後にはパート2の予告もあります、と告知された。

**

ジョン・ウー監督が三国志を描いた作品。

諸葛亮(孔明)に金城武、甘興(甘寧がモデルの架空の人物)に中村獅童。

これだけ有名な物語であるにもかかわらず、
ハッキリ言って私自身は三国志についてはよく知らない。

聞くところによれば、
正史(公認歴史書)としての「三国志」(三国志正史)と、
歴史小説としての「三国志演義」があるそうだ。

この映画では、「三国志演義」を元に、
208年に曹操に対して劉備、孫権連合軍が戦った
「赤壁の戦い」をメインに置いている。

***

冒頭はおそらく日本版だけのアニメーションで、
「赤壁の戦い」に至るまでの展開で、
曹操軍の侵攻や、劉備軍の敗退などの背景を説明して、本編に入る。

非常にざっくりと言うと、
魏の曹操軍に追い立てられて敗走した蜀の劉備軍は、
諸葛孔明の戦略に則って、呉の孫権と同盟を結び、
長江の要所「赤壁」で曹操を迎え撃つ。

80万の兵力と2千の船舶で戦いに挑んだ曹操は、水軍攻撃と見せかけ、
騎馬兵の攻撃を仕掛けるが、諸葛亮の策略にはまり騎馬兵は敗退する。

曹操は陸からの攻撃を捨て、赤壁の対岸に陣を構え、機が熟すのを待つ。

2時間半にも及ぶPart1はここまででおしまい。

赤壁の戦いの本編は、09/4公開のPart2
(原題「赤壁:決戦天下」)に持ち越された。

***

さて、「三国志演義」によれば、赤壁の戦いでは、
既に、Part1でそれをにおわせるセリフが語られているが、
呉の周瑜と蜀の諸葛亮が協力はしながらも反目することになっている。

周瑜は、周瑜は曹操軍に火計を仕掛けることにして、
諸葛の反対を押し切って、蔡瑁を謀殺する。

周瑜は諸葛亮にも難題を仕掛けるが、諸葛はこれをうまくこなし、
また水軍の機動力を削ぐなど(連環の計)の策略をした。

曹操と、諸葛、周瑜による情報合戦ののち、
策略に長けた蜀・呉連合軍が火計を成功させる。

劉備は諸葛の言に従って、曹操の逃走を黙認し、呉を牽制。

一旦は曹操に奪われた荊州をめぐって、今度は呉と蜀の覇権争いとなる。

**

はっきり言って、映画はタルかった。

膨大な人力を惜しげもなく使い、いろいろな陣形も見事だし、
ひとつひとつの戦いは迫力があったのだが、
演出の展開が遅く、シーンが長すぎる。

もっと端折っていただいて、2時間以内ほどにしてほしかったし、

それぞれのエピソードは外せないにしても、もう少しスピーディに。

どうせクライマックスはPart2なんだろう、と思ってはいたが、
曹操軍が、「そろそろ行くぞ」でおしまいではちょっと物足りない。

3時間超でもいいから、前後篇に分けないで1本にまとめてもいいんじゃないか、
Part2が来年4月では、間が空きすぎる。

周瑜と小喬のベッドシーンなどは要らんだろう。
あまり意味がないし、包帯のシーンも長すぎる。

馬の出産は「三本木農業高校馬術部」で本物を見ちゃったからな。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師不足の根本解決策はないのか | トップ | パンも禁止? »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待はずれ? (はっしぃ)
2008-10-24 10:44:27
こんにちは。

三国志の映画化なので大作だなぁと思っていたんですが、part1は期待はずれ?

前半の戦闘シーンの迫力だけが印象に残った感じでしょうか。

お金払って観るなら3時間の作品にして下さいってことになるんですかね。

ちょっと、意気消沈って感じです。(^_^ゞ
 
はっしいさんへ (KGR)
2008-10-24 14:14:38
こちらにもコメントありがとうございました。

やたら長いので、途中で飽きました。

カメラワークも凝り過ぎの感ありで、
あまりにも大勢が虫けらのように死ぬので、
かえって現実味が薄れました。

軍師ものとしては墨攻の方が面白かったです。

Part2は船同士の衝突などもあって派手みたいです。
Unknown (mig)
2008-11-02 23:13:04
こんばんは☆
おひさしぶりです、
コメントありがとうございました♪

これ、わたしはマスコミ試写で日本最速というので観て来たんですが、ホント
後編もあるなんて全く知らされていなくて
皆騒然というか観終わってびっくりでした。
だから映画が面白かった云々てよりも
嘘つきー!と思ってしまったんですよね。
しばらくしてからおっしゃるように
パート1って付けたみたいですね。
本当、3時間でもいいからまとめたら良かったのにって思いマス。。。。
後編が4月って遅すぎですよねー
こんばんは★ (dai)
2008-11-03 16:33:58
コメントありがとうございました☆

本当に3時間でもいいので1本にするべき作品でしたね。余り好きな人のところでは言えなかったのですが、映画として前知識がないときついというのは、やっぱりどうかと思ってしまいます。
それに私のところでおっしゃられていた、会話シーンのブレは私も若干気持ち悪くなってしまいましたw
daiさんへ (KGR)
2008-11-03 16:57:00
大絶賛のコメント満載のところには、
なかなか書きづらいですが、私にはいまいちでした。

個々の武将や軍師についての造詣が深い方には、
それぞれの見せ場があってよかったのでしょうが、
私にはつながりがなくバラバラに見えました。
確かに (miyu)
2008-11-04 00:41:02
もうちょっと端折れるところは端折って
前後編ではなく3時間ちょいぐらいで1本に
まとめてくれた方がありがたかったかも。
まぁハマった方にはいいのでしょうけどね〜。
miyuさんへ (KGR)
2008-11-04 01:17:46
コメントありがとうございます。
大絶賛記事の多い中で、たれた、飽きたと書くのは
ちょっと気になりました。
長かったと思った方がほかにもおられて安心しました。

長い映画を見ると、大した知識もないくせに
すぐここはカットだな、このシーンは要らない、
など、わかった風なことを考える悪い癖があります。

これももう少し短く出来たんではないかと思いました。
3時間超も長いと言えば長いですが、
「キングコング」「風と共に去りぬ」「ベン・ハー」
「クレオパトラ」「グラン・プリ」「タイタニック」
などが有名でしょうか。
昔のものはインターバル(休憩)がありました。



Unknown (ぷくちゃん)
2008-11-04 19:59:06
こんにちは。

>周瑜と小喬のベッドシーンなどは要らんだろう。
あまり意味がないし、包帯のシーンも長すぎる。

そうですよね。でもあれはトニー・ファンへのサービスだったのかも。

まあ「ラスト・コーション」であれほど裸を見せてくれたのだからもういい、ってな感じにはならないのかな?(爆)

説明が結構くどかったので私のようなものには助かりましたが、三国志ファンには物足りなかったのでは?
ぷくちゃんさんへ (KGR)
2008-11-04 20:44:15
コメントありがとうございます。

今回いろいろな方の記述やコメントを見て、
改めて三国志ファンの強烈さに驚きました。

陣形は見事ですし、それぞれの武将も見事です。

でも、なんか無駄な攻撃してる感があったし、
敵も間抜けです。

圧倒的多勢に無勢で対峙する「300」、
これまた少数で戦略に長けた「墨攻」、
物量で圧倒して勝つ「王妃の紋章」、
戦闘の見せ方もこれらが上と思ったのは、
私だけなのでしょうか。
Unknown (たーくん)
2008-11-05 16:42:12
もりだくさんすぎるということはあるでしょうね^^;
でも興行的に3時間超の1本は厳しいでしょう。

私は三農馬の出産シーンのほうが鑑賞が後でした(笑)
あっちは出産シーンがあったことでよかったんですけどねぇ。
たーくんさんへ (KGR)
2008-11-05 17:13:31
展開を端折りすぎるとかけ足になるし、
エピソードを端折りすぎると薄っぺらくなる。

詰め込んで長くすると混乱するし、
ただでさえ登場人物が多いので、
シナリオを整理するのが難しい。

よほどエピソードを絞らないと、
3時間でもまとめるのはきついかもしれません。

昔は3時間超の超大作が結構ありました。
「ベン・ハー」「クレオパトラ」「風と共に去りぬ」
途中にインターバル(休憩)があったりしました。

近いところでは「タイタニック」「キングコング」
なくはないですが、おっしゃるように、もう無理でしょう。
いつもどうもです (ひらりん)
2008-11-08 01:36:50
ひらりんも三国志初心者だったんですが、
歴史概要とか、人物が丁寧に描かれてて観やすかったです。
鎧とか着てると、誰が誰だか判らなくなっちゃいがちだけど、
人名の字幕が何回も出て、助かりました。
二部構成だと、どうしても最初のほうは説明ばっかりで物足りなさも感じて、
いざ決戦・・・というところで、パート2へ・・・
という作りは、ちょっとズルかったですね。
ひらりんさんへ (KGR)
2008-11-08 09:55:09
こちらこそコメントありがとうございました。

>人名の字幕が何回も出て、
あれは親切でしたね。
三国志通にはうざったかったでしょうが、
我々素人にはわかりやすかったです。

冒頭の「ここまでの経過のおさらい」も
日本語ではいまいちだとする人が多かったですが、
素人としては、あれでよかったと思います。
Unknown (あるきりおん)
2008-11-19 20:03:02
すみません、陣形がいまいちでラストに乗れなかった人です。

なんか、ちょっとちっちゃい感じがしたんですよ。
あそこでやっつけたのはせいぜい5千くらいだと思うんですが、
その5千という数を感じられなかったです。

なので最後の雄たけびが、物凄く虚しく感じちゃいました。
TB&コメントありがとうございました。
あるきりおんさんへ (KGR)
2008-11-20 00:09:20
戦闘シーンに圧倒されたとする人が多いのですが、
どうも敵味方入り乱れての肉弾戦は好きになれません。

陣形もそれぞれは良いとしても、完結せず、
全体ではなんとなくバラバラで、
何でそれぞれの将軍が立ち回りを見せなきゃいけないのか、
理解できませんでした。
コメントありがとうございました (YOSHIYU機)
2009-04-18 01:35:15
ベッドシーンはいらないですよね。
ベッドシーンを予告編にいれると
男性客が増えるらしいですが(笑)

包帯巻きシーンも、あんなに
エロくする必要なかったですよね(笑)
YOSHIYU機さんへ (KGR)
2009-04-18 09:18:30
こちらこそコメントありがとうございます。
賛同いただいてうれしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
劇場鑑賞「レッドクリフPartI」 (日々“是”精進!)
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか....
レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁 (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上...
映画「レッドクリフ Part I 」 (FREE TIME)
11月1日のファーストデーに、映画「レッドクリフ Part I 」を鑑賞しました。
レッドクリフ Part I (Memoirs_of_dai)
結局は女のために闘う 【Story】 はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めた...
「レッドクリフ Part I」少数精鋭で大軍に挑んだ孔明の周瑜の策略と陣形 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ Part I」は1800年前の後漢時代の後期に行われた赤壁の戦いを舞台にし、三国志のワンシーンとして今でも語り継がれる戦いを映画化した作品である。1度でも三国志を読んだ人には見応えのある内容となっており、歴史を知らない人でもその迫力と攻防戦は...
レッドクリフ Part I (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
レッドクリフ Part I (小部屋日記)
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残って...
レッドクリフ Part I (eclipse的な独り言)
 昨日に続き歴史の勉強会です。いやあ、本当にためになります。(11月3日 清水M
『レッドクリフPart-1』@よみうりホール(試写会) (たーくん'sシネマカフェ)
シネトレさんの招待で「レッドクリフ」の試写会に行ってきました!145分もありますが三国志の話だから仕方ない。けど、やっぱり続編がありました^^;チラシなど資料に、「Part-1」となっております。3部作かと思いましたが2部で完結のようです。(C)BaiXiaoyan原題....
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
レッドクリフ Part I (to Heart)
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監...
レッドクリフ Part? (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵〜」的なミーハーな認識程度はあります(照)で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・こ...
『レッドクリフ Part I』2008・11・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛
レッドクリフ Part1 (悠雅的生活)
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
【映画】レッドクリフ Part I (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 −−−−−−− おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
レッドクリフ Part? (メルブロ)
レッドクリフ Part? 231本目 2008-37 上映時間 2時間25分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 会場 TOHOシネマズ府中 評価7点(10点満点)  三国志の「...
レッドクリフ第1部 (充実した毎日を送るための独り言)
・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船を燃やす)は後半部分となるので、今回はそれを際立たせ...
レッドクリフPart1 (Sweetパラダイス)
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね〜私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね〜最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...
[映画]レッドクリフPart1 (オレメデア)
待望の「レッドクリフPart1」を見てきました。 ひとりの三国志好きとして、赤...
レッドクリフPart1 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき〜 って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
レッドクリフ PartI (映画鑑賞★日記・・・)
【RED CLIFF/赤壁】2008/11/01公開(11/01鑑賞)製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童帝国が、襲ってくる。信じる心、残っている...
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
「レッドクリフ Part?」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
レッドクリフ part1 (ネタバレ映画館)
大スクリーン最後の日に慌てて鑑賞。臨場感を味わおうと前の方に着席・・・でかい!とにかく字幕がでかすぎる。
『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリ...
『レッドクリフ Part1』'08・米・中・日・台・韓 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に脅威を感じているものの非戦を唱える臣下が多く・・・。感想日曜にテレビでやってましたが、吹き替えで金城武や中村獅童の声が、別人な...
『レッドクリフ Part I』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...