てらぽんブログ

流行やニュース、イベント、食指が動いたグッズなどを書くブログ

ノートパソコンで首が痛くなるのを改善

2017-12-13 12:38:22 | 情報
こんなグッズがあります。

mount-it 。ノートパソコンスタンドMacbookとPC、モニタ用デスクライザー, Fits up to 11を15インチコンピュータ

新品価格
¥11,440から
(2017/12/13 09:07時点)




この手のグッズは以前からありますが、こんな発展を遂げているとは…

ノートパソコンは目の高さと画面が合わないので、猫背になりがち。

また、首の角度が自然でないので、長時間ノートパソコンで作業していると首が痛くなったり、肩が凝ったりします。

これは腰にもくるんですよね。
これが非常に困る。

姿勢を正しくすると、極端に目線が下がるので画面が見辛い。

ならば台を使って目線を合わせてしまおうという訳です。

ハッキリ言ってしまうと、画面と目線を合わせば良いので、週刊少年ジャンプを5〜6冊乗せたり、ダンボールや何かの箱を利用しても解決しますw

あとは見た目の問題と所有感、満足度の問題です。

MacBookならこちらが統一感があって良いですね。

【日本正規代理店品】Twelve South HiRise for MacBook Air/Pro 高さ調整可能スタンド TWS-ST-000015c

新品価格
¥9,210から
(2017/12/13 09:13時点)




MacBookで雑誌を積み重ねて目線を合わせるのはちょっと避けたいですね。

スタイリッシュのかけらもなくなるからw

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドライブレコーダーが売れる理由

2017-10-20 12:14:55 | 情報
今、ドライブレコーダーがものすごく売れていて、カー用品店によっては売り切れて在庫がなくなるほどらしいです。

理由は

「自分の身を守るため」

これが一番。

最近、交通系の事故がニュースでよく取り上げられています。

事故で最も大切なのは「証拠」。

いくら説明が上手くても、証拠がなければ認められません。証拠を探すために警察は入念な現場検証をします。


逆に確固たる証拠があれば、説明なんてしなくても

「事故当時の状況です。これ見てください」

で終わるはず。
映像は確固たる証拠ですから。


いくら自分が正しい主張をしていても証拠がなければ「言った言わない」の水かけ論になりがち。

そんな状況を避けるために、賢い人はドライブレコーダーを導入しているそうです。

ドライブレコーダーもピンキリがありますが、以下の条件はクリアしたものがいいでしょう。

最低限の画素数があるもの。
200万画素以上は欲しいです。

せっかく記録しても証拠として
認められなければ意味がないですから。

もう一つはSDカードなどの外部保存ができる機種。

これは万が一警察に提出してくれと言われた時に、渡せるのがメリット。

ドライブの記録をSDカードごとにアルバム化して保存するのも思い出として楽しいです。

色々見た中でのオススメはコムテックのドライブレコーダー。夜間でも明るく映ります。

コムテック ドライブレコーダー ZDR-012 200万画素 Full HD 1年保証 常時録画 衝撃録画 高速起動

新品価格
¥9,980から
(2017/10/20 08:53時点)




しかしなんだか世知辛い世の中になってきたな〜という感じはありますね。

今や仕事の打ち合わせ時にはボイスレコーダーなんていうのも割と多くなっていると聞きます。

パワハラの証拠を取るためとか。

でもこういう流れは暫く止まりそうにありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図でシンプルに理解する

2017-10-17 12:22:53 | 情報
どんな事でも図に表せばシンプルになる。
なので理解しやすくなる。

これはもちろんそう思うのですが
図自体が本質を突いていないと
やっぱり分かりにくいものです。

いくらカラーリングがきれいで
各図がピシッと並んでいても。

なので、そういった見た目は置いておいて、どうしたら本質を突いたシンプルな図が書けるのか、に重点を置いた本がこれです。

図で考える。シンプルになる。

新品価格
¥1,512から
(2017/10/17 12:16時点)




よくホワイトボード使って図解したりしますが
それをやる機会が多い人はかなり参考になるかと。

白黒だけでも分かりやすい図解というのはあります。

色付けとかはその後にやる事ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誰がいつどこで何をやっているかわかってしまうGoogle Maps

2017-10-16 21:14:43 | 情報
もちろん許可すればの話。

ただ、位置情報の設定は初期設定でONになっていることもあるので注意したいところ。

普段の自分の行動を記録しておきたいという場合は非常に便利。

へんな疑いをかけられる心配のある人はこの機能が自分を救ってくれることがあるかもしれない(笑)。

だけど、その逆になることもあるかもしれない。
やましいことをするなら間違いなくこの機能はOFF(笑)。


待ち合わせ時に便利なのが、現在地のリアルタイム共有。
これをしておくと「いまどこにいる?」というやり取りが不要。

例えば後から飲み会に参加したときに、一次会は出られなくて二次会からなんていうときにも先に参加しているグループの後を追っかけられるということです。

非常に便利な機能だけど、その裏側ではしっかりデータ収集されているということを忘れずに。

便利さと引き換えに個人情報や行動をすべて読み取られているということですね。
便利さを与えれば喜んで自分の情報を提供してくれるということ。

しかも知らず知らずのうちに。

まぁ自分もスマホ愛用者なので、各種情報は搾取されているでしょうw
スマホなんて使った時点で終わりです。
クラウドなんて最たるものですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPhoneの目に優しい設定

2017-10-02 11:31:59 | 情報
スマホって光の量が多くて
使っていると目が疲れてきます。
調子悪いと目が痛くなってくることも。

なので少しでも目に優しい設定が
目への影響を多少は減らせるかなと。

自分はiPhone7 Plusを使っていますが
Night Shiftという機能があります。

これを使うとブルーライトの量が抑えられます。
時間を決めて自動でONにしてくれるのも結構便利。

Night Shiftをやめたいときには
画面を下から上にスワイプすると
太陽のマークが表示されるので
そこをタッチするとOFFにできます。
もう一度タッチするとONにできます。

日中、晴れている日に外で操作するときには
画面が見ずらい時があるので
そういう時はOFFにするとよいでしょう。

この操作が面倒な時には
「明るさの自動調節」
をONにしておけば
外に出たときに自動で
画面の明るさを調整してくれます。


iOS11だとさらにSmart Invert Colorsというのがあって、これは色が反転されるもの。

白い部分の表示が減るため
より目に優しくなるという仕組み。

反転すると都合が悪い「写真」とかアイコンは反転されずにそのまま表示されます。好みの問題もあるので、一度設定してみて気に入れば使ってみると良いかと。


とにかく、スマホのブルーライトというか光は強いです。

たまに寝ながらゲームしたりしていると
完全に目が覚めて寝られなくなりますね。

寝る前にスマホをいじらないことが
一番いいと思うけど。


自分の好みの設定は以下の通りです。


★Night Shiftの設定方法
設定>画面表示と明るさ>Night Shift>時間指定をON>開始~終了時間を合わせる(自分は20:00~7:00)

★明るさの自動調節の設定方法
設定>画面表示と明るさ>明るさの自動調節をON


こうしておくと意識せずに
ブルーライトカットができて
室外、室内でも画面の明るさを
いじらなくて済みます。

カバー自体をブルーライトカットにするものアリですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加