情報技術の四方山話

ヤマハルータ、VPN、クラウド、仮想サーバ、Linux/OSSの活用とセキュリティの情報通信四方山(よもやま)話ブログ

ヤマハルーターRTX1210が発表されました

2014-06-05 19:47:16 | ヤマハルータ
匠技術研究所
ヤマハルーターRTX1210が発表されました


こんにちは。匠技術研究所の谷山 亮治です。
今日は2014年6月4日のヤマハルーターRTX1210の発表を紹介します。

■ヤマハRTX1210のニュースリリースへ
2013年国内SOHOルーター市場1位*1、拠点向けVPNルーター新モデル
従来モデル『RTX1200』の機能を継承し、GUIを刷新
ヤマハ ギガアクセスVPNルーター 『RTX1210』


ヤマハRTX1210は、現行機RTX1200の後継機になります。RTX1200は2008年に発売を開始し、VPNルーターとして著名なルーターです。ブロードバンドVPN初代機RTX1000からRTX1100を経て極めて安定して動作するVPNルーターとして実績を積んできました。

RTX1210はRTX1200と比較して、全体的に性能面の向上が施されています。LANポートの数などインターフェースの物理仕様はコンソールケーブルがRJ45に変わったのみでほぼ差はありません。ただ、筐体がプラスチックから金属に変更され、奥行きサイズが小さくななるなど、ハードウエアは明らかに再設計されています。

大きく変わったのはファームウエアで、スループットの向上やLANアグリーげーションへの対応に加えGUI設定を新設計したことです。NVR500、RTX810のGUI設定のしやすさを、RTX1210でも実現し、さらに新登場のLANの中の各種通信機を表示するLANマップ機能と、FWX120で実現したダッシュボード機能が追加されています。

2014年6月11日から始まるネットワーク系の総合展示会Interop TOKYO 2014のSCSK/ヤマハブースでRTX1210の実機が展示される予定です。
私も、見に行きます。

■RTX1210の外観写真

クリックで拡大


■RTX1210の新機能簡単設定画面

クリックで拡大


■RTX1210の新機能LANマップ画面

クリックで拡大

『テクノロジー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月3日(火)のつぶやき | トップ | 6月5日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。