ガラスの向こう側

フォトブログ★ショーウインドーを幻想的に表現、ほか

吊り輪

2009年02月12日 | エトセトラ

一度、撮ってみたかった電車の吊り輪。
仕事に疲れた男性の手を入れて表現するとかいう手も
ありましたね。しかし、今回はストレートに撮ってみました。
日々、いろいろな人の想いや疲れを受け止めているのでしょうね。
お疲れさまです。
GR DIGITALⅡ

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 16個入り | トップ | 春近し »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吊り輪 (ダイマロ)
2009-02-12 10:18:21
たしかに面白いです。
普通の身長の人には
みられない視界、視点ですね。

エンドレスゾーンシリーズ。(勝手にそう言ってます)
次も楽しみにしています。
あら・・・ (スカーレット)
2009-02-12 11:31:15
へぇ・・・
吊り輪って角度を変えると、
こんな風に見えるんだ・・・
ずっと向こうまで、続いてる感じが
新鮮だわ。
人が見てるだろうに、よくこれ撮ったね。
変な人に見られなかった?
コメント感謝 (akechi)
2009-02-12 15:07:19
ダイマロさん
このハイアングルはデジカメならではです。
エンドレスゾーン、そういえば3回目?
ベンチに、ミラーに写るマネキン~かな。
素敵なネーミングに感謝です。

スカーレットさん
あのぉ~おいら、基本的に変な人だから、
そうみられても当然かも(笑)
マネキンの足を撮る事を思えば、
こんなのは朝飯前です。
吸い込まれる (6x6)
2009-02-12 17:01:03
ワープって感じで吸い込まれそうです。
先へ先へと視線が身体ごと吸い込まれるような・・・。
でも途中にいる生活観溢れたサラリーマン。
何かいいですね。
スカーレットさんがおっしゃっているように、
撮ること自体もすごいです。
現実感 (akechi)
2009-02-12 18:03:27
6x6さん
あの男性、最初は邪魔かなと思いましたが、
現実感たっぷりでいいかもと考え直しました。
だから、6x6さんのコメント、うれしかったです。
ありがとうございます。
収束 (上総)
2009-02-12 22:29:08
ぴたっと重なってますね。その辺りは意識されましたでしょうか?
吊り輪の向こうに拡がる世界とおもいきや、収束しましたね。
向こうの世界 (akechi)
2009-02-13 00:07:41
意識しての撮影です。吊り輪の向こうの世界、
鋭いですね。実はそれも撮ってみたのです。
でも、うまくまとまらず、こちらを載せました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。