あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2016年8月1日 高知県土佐清水市立清水中学校 コーディネーション

2016-08-01 03:57:09 | コーディネーション

 

半年ぶりの高知県土佐清水市立清水中学校でした。

研修内容がどんどんレベルアップをしてきます。

ファシリテーション&ワークショップを道徳の授業に活用していくという研修でした。

道徳の価値項目「2-(2)思いやり」を「思いやり」という言葉を一回も使わずに構成しました。

お遊戯、ロールプレイング、自己開示、ACのコマーシャル3本、「行為の意味」宮沢章二、を使いました。

清水中学校の成長というものをすごく感じたのですが、清水中学校の新人である林さん、西添さん、水田さん、吉岡さんがお遊戯リーダーとモデリングをしてくださいました。

新人でこれだけできるって、すごいことです。


少し強行でしたが、「ジョン万タイム」の研究協議もしました。

返していくフィードバックのクオリティがどんどん上がっていきます。

わたしにとって重要なフィールドであることを再確認できた研修になりました。

 

 

***

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年7月29日 島根... | トップ | 2016年8月4日 大阪府... »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くに)
2016-08-01 16:00:24
体験的な内容から気づきを生んでいくような道徳をこれから増やしていかなければならないと思っているところでした。場面をイメージさせ、生徒の実生活につなげていくために、ロールプレイという手法は効果的だと感じます。
振り返り (沼瀬直哉)
2016-08-01 16:00:36
親切とおせっかいのちがいを考えていくなかで、「なぜ」を考えていくうちに、イメージがかたまっていき、分かりやすかったです。こんな手法を使うと効果的な部分もあるなと感じました。
また、思いやりにつなげていく場面でも、詩の内容から思いやりという言葉の本質に気づいていける段取りになっていて、とてもスムーズでした。
Unknown (T)
2016-08-01 16:03:09
今日の研修は、親切とおせっかいについて深く考えました。親切とおせっかいの事例から、道徳の2-(2)思いやりについて、つながっていく内容であっという間に時間が過ぎました。
今日の授業から (M)
2016-08-01 16:03:15
ロールプレイングを通して行ったので、「思いやり」が実感しやすかったです。自分のイメージを大切に、繋げていくという授業の方法がわかりました。
ふりかえり (林 真澄)
2016-08-01 16:03:59
新聞を使ってのパズルでは、4人班で行いました。普段は消極的なクラスなのて、それぞれが一生懸命に、"これだ!"、 "違うかったぁ。"、"どう?"など沢山の言葉が飛び交い、協力する姿が見られ、主体的に取り組む姿を見て私自身嬉しかった。
振り返り (藤原大生)
2016-08-01 16:04:28
グループ発表の中で、おせっかいを親切に変換する場面はいい勉強になった。生徒一人一人違うので、その子にあった言い方、伝え方があると思います。色々な場面で使える内容だった。
本日の研修 (岡崎哲也)
2016-08-01 16:06:30
道徳に生かした模擬授業。2ー(2)思いやりを心のノートを活用したロールプレイングで「おせっかい」を「親切」に変えていくこと、詩『行為の意味』からイメージしていくことで価値項目に迫っていく、イメージして感じていくことが価値項目に近づけることが、これからの授業では大事だなと思いました。
今日のふりかえり (山崎 泉)
2016-08-01 16:06:37
今日も楽しく研修させていただきました。道徳で学習したことを実践に移すってところはすぐにみられる訳ではないですが、今日のようなおせっかいを親切に変換するロールプレイの学習を通すと子供たちも主体的に学習できふりかえりもでき自分のこととして考えることができます。こんな学習を積み重ねていくと行かないとでは子供も自分も成長が大きく違ってくるだろうと思いました。
勉強します❗
道徳 (中本)
2016-08-01 16:06:40
思いやりの項目を『思いやり』のことばを使わずに授業を進めて行くところがすごいなあと思いました。
道徳的実践力が求められる時代にぴったりの授業だと思いました。
「思いやり」を考える (中野 こずえ)
2016-08-01 16:09:11
思いやりという言葉を使わずに「思いやり」について考える。「思いやりは行動として見えるからやろう」と言った方がいたことが嬉しいし、授業の中でそんな気づきがきっとあるだろうな、と思える研修の時間でした。安心、安全があって初めて規範意識も芽生えてくる、というお話も本校のたどってきた道のりから考えても納得ができます。
特別の教科道徳の実施に向けての移行期間3年でファシリテーション型の道徳授業実践の研究が進めばいいなあと思います。
全般的なふりかえり (西添詩織)
2016-08-01 16:10:03
1年生はジョン万タイムで「わたしのじゃがいも」「なんでもキャッチ」「南国の島」を行いました。どの授業においても、授業中はルールを守って楽しそうに活動することが出来ていたと思います。生徒たちの感想からも「楽しかった、またやりたい」という言葉はありました。ですが、まだ相手の立場に立って人を思うことや、優しさが培われているわけではないので、それが今後の課題だと思います。
Unknown (長原)
2016-08-01 16:20:00
①演じる場面を見て、すごくよくわかりました。
体験て大事だと思いました。
②楽しい時間でした。ありがとうございました(*^_^*)
ふりかえり (林 真澄)
2016-08-01 17:31:32
ウォーミングアップのお遊戯から楽しませて頂きました。ロールプレイ後、皆さんと一緒に歌ったことで一体感を感じ、その後の活動もスムーズに行えました。道徳の授業の流れやイメージングのなど2学期へのヒントを頂きました。本当にありがとうございました。
「親切」と「おせっかい」 (宿題で答えを写さしてもらった人)
2016-08-01 18:28:44
各グループでそれぞれの親切体験、おせっかい体験を聞き、いろいろな体験を聞くことができました。代表の話を聞くなかで親切と感じるときは、その行為を自分が求めているとき、またその行為が自分の思っている結果になったときなどではないでしょうか。また、おせっかいと感じるときは、その行為を必要としていないとき、また自分の必要としている結果にならないときだと思いました。今日はありがとうございました。
振り返り (K)
2016-08-02 09:10:25
いつも楽しい研修をありがとうございます。子供同士の関わりが希薄になっている今、ファシリテーションは有効な手法だと思いました。
短所をリフレーミング (miyazak)
2016-08-02 11:07:51
短所をリフレーミングしあうことで表情も明るくなりました。自分に自信が持てるようになり、他者理解、他者とのかかわりがスムーズになってきた。
ふりかえり (Unknown)
2016-08-02 11:11:36
継続することで、(先生も含めて)生徒のよりよいコミュニケーションの力も付いてきていると思う。新設、おせっかい、その人の受け取り方で違いはあるが心が成長する中で親切にもっていける行動が自然に取れるようになるだろうろ思います。教頭先生と同じくドキドキ、わくわくの実のある研修になりました。ありがとうございました。
授業をふりかえって (Unknown)
2016-08-02 11:16:20
「親切」「おっせっかい」について言葉に出して発表することによって深く考えることができたように思います。さまざまなロールプレイングを通して”親切”という行為を見直すことができました。親切とは、相手の立場も考え、そして心からのこういであるのではと思いました。授業に参加させて頂き感謝しております。
ふりかえり (小橋)
2016-08-02 11:18:51
ロールプレイでは、いろいろな題材をもとにやったので、くわしいことがわかりました。おせっかいを親切に変えること、自分自身あまりおっせっかいと感じたことはなかったのですが、工夫することで、親切に変えること、また、言葉がだいじだということがわかりました。
ふりかえり (Unknown)
2016-08-02 11:26:50
ACジャパン「見える気持ち、思いやる」という入り方で「親切」と「おせっかい」ということで、心理の部分や不安、ストレス対策も視野に入れたということの大切さを痛感させられました。日々の状況や環境及び生活状態で、ずいぶん変化すると考えますが、生徒理解という点も含めて、細かく観察するべきだと思いました。私は、「自分にも、他人にも、心は見えないけれど志は見える」という言葉に集約されていると考え、再度拡散という場面で気づきと積み上げさせる陰陽の部分も含めた形で相乗効果をねらいながら作り上げていきたい。
振り返り (Unknown)
2016-08-02 11:32:06
ファシリテーションという言葉の意味が理解できた。「ファシリテーターには、ファシリテーション技術以前に、参加者または組織に対して、良心に基づいた、達成イメージへの十熱と信念が必要とされる」(wikipediaより)とあるが、学級担任にしても、教科担任にしても部活の顧問にしてもこの「両親に基づいた、達成イメージへの情熱と信念」が必要だと思った。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。