あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2016年6月21日 大阪府東大阪市立英田南小学校 校内研修会

2016-06-20 20:38:43 | 模擬授業

 

奈良女子大からの帰り道、15:00から東大阪市立英田南(あかだみなみ)小学校での模擬授業です。

「なんでもキャッチ」は、わたくしが入りすぎてしまって、写真を撮るのを完全に忘れてしまってました。

ナイスなシーンがあまりにも多かったので、残念きわまりません。

二本目は、「アニメの村」ですね。

グループダイナミクスにもとづいたワークショップですが、一人ひとりの役割とか責任とかがよく見えてきますね。


今回で二回目の模擬授業でしたが、現場の皆さんは「道徳の教科化」を意識しておられるようでした。

多様な手法を取り入れることで、人間の成長を促すことができるという事がはっきりしてきた時代に突入しています。

この風を教育現場の皆様が感じていただくことが肝心かと思います。

 

***

 いじめ・不登校を防止する人間関係プログラム  
 深美隆司 価格:¥ 2,000(+税)
 学事出版
子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業
深美隆司 価格:¥ 1,800(+税)
図書文化社

Facebook「深美隆司

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年6月21日 奈良... | トップ | 2016年6月28日 奈良... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (トキ)
2016-06-21 17:02:08
今日はありがとうございました。
3回目の研修となりますが、毎回飽きのない研修で楽しい時間があっという間に過ぎていきます。

今日のアニメの村の模擬授業では、出来ていない人に気付けない自分に驚きました。
これが、実際の子どもたちのグループになった時に、どうするのだろうという不安を持ちました。

学級運営をしていく上で、気を付けていかなければならない事はたくさんあるなと気付きました。
Unknown (ラオウ)
2016-06-21 17:02:52
本日は三回目のご来校、ありがとうございました!様々なワークショップをしていただき本当に楽しく学ぶことができました。まとめをせずにオープンエンドで終わることにはなかなか慣れない自分がいますが頑張ろうと思います
模擬授業を受けて (あかぎ)
2016-06-21 17:04:15
生徒になって、いろいろな模擬授業を受け、子供達の気持ちが少しわかったように思いました。
ボールを投げるゲームは低学年。アニメ村は高学年で楽しめると思いました。
模擬授業 (フミコ)
2016-06-21 17:07:21
一致団結早速使ってみたいです。何でもキャッチ、ゴメンナサイ.グループ間違ってました。楽しく身になる研修良かったです。
コミュニケーション (トトロ)
2016-06-21 17:08:12
一致団結、なんでもキャッチ、アニメの村のワーク、どれも楽しかったです。コミュニケーションをとる時に、相手が受けとめてくれるという安心感があると気持ちがいいなぁと思いました。また、私自身、話をしてみようかなあと思ってもらえる人になりたいと思いました。今日はありがとうございましたm(_ _)m
校内研修会 (みかん)
2016-06-21 17:08:51
模擬授業楽しんで受けることができました。実際に自分たちがやってみることで具体的なイメージができありがたかったです。
子どもたちのつながりを深めていくために役立つなあと思いました。ありがとうございました。
研修にて (サッカーしたい)
2016-06-21 17:09:51
今日はありがとうございました!
たくさんの面白いゲームがあり、いつかクラスでもやってみようと思います。
とても楽しく参加しました。
ありがとうございました。 (偽りの救世主)
2016-06-21 17:18:37
本日はありがとうございました。
座学ではなく、体感型の学習で楽しく学ばせていただきました。体験したことで頭によく残っています。
私も道徳の授業で取り入れていければと考えています。
研修振り返り (Unknown)
2016-06-21 17:23:38
なんでもキャッチは、必ず全員に回るし、自然と相手の目を見ることもできるので、とてもいいなと思いました。アニメの村は、自分だけが楽しんでしまってグループとして取り組めなかったので、反省です。でも、今日自分が実際にやって反省したことは、子どもに事前に注意できるので良かったなと思います。楽しくコミュニケーションを上手にとる力をつけられるので、どんどん活用していきたいです。
研修をうけて (ブラッドオレンジーナ)
2016-06-21 17:30:11
初めて研修をうけました。いろいろな先生とたくさん関わり、とても楽しい時間を過ごしました。授業の中で、このようなたくさんの関わりをもてる活動をすることで、こどもたちも、いろいろな人と関わりをもって、楽しく過ごせるんだということが実感できました。
そしていろいろな、気づきを共感しあい、とても充実した時間でした。
ありがとうございました。
謎は全て解けた! (APTX4869)
2016-06-21 17:32:26
1つ目のなんでもキャッチ。すぐにでも実践したいと思いました。足キャッチ、してみたかったです。個から拡散、収束してまた個。ペア学習の有効性を感じました。
2つ目のアニメの村。グループの役割分担、ヒントカードの活用方法、リーダーシップのとり方…やってみてわかったことが多かったです。反省点もありましたが、子どもたちにもこのような経験の積み重ねが必要だなと思いました。

模擬授業ということで、プール後の睡魔に負けることなく楽しく研修できました。ありがとうございました!
アニメ村 (ともそう)
2016-06-21 17:45:52
一人で考えると時間がかかるけど、グループで意見を出し合って解決するとはやくできました。
みんなで完成させたときの達成感が心地よかったです
童心にかえって (no mame)
2016-06-21 18:02:06
いつもムキになって取り組んでしまいますが、いつもなかなかお話できない先生方と一緒に課題に取り組むことでつながりを持てるなぁと感じます。子どもたちにも同様に、みんなで協力することや相手を思いやること、相手のために工夫する機会を実践的に与えてあげたいと思いました。
毎回楽しみながら学べる研修をありがとうございます。
コミュニケーションを楽しむ授業づくり (カワサキ)
2016-06-21 19:13:39
今回で3回目、毎回、教師自身が体験を通して児童の立場に立って学べる良さが、深美先生の研修の素晴らしさです。今日の研修を楽しんだ先生は、きっと自分なりの工夫をスパイスに実践してくださると期待しています。結果、子どもたちのコミュニケーション力アップに繋がることを楽しみにスマホを置きます。
Unknown (ちぢゃ)
2016-06-21 20:10:33
ありがとうございます。コミュニケーションの風通しをもっとよくしようと思いました。
Unknown (荒谷)
2016-06-21 20:11:12
今日はありがとうございました。
アイスブレーキングの一致団結ではすぐに学級で使えそうなものだったのですこしでも時間ぎあれば使わせて頂きたいなと思います。
子どもたちが道徳の時間を通して、少しでも相手に対しての意識や自分の意識が変わっていけばいいなと思います。
1年を通して努力します。
Unknown (あやの)
2016-06-21 20:11:38
なんでもキャッチでは、そっと投げて相手が受け取りやすいように工夫しました。
名前をなかなか呼んでもらえないとき、いつ呼んでもらえるのかどきどきしました。
落としてしまった時は、申し訳なかったです。
アニメの村の時は、わかってたけど、自信がなくて、言えなかったです。
Unknown (はしもと)
2016-06-21 20:29:08
今日はありがとうございました。
一致団結ゲームや、なんでもキャッチなど、多くの人数で取り組める遊びを教えていただきとても勉強させていただきました。
アニメの村では、キャラクター紹介でしっかり言葉のキャッチボールをして、しっかりひきつける話術がすごいなあと思いながら聞いていました。
落ち着きをもって、話し、えっ?どういうこと?など、相手が話しやすいように雰囲気を作って、拡散していく流れが、見習いたいなあと感じました。
教師が、準備できることを準備して、子どもに経験させて、拡散し、ふりかえりも意識して取り組むことで、見える世界も変わってくるのだろうと思い、頑張ろうという気持ちになりました。
ありがとうございました。また、機会があればよろしくお願いします!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。