あいあいネットワークofHRSのブログ

人間関係づくり・人間力育成の授業

2014年9月1日 島根県出雲市立北陽小学校 模擬授業

2014-08-31 19:50:36 | 研修会

関西もどんよりとしてましたが、島根に着いてもどんよりです。宍道湖北を通って出雲市立北陽小学校へ移動しました。途中、一畑電車(ばたでん)と遭遇。ちゃっかり写真におさめました。
北陽小学校は、前回の全日研修を経て模擬授業です。手遊び「大阪名物」を2回もかぶせてしまうという大失態を演じてしまいました。でも、何事もなかったかのように、手遊びしてくださった皆さんは、こころ優しいですね。
ワークショップ2本を、ふりかえりもたっぷりと取って実施しました。みなさんのその後のふりかえり率が高い。ほぼ100%でした。すごいですね。
いよいよプログラムがはじまります。

Hokuyosho2















*********************************************************

Book

深美隆司著「子どもと先生がともに育つ人間力向上の授業」

2013年10月下旬、図書文化社より発売

価格:¥ 1,800(+税)

*********************************************************

Facebook「深美隆司」

  「友だち」申請をして情報を交換しましょう。

*********************************************************

Aiainet

 

あいあいネットワーク of HRS 

ホームページURL:http://aiainet-hrs.jp/

学校の先生119番URL:http://aiainet-hrs.jp/10sensei119/index.htm

(mail:info@aiainet-hrs.jp)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2014年8月29日 大阪... | トップ | 2014年9月10日 大阪... »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
 今日の研修もたのしい研修でした。子供たちに対... (松岡裕二)
2014-09-01 16:51:06
 今日の研修もたのしい研修でした。子供たちに対してやってみたいと思える内容でした。ぜひ。チャレンジしたいと思います。
今日はありがとうございました。 (みやうち)
2014-09-01 16:51:19
今日はありがとうございました。
大人でもキャッチするのは難しいなと思いました。
けど、周りの方々の声かけでやりやすくなるなと思いました。
子ども同士でやってみるとお互いに名前を呼んで、返事をしてのいい機会になるなと思いました。

南国の島…ということで、話を聞いて絵を描くのは難しいと感じました。
普段の生活でも分かりやすく、伝わるように話をしていこうと思いました。
深美先生 (みのる)
2014-09-01 16:52:06
深美先生
本日はありがとうございました。

なんでもキャッチ
しっかりと目を見ながら、コミュニケーションをとることの大切さが分かりました。
少しでも相手のことを考えただけで、得られる結果は変わってくるのだと思いました。

絵のやつ
難しかったです。いかに自分が思い込みで人と関わっているのか、思い知るものとなりました

時間がなくて、3つ目の研修が受けられなく、残念です。
どうぞ、またよろしくお願いします。
言葉やアイコンタクトで、相手の気持ちをキャッチできるよ... (岸)
2014-09-01 16:52:30
言葉やアイコンタクトで、相手の気持ちをキャッチできるようになりたいなと思いました。コミュニケーションをとるときは、自分の思い込みや固定観念をできるだけ減らして双方向で対話をすることが大切だとおもいました。自分の学年でできることを試してみます。ありがとうございました。m(__)m
今日は授業の中で、どの子の意見も、平等に受け止... (Naoko Ishitobi)
2014-09-01 16:53:31
今日は授業の中で、どの子の意見も、平等に受け止めるということが、勉強になりました。
よくぞ、言ってくれました拍手??的な返しをしてしまうと、子供たちは正解を求めて窮屈さを感じてしまうことでしょう。
これからの授業でも、気をつけていきたいです。
固定観念を取り払って相手の話を聞いたら、もっと... (トツキュウジャー)
2014-09-01 16:53:33
固定観念を取り払って相手の話を聞いたら、もっと正確に絵が描けたかもしれません。固定観念を持たずに、フラットな状態で子ども達とも接していきたいと思います。
第二回目の研修、ありがとうございました。 (新宮)
2014-09-01 16:53:44
第二回目の研修、ありがとうございました。
なんでもキャッチでは、相手を見て物を渡す、返事をしてからもらうなど厳しいルールがあるからこそ、楽しいという意味が実際に体験して感じることができました。毎日必ず子どもたちと言葉のキャッチをしていますが、目に見えるものでキャッチボールをすると、やりとりの様子がよく見えてわかりやすいと感じました。また、渡す物もフワフワした物の方がキャッチした時に優しい気持ちになれることも実感しました。
自分自身の固定観念で物事を教えていることを改めて考えるきっかけになりました。教材研究をするなかで、自分自身を振り返りながら子どもたちに授業をしたいなと思います。2学期始まってすぐの研修。しっかり学級の子どもたちに返していきたいと思いました。
本当にありがとうございました。
今日はありがとうございました。プログラムを実施... (日野)
2014-09-01 16:54:41
今日はありがとうございました。プログラムを実施するには、ルールを守ることを確認することが大事ですね。 
また、教師が、ねらいにもっていこうとしがちですが、子どもに価値を受け止め、同じように返していくという、ポイントも分かりました。                      二学期から、すべてのクラスで実施していくのを楽しみにしています。
研修ありがとうございました! (うちだ)
2014-09-01 16:55:07
研修ありがとうございました!
今回も楽しい研修でした。何でもキャッチ、だんだん頭が混乱する感じが面白かったです。子どもでも混乱が場を和まして楽しい雰囲気になることと思いました。南国の島は辛かったです。絵を描くのは・・・
まあ、面白い絵も、必要ですね。
ありがとうございました。
今日もありがとうございました。 (小山)
2014-09-01 16:55:09
今日もありがとうございました。
なんでもキャッチでは、
相手の返事をしっかり聴いてパスするために、周囲の方が声をかけてくれてうれしいなと思いました。そんな人間関係が子どもたちも築けるように支えてあげたいと思いました。

『答えほたくさんある』
『ねらいは、その中の一つである』
『焦らない』
という、先生の言葉が印象に残りました。
また、固定観念、先入観 気をつけないといけないなと思いました。
楽しい模擬授業でした。 (たかしま)
2014-09-01 16:56:09
楽しい模擬授業でした。
なんでもキャッチでは、あんなに緊張して相手の名前を呼び、ものを投げ渡すことなんてないので新鮮でした。どんなボールが飛んでくるのか相手のことを考えて待つことは、日頃の子どもとの関わりと同じだと思いました。
南国の島では、思い込みによる相手との違いを痛感しました。
なんでもキャッチ、南国の島、どちらも子どもたち... (原す)
2014-09-01 16:56:15
なんでもキャッチ、南国の島、どちらも子どもたちとやってみようと思います。
特になんでもキャッチは場の雰囲気作りにも使えるなと思います。
こうした活動をした際に振り返りが大切だと思いますが、特にねらいにそった感想などが出なくても、全部認めていけばいいということで気楽にやってみようと思います。
ありがとうございました。
深美先生[E:up]今日はとても楽しく活動できました[... (みはらちゃん)
2014-09-01 16:56:18
深美先生[E:up]今日はとても楽しく活動できました[E:scissors]
ありがとうございました[E:happy01]
早速 実践してみたいなとうれしく思いました
深美先生のお人柄だと思いますがすごく引き込まれて私自身 ほんと楽しかったし心の交流をさせてもらいました[E:happy01]
子ども達とも 楽習したいなと思う毎日です[E:notes]
ほんと笑顔いっばいになりました[E:happy02]
(深美です・・・「楽習」っていうのが、いいね!)
子どもたち、それぞれの気づきを大切にして、返し... (周藤彰子)
2014-09-01 16:56:22
子どもたち、それぞれの気づきを大切にして、返していくときに、私の評価言の在り方が重要だと学びました。どの気づきも大事で対等で、序列なんかないということ、それが人間関係です。学級にそう伝えたいと感じました。ありがとうございました。

今日はお忙しい中、模擬授業をしていただきありが... (山本)
2014-09-01 16:57:03
今日はお忙しい中、模擬授業をしていただきありがとうございました。
「なんでもキャッチ」は、自分の番が来るまでドキドキして待っていました。
相手から上手く受け取れるか、次の相手に上手く渡せるか、とても心配でドキドキしました。でも、いざ受け取るとホッとした気持ちになりました。そのあとは落ち着いて他の仲間の様子を「がんばれ!」という気持ちで見ることができました。
「南国の島」は、一方的に得るだけの情報と相互に質問しながら得る情報とでは、大きな差があることに気づきました。一方的に相手に伝えても自分の意図していることは伝わりにくく、会話のキャッチボールが大切だと感じました。
今日も楽しい研修会をありがとうございました。
夏休み研修は出張のため参加できなかったので、今... (松村 理恵)
2014-09-01 16:57:19
夏休み研修は出張のため参加できなかったので、今回沢山研修をさせていただき、大変勉強になりました。
子ども達も楽しみながら友達づくりをしながら授業を受けることができると思います。将来社会に出た時に人間関係づくりがスムーズにできるために、今からでも沢山このような授業ができるとよいと思います。
なんでもキャッチ、南国の島、どちらも子どもたち... (原)
2014-09-01 16:58:36
なんでもキャッチ、南国の島、どちらも子どもたちとやってみようと思います。
特になんでもキャッチは場の雰囲気作りにも使えるなと思います。
こうした活動をした際に振り返りが大切だと思いますが、特にねらいにそった感想などが出なくても、全部認めていけばいいということで気楽にやってみようと思います。
ありがとうございました。
今日はご指導いただき、ありがとうごさいました。 (けいまん)
2014-09-01 17:03:53
今日はご指導いただき、ありがとうごさいました。
ウォーミングアップのパンパン頭は、このような活動を通して相手の動きや言動を意識するようになるのかなぁと感じました。
なんでもキャッチは、本校の高学年でもやってみたいと思いました。

二学期も始まったので子どもたちがワクワクするような学級開きをしたいと思います。

ありがとうごさいました。
今日は子どもの気持ちになって活動しました。話を... (ふくっち)
2014-09-01 17:06:35
今日は子どもの気持ちになって活動しました。話を聞いていないと感じることが多々あるのですが、ひょっとしたら、情報の伝え方や量を考えて行く必要があったのかな?と思えました。相手に対して理解しようという気持ちとわかるように伝え、関わりを楽しもうという気持ちを持てるようになると、集団での活動をもっと楽しめるようになるのだと感じました。
今日も楽しいエクササイズでした。 (アクエリアス)
2014-09-01 17:13:08
今日も楽しいエクササイズでした。
その中にも、いろいろな気づきがあって、自分を振り返ることができてよかったです。
「なんでもキャッチ」では、なかなか回ってこないと、残っている人は誰だっけ…とドキドキしました。自分だけでなく、みんなそんな様子に見えました。
「南国の島」では、1回目は、最初の指示で右下まで行き過ぎたので、後が難しくなりました。「やられたぁ」という感じでした。2回目の質問ありの方が安心できました。わからないときは「ちょっとまてよ」と立ち止まることができました。
「一人一人の気持ちは対等」、「答えは一つじゃない」という先生の言葉が心に残りました。子どもたちに対しても、決めつけない、押しつけないように接していきたいと思いました。
ありがとうございました。
最後の活動で、絵を言葉で伝えるのは難しいし、聞... (伊藤のぞみ)
2014-09-01 17:23:20
最後の活動で、絵を言葉で伝えるのは難しいし、聞いた言葉を絵に変換するのも難しいなあと思いました。でも、限られた条件の中で活動することで、コミュニケーションの大切さがよく分かるように思いました。そして、思ったことが一致した嬉しさも感じられると思いました。また、自分から質問ができない子も、友だちの質問を聞いて描けるので安心できると思います。深美先生のように、笑顔で子どもたちの様子を受け止めながら、プログラムを実践してみたいです。ありがとうございました。
今日は楽しい模擬授業をありがとうございました。 (細田佳菜恵)
2014-09-01 18:14:52
今日は楽しい模擬授業をありがとうございました。

『南国の島』のただ聞いて絵を描くパターンと質問をしながら絵を描くパターンをして、相手に自分が思っていることを正確に伝えることはとても難しいこと、同じ言葉を聞いていても人によって捉え方が全く違うということが分かりました。子ども同士のトラブルでは、自分の思いだけを通そうとしたり、思い込みで仕返しをしたり…ということがよくあるので、一方通行ではなく、双方向で話すことが大事だと感じました。

二学期、チャレンジしてみたいと思います!
ありがとうございました。
大人でも楽しめる内容がたくさんあり、子どもたち... (伊藤優子)
2014-09-01 18:16:45
大人でも楽しめる内容がたくさんあり、子どもたちならどんな楽しそうな顔をするのかと思いながらやりました。
目をみて名前を呼んだり、質問したり、コミュニケーション能力を養えそうな内容で子どもたちの人間関係にも役立つのではないかと思いました。

また、発達段階に応じて内容を選択しなければならないと思いました。
演習しているとすぐに時間がたちますね。私は特別... (藤原)
2014-09-01 18:17:22
演習しているとすぐに時間がたちますね。私は特別支援学級担任してますが、なんとか楽しくできるエクササイズがあればと思います。イメージするのがなかなか難しいので 今日もありがとうございました。
何でもキャッチでは、相手を思いやることの大切さ... (tenni)
2014-09-01 18:17:50
何でもキャッチでは、相手を思いやることの大切さを再確認しました。
活動はしっかり楽しみ、振り返ることでその活動の... (ながしま)
2014-09-01 18:18:13
活動はしっかり楽しみ、振り返ることでその活動の意味を感じることができました。

活動のやりっぱなしではなく、振り返りをすることは大事だと思いました。


何でもキャッチはすぐにでもやってみたい。ルールをぶらさないことが大事だと思いました。


名前を呼んで返事をする ことの大切さ、イメージを共有するための問答を日々大事にしたいと思いました。

今日はありがとうございました。 (前島久美子)
2014-09-01 18:19:57
今日はありがとうございました。
「なんでもキャッチ」は自分の名前を呼んでもらって、ボールを投げてもらい、嬉しかったです。楽しみながら相手のことを考えられるな、と思いました。2年生でもできますか?
またいろいろ教えていただきたいです。
(深美です・・・すこし厳しいかもしれませんが、わたしの思い込みの可能性もあるので、一回、非公式に数名だけにこっそりやってみて、実験してみてはどうでしょうか。)
なんでもキャッチで、ドキドキしながら待っていま... (やっとちゃん)
2014-09-01 18:20:26
なんでもキャッチで、ドキドキしながら待っていました。始め頃ならドキドキ感がないですが、最後の方なら誰が残っているかな…少し焦り?不安?を感じました。でも自分まだだよという合図をしてもうことでの安心感があり、ホッとしました。また相手のことを考え投げた時、相手がホッとした顔をした時、自分も良かった!と感じました。…ありがとうございました。
今日の研修では、南国の島について、質問をするこ... (さちこ)
2014-09-01 18:20:52
今日の研修では、南国の島について、質問をすることで共通のものに近づけることがよく分かりました。子どもたち同士でも、一言質問したり尋ねたりすれば、その場で円満に解決できたことがたくさんありました。自分の思っていることと全く同じことを友達が思っていることは(今回の研修では絵)、ほぼない。だからこそ、コミュニケーションを取れる仲間に学級を育てていきたいです。二学期も頑張ろうと思います。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。