トーンコレクター・フィクション編

オーディオに関することがメインです。
「小型、安価、エコ、良い音」
を目指しています。

リニアムツィータ

2017年04月29日 | オーディオ
ツィータの再評価で取っ替え引っ替え聞くつもりでしたがトリオのリニアムツィータで止まっています。
フリーソフトWaveGenのおかげで低域と高域のバランス調整が格段にやりやすくなりました。
前回の試聴ではリニアムの能率がこんなに低いと思わず正確な評価ができなかったようです。
要するに改めて試聴したらとっても音が良いのでそのまま聞き惚れているという訳です。

視覚的には頼りなくて振動板もむき出しで落ち着きません。視覚も音のうちという気がします。
始め細めの音で頼りないと思ったのですが音にエッジがあるなら格段にはっきりしています。
ライブ盤を聞けば会場の様子を伝え、ヴァイオリンは低音量でも上まで伸びて行くのがわかり、
荒々しいサックスでも気持ちよく聞け、いろんなジャンルを聞き直しているところです。

現在聞いているのは
「ドノバン Donovan-Live In Concert」
音的にはドノバンの歌とギターと会場の様子のみ・・・と思ったら途中からサックスが(^^;
と面白くないソースですが臨場感あふれ飽きません。

リニアムツィータおすすめです。
能率がかなり低めなのでネットワークでは実力を発揮させるのが難しいかもしれません。
ソニーのコンデンサーツィータも美しい高音を奏でますがこちらは電圧をかけてないといけないので扱いにくいのが惜しいところです。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【Memo】手持ちツィータの覚書 | トップ | TEISCO FHT-2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。