すりはんどく日誌

創価学会壮年部員の日誌。

法戦

2017年06月17日 | Weblog
都議選が近いそうで

たいへんそうです。。

日曜日ごとに、朝集まって、突撃大会とかやってる感じでしょうか。

夜は報告また報告で。。

一生懸命で無私な学会員たちの時間と労力の使い方が、こんなんでいいのだろうか。

疲労し消耗したぶん広宣流布が進むのなら、いいのですが。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

期待はずれ

2017年06月11日 | Weblog
6月7日の聖経新聞に

池田先生がイギリスの新聞に寄稿されて

核兵器禁止条約の重要さをあらためて訴えられ

ボイコットしている日本政府が

推進のための協議に加わるべきであることを主張された、

という記事が出ていました。

池田先生の主張よりも

自民党の主張を党の主張として

核兵器禁止条約は保有国と非保有国の溝を深めるものである

と、訴え

ボイコットを支持する公明党。

仏意の団体のリーダーの主張を阻む勢力は

魔、であると教わった気が。

何より、一番気がかりなのは、

そんなナメたことされながら、

何の抵抗もせず声もあげない

われわれ創価学会員のていたらくです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NPT

2017年05月08日 | Weblog
海外のメディアで、池田先生のインタビュー記事を見つけました。

http://www.international-press-syndicate-japan.net/index.php/news/politics-confict-peace/861-buddhist-leader-pushes-for-nuclear-abolition-treaty

核兵器禁止条約の重要性を訴えられています。

いま、核拡散防止条約の会議が行われており、日本政府の代表も参加しています。

聖教新聞にも、一面に記事が出てましたね。

この条約は、核兵器禁止条約とは異なり、

アメリカやフランスは今のまま核兵器を持ってていいよ、

でも核兵器を持つ国が増えないようにしよう、

という、保有国に都合のよいものです。

当然、アメリカ様は賛成で、従って日本も追随するし、

公明党も、核兵器禁止条約は否定するが、核拡散防止条約こそ、核のない世界を目指すため重要だ、などと無残な主張をしています。

聖教新聞には全く書いてないですが、

核拡散防止条約の会議では、

核兵器禁止条約こそ重要である、とする、非核保有国の主張と、

核兵器禁止条約など幻想だ、とする保有国との対立が、

のっけから鮮明化し、火花を散らしています。

ナツオは、核兵器禁止条約は保有国と非保有国との対立を深めるからダメだ、と言って、池田先生の主張を否定しましたが、

ではなぜ、核拡散防止条約ならオッケーなのか。

見えすいた屁理屈で、純粋な、しかしSGI提言は読んでない学会員に、妙な知恵をつけないで欲しいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハム

2017年05月03日 | Weblog
9条の話ばかり強調しすぎのような。

他にも議論すべきことがさまざまあると思います。

マスコミの偏向報道もよくないですね。

とはいえ9条、

遠山清彦が櫻井よしことチームを組んで櫻井よしこに拍手を送るとは、

見たくない光景です。

改正議論の必要性を明確にする議論からしっかりやって欲しい。

ナツオはいつも、のらりくらり。

おのれから手を出すことは決してせず、

自民党の動きに合わせて後追いで中道ぽいこと言って帳尻を合わせるスタイルはもうやめた方が。

今年のSGI提言では、

今年3月の国連の核兵器禁止条約のための会議を成功させるため、

SGIも尽力することを、

池田先生が語られました。

日本政府は、この会議の意義を否定して参加をボイコット。

ナツオも、自民党と擦り合わせた通りに、

この会議は保有国と非保有国の隔たりを広げるものだ、などと述べ

大胆にSGI提言を否定しました。

池田先生は推進しようと言い、公明党は否定する。

僕は、

公明党が全て創価学会の言いなりになる必要はなく、

創価学会がイエスと言ってることを、

公明党が否定することは、有ってもよいと思います。

ただ、学会員が、友人に、公明党を純真に全肯定する主張をしてしまうと、

池田先生の意見とは違う考え方の人だと思われかねないので、

そこは整理しておくべきだと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ザ・ダンカイ

2017年04月16日 | Weblog
タイトルは、ナイツの学会ネタから。

「好きな御書の一節は、等云々です」

とか、おもろいですね。

練馬の会館でナイツの塙が牙城会として着任してるのをむかし見たことがあります。

スギちゃんが友人の男子部員に誘われて会合でちょっとだけ漫才みたいなことをしてくれたこともありました。かなり昔、まったく無名時代ですが。

先日、ひさびさに会合に出ました。

人間革命や、御書をみんなで読み合わせただけでしたが、

皆さまの真面目さ、求道心に感動し、とても勉強になりました。

平日も週末もカイゴウカイゴウの毎日に価値があるとは思われませんが、

同志の皆さまとはつながりを持ちたいと思います。

とはいえ、さっそくとある人材グループへの加入を勧められて閉口し、

やっぱりこちらの都合どおりにはいかないよなー、と、思いました。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

教育勅語

2017年04月05日 | Weblog
公明党が、大局観に立って、どのような判断をするのも自由ですが、

イラク戦争の時みたいに、

公明党がアメリカのイラク攻撃を支持したことによって、多くの創価学会員がアメリカを支持した、

なんてことが繰り返されぬよう、

学習能力に乏しいわれわれではありますが、

牧口先生が投獄された理由のひとつが、

教育勅語に従わず、

教育は、天皇や国家のためにあるのではなく、

子供自身の幸福のためにあるのだという主張をされたことにあったということくらい、

忘れないでおきたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

事実

2017年03月23日 | Weblog
池田先生が会長をやめさせられても、

誰も立ち上がらなかったという点が、

重要な歴史的事実だと思います。

宗門が悪いとか、

最高幹部が不甲斐なかったとか、

言ってる場合ではなく、

そこが創価学会員の限界で、

それは、今でも変わっていない気がします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新聞と選挙

2017年03月22日 | Weblog
いろいろと追い込まれて、

やってられっかー

と、思って、学会活動に出なくなって3年ほど経った気がします。

なぜ、やってられっかーと思ったのか、たぶんいろいろあって、どれが原因とは、自分でも判別できません。

ただ、再び座談会とかに顔を出そうとしたとき、

やっぱり無理だなと直ちに思うのは、

新聞と選挙ですかね。。

題目と対話が残って、

新聞と選挙が消えれば、

組織に戻りたいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新年勤行会

2017年01月02日 | Weblog
久しぶりに正月に帰省して地元九州の新年勤行会に出ました

昔からですが、広い駐車場で押し寄せる車をさばく創価班の方々には敬服します

勤行会ではお祝いのバンド演奏がありました

演奏は、会合でよくあるお楽しみですが、

ボーカルの歌もついているパターンは初めて見ました

幹部あいさつのとき、幹部がそのバンドメンバーを称えようとしたところ、

すでに彼らの姿はなく、

どこに行ったんだろうと言っていたら、

会合終了後、会場を出てみると、

バンドメンバーたちは白蓮や創価班のスタッフとして各所に展開していました

練習や準備、緊張の演奏本番、片付けなどで年末年始の休みは有って無いようなものでしょう

これまた敬服の至りです
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

コンタクト

2016年12月08日 | Weblog
驚いたことに今年も終わろうとしています。

学会活動には参加しないままだったなー。

選挙と財務はちゃんとやったものの。。

とりあえず誰かと連絡とって組織の状況や人の様子を聞きたいです。

でも連絡すると会合のアポとりが必ず来るしなー。

友好期間に入ってからにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加