gooブログで発信!

生きるために大切なメッセージ&日々の出来事

旅行*石川県②

2017-03-19 12:00:48 | 旅行&スポット

雨が降ったりやんだりする中、「にし茶屋街」に到着。

観光客でごった返している「ひがし茶屋街」と比べて、こちらは規模が小さく、訪れる人もそれほど多くはないようです。

この日は、平日で、しかもこんな天気ということもあってか、歩いているのは数人程度。
料亭やカフェ、お菓子屋さんなど、営業しているのかがわからないくらいの静けさでした。

落ち着いた雰囲気を味わいたいのなら、こちらがオススメかも。
それに、人が少ないので、写真が撮りやすいです。

茶屋様式の家並みは「ひがし茶屋街」とほぼ一緒ですが、古さを感じさせる建物が続く中、きれいでしっかりとした「格子作り」をもつ建物があります。


▲美しい「格子作り」が古さを感じさせません。


▲しっかりした「出格子」が目を引きます。

今回は、新しい発見がありました。

駐車場から「にし茶屋街」に向かう時、階段を下りていくのですが、その時に見える茶屋街の屋根がきれいでした。
「ひがし茶屋街」では屋根を見るなんてことはなかったので、新鮮な発見です。

「にし茶屋街」には、「吉米楼」というお茶屋の跡地に建てられた「西茶屋資料館」(入館無料)があります。

「吉米楼」は、大正時代に「地上」という作品でデビューした小説家「島田清次郎」が幼少期を過ごした茶屋。
その縁で、1階は「島田清次郎」に関する資料が展示されています。

ざっと資料を見たあと、ボランティアのガイドの方と一緒に2階に上がり、お茶屋についてのお話をたっぷりうかがいました。
建物自体が当時のお茶屋を再現して造られているので、部屋だけでなく、2階へ上がる階段もそれ仕様。
お茶屋遊びで酔った男性を芸妓が支えて二人で下りられるよう、幅広にできているとか。

お茶屋遊びをした部屋は、朱色の壁が色鮮やか。
太鼓や三味線が置かれ、当時のお茶屋遊びがしのばれます。

 
▲廊下の天井と照明が、雰囲気を出しています。

こちらもステキ

ほかに、金屏風が立てかけられたスペースがあります。
ここで、芸妓たちが芸を披露したそう。

ガイドさんのていねいな説明で当時をしのびつつ、資料館をあとにしました。


 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅行*石川県① | トップ | 旅行*石川県③ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。