前進あるのみ

真面目で何事にも一生懸命に前向きにをモットーに頑張るのみ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログのお引越し

2014年06月10日 | Weblog

gooで今までブログしてたけど、ブログお引越ししま~~~っす。

livedoorでこれからブログ更新して行くので、こちらのアドレスを良かったら
リンクして下さい。
更新はこれからこちらでしていきま~~~っす。☆


http://blog.livedoor.jp/lesser385/



これからも顔を覗かせてくださいね~~~
ではでは。

リンクしていただいてる方、お手数ですが上記へ変更お願いします。

lesserより。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手探りでlivedoorでブログ開設してみた・・・

2014年06月07日 | Weblog

http://blog.livedoor.jp/lesser385/

yahooで開設・・と思いきや、どうも画像インプットが一気に取り込み出来ない様子。
写真を一杯載せたい私にとって、それはちょっと・・・ということで、livedoorのIDを取得。

gooより時間はかかるけど、何とか画像インプットが一気に出来そう・・・喜

まだテスト段階だけど、livedoorがうまくいきそう・・・

又よかったら遊びに来てね~~

上のアドレスが新しく新設したlivedoorのブログだよ。

明日とあさってはちょっと不在なので、改めて淡路のレポから新しいブログでレポしていくからね~~

ではでは!

(ちなみにlivedoorのブログで続きを読む・・をクリックすると文字が出てくるよ 喜)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

yahooでの画像フォルダーって・・・

2014年06月05日 | Weblog
どうやって写真を取り込むのかな~・・・汗

gooでブログフォトで写真の取り込みが一気に出来るサービスを登録してたけど、
うまくいかず、yahooで新規ブログ開設しようと登録したものの、画像フォルダーへの写真の
取り込みの仕方が分からず、ブログの更新が出来ない。

正直困ってます。

淡路レポからブログの引越しも視野に入れてるんだけど・・・
今のままではgooで画像アップが出来ないため、レポが出来ない状態・・

えらいこっちゃ・・・・汗

yahooのブログのどの画面で画像をインプットできるか、知ってたら
教えて~~ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そしていよいよTOJ堺 TT決戦へ

2014年06月03日 | Weblog
堺国際クリテレース観戦後、個人TTまではちょっと時間があった。

用意していたお昼を食べ、散策しようと色々ウロウロしていた。
すると、電話が・・・
誰かな?と思いきや、久々、チームメートのジンさんからだった。
所用で会場に着くのが遅くなったけど、今着いた・・との連絡。
嬉しかったな~~~

そしてしばらくしてから再会!
久しくチーム練に顔を出してくれていないジンさんだけれど、色々忙しくてなかなか顔を出せないでいた。
けど、近々又チーム練に参加することを約束してくれた。

ジンさん、待ってますよ~~~
又元気に走りましょう~~

私はジンさんの手を持って、離さないよ~~~~と言った。












そしてしばらく一緒に周っていたくぅちゃん家族さんは、これからくぅちゃんの実家に行くということで、
会場を後にするとのこと。

ならば一緒に写真を・・と言って写真を撮ってもらった。喜

最近息子さんたち、成長してきてとっても自転車が速くなってる。
頑張ってるよ。

又一緒に走ろうね~~ 喜











そして再びチームメートのチュータさんとの再会。
去年も偶然大仙公園でバッタリ逢った。

そのときは怪我をしていて、しばらく自転車に乗れないでいたチュータさん。
今はバリバリ乗ってるよ。
そして息子さんと一緒に会場に来ていた。
息子さん、チュータさんにそっくり!驚

チュータさんをそのまま小さくしたような感じだった。

そしてF1の好きなチュータさん。
私はさっき右京さんと一緒に写真を撮ったけれど、右京さん目をつぶっていたからチュータさんたちと再び
右京さんに写真を求めた。

カメラマンは旦那。

右京さん、旦那の足を見て、ごっつい脚してますね~~とびっくりしていた。
スプリンターの脚ですね~~ 凄いです~~を連発。
その後、チュータさん、右京さんとしばらくゆっくり話できて、とっても嬉しそうだった。
良かった良かった。










そしてチュータさんももう帰るとのことで、私達はブース巡りをすることに・・・

すると、メリダのブースにあのポッツァートがいる。驚
何やら話をしていた。

私たちはしばらく近くで様子を見る。

もう一度写真を一緒に撮りたい・・・私は思っていた。

その瞬間が訪れた。

ポッツァートが立って移動するとき、私は思い切って話しかけた。









私の存在に気付き、近づいてきたポッツァート。

そして腕の刺青を写真撮らせて欲しいとお願いした。

すると、腕をスッと出してくれて、撮らせてくれたのだ。
優しい!

近くでゆっくりマジマジと見ると、実に綺麗な字の刺青。

いつもテレビで見ていたけれど、実際に見るととても大きい字ではっきりと書かれていた。
それになぜか日本語も入ってるんだよね。








そして念願の2ショット記念撮影。

身長の高いポッツァートはわざわざかがんで私に合わせてくれた。
ファンサービスが行き届いていて、とってもフレンドリーな印象だったね。

キャー、背中に手を廻してくれた~~~ 喜

私?満面の笑み?笑 喜

そして最後に私はTHANK YOU VERY MUCHというと、YOURWELCOMEと応えてくれた。
嬉しかったな~~

滅多に撮れない2ショット。
これは記念になるよ。

いつもツールなど、ビッグレースで活躍する人だよ。そんな人と滅多にこうして写真を撮れるもんじゃないよね。
大切にしておこう・・・










そしていよいよ第一ステージが開幕した。

最初のSHIMANOの選手は今年加入した選手なのか、私はわからない。
とりあえず写真を撮った。誰かな?汗









私達はスタート地点の近くで選手が走るのを見守っていた。











次のSHIMANOの選手も新人選手かな。
最近の人はすみません・・・分からない・・・









おっと、こちらはブリッチェンの真理さん。

真理さんは、集団でダーッと走っててもなぜかすぐに分かる。

堺クリテでは後方を走っていた。









そして真理さんも元気よく飛び出して行った。











こちらはお馴染み、畑中さん。

畑中さんはすぐに分かる。

いつもにこやかモードの印象があるけれど、レース直前となれば真剣な表情である。








頑張って~~~~~~











こちらはヴィーニファンティーニの宮澤さん。










そしてこちらは去年からSHIMANO所属の吉田さん。

吉田さんは小柄だけれど、登りも軽やか、スプリントも優れている凄い人。












小柄なのに速い人って羨ましいよね。
それだけ努力してるってことなんだけど・・・・










こちらは野中さんだったかな?
ん?違うかも・・・・汗








そしてTT最後の出走者はポッツァート。

走る前、以前落ち着き、気分を高めているようなそんな印象だった。









そして合図とともにスタートしていった。










1周の個人TTを全力疾走し、全力を使い果たしたポッツァートが疲れ果てて帰ってきた。

お疲れさん・・・・
このとき、ポッツァートは3位でフィニッシュした。












解説席には私の大・大・大好きな今西さんがモニターをチェックしながら実況していた。

今西さんは、遠くからでも声ですぐに分かる。

たまにテレビの解説でしゃべってるけれど、コテコテの大阪弁(関西弁)でしゃべってくれるのが嬉しいね。
けど、英語もとっても堪能な人なんだよ。ある意味羨ましい。

そして今中さん、栗村さんといったビッグな人たちがいたから思わず写真撮影。


最近、ジロやツール、ヴェルタなど自転車番組で解説者に誰が来てるか分からないときでも、ちょっとしゃべってる
声を聞いたらすぐに誰・・って分かる自分が恐ろしい。苦笑
あ、今日は野寺さんや・・とか、今日はサッシャと飯島さんや・・・とか、今日は永井さんや・・とか・・・・
よっぽど食い入るように見てるってことかな・・・笑






さてさて、これでTOJレポは終わり。

次は淡路レポだけど、明日は残業予定かな・・・
で、ブログフォトサービスを受けてたんだけど、手続きの不具合でうまく登録できないまま、勝手に退会手続きを
取らされたみたいで、フォトの大容量インプットが出来ない状況。

思いきってブログを移行しようと思っている。

きちんと登録出来たら又連絡するからね~~

写真のインプットが出来てないから苦労してます・・・泣

yahooに変えようかと今思案中。


ではでは・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOJ堺国際クリテ観戦

2014年06月02日 | Weblog
さて、いよいよ堺国際クリテリウムのレースが始まろうとしていた。

TOJ第一ステージとしては、個人TTの予定だから、堺国際クリテが唯一選手全員が凄いスピードで駆け抜けるところを
見れるレースだった。

どんな走りをしてくれるのだろう・・・
私達はとっても楽しみにしていた。










そして続々と出走する選手が並び始める。
私の大好きなSHIMANOの選手も先頭に並び始めた。









と、横をふと見ると・・・
右京さんが立っているではないか!

これはチャンス!と右京さんに話掛け、一緒に写真を撮ってもらうことに・・・

右京さん、私の顔を見ると、以前も一度お会いしましたよね?一緒に写真も撮りましたよね?と
覚えていてくれていた。
そう、実は右京さんとも何度かお会いし、私のことを覚えていてくれているのだ。喜

それもこれも皆自転車がきっかけなんだよね。
縁って不思議~~~

けど、せっかく撮ってもらった写真、今回は右京さんが目をつぶってしまっていた・・・汗
でも、後でもう一度一緒に写真を撮ってもらえるきっかけが・・・
それは又後日・・・








そしていよいよ選手全員がスタンバる。

スタートの時間が刻一刻と迫っていた。










ツール等、ビッグなレースで好成績をおさめるポッツァートもまだまだ余裕の表情。
相変わらず貫禄があった。







そしてピストルの音を合図に選手が一斉に飛び出した。
と言っても最初はローリングスタート。
皆落ち着いてゆっくり加速。








全部で10周回、ど平坦で行われるレース。
2周目以降は凄いスピードで駆け抜けていく。
相手の出方を見つつ、レース展開していく様子がよく分かる。
選手達は走りながらどんな人が周りにいるか、常にチェックし、マークすべき人がいるかどうかを瞬時に判断。
ゆさぶりをかけるかのように少しアタックをかけ、相手の出方を見る。

プロツアーのレースを見ていても同じような展開が繰り広げられ、今回はそれを間近で見れる絶好の機会。









選手が来ると、ダダーッとなだれのように凄いスピードで通り過ぎていく。
シャッターチャンスも難しい。汗








誰がどこを走ってるのか見つける間もなく通り過ぎて行き、あ!今畑中さん通った・・とか、今誰それが通った・・と、
通り過ぎてから気付く始末。汗
けど、瞬時にランプレの選手が来た!とか、SHIMANOの人がいる!と分かる。その時ぞばかりにシャッターを切る。








以前一列棒状になり、選手が凄いスピードで過ぎていく。
車輪の音がシャーッと通り過ぎる選手とともに鳴り響く。








オッ!ランプレの選手だ!

通り過ぎてからやっとシャッターを押す。
良かった・・・かろうじて撮れた・・・喜










レース観戦して、選手が再び来るのを待っていたとき、ふと反対側の通路に目が行く。

あ!これはこれはヒルクライムの女王こと、マツユキさんとその彼氏、H内さんが歩いているではないか。

私は大声で、マツユキさ~~~ん!と呼び止める。
すぐに気付いてくれ、こちらを向いて手を振ってくれた!
ワ~~~イ

そっち行きま~~~っすと言ってくれ、一般の人が通れる所定の場所まで二人は歩いて行った。









レースはまだまだ続き、ようやく逃げが決まる。

恐らく見えない箇所でアタックが繰り広げられ、この二人がようやく逃げを容認してもらえたのだろう。

自転車レース、それは選手の中で逃げを容認され、プロトンと呼ばれる後続集団がある一定の距離を保ちながら
レース展開を繰り広げられる。
逃げに入る人は、エース核ではない人で、エースを勝たせるために自分が犠牲になって風を受け、走らされる。
要は集団で走っていたほうが風の抵抗が少なく、ある意味、逃げに入った人は、自転車界では泳がされる・・と
いう。
勿論、逃げに入る人も速いのだけれど、仕事としてしっかり役目を果たし、自分のチームのエースを勝たせるために
自分を犠牲にするのだ。

プロロードのレースを見ている人なら私の言ってることはわかってもらえるだろう。

自転車レースでは各チーム毎に役割分担が分けられており、エースを勝たせるためのあらゆる手段を組まれている。
だから自分が勝ちたいと思ってもなかなかそれは難しいものがあるのだ。

なかには逃げの集団の中から優勝する人もいる。それは後続集団が残りの距離を測り、このぐらいで追いつく・・と
踏んでいるにもかかわらず逃げのグループが思いのほか速かったり、後ろが牽制し過ぎて追いつかなかったりといった
レース展開になる場合だってありえる。
けど、今回の堺クリテの場合は、逃げと後続との差はそんなになく、ラスト2周回ぐらいで又一塊になったりしてたから
後はスプリント勝負だったね。平坦だけのレースではまず逃げが成功する確率は少ないのだ。








逃げの選手、そしてプロトン(後続の集団)が綺麗に収まり、プロトンの先頭はランプレがうまく集団をコントロール。
あ、逃げが決まるまでは集団はアタックが続いたり、相手の様子を伺うような感じでなかなか落ち着きがない。
逃げが決まり、ようやく集団は様子を見ながら落ち着いた走りができるのだ。

ランプレの後ろはヴィーニファンティーニの選手がかたまって走っていた。











ここで待っていたマツユキさんとH内さんが私達の元へとやってきてくれた。

しばらく楽しくお話させてもらう。喜

H内さんは、GW最終日に鍋谷で偶然逢って、その時から体調を壊していた。
もう大丈夫ですか?と聞くと、元気をすっかり取り戻しているようで良かった。

二人とも登りに関しては敵なしといった感じで、とっても速い。
ほんと、羨ましい。
そして二人とっても仲がいい!

私も一緒に写真を撮ってもらった。喜

又逢いましょう~~~ 喜










そして最終周回、逃げは吸収され、綺麗にランプレの選手とSHIMANOの選手が前方に並んで走るところを撮れた。

横で見ていた手が邪魔!困
せっかくベストショットが撮れたというのに・・・・泣










そして最後のスプリントはランプレの選手が制した。
2位はヴィーニファンティーニの選手だった。

最後はゆっくりお互い握手しながら走っていた。
お互いの健闘をたたえあっていたのだ。











そしてゴールした選手が続々とゆっくり走ってきていた。

オー、ポッツァートが来た~~ 思わず撮影。






走り終えたランプレの選手は皆並んで記念撮影大会。
私もそのおこぼれを貰って撮影。喜








そして表彰式を見るため、本部に移動していたときだった。

指定横断場所のプラカードを持って立っている人がいた。

最初、わからなかった・・・しかし、よく見ると・・・

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うちのチームのN瀬さんだ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そう、この日はスタッフとして皆の安全を見守っていたのだった。
お疲れ様で~~~っす。

帽子がよく似合ってるね~~~~~~喜










そしてしばらくし、表彰式が始まった。

ランプレの選手、まだまだとっても若そうな人。

将来、ビッグレースでも活躍しそうな勢いだね。











ツールやジロでも近い将来、活躍する選手になるんだろうね。
よく覚えておこう・・・







こうして、堺クリテレースが終了した。

お次はいよいよTOJの堺ステージの幕開けとなるのだった。

その前に時間が少しあったため、私達はブースを見て廻ったり、色々していた。
その中で最も記念すべき写真が撮れたのが私は嬉しかった。

そのレポを含め、又公開するからお楽しみに~~~~~~~~~

では又ね~~~~~~~~~~~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スター揃いのTOJ大阪観戦 写真オンパレード

2014年05月31日 | Weblog
待ってました!年に1度のスタープロロード選手勢揃いのツアーオブジャパン!
私達の中でのイベントの一つとなったこのTOJ大阪ステージ。
そりゃーもー豪華選手が揃うとあれば、チーム練はそっちのけでこの日ばかりは選手のおっかけ?笑
普段見ることの出来ない選手のレース展開も勿論、有名な選手との記念撮影だってできちゃうとあれば、そりゃー
あこがれの選手と写真撮りたくもなるというもの。

毎年大阪ステージを楽しみにしている私。
ついにこの日がやってきたのだ。喜

大仙公園、それは自転車でも行ける射程圏内。勿論私達もロードで行く。
会場に着いて真っ先に目についた車。
それはやっぱりSHIMANOカーだったね。喜








そして早速SHIMANOカーと共に記念撮影。









そしてイベント会場へ脚を進める。

すると、いつも黄色で目立つMAVICカーが目に止まる。
こちらも撮影。









そしてやっぱり一番先に訪れた先。
それは勿論SHIMANOブース。

何と言ってもやっぱりSHIMANOを応援するためにレース観戦に来るのだから・・

毎年若手選手が次々と加入してくる。なかなか若手選手は私でもわからない。汗
けど、話できる機会を狙う。
まるで獲物を狙うかのように・・・・笑 んなことないっか・・・・

早速フロントに置いてるポストカードをもらう。喜









そしてびっくり!ふと見ると、いつもFBでは仲良くしてもらってるきゃうちゃんの旦那さん、TSUKASAさんがいるでは
ないか!
まさかここで逢えるとは思っておらず、いきなりのこと、しかもいつもシクロで活躍しているのは知ってたけど
凄いなーと思いつつ、話できる機会がなかった人。そして前日のFBで鈴鹿エンデューロに参戦だったため、来てるとは
思わなかった人と出会えたことに、私は少々パニック気味。苦笑

凄く速い人・・・ということで一目おいてた人だった。

旦那にそれだけ凄い人・というのを説明するのに、すっかりパニクッてしまってた私は、自分でもわけのわからん説明を
していたのがわかった。
鈴鹿で凄く速かった人・・とか、シクロも凄かったんやで・・・と言うのだけれど、単語単語を並べながら説明するため、
旦那は意味が分からなかったみたい・・・
自分でもあのとき、うまく説明できてないことがわかってたぐらいだったから・・・汗

けど、FBでいつも仲良くしてもらってるお友達・・というのはちゃんと説明できたから良かった。
そして初めて2ショット記念撮影できた。嬉しかった。










そしてSHIMANOの方を見ると、入部さんがいた~~~

去年おしゃべりさせてもらい、SHIMANO鈴鹿でもファンのことを伝え、すっかり覚えてもらっていた私。
そして、最近泉南からの帰り道、上之郷のところで偶然入部さんと逢えたことを入部さんも覚えていてくれていた。

あの時以来ですね~と言ってきてくれたのだ。喜

あの時、T字路で誰かが向こうから来てるなーと思ってたんですよ・・・向こうも走れるんですね・・・と言ってくれた。
私達は河川敷を走ってあの場所に来たことを伝えた。
すると、今度そこに行ってみます・・・と言ってくれた。

入部さんもとってもいい人で、私の名前も覚えてくれてるんだよ~~~~喜









そしてこちらは鈴木真理さん。

真理さんは今はブリッチェンになったけど、かつてはSHIMANOで大活躍していた人。

だから昔から私のことを知っててくれ、いつも気軽に話してくれる。この日もそうだった。
あー、久しぶりです~・・・

そして、何と真理さん、私の会社を知ってるのか、この前会社の近く(高砂)を走りましたよ・・・と
言ってくれたではないか!驚

そのときは、あー、そうなんだ~と思った私だったけど、よく考えたらなんで知ってるんだろう・・・?と帰ってきて
から気がついた。
前に会社の近くを野寺さんと島田さんが走ってたときがあり、私は慌てて会社の外に出て(丁度休憩時間だった)
頑張って下さ~~い!と応援したことがあった。島田さんは私の存在に気付き、そしてファンのことを知っててくれて
いたため、ブログでその日に島田さんは、走ってたときに応援してくれた人がいて、パッと見たらSHIMANOファンの人
だった・・・と書いてくれていた。
SHIMANOの選手の中で私の話題がそのときに出てたのかもしれない。当時まだ真理さんもSHIMANOだったはず・・・

私はそのことを思い出した。喜

真理さんや、廣瀬さん、阿部ちゃん(良之さん)は、凄く気さくでフレンドリーでいい人だから、SHIMANOを
離れてからでも応援しているし、一緒に写真を撮ってもらったりするのさ。









そしてこちらはいつも愛嬌たっぷりの現SHIMANOの監督、野寺さんだ~~~~

私はこの日、帽子を持って行っておき、野寺さんにサインをもらうつもりだった。
有言実行、ハイ、ちゃんと帽子にサインをもらっているところを激写。
野寺さんも本当にいい人なんだよ~~

私がSHIMANOの大ファンのこともとてもよく知ってくれている。
逢うと、本当にいつも嬉しそうな表情をしてくれる。










勿論野寺さんとも一緒に2ショット記念撮影。

本当にいい人。







そして気さくでいい人・・・と言うと忘れてはならない私の大好きな人。
勿論野寺さんも大好き。

そしてパッと後ろを見ると、その大好きな人がいた~~~~~

そう、今西さんだ~~~
そして何と島田さんと一緒にいるではないか。
写真右が今西さん、左が島田さん。
皆私が凄いSHIMANOファンのことをよく知ってくれている。

って、どれだけSHIMANOに顔広げてんねん・・・って?
そう、私ったらかなり有名人。喜

だってだって、皆本当にいい人なんだもん。
気さくにしゃべってくれるし、全然気取ってないし、いい人たちなんだよ~~~~~








そして忙しそうにしてたから2ショットは撮れなかったけど、サインシートに来た畑中さん。
畑中さんもSHIMANO所属は長く、現キャプテンを務める。
この人とも何回も2ショット写真を撮ってもらったことがある。
人懐っこくて本当にいい人だよ。






そしてサインシートにサインを済ませ、歩いてきた入部さんと目が遭う。
頑張って下さい!と私は笑顔でエールを送った。喜









そして今期からSHIMANOに加入した人だろう。
名前知らない・・・汗








そしてブースではあの右京さんが忙しそうに打ち合わせしていた。
右京さんとも後で写真を撮ったんだけど、右京さんとも実は何回か写真を一緒に撮ってもらっている。
そのレポは又後日・・











そして忘れてはならないお馴染みの人。栗村さん。

いつもJ-SPORTSの解説で思わず話を聞き入ってしまう人。
栗村さんも私のことをよく知ってくれている。

各イベントで大勢の人がいる中、私達を見つけると、あー、どうも・・・と他の人とは違うリアクションをしてくれる。
かつてSHIMANOのチームでいたときに仲良くなり、その前から存在を知ってくれていた。
ファンだということをよく知ってくれており、逢うたびに話をする人。

そして私はこの日、栗村さんに逢ったら栗村さんがレクチャーしたヒルクライムレースで強くなるトレーニング法の
DVDを買ったことを伝えた。
すると、栗村さん、本当なら僕がプレゼントするべきなのに・・・と冗談交じりで言ってた。
本当なら嬉しいけど・・・
けど、DVDのことを伝えたかったから伝えられて良かった。
で、ダイエットしたのは知っていた。実際に見て、やっぱり痩せていたのが分かったから、かなり痩せましたね~と
私は伝えた。










そして今年からTOJはランクが上がり、プロツアーライセンスを持ったチームが1チームTOJに参加することと
なり、ランプレの選手がサインしに来た。








そのランプレのエース、ポッツァートがやってきた~~~~~~~~~~~~~~~

やっぱりオーラが違う!
貫禄があったね。











この時、くぅちゃん家族とも逢っていた。
そしてREI君と共に、何とポッツァートと写真を撮れた。

とっても気さくな人だった。














パッと横を見ると、宮澤さんがいるではないか。
宮澤さんと言えば、これも昔の出来事だけど、何年か前に私達は宇都宮で開催されるジャパンカップを見に行った
ことがあった。

偶然私達が泊まったホテルが、宮澤さんの所属するチームも宿泊していたらしい。
で、なぜか宮澤さん、自分のジャージをそのホテルに忘れていたというハプニングがあったのだ。
これも驚きでしょ。まだその当時は梅丹本舗だったよ。










そして出走の時間が近づき、選手はそれぞれコースをゆっくり走っていた。

この写真、うまく撮れたね~~~~~~~
自分でも気に入ってるんだけど、ヴィーニファンティーニのチームとなんとポッツァートがコラボで走ってる~~~~~~~

それを見つけ、うまく写真を撮れたのだった。
これは記念になるね。








そして実況席では私の好きな今西さんが、今中さんとスタンバっていた。

こういうアングルも滅多に撮れなくていいでしょ。喜









そしていよいよ、堺国際クリテリウムレースが開催される時間となったのだ。

TOJ第一ステージとしては個人TTだけど、その前に堺国際クリテのレースがあるのだった。

今日はここまで~

又ね~~

ね、写真のオンパレードだったでしょ。

まだレポは続くからお楽しみに~~~~~~~~~~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと11日レポ チーム練

2014年05月29日 | Weblog
着々と進んでいる私のブログ。笑

さてさて、GWレポも終わり、一息ついたところで、通常のいつものチーム練レポへとご案内しましょう~ ♪

この日も天気は申し分ない快晴。
走るのにはちょうどいい感じ。喜







そしてこの日、久々に黒ちゃんが顔を出してくれた。

なかなか一緒には走れないけど、こうして時々顔を見せてくれるのは嬉しい。
多趣味な黒ちゃんだから結構忙しい人。

又いつでも自転車一緒に走りましょう~~
楽しく・・・が一番!喜









そしていつものように淡々とキビタニを皆揃って走って行く。









と、1人スーッと早くも前に出る人・・・

それはやはりいつも戦闘モードのTSUDAさんだった。








すかさずそれについていこうと前にスッと出るのはJACKさん。
オー、行った行った~~~~









それに続いて行くのはまだ本調子ではないというTOYOTAさん。
けど、私から見ると、ガッツリ走れてるような気はするんだけどな~











そしていつも元気なN瀬さんもその後に続いてスピードアップ。

皆元気だね~~
元気が一番!喜









ほの字で折り返し走って来たのはTSUDAさん。

いつも貫禄のある走りで、走れることに大満足しているTSUDAさん。
日々精進を続けるバイタリティ溢れる人。










そしてこちらは淡々と、しかし着々と、確実に走りをこなすツク○の奥さん。








そして続々とほの字に到着するK谷さんとN瀬さん。

皆さん折り返し走ってくる。










あー、やれやれ・・・・
頑張って走って来たのはツク○のおじちゃまだった。

皆頑張っている。

ツク○のおじちゃまは毎日ローラートレーニングや筋トレをしているとのこと。
凄い!

私も見習わなくっちゃ・・・

私は普段自転車に乗ること以外は何もしていない。汗

旦那にもよく言われる。たまに筋トレはした方がいいと・・・
そしてストレッチもしたほうがいいと・・・
言われるんだけど、なかなかしないんだよね。汗
それが返ってよくないことはわかってるんだけど・・・










そして遊びながら走ってくるのは旦那だった。笑

ちなみにこの日はニュージャージ。喜










この日の私の使用自転車はアンカーカーボン。

これは基本通勤で使っている自転車。
たまにチーム練で使用もする。

平地にはいいけれど、登りはしんどい自転車。だから基本通勤で使っている。
この日はチーム練後、用事がありすぐに帰る必要があったため、チーム練だけ走る予定にしていた。
だからアンカーカーボン出動となったのだ。










そして苦しまぎれに射撃場を登って行く。

見える登りってきつく感じるよね。
先が見える登りって・・・










けど、やっぱり走れる環境に私は感謝しながら走っていた。











こうして自転車で走れる環境こそ、私は幸せを感じるのさ。

どんな所であっても、自転車で走れるという境遇にありがたさを感じながら・・・・

そう考えるとやっぱりニッコリ笑顔になるんだよね。喜








そしてやっぱり新緑が鮮やかな色をかもしだす牛滝山を目指して私達は淡々と走って行く。

ね、見事な緑でしょ。

凄くきれいだった。
空も真っ青で申し分ないぐらい気持ちいい!










やがて無事山頂へと到着~~~











走ればやっぱりのどが渇く。

シュワーッと炭酸がのどにいく。
んー、おいしい~~~

これからは炭酸のおいしい季節だね。












あ~やれやれ・・・・

今日も登ってきたな~とのんびり腰を下ろすメンバー。
おっと、TOYOTAさん、カメラに気付き、ピースポーズ。喜

ここでもやっぱり楽しい自転車談義に華を咲かす。











アンカージャージを身にまとった永○さん。
最近実は復帰した人。

ちょっと病気で療養の身だったため、自転車はしばらく休養していた。
ようやく調子を戻してきて、再びチーム練に顔を出してくれるようになった。

やっぱり1人でも多くの人と一緒に走れるのは楽しいね。

ツク○さん夫婦もいつまでも一緒に走りたいものだ。









そしてこの日は、真っ直ぐ家に帰る予定で牛滝を下って行く。

下ってる途中、前方に見慣れたジャージの人が下ってるのを発見。

あのジャージは・・・・

もしや・・・・?

そして確信。
前に男の人、そして後ろに女の人・・・
ヘルメットを見る。黄色・・・

私は確信した。

あ、やっぱりよっちゃん夫婦だ~~~~~~~喜










この後、私は旦那を追い抜かし、よっちゃん夫婦の元へ・・・

こんにちは~~と挨拶。喜

よっちゃん夫婦もたいそうびっくりしていた。

聞く話では、何と鍋谷を越えて葛城に登り、牛滝ルートで下ってきたとのことだった。

なんと・・・・・驚

私達がのんびり牛滝まで登って下ってくる間に既に2山も登って帰る途中だったとは・・・・


恐れ入りました。

又今度ゆっくり止まってお話しましょうね~~~ 喜

少しでも逢えて良かった。喜







こうして無事平穏にチーム練を終え、この後は母の日ということでお互いの母親にプチプレゼントを渡しに
行きましたとさ。

カーネーションにちょっとしたメッセージを書いて、あと少しプレゼントを用意していた。

うちの母親も旦那の母親もそりゃー喜んでくれた。
たまには親孝行もしないとね。笑

そしてこの次はいよいよ間近で見れるプロロード選手の走りを楽しみにしていたTOJへ出向く私達。
毎年楽しみにしている。
だってプロロード選手を間近で見れるんだよ。
華麗な走りを真の辺りにし、タイミングが良ければ選手と写真も撮れ、一緒におしゃべりだってできるのさ。

さて、どうなったか・・・・?

又レポをお楽しみに~~~~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW後半 最終日 ちょいと和歌山ロングツー その3最終章

2014年05月28日 | Weblog
何のストレスもない見通しのいい直線。

前に道がある限り、私は走り続けたい。

走るには恰好の場所。そして今の時期は最高なサイクリング日和。
なのに自転車を知らない人ってかわいそう・・・
自転車の良さが伝わらない人もいる。
自転車だからこそ値打ちがある場所だってある。

そんな世界を1人でも多くの人に味わってもらいたい・・・
私は常日頃からそんなことを考える。
自転車は素晴らしい乗り物だということを・・・

そして私はいつまでも走り続けたい・・・

走れる時間がある限り、走りたい。
走れる環境が続く限り、走りたい。
条件はいろいろ変わってくるけれど、走れる時間を見つけて走りたい・・・
いつまでもずっと・・・・









そして心底自転車を楽しむ人・・・
それがN瀬さん。

この日は愉快な最高な仲間、N瀬さんと一緒だったから終始笑いが耐えない。
本当に楽しかった。









河川敷。

1月や2月に来るとこの場所は茶色一色になるんだけれど、今はしっかり、どこを見ても新緑の若葉だらけで、
見ていても気持ちいい。

そんな河川敷を走れるN瀬さんはたいそう喜んでいた。

勿論私もそうなのさ。

その表情が顔にも出てるね。
二人とも満面の笑み。

この時ね、実は撮影を終えて普通に走ってるときでも自然と顔がほころんでたんだよ~~ 驚

気持ち良かった~~~









空はうっすら雲に覆われ、されど心地いい風が肌に当たる。
暑くもなく、寒くもなく、走るのには絶好の自転車日和ときたもんだ。

前で走る旦那の表情もさぞ嬉しそうな表情で走っていたに違いない。
フフフ、背中に楽しい!って書いてるよ。笑









車が通ることもなく、神経に気を配ることもなく、のんびりと走れる環境にN瀬さんの顔もほころびっぱなし!喜









河川敷では実にたくさんの写真撮影タイム。

ね、楽しそうでしょ。









そしてカメラを旦那からもらい、今度は私が前に出て撮影。

思わずこの写真を確認したとき、爆笑してしまった。笑

カメラの向く方向にタイミングよく旦那とN瀬さんが身体を横に向けているではないか。笑

走りながら撮るから、撮る瞬間は手探り状態。
で、カメラを向けられている側の人は、その方向に身体をもっていく・・・
それがこの表情となったわけなのさ。









そして今度は肩のところにカメラをあわせ、旦那とN瀬さんを撮影。

うん、これはうまく撮れた。喜










見よ!
この緑豊かな河川敷を・・・・!

最高の新緑に囲まれて、さぞ河川敷も喜んでいることだろう。









そして紀ノ川の河川敷からちょっと狭い貴志川の河川敷へと入ってきた私達。

ここからもまだしばらくは河川敷を走っていた。

おっと、N瀬さん、今度はアイーーーーンのポーズ。喜







そしてようやく河川敷のコースに終止符を打ち、再び国道を走って行く私達。

橋の所でN瀬さんを隠し撮り?
N瀬さんは橋の上から川を見ていた。










信号の場所ではちゃんと停止。


この時、私たちは紀の川市にいたわけね。了解。

ちょうど看板があったから撮影。
この先、私達は大阪へと戻ることに・・・・









大阪へ戻るには一山越えないと戻れない。汗

そう、最後の山場へ突入する前に私達はコンビ二でちょっと補給タイム。
旦那はプリン、私はスフレをチョイス。
糖分でエネルギー補給。喜








目指すは向こうの山めがけて行くよ~~~~といわんばかりに、再び3人揃ってのポーズで記念撮影。








秋の山も綺麗だけれど、今の時期の山も鮮やかな色で綺麗からいいよね。
けど山は山なんだけど・・・

このあとアクセクしながら登るわけなんだけどね。汗










旦那の後をついていく私。

前にたちはだかる山を目指してゆっくりと進んでいく。










やがていつもの長くダラダラした登りに突入。

ジワジワと旦那から離れていく私。

私は、後ろを走るN瀬さんに、先行ってくれていいですよ・・・と声をかける。
ハイ・・・と、N瀬さんはスーッと私を追い抜き、旦那の後にくっつくように走って行く。









ここの登りがきついんだよな~~~

犬鳴は熟知している道。
どこがきつくてどこがどうなってるのか分かっている私は、決してここでも無理をせず、登れるペースで登って行く。
本格的な登りの前の車通りの多いこの道は、やっぱりきつく感じるね。








ここからが登りの本番だよ~~というように、旦那は指を刺す。
ハイハイ、わかってますって・・・・苦笑

私達は通常、犬鳴の旧道を登って行く。
新道はトンネルがあっておまけに車がひっきりなしに通るから危ないんだよね。汗








しばらくは私達は一緒に走っていた。

やがて、前に桜ツーリングのときの思わぬヒョウが降ってくるハプニングがあったときに雨宿りした大きな木の所に
やってきた。

あー、ここで前に雨宿りしたな~~と会話を交わしながら私達は楽しく登っていた。









ここも緑が鮮やかだったね。喜

山は景色を楽しめるから嬉しいね。










綺麗な景色を楽しみながら、登りを進んでいく。

やっぱり楽しい・・・が気持ち的に勝つ。
思わずニコヤカモードの私。








前で走る旦那とN瀬さんも同じことを考えてたのかな~~?
登りは楽しい・・・と・・・・


そしてこの後、しばらく私は単独一人旅~~~


徐々に離れていく旦那にN瀬さんはぴったりついていく。
私はそのペースから徐々に脱落。苦笑









犬鳴の前半はわりと勾配がきつい。
後半の方が緩斜面になる。

私は一歩ずつ確実に進んでいく。
きついけど楽しい・・・

何と言っても自分の脚で登っていけるのが嬉しく思う。
サイクリストにとって当然のことなんだけど、ゆっくりでも登ることに意義があると私はいつも思っている。
しんどいから登らない・・・は絶対にありえないね。










だってね、こんな景色が広がってるんだよ。

登らなかったら出合えないすばらしい景色が待ってるんだよ。
綺麗な景色を堪能できたら、自然と又登りたい・・・って気持ちになるんだよね。喜


けどね、この日、というか、春先だからか?
この日の犬鳴は半端ないほど、あちこちで毛虫がぶら下がっていた。

それを除けて走るのに必死だった。

気を付けて進まないと、そこここで木にぶらさがって、危うく服に付きそうになる。驚

路面に気をつけるのは当然のこと、毛虫にも当たらないように気をつけるのに忙しかったかも~~~~~~~~








すると、先に登って行ったはずの旦那とN瀬さんが止まっているではないか。
聞く話では、あまりの毛虫の多さに長い枝を見つけてはらいながら登ることにしたんだとか・・・・驚

で、私を待って一緒に進むことにしてくれたみたい・・・喜
これには嬉しかった。


かなり昔の話になるけれど、かつて旦那は一度、毒性の強い毛虫が皮膚に当たって、凄い炎症を起こしたことが
あるんだって。驚 その経験があるから、あまり毛虫には当たらない方がいいから・・・という計らいがあったのだ。

長~~~い枝を見つけて振り回しながら登って行った。









そんなこんなのハプニングがありながらもどうにか登り終えた私達。











そして聞く話では、毛虫の影響で服に付いた毛虫を追い払おうとしたN瀬さんは一度こけたんだとか・・・

幸い登りだからスピードはさほど出ておらず、大事には至らなかった。









毛虫を追い払うのに使用した長い枝。

旦那はこんなの見つけるの上手なんだ~
その発想が面白いよね。毛虫を追い払いながら進んでいくという発想。

私には思いつかないかも・・・・苦笑








楽しく走って綺麗な山の緑を一杯堪能してきた私達。

途中毛虫を除けるのに必死だった犬鳴の場面もあったものの、たいしてトラブルもなく、最高のツーリングを
終えることが出来た私達。

N瀬さんは、楽しかった~~~と最高の表情をしてくれた。喜

又行きましょう~~








お次はGW終了後の翌週のチーム練レポへ。

んーー月末・・・
ひょっとしたら明日とあさっては残業かな。

レポ出来たらするからね~~

ではでは。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW最終日 ちょいと和歌山ロングツー その2

2014年05月27日 | Weblog
さてさて、遅くなっちゃったけどレポの続きをどうぞ。 喜

って、まだGW最終日のレポ・・・汗

私、この下の写真の所、大好きなんだ~
とっても山が綺麗に見えるでしょ。喜

紀ノ川の河川敷に行く手前の山々の風景。
車からのストレスもなく、のんびりした気分で走れる場所。
まさに私達のテリトリー。喜









そして今回はとっても愉快なN瀬さんと一緒のツーリング。
あまりの新緑の綺麗さに、思わずN瀬さんも満面の笑みでピース。喜
空気は爽やか、おまけに緑も鮮やかで走っていても気持ちいい。

N瀬さんを見ていると、私まで嬉しくなってくる。
だって本当にいつも楽しい!という表情で走るんだもん。
実際自転車はとっても楽しいわけなんだけど、輪をかけて楽しそうな表情で走るからね~







この後も新緑で綺麗な箇所を走ることになるんだけれど、その換わり、途中まで高野山ルートと同じ場所を走るため、
長くダラダラした登りが続くところを走るわけなんだよね。汗

まだまだここは普通の道。









やがて、ジワジワ・ダラダラした登りが続く箇所に突入。

何回来てもやっぱりきつい。

徐々に旦那の姿が遠く小さくなっていく。
旦那は淡々と進んでいく。







一方のN瀬さんは私の後ろで走っていた。
まだまだ力を出し切らず、体力を温存していたのだ。

本気で走ればあっと言う間に見えなくなる。








真っ直ぐ行けば高野山へ登って行くルート。
左へ行けば丹生都比売(にゅうつひめ)神社、ここに行くのも結構な登り・・
そこへは行かず、私達は鞆淵(ともぶち)方面へ行く予定にしていた。









やがて、登りの勾配が徐々にきつくなる・・・
ウーーーしんどい~~~

長くダラダラした登りが続く。

ここ、真夏に来るとたいそう疲れるんだよね。汗
まだ、今の時期だからマイペースで登ってもある程度は大丈夫なんだけど・・・汗

すっかり旦那の姿が見えなくなり、私は私のペースでえっちらおっちら登って行く。
美嶋温泉がある場所まで登りが続くのは百も承知だった。


ね~ね~ 旦那の姿がすっかり見えなくなっちゃったよ・・・

ステムのlesser心配そうに前を見る。
心配しなくても大丈夫だよ・・・あの登りの先で待っててくれてるはずだから・・・
私はステムのlesserに言い聞かせる。笑








長くダラダラ続く登りにさぞN瀬さんも疲労の色を隠せないだろう・・・・
ん?違った!
予想に反して全然余裕の表情だ~~~~~~~~~~ 驚

そりゃーまー私に合わせて走ってくれてるから全然しんどくないのだろう。

むしろ登りを楽しんで走ってる・・・そんな表情をしていたね。









フ~~~ やっと美嶋温泉までやってきた~~~~

苦しいのはここまで~~~~~~

いつもここ、美嶋温泉が見えると安心できる。
この日もそうだった。
あ~やれやれ・・といった感じ。喜








そして案の定、旦那はこの先で待っててくれていた。

お待たせ~~~


そして少し休憩して息を整え、再び私達は走り出す。
そして梨の木トンネルを通る。

高野山へ登る場合は、このトンネルを超えてもまだまっすぐ行く。









しかし今回は私達はかじか荘を目的としていたため、トンネルを越えた道を右折し、進んでいく。

370号線へと進んでいくのだった。

さーて、ここからは下り基調の楽勝の道なのさ。喜









美嶋温泉の手前までは高野山へ向かう車の行き来が多いため、どうしても交通量の多い所は避けられないけれど、
梨の木トンネルからの先の道は車も極端に少なくなり、と~~~~~~~~~~~っても走りやすい道となる。

おまけに登りもなく、多少のアップダウンはあるけれど、殆ど下り基調の道となり、走っていても気持ちいい。

近くに山の景色はあるけれど、起伏も少なく、静かな道が続くため、私はこの道が好き。






のんびり走れる道。

小鳥のさえずりを聞きながら、シャカシャカペダルの音だけが静かに聞こえる。
そして淡々と旦那の後をついて行く。










新緑を楽しみながら、やっぱりN瀬さんは楽しそうに走る。

おっと、手を離してパフォーマンス。喜







山の緑が綺麗でいいコース~~~~~~~~~~!ととっても喜ぶN瀬さん。

ね、気持ち良さが顔の表情に表れてるでしょ。喜










海も好きだけど山の風景が私は大好き。

だって空気もおいしいし、正に癒し系の風景。
雄大にそびえたつ山の風景を見ると、あの山に登ってみたい・・・・と思うのは私だけじゃないはずだね~ 喜
サイクリストの坂馬鹿魂だよね。笑











そして何キロぐらい走っただろうか?

綺麗な山の風景を見ながら楽しく走った先に、今回の目的地、かじか荘があるのだった。
ここは温泉施設で、宿泊も出来る宿。

私達は泊まることはしないものの、ちょこちょこここまで走りに来て、昼食をとって帰るプランを立てている。
今回もそうだった。











さー、皆でかじか荘に脚を踏み入れよう~~~といわんばかりの綺麗に決まったポーズ。笑 (傑作の写真 喜)
楽しいツーリングには楽しい写真が付き物なのさ。











そしてここ、若竹というところでいつも昼食をとる。

旦那はエアー食事のポーズ。










そして今回私とN瀬さんはからあげ定食、旦那は親子丼をチョイス。
とってもおいしかった~~








食事をとる前に旦那と一緒に写真を撮ってもらった。









やっぱりN瀬さんは嬉しそうな表情。
いつも明るく元気一杯の人である。









おなか一杯になった私達は再び走り出す。









ここから先も綺麗な山の風景を楽しみながら、サイクリング。
正に癒し系の風景を見ながら楽しく走る私達。









普段車の多い場所を走ってるのとは大違い。

絶好の自転車ツーリングにもってこいの風景に幸せを感じながら満面の笑みで走る私。









そして息のぴったりあったN瀬さんと旦那のポーズ。

正に同じ角度で同じようにピースするお二人さん。

これはいい写真が撮れた~~~~~~!と自分で写真を撮って自分で喜んだね。









緑で埋めつくされた大地を走るかのように、十分すぎる新緑を楽しみながらのツーリング。
本当に最高の日だった。

N瀬さんもとっても喜んでくれた。

新緑が綺麗~ 綺麗~を連発。
そりゃそうなるよね~~~ 喜









そして再び車が通る町並みへと帰ってきた私達。

国道10号線・・・

この先に又登りがあるのだった。







私はこの先に登りがあることを知っていた。
だからN瀬さんにそのことを伝えてあげた。







そしてこの後は楽しい楽しい河川敷のコースを走った私達。

この河川敷、私、とっても大好きなんだ~~~







この次でこのレポは最終章となるよ~~

河川敷での楽しい様子、さらには大阪に帰るために通った犬鳴旧道のエピソードを含め、又レポするからね~~

お楽しみに~~

ではでは。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GW最終日 ちょいと和歌山ロングツー その1

2014年05月24日 | Weblog
GW最終日の6日、私達はちょっとロングに行く計画を立てていた。
天気は快晴、空気はカラッとしていて、絶好の自転車日和となったこの日、前に走りたいと言ってたメンバーに声を掛け、
ちょいと走ることに・・・

そして鍋谷一番近くのローソンで合流。

JACKさんは途中まで参加とあいなった。









この日、朝はまだまだ肌寒い感覚。
桃坂では11℃をさしていた。







旦那はスイスイ登って行く。

ハイハイ、私は久々の桃坂とあってやっぱり悪戦苦闘をしいられる?汗






まだまだJACKさんとN瀬さんに至っては体力温存といったところ?
二人ともとっても余裕の表情である。






そしてこの後、旦那に吸い寄せられるかのように、スーッと登って行ったとさ。

一方の私は、ここで無理して全力で登ってしまったら後がヘロヘロになるのがわかっていたため、無理をせず、
自分の登れるマイペースでえっちらおっちら登って行く。
ね、登ってるのにニコヤカ顔。笑









桃坂をようやく登り終え、再び皆に合流した私。

そこから鍋谷へ向けてゆっくり進んでいく。









そして恒例の鍋谷の橋の所での記念撮影。
この日、実は何ヶ月振り?と思わず前に登ったのはいつやったっけ?というぐらい久しぶりに登る鍋谷とあって、
気合を入れていた私達。
登りという登りを殆ど走っていない私達。
最近考えたら葛城も登ってないんだよね。汗
雪山葛城のときに登ってから以降は全く登っていないかも・・・・驚

鍋谷はまだ葛城ほどじゃないけれど、それでも久々だったような気が・・・・汗

そしてあのてっぺん目指して行くぞ~~~~~~と皆で息を合わせてポーズ。笑













久々のお山を登れるとあって、ワクワク・・・そしてある意味ドキドキ・・・

ちゃんと登れるだろうか・・・・・・汗










N瀬さんとJACKさんはまだまだこのときはのんびりモード。
楽しく会話を弾ませながら走っていた。

そう、楽しく話しながら登ると、きつい登りでもきついように感じないのが不思議なんだよね。
一生懸命走る方がきつく感じる。
それってね、きついとどうしても呼吸が浅くなりがちなんだよね。
話しながらだと、息を吐ききって又呼吸するから、体内に酸素が行き渡るんだよ。知ってた?

昔元SHIMANOの廣瀬さんが言ってた言葉を思い出す。
プロロード選手は登りのときは、息を吸うよりも吐く方を意識する・・・と・・・
吐ききって又吸う方が酸素が十分体内に行き渡るから・・とのことだった。

だから会話しながら登るのって結構いいかもね。喜








そして登り始めた矢先、前からどこかで見た風貌のサイクリストが・・・・・驚

近づいてくると、あーーーーーーーー!チームメートのチュータさんだ~~~~~

ワー、チュータさん、もう1本行こうか~~と私。

チュウタさんもここで逢えるとは思っておらず、チュータさんもびっくり!
そしてクルッとUターン。再び登りだす。喜












タフだね~~
けど、嬉しかった私。喜

この後、おしゃべりしながら楽しく登って行った私達。








そして楽しく走る・・・・を実行する代表者・・・
それはN瀬さん。

この日も満面の笑みをもらしながら、やっぱり楽しそうに、そして嬉しそうに、さらに幸せそうに走る元気なN瀬さん。








そして私の大好きな木漏れ日が刺し込む林道へ。








この時でも皆でワイワイガヤガヤ言いながらゆっくり登って行く。

あ、もしかして私のペースに合わせてくれてる?

そう、この時点で皆揃って登ってるってことはそういうことなんだけど・・・苦笑
かたじけない・・・










そしてこの日も何人かのサイクリストさんとすれ違ったり、追い抜かれたりしていた。

すると・・・・・

あのヒルクライムで速いお二人さんが・・・・驚

マツユキさん、私を軽々と追い抜かして行った。
あーーー 頑張って~~~

そしてあっさり姿が見えなくなったけれど、山頂で再び再会!

皆で記念撮影。









せっかくの鍋谷だけど、鍋谷って分からないなーということで、反対側の鍋谷峠・・・と書いてる看板のところで
再度撮影。

この後、しばらく楽しく自転車談義。
楽しかった~~~~~









そして爽やかなお二人さんは、元気良くこの日は大阪向いて下っていくことに・・・

気をつけて~~~
私達は見送った。
(この後、再びTOJ大阪ステージでマツユキさんとH内さんとの再会を果たすことに・・・レポは又後日)












そしてもう1人のお友達、かっちゃんを通じて知り合いになったY口さんとの再会を果たす。

初めて知り合ったのもここ鍋谷山頂だった。
私は一人でその時走っていて、山頂でかっちゃんとの再会をし、そのときに知り合ったのがY口さんだった。
以来、牛滝でも遭い、TOJ終了後の自転車博物館でも再会を果たし、再びここ鍋谷での再会を果たす。
何と嬉しいこと!喜

ここでも楽しく自転車談義に華を咲かせた。楽しかった。

こうして仲間と出会えるのが私はとっても嬉しい。喜










そして和歌山方面へ一気に下ってきた私達。
お馴染みのコンビ二で補給。

ん?このお二人、何か思いにふけってる?笑
自然体を激写。知らなかったでしょ~~~ 喜







そしてしばらく楽しくここでも話に華を咲かせているとき、なんと近づいてきたのは我がチームのナカヤ○さんだった。

ナカヤ○さんは鍋谷の途中、先に下って行ったチュータさんとすれ違い、私達が和歌山向いて行くという情報をもらって
いたようだ。
コンビ二に行ったら逢うかも情報を聞きつけ、やってきたのだった。








そしてここでも楽しい話に十分すぎるほど華を咲かせ、皆で揃って記念撮影。
一体走りに来てるんだかしゃべりに来てるんだか・・・笑

とにかくここまでは止まってる時間の方が長かったような・・・
ま、それはそれでとっても楽しいからいいんだけどね。喜


そして時間的に厳しいJACKさんはここで鍋谷を折り返すことに・・・
このあと、ナカヤ○さんと共に鍋谷を大阪向いて登って行った。







一方の残った私達とN瀬さんは、この後新緑三昧の和歌山ツーリングを楽しむことに・・・

この時期の山は半端ない新緑で埋め尽くされている。
風は心地良く、優しく肌に当たり、小鳥の鳴くさえずりが優しく耳に入ってくる。
正に自転車日和。

最高の時間をこうして自転車に費やせる。
こんな幸せがあってもいいものだろうか・・・
そんな思いでこの後走ることに・・・・喜


そしてまだレポは続く。

明日は私達は急遽淡路に走りに行くことに・・・
その時に、ちょっと米子に行くメンバーで打ち合わせしないといけないことがあるから宜しく~~

レポ続くけど、明日は淡路、あさっては恐らく残業。。
頑張るべ。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加