我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

DVD簡単レビューまとめて6本☆

2009-12-14 11:54:24 |  DVD,CS,Netfilix鑑賞
ランキングクリックしてね
←please click






DVDで観た映画レビュー、最近は時間なくて1つづつ書けないので最近は数本まとめて中~
今回は8月以降観たもので、他にもまだあるんだけどとりあえず6本ピックアップ

(※携帯からだと写真も文章もめちゃめちゃに飛んじゃってます


幸せのセラピー

4/10
メタボなお腹が気になって自信喪失気味の中年男ビルは、大手銀行に勤める30代半ばの男。
銀行頭取の娘で妻のジェスは、いけ好かないテレビレポーターのチップと浮気中。
ビルは嫌々セレブ生活に甘んじながらもドーナツ・チェーン・ビジネスをひそかに画策している。
ある日、若く美しいランジェリーショップ店員のルーシーに出会ったことから、妻ジェスを嫉妬させる計画を実行することになるのだが…。


アーロン・エッカート ×ジェシカ・アルバ!
タイトル、アーロンがキャサリン・ゼタ=ジョーンズとやった「幸せのレシピ」にひっかけてるけど
原題は「MEET BILL」。どっちもイケてない、、、、。
これは主演がアーロン・エッカート。
ジェシカちゃんもっと出てるかと思ったのにたまーに、ってくらいでザンネン
出てるシーンはもの凄くキュートなんだけど。
オヤジ化してきた自分を慰みながら、前向きに頑張る男のストーリー。
浮気した妻がどう考えても酷すぎるのに、いつまでも別れるどころか
それでもまだ妻の気を引こうと画策するところが信じられない~なんて思っちゃった。
監督はこれが初メガフォンのメリッサ・ウォーラック、バーニー・ゴールドマンというなんと夫婦。
日本でも劇場公開したけど、これこそDVDスルーでも良かったのでは?と思えるくらい
いまいち面白味に欠ける作品でした~。






賢く生きる恋のレシピ

3/10
ピッツバーグに住む大学教授ローレンス(デニス・クエイド)は妻に先立たれた事をずっと引きずっていた。ある日彼はちょっとした不注意により、事故で入院してしまう。
次の日、大学に入る為の検定試験の準備をしている秀才で皮肉屋の娘ヴァネッサの見舞いをよそに、ローレンスは魅力的な医者ジャネットと意気投合する。
そして、彼が無事退院し家に戻ると、そこにはなんと養子の弟チャックの姿が。
金がなく、居候しにやってきた"超"迷惑者のチャックと
更にはジャネットまで加わり、”利口な人々“にとって頭のイタイ日々が始まるのだった・・・。


これ、サラジェシカとエレン・ペイジ共演ってことで楽しみにしてたのに
あえなく劇場公開なし、DVDスルーになったので即借りたんだけど
レビュー書く気力も起きないくらいつまんなかった~
ジャケットではラブコメ風に見えるけどところがどっこい開けてビックリ
作品自体、すごい暗いの。
過去のサラの映画タイトルにこじつけた邦題もサエなすぎだし。
そもそも、相手も悪い。デニス・クエイドとサラの恋愛ものなんて観たくない。
エレン・ペイジは生意気なムスメ役で相変わらずうまいけど
その娘とこれまたサエないおやじ(養子の弟)、トーマス・ヘイデン・チャーチと絡んで、、、。
ほんとけっこうどうでもいい映画でした






BOY A

7/10
幼い頃の罪で24年の生涯の大半を一般社会から離れて過ごした若者・ジャック。
新しい名前で人生をやり直そうとする彼を、ソーシャルワーカーのテリーはサポートするが、一方で彼自身も実の息子との間で問題を抱えていた…。


一人の青年の心の傷、希望、孤独を描いた「ダブリン上等!」のジョン・クローリー監督作品。
去年秋日本公開。
2008年ベルリン国際映画祭パノラマ部門でエキュメニック審査員賞を受賞。
これは劇場で観ても良かったな、、、。
なかなかグっとくるものがあった。
少年時代に犯した罪についての話で、本人はもうとうに悔いている。
そこの心情の描き方がリアルに伝わって来る作品でした。
一度犯した罪は、永遠に許されないのか?愛される事さえ、許されないのか?ということを考えさせられる。






バトル・イン・シアトル

5/10
1999年11月、シアトル。
WTO(世界貿易機関)の閣僚会議が予定される中、地球温暖化や発展途上国での低賃金労働を懸念した活動家たちによる、
大規模な非暴力デモが行われた。
市長が市民と武力行使を行わないことを約束していたが、突如街中のウィンドウガラスが割られ、
テレビでは警察がデモ隊に催涙ガス弾を撃つ、衝撃的なニュースが流れた。
避難勧告が発令され、道はデモ隊と警官隊との衝突で塞がれ、街中が荒れ始めて行く。
そしてシアトルは戦場と化す――。
平和的に始まったデモ行進が騒乱へと至る5日間を、活動家、ニュースキャスター、警官とその妻、
市長、そして会議に参加したアフリカ代表と学者など、
さまざまな視点を通して再現した群像劇。


トロント映画祭でこのメンバーで来てて、気になってたんだけど日本ではDVDスルーになっちゃった作品。
深刻な問題をテーマにしてるだけに、重い。
スチュワート・タウンゼントの監督としての力量は認めるけど、
映画としての興味深さで観るにはちょっと惹き込まれなくて退屈になってしまった。
これは劇場公開なしだったのも頷けるなー。
実生活で彼女のシャーリーズ・セロンは、メインではないのでファンはそこ期待しないように(笑)





 ストレンジャーズ /戦慄の訪問者

3/10
友人の結婚式から帰宅し、ホッと一息をついているクリスティンとジェームズの元に突然の来訪者が…! 
仮面を被ったストレンジャーズ(訪問者)は、じわじわと2人を追い詰めていく――。 

2005年に実際に起きた事件を基に、人里離れた別荘での戦慄の一夜を描いたスリラー。
日本では大コケ。面白いという声を聞かなかったので、劇場公開したけど珍しくパスしたホラー。
でもアメリカでは4週連続トップ10入りの大ヒットで続編決定だって!
いらねー(笑)
被害者の男女を演じるのはリヴ・タイラーと、スコット・スピードマン。
リヴはホラーヒロインとしてなかなかの熱演。
自分の家の敷地内で、怪しい訪問者によって平穏な日常がかき乱される残酷な仕打ちを受けるというストーリー。
わたしが酷評した「正体不明-ゼム-」に似た印象。
変なかぶり物して突然家に現れるのが恐怖であって、ストーリー的には何も面白いトピックがない。
残酷描写(グロいシーン)もほとんどなし。(←あればいいと言ってるわけではない)
実話といってももっと面白く脚色しても良かったのに。
(そもそも本当に実話なの?だからって映画化するほどの話じゃないし。)
劇場でみなくて良かった=DVDで十分いや ちょっとそれでもお金返せ系でした(笑)
続編作らなくていいから~。ほんとに。







デイ・オブ・ザ・デッド

6/10
コロラド州の田舎町で謎のウイルスに感染した重病患者が続出。
やがて彼らはゾンビと化し、人々を襲い始める。
軍の演習で故郷でもある町を訪れていたサラ伍長は、病院でゾンビとの大乱戦に巻き込まれていく。


もちろんB級ゾンビムービー。主演は、お久しぶりのミーナ・スヴァーリ。
ルックスお気に入りの、マライア夫ニック・キャノンが出てる♪
ありきたりのゾンビ映画としては、こんなもんじゃないでしょうか
一応、ロメロ監督のゾンビ映画「死霊のえじき」の完全リニューアル!らしいリスペクトしてます。
「菜食主義者」のため人間を喰わないという
ミ―ナが好きな恋するゾンビがいたりっていうのがオリジナルとして面白い。

日本でも劇場公開されたけど、タイミングあわずスルーしちゃったけど
DVDでも十分かな☆
ニックもミーナちゃんも良かったのでちょい甘いかも。
とりわけ面白い展開になるわけでもないんだけど、フツウに楽しめるゾンビ映画でした~。


また近いうちできたらまとめてupしまーす




読んだらクリックしてくれると嬉しいな
ランキングクリックしてね
←please click




『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ★News | TOP | パブリック・エネミーズ / PU... »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
やった (yukarin)
2009-12-14 12:48:04
一挙UPお疲れ様でーす。
「幸せのセラピー」はアーロン・エッカートだーと思って観ようと思ってたんですが見送りになっちゃいました。まっいいか(笑)

「BOY A」はチェック漏れでした。探してみます。

「バトル・イン・シアトル」はシャーリーズ・セロン目当てだったのにちょっとだけでしたねぇ。でもかなり重いテーマでしたね。
観たのはこれだけデシタ、、、
こんばんは~^^ (KLY)
2009-12-14 23:25:15
この中だと2本観ました。『幸せのセラピー』と『ストレンジャーズ /戦慄の訪問者』。

『幸せのセラピー』はこれ宣伝反則ですよ。ジェシカがセラピーするのかと思いきや別に何にもしてないじゃん!てか思いっきり脇役だし。(笑)ジェシカ目当てで見たんでなんだか凄く騙された気になりました。ローガン・ラーマン君はこのときは役名もないんですよね。

『ストレンジャーズ /戦慄の訪問者』はリヴ・タイラー目当てで見たんでその意味しかなかったです。結局意味不明だったし…。これホラーになってない気がします。続編の制作が決定してるって聞きましたけど本当にやるんですかねぇ?
DVDスルーもチェック (ノルウェーまだ~む)
2009-12-15 00:31:58
migちゃん、こんばんわ☆
hinoさんに、フォースカインド誘ってもらってけど、パスさせてもらっちゃった…と思ったら、migちゃんがオススメしてたとは…
いやいやいや、3時33分に目が覚めたら困るしー
イギリス帰ったら時差ボケで実際目が覚めるしー
たてつけ悪いからドア自然に開いたりするからさー、イギリスの家。
ということで、私のDVD鑑賞ハスラー2はいつか書きます的な?
migちゃんのラインナップは恋愛物とホラーが同列でなんかすごいー!
ほい。 (とく)
2009-12-15 11:53:04
「BOY A」は去年の今頃、封切られたと思います。うん、いろいろ考えさせられたかな。これ、ケン・ローチではなかったっけ?忘れた。それにひきかえ「ストレンジャーズ」の酷い最悪の映画、これ、試写会で見た。確か90分ない映画だったが、異常に長く感じた。異常につまらんかった。なにせ、親の七光りってリブ・タイラーはなんなんすか?スティーブン・タイラーの子供じゃなかったら、普通なデブなロスにいるホームレス。華がない。そういや、ミラの映画のビデオの痩せてたのは、ミーシャ・バートンにやらしゃいい。
★ykarinちゃん (mig)
2009-12-15 20:12:59
こんばんは♪

ありがとー

アーロンエッカートってわたしも嫌いじゃないんだけど、
これ完全にこの人の映画だったよ~
アーロン好きだったらみてもいいかも☆
ジェシカちゃんは脇役でした~。

「BOY A」はぜひ観てネ。観る価値あり!
シャーリーズの彼の映画、
ちょっと重いテーマで暗くてね、、、、、。
★KLYさん★ (mig)
2009-12-15 20:16:05
こんばんは♪

そうそう、宣伝反則!パッケージだって平等扱いで写真いれてるしー!
わたしももっとジェシカ出てるかと期待してたので
ローガン・ラーマン君もけっこう出てましたよねー。ジェシカよりも(笑)

『ストレンジャーズ /戦慄の訪問者』リヴ目当てですか☆
怖くなさ過ぎですよー、
もうなんなの~っていうラストでしたね。
時間の無駄系、、、、
続編いらないですーほんと。

★まだ~む☆ (mig)
2009-12-15 20:20:21
こんばんは♪

あはは、そうなんだ!
でもホラ、まだ~むが最初に試写行けたらって行ってたから☆
怖くなってきたかな?(笑)
確かに3時33分に目覚めたら怖いけど
ヤラセってわかったので(あ、言ったらまずいのかな
怖くも何ともないよ~♪
是非二人の感想聞きたいなぁ~
行ってよぉ(笑)

そうよー、ハスラー2なんで観たのー??

えへへ、ホラーとラブコメ混ざっててわたしらしいでしょ♪
ジョニーさんみたのであとでお邪魔するよぉ~♪

★とくさん☆ (mig)
2009-12-15 20:23:22
ケンローチではなかったですね、

とくさんも「ストレンジャーズ」観てたのね☆
試写ならまだいいけど劇場でお金払ってたら頭にきちゃうような映画だよね
確かに華はないかな~
でもリヴ、嫌いじゃないですよわたし。

あはは、今日のとくさん
お怒りモードだな~

ミーシャだったら二人の子持ちには見えないからやっぱりジュリアンムーアでしょう

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

30 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
バトル・イン・シアトル [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:BATTLE IN SEATTLE公開:2007年劇場未公開製作国:アメリカ/カナダ/ドイツ上映時間:99分監督:スチュアート・タウンゼント出演:アンドレ・ベンジャミン、ジェニファー・カーペンター、イザック・ド・バンコレ、ウディ・ハレルソン、マーティン・ヘンダーソン、...
幸せのセラピー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『不器用男の生態系、 ちょっと変えてみませんか?』  コチラの「幸せのセラピー」は、アーロン・エッカート主演で2007年に製作された6/6公開のヒューマン・コメディなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪ちょっとあやしげな邦題がつけられちゃってるけど、なかな...
BOY A (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『僕はここにいても、いいの?』  コチラの「BOY A」は、11/15公開となった”胸が痛いほどにエモーショナル。瑞々しく衝撃的なブリティッシュ・インディーズの感動作”なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪脚本家のマーク・オロウが「映画のタイトルから想像できる...
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:THE STRANGERS。ブライアン・ベルティーノ監督、リヴ・タイラー、スコット・スピードマン、ジェマ・ワード、キップ・ウィークス、ローラ・マーゴリス、グレン・ハワートン。冒頭で2005年2月11日に起きた未解決の事件に基づいている、としており、まるで...
Boy A (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。 ジョナサン・トリゲル原作、 ジョン・クローリー監督。アンドリュー・ガーフィールド、ピーター・ミュラン、ケイティ・リオンズ、ショーン・エヴァンス。 原題を直訳すれば「少年A」。文字通り日本語でもピタリと当てはまる。タイトルを邦訳すると、日本にも...
「バトル・イン・シアトル」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
こんな事が、1999年にあったんですね~
「BOY A」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
これは感想の書きにくい映画で・・
BOY A (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
子どもの頃の犯罪により少年院に入れられ、14年間の刑期を終えて出所しようとしている24歳の青年。彼は、ジャックという新しい名前を得、新しい経歴も作ってもらい、ソーシャルワーカーのテリーからアパートと仕事を与えられます。運送会社に就職し、同年代の仲間もでき、...
『BOY A』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:イギリス映画、ジョン・クローリー監督、アンドリュー・ガーフィールド主演。
「BOY A」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  「少年A」凶悪な事件の共犯者として服役した後、出所にあたって、名前も変え、架空の経歴も新たに作り、社会復帰しようとする。そしてその少年の社会復帰を阻む“世間”の壁を描いた作品でした。主演はアンドリュー・ガーフィールド。「大...
生き直すということ~『BOY A』 (真紅のthinkingdays)
 BOY A  長い長い年月、少年刑務所に収監されていた青年(アンドリュー・ガーフィールド)。 保釈が決まった彼は、保護監察官テリー(...
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 (LOVE Cinemas 調布)
主演は「ロード・オブ・ザ・リング」で透明感のあるエルフ役を演じたリヴ・タイラー。そして恋人役に私の大好きな『アンダーワールド』シリーズのマイケル役を演じたスコット・スピードマンが出演しています。両方とも好きな俳優さんですが、今回のお目当てはもちろんリヴ...
幸せのセラピー (LOVE Cinemas 調布)
『ダークナイト』のアーロン・エッカートが製作総指揮と主演の両方を務めるこの作品。共演は最近では『アイズ』が記憶に新しいジェシカ・アルバ。アーロンの奥さん役はついこの間『ブッシュ』で観たエリザベス・バンクス、他にも『ヒットマン』のティモシー・オリファン...
デイ・オブ・ザ・デッド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
デイ・オブ・ザ・デッド DTSスペシャル・エディションこのサバイバルホラーは、ジョージ・A・ロメロの「死霊のえじき」を再構築したものだ。米国の田舎町で未知のウィルスが発生。軍に所属するサラは町を脱出するため、ゾンビと化した住民との戦いに挑む。物語に目新しさ...
ストレンジャーズ 戦慄の訪問者 (だらだら無気力ブログ)
2005年に実際に起きた事件を基に、人里離れた別荘での恐怖の一夜を描いた B級ホラー映画。 一組のカップルが別荘に滞在中に仮面を着けた何者かに襲われる恐怖を 描く。ある深夜、ジェームズとクリスティンは友人の結婚式から別荘に戻ってくる。 一息ついた後、さぁこれ...
BOYA (試写会) (まてぃの徒然映画+雑記)
やはり、過去は拭いきれないのだろうか。。。刑期を終えて出所した彼は新しい名前「ジャック」として、世間に出て行く。新しい仕事、新しい友人、そして恋人。過去を偽っているという負い目からか、幾度も告白したい誘惑に駆られるが、その度にソーシャルワーカーであるテ...
ストレンジャーズ/戦慄の訪問者 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
実話に基づく究極の恐怖!あなたはもう家に帰れない__。 想像してください。最も安全で安心するべきあなたの“自宅”が、一瞬にして恐怖に支配されてしまったら・・・。 2005年に実際に起きた事件を基に製作された「ストレンジャーズ 戦慄の訪問者」。事件は現在...
【BOYA】 (猫とHidamariで)
僕はここにいても、いいの?少しずつ彼を知り始めた時、訪れる衝撃の結末。BOYAHPストーリーイギリス、マンチェスター。24年の生涯のほとんどを一般社会から隔離されて過ごした青年―彼は、新しい名前“ジャック”を選ぶ。今、初めて大人の世界に歩みだす。...
幸せのセラピー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:MEET BILL) 【2007年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 大手銀行の経営者の娘と逆玉婚をしたばっかりに、自分らしさを完全に見失ってしまったダメ男が、本当の幸せに向けて再生を目指す傑作ヒューマン・ドラマ。 ビル(アーロン・エッカート)は、地元の名...
デイ・オブ・ザ・デッド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DAY OF THE DEAD) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1985年に公開されたジョージ・A・ロメロのゾンビ三部作の完結編「死霊のえじき」(原題:DAY OF THE DEAD)を、リメイクしたゾンビ・アクション映画。 コロラド州にある小さな街レッドヴィル。...
09-164「幸せのセラピー」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
なりたい自分になる  銀行を経営する地元の名門ジャコビー家の娘と結婚、めでたく“逆玉”に収まったはずのビル。しかし、元来がのんびり屋でお人好しの彼は、ジャコビー・ファミリーの一員になりきれず、次第に不全感を募らせる。さらに、愛する妻の浮気現場を目撃して...
09-06「BOY A」(イギリス) (CINECHANの映画感想)
僕は何故ここにいるのか?  イギリス、マンチェスター。かつて“少年A”と呼ばれた青年は24歳となり刑務所から出所した。“ジャック”という新しい名前を与えられ、過去を隠して新しい生活を始める。  ジャックは大人になってから初めて体験する外の世界に戸惑いつつ...
09-103「ストレンジャーズ 戦慄の訪問者」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
家の中に誰かいる!  友人の結婚式からの帰途、クリスティン・マッケイはジェームズ・ホイトからのプロポーズを断ってしまい、気まずい雰囲気に。そのままジェームズの別荘に戻ってきた2人。  そこへ、深夜にもかかわらず少女の訪問者。少女は“タマラはいますか?”...
228「デイ・オブ・ザ・デッド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
死者たちの日がやって来る  コロラド州の田舎町レッドヴィル。ある朝、この町に州兵部隊がやって来て、検疫隔離演習と称して町を封鎖する。地元出身のサラ・クロス伍長が町を巡回し、実家に立ち寄ると母親が高熱に苦しんでいた。母親を連れてきた病院内でも同じ症状の患...
ストレンジャーズ 戦慄の訪問者 (映画三昧、活字中毒)
■ シアターN渋谷にて鑑賞ストレンジャーズ 戦慄の訪問者/The Strangers 2008年/アメリカ/85分 監督: ブライアン・ベルティノ 出演: リヴ・...
賢く生きる恋のレシピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『思いやるって、アタマが痛い!?』  コチラの「賢く生きる恋のレシピ」は、男やもめの大学教授ローレンス(デニス・クエイド)がふとしたきっかけでモト教え子の女医ジャネット(サラ・ジェシカ・パーカー)と再会するロマンティック・コメディです。とは言っても...
「ストレンジャーズ 戦慄の訪問者」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
リブ・タイラー見たさに見たんですが、これまた何と申しましょうか・・
幸せのセラピー (Blossom)
幸せのセラピー MEET BILL 監督 メリッサ・ウォーラック バーニー・ゴールドマン 出演 ジェシカ・アルバ アーロン・エッカート    ...
デイ・オブ・ザ・デッド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】アメリカ・コロラド州レッドヴィルで24時間の検疫隔離演習の命令が下され、ローズ大尉(ヴィング・レイムス)率いる州兵が道路封鎖を開始する。この街出身のクロス伍長(ミーナ・スヴァーリ)は町内の巡回に出かける。実家に立ち寄った彼女は、母親...
映画『デイ・オブ・ザ・デッド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
79.デイ・オブ・ザ・デッド■原題:DayOfTheDead■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:85分■字幕:岡田壮平■鑑賞日:9月21日、シアターN(渋谷)スタッフ・キャスト(...