我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

サウルの息子/SAUL FIA/SON OF SAUL

2016-01-31 23:59:59 | 2016年 劇場公開☆6以上

 

 

 2015年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞ほか、

様々な映画祭で話題。本年度のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート中のハンガリー映画。

 

 

強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする。

 

 

舞台は1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。

ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊をゾンダーコマンドと呼んだ。

仕事中にハンガリー系ユダヤ人のサウルは、ガス室で生き残った息子と思える少年を偶然目にするが、

少年はすぐにナチスによって静かに殺されてしまう。

サウルは少年の遺体をなんとかしてきちんと葬ろうとする……。

 

 

仕事とはいえ、毎日繰り返される惨劇。自分も近いうちに、同じ形で処理される事がわかっている中で、まるで機械のように

無表情で機械のようにただただ仕事をこなし

人間性を失いかけていたユダヤ人のひとりの男サウル。

 

少年の死をきっかけに、その亡骸を正しく埋葬することに全身全霊をかけて行おうとする姿を、

客観ではなく、主観の目線で意図的につくられた構図によって

大量殺戮が行われていた収容所の実態をぼやけたピントでバックに描きながら、カメラはずっと、終始サウルの表情を追い続ける。

それによって観る側も、ずっとその現場を同行しているかのような感覚になる。

 

主演はルーリグ・ゲーザ。

監督は、タル・ベーラ監督の「倫敦から来た男」で助監督を務め、 本作が長編デビューとなるハンガリーの期待の新鋭ネメシュ・ラースロー。

ハンガリー生まれのパリ育ちで、1977年生まれのまだ38歳!

自身の祖父母が収容所で亡くなっていることから、

「一つのトラウマとして負の遺産を忘れてはならない」という思いを今作に込めた。という。

 

 

 

アウシュビッツで、何が行なわれていたのか、その事実を目撃せよ

 

 

7/10(72点)

 

 

 

 

上映開始。劇場スクリーンのカーテンが小さく狭まった。

35mmフィルムによって撮影されていた。

 ただひたすらサウルの表情を追ったカメラを観る観客側は

起っている現実を、起きた事実を 体感させるかのように映し出す。

「鍵穴から覗き見るイメージ」で撮ったという監督の意図した通り、

この作品は現実を目の当りに捉えた撮影手法が評価された一因でもあるでしょうし、

これまでのホロコーストものとは違うところでもある。

サウルの表情ばかりが続くので、正直 眠気を誘うところもあるんだけど

処刑される人たちの中から、自ら入っていってラビを探し出し

どこまでも「この子供を葬ってあげること」に神経を注ぎ全うしようとする姿と

その行方がリアルに伝わるところが注目される。

 

「今までのホロコースト作品では伝えきれていない悲劇」が、ここではみえてくる。

 

時間が合う方はぜひ劇場で体感を。

 

 

 『サウルの息子』予告編

公式サイト

SAUL FIA       2015年     ハンガリー    107min

1月23日より、公開中〜

 

 

 

カンヌ国際映画祭にて

 

主演の方、ひげもじゃ。

 

 

 

監督来日しました〜。

 

 GG賞!

 

アカデミー賞外国語映画賞も最有力。

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストレイト・アウタ・コンプトン... | TOP | ブラック・スキャンダル/BLACK MASS »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ノラネコ)
2016-02-11 22:55:21
まさに覗き見る感覚ですね。
しかも決して目をそらせない。
いろいろな意味で今まで作られたホロコースト映画とは根本的に異なり、衝撃でした。
決して忘れられない映画になりそうです。
しんどかった (りお)
2016-02-14 02:26:44
migさん、なかなかいい評価だね。
手法とかこれまでにない感じで、評価すべき点があるのはわかるけれど、ホント観ていてしんどかった。
わたしには合わなかったわ。
ノラネコさん☆ (mig)
2016-02-18 00:08:03
コメントお返事かなり遅くなりました
そうなんですよね。
ただ、映画として撮影としてすごいかもだけど
わたしはそれほど良いとは思えず、、、
りおさん☆ (mig)
2016-02-18 00:09:12
同じく〜だよ。点数、いいほうかなぁ?
わかるよ、映画として引込まれるって感じでもなかったんだよねぇ、、、
こういう作品でももっとこうのめり込んじゃうのってあるもんね。
Unknown (風情☭)
2016-02-27 22:28:48
こんにちは♪
ゾンダーコマンドという役割を知っただけでも
衝撃的だったんすけど、本作のホロコースト追
体験のつくりは半端なく衝撃的でした。
本国のハンガリーはいま難民問題で、揺れてる
こともあって時宜を得た作品でもありましたね。
風情♪さん★ (mig)
2016-02-28 20:32:12
こちらにもありがとうございます★
ホロコーストをこれまた別の視野からみせる、みたいなところがやはり評価されてますよね。
身内が経験している監督なので、
思い入れも相当でしょうね。
若い才能、今後も注目ですね〜
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-02-29 00:08:28
この作品の凄いところは見せない演出で見せるところかも知れませんね。
ボヤけた映像と終始止まない音。収容所の決して嗅ぎたくない臭いまで伝わってくるかのような演出は凄いの一言。
確かに眠気を感じてしまうかも知れませんが、それはある意味この強烈な世界から逃れたいという無意識の反応かも知れませんよ。
にゃむばななさん☆ (mig)
2016-03-01 01:05:54
こんばんは〜
とっちゃいましたね、噂通り、外国語映画賞!
うーん、でも淡々とみせられるので
眠くなることは確かです 笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

14 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
サウルの息子 (風に吹かれて)
アウシュヴィッツの日常 公式サイト http://www.finefilms.co.jp/saul 第68回 カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞作 1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容
サウルの息子 (映画好きパパの鑑賞日記)
 ナチスの強制収容所で、焼却された遺体の処理などはユダヤ人の収容者がやらされており、その目線から虐殺を徹底的に追った作品。手ぶれ長回しで遺体がごろごろと、強制収容所を扱った作品の中でもトップクラスのえぐい映画。見ている最中に、お腹が痛くなってきました。...
[映画『サウルの息子』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これは見なくてはなるまい、と新宿の映画館に向かいました。 ・・・物語はネットの紹介によると以下。  ≪1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ハンガリー系のユダヤ人、サウル(ルーリグ・ゲーザ)は、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊...
サウルの息子・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
煉獄に生きる者たち。 アウシュビィッツ収容所の解放から70年目の昨年、カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞したハンガリーの作品である。 主人公のサウルは、囚人の中から選抜され、数か月間生かされる代わりに、収容所の労役を担う“ゾンダーコマンド”の一人。 ユ...
「サウルの息子」:見えないものを見よ (大江戸時夫の東京温度)
映画『サウルの息子』は、新視点かつ生々しいことこの上ないアウシュビッツ映画。ハン
サウルの息子 (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞サウルの息子/SAUL FIA 2015年/ハンガリー/107分 監督: ネメシュ・ラースロー 出演: ルーリグ・ゲーザ/モルナール・レヴェンテ/ユルス・レチン/トッド・シャルモン/ジョーテール・シャーンドル 公式サイト 公開...
『サウルの息子』 (こねたみっくす)
ホロコーストを音で見せる、想像力から来る臭いで見せる。 第68回カンヌ国際映画祭にてグランプリを受賞したハンガリーの新鋭ネメシュ・ラースルー監督作品。それは「悲劇の物語」 ...
神が与えしもの〜『サウルの息子』 (真紅のthinkingdays)
 SAUL FIA  SON OF SAUL  1944年、アウシュビッツ。ユダヤ人強制収容所には、「ゾンダーコマンド」= 秘密の運搬人と呼ばれ、同胞の死体を処理するために働かされていた囚人た ちがいた。その一人であるサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、ガス室から虫...
サウルの息子 SAUL FIA (まてぃの徒然映画+雑記)
2015年のカンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した作品。アウシュビッツでゾンダーコマンドとして働くサウルの2日間を追ったもの。 毎日毎日アウシュビッツに運ばれてくるユダヤ人。彼らは服を脱がされて裸でガス室に送り込まれる。ゾンダーコマンドは彼らを追い立て、残...
「サウルの息子」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Saul fia」2015 ハンガリー 1944年10月、ポーランドのアウシュビッツ(ビルケナウ)収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルはゾンダーコマンドとして働いている。彼の仕事は同胞であるユダヤ人の死体処理。ある日ガス室で生き残った少年を発見するが、直ちに医者が呼...
『サウルの息子』 スタイルと物語の融合 (Days of Books, Films )
Son of Saul(viewing film) アウシュビッツ収容所のユダヤ
サウルの息子  (心のままに映画の風景)
1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。 ある日、ガス室で息子らしき少年を発見したサウルは...
息子を葬るために・・・ (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「サウルの息子」を鑑賞しました。 1944年10月、ユダヤ人のサウルはビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜され同胞の死体処理の仕事に就く ある日 ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されたその少年をユダヤ教...
サウルの息子(2015)**SAUL FIA (銅版画制作の日々)
 最期まで<人間>であり続けるために― 2月16日(火)、京都シネマにて鑑賞。カンヌ国際映画賞でグランプリを受賞したという事でか?かなり多くのお客さんでした。 正直なところ、う〜ん重たいし暗いというのが感想。あまり変化のない画面?というのかサウル本人に...