我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

エミリー・ローズ/THE EXORCISM OF EMILY ROSE

2006-02-28 00:40:00 | 劇場&試写★6以上
全米初登場No1というのにはそれほど驚かないけど、これは
ホラーではなく、実話
それこそがこの映画の最も凄いところであり、興味深いところ!

前代未聞!
法廷で"悪魔の存在"を初めて認めた。

悪魔払いの儀式後、謎の死を遂げた
エミリーローズの死をめぐる検証。
その死因は、病気なのか。それとも悪魔なのか。

        

最近、怖い映画に飢えてるワタシなのですが、
なかなか面白かったー。
というより、
興味深かった、かな☆

監督は
「ヘルレイザー/ゲート・オブ・インフェルノ」のスコット・デリクソン。
「ヘルレイザーシリーズ」ワタシ、好きなのよね 

全米の他、イタリア、ギリシャ、ポーランド、シンガポールなど世界各国で大ヒット。
悪魔の存在をめぐる大論争も巻き起こしたという。


女子大生エミリー・ローズが怪死した。
彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は、死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。
弁護士エリン・ブルナーは、教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが……。


これでもかと映像で恐怖を演出するようなホラーとは違い
ある日突然、
少女に取り憑いた悪魔の存在を立証するまでを描いた
法廷映画仕立てのオカルト作品。


「エクソシスト」を超える、って超えるはずはないけど、
本当にあったこと、という意味でね。



悪魔に馮依されたエミリーローズ役は、映画としては初出演。
もともと目がつり上がってて怖い顔だったけど、
取り憑かれてさらにスゴイ顔に!!(怖)
演技は素晴らしい☆



有能な、女性弁護士にローラリニー。
お堅い役だけど、カールヘアでいつもよりも女っぷりは上がってる。



一目散に逃げ出してった「悪魔の棲む家」(2005・リメイク)の神父と違い、
少女の手助けをし、自分の役割を精一杯全うしようと努める。
トムウィルキンソン。


法廷シーンが大部分を占めるので、
映画としての怖さはそれほど感じない。
ただ、
いつ自分のまわりで起きないとも言えないという恐怖

この話の中では、霊の存在を感じたリするような神経過敏症の人
取り憑かれたりしやすいと言っていた。
鈍感で良かった~。

わたしの場合、観た事ないくせに霊魂は信じてるタイプだし、
悪魔ってのも存在しうる、とどこかで漠然と思ってる派だけど
その存在を証明できるようになるのは、まだまだ何年も先だろうな。
これ観たら、悪魔は存在する??という軽い議論になりそう。
信じない人にはつまらない作品になるかも?

映画の中でも言ってるけれど、
信じる・信じない よりも可能性は、ある
ということ。


7/10
ホラーと言うよリオカルト、それも実話。
それゆえ、観てる時はグーっと引き込まれ、、、
でも、少女が悪魔に取り憑かれてるシーンが少々足りなかった気も。。。
ホラーを期待するとちょっと違います。
事実としてふまえて観ると、かなり興味深い。


その存在を、認めるか認めないかで
見解も変わってくる。



公式サイト←映画そのものよりも怖い!良く出来てます
3月11日 公開


真夜中の3時、突然目覚めて焦げ臭い匂いがしたら、、、その時は、、、、

2005年 アメリカ  120min
監督/脚本 スコット・デリクソン
製作/脚本 ポール・ハリス・ボードマン
【cast】
ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット
/ジェニファー・カーペンター


まさかとは思ったけど、
エミリーローズ役
ジェニファーカーペンター来日の際に呼ばれたゲストは辺見えみり。

エミリ繋がり、、、ベタすぎ。。。。。



人気blogランキング←please click(1日1回有効)
いつも読んでくれて&応援もありがとう~~
現在7位にランクイン中~

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (41)   Trackbacks (103)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋人までの距離 ディスタンス/B... | TOP | ペネロペ姉妹☆来日中!/ハリウッ... »

41 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます☆ (いちご)
2006-02-28 17:45:36
エミリー役の女優さんの演技は迫力ありましたね~☆

未だに夜の3時に目が覚めると怖いです☆
いちごさん☆ (mig)
2006-03-01 00:49:07
こんにちは。

エミリーさんはホント、けっこうな演技力でした☆

あの体つき、顔つきはホント怖かったです、

子供なら泣いちゃうかもですね。



夜中3時だけは、目をさましたくないです

ホラー映画でもよくありますよね。

ある時間になると(たいてい2時か3時)ピカっと目が覚めるというシーン。コワイです
これって (きゃんでぃー)
2006-03-02 06:41:13
怖い映画じゃないのね??、、 じゃぁ、安心して借りてみようかな?



新作コーナーに並んでるのを見たんだけどさ、怖い映画化と思ってスルーしてたんだよね。

そっかぁ~、怖いというより、興味深いんだね

私は そっちだったらぜんぜんオッケー!! 昔、オーメンを見た時 怖かったんだけど、それよりも「悪魔に取り憑かれる」とか「悪魔の再来」とかっていう、、そっちの方が興味深くてオモシロくみたんだよね。 エクソシストもそんな感じで好きだった



またまた見たい映画がたくさん出て来て、、どれから見よう??
きゃんでぃーさん☆ (mig)
2006-03-02 10:25:46
ご自分のところのコメント返しも忙しいだろうに、

コメントたくさんありがとー



この映画、「エクソシスト」+法廷もの

なのできっときゃんでぃさん大丈夫よ。

是非感想を聞きたいなー。



世界各国で1位になった作品だし、

その存在を巡って論争、

きゃんでぃさんはこれ観てどう思うかな。
コメントありがとうございます (zattchi)
2006-03-09 00:15:54
こんにちは

返信遅れました・・・

エミリー怖かったです

いまだにCMで見てもびびります

動かないのがなお怖い・・・
役者の演技がいい (arudenteな米)
2006-03-09 22:00:37
特にジェニファー・カーペンターの熱演は本当に憑依されたかと思うほどでした。
zattichiさん☆ (mig)
2006-03-09 22:10:17
こんにちは♪

CM、今盛んに夜中やってますよねー、、、

ちょうどワタシが寝る時間が悪魔の活動する時間(笑

なので、この映画見てからちょっとコワイです

それにしても、あれ、

良いシーンばかり見せちゃってますよねー

見せ過ぎです。
ありがとうございます! (ロイ from 週末に!この映画!)
2006-03-11 22:29:05
コメントありがとうございました!+いつもTBありがとうございます。

どちらかというと悪魔とか幽霊とか信じないほうなので、この映画みたら「大げさに演技してんじゃないのー?」とひねくれて見ちゃうかもしれません。

でも、法廷劇のところは興味ありです。

*ちなみにあの悪魔マークは偶然です。
TBありがとうございました (masako)
2006-03-12 00:39:57
TBありがとうございました。こちらも逆TBさせていただきますのでよろしくお願いします。映画、沢山ご覧になっているんですね。また遊びに来ます!
ロイさん☆ (mig)
2006-03-12 01:02:43
こんにちは♪

こちらこそいつもありがとう☆



あ、そういうロイさんにこそ是非観てもらいたいですよー。

実話といえどももちろん演技は演技ですが、

CG使わず、身体張ってのあの演技は見事で

一見の価値アリですよー。

そのカオが怖いんですが。。。。
masakoさん☆ (mig)
2006-03-12 01:04:17
こんにちは☆

コメントありがとうございます



ええ、試写は毎週のように行ってます、

また是非いつでもあそびに来て下さい
えみり繋がり・・・ (ゆづ)
2006-03-12 20:14:15
こんにちは。

ジェニファー・カーペンター、来日していたのですねぇ。知らなかった。

しかも辺見えみりちゃんとツーショットとは(笑)



私はジェニファーの顔が割りと好きなので

とりつかれた後の顔に小ショック。

この演技が認められて今後いい役がつくといいなぁと切に希望してしまいました。

今晩は (ノラネコ)
2006-03-12 22:40:51
なかなか面白かったです。

テーマ的にも興味深いのですが、やっぱりジェニファー・カーペンター怖すぎ。

午前三時に夢に出てきそうです。
ゆづさん☆ (mig)
2006-03-13 00:13:57
こんにちは♪

結構、いいところをCMでやっていましたけど、

これから観る人に影響ないのかな??

とりつかれたあの顔はすごかったです、

演技ももちろんすばらしかったですよね



ノラネコさん☆ (mig)
2006-03-13 00:17:16
怖かったですよねー。あの顔が一番、、、



あと、あの身体の形、、、、



実話だというからもっと凄いです。



あのラストは意見の分かれるところだと思いますけど、

ワタシはよかったと思います。



もうちょっと悪魔のいたずら描写が欲しかったかな。

ワタシも、観てから夜中の3時になるとちょっとビクついちゃいます☆
叫ぶ!飛ぶ!暴れる! (たましょく)
2006-03-13 14:31:46
 TBありがとうございますm(_ _)m



 エミリーの表情がとにかく印象的

で、演じている女優さんもさぞ顔の

筋肉が疲れただろ~なぁ~w



 裁判の結果を聞いた瞬間は「え?」

と思ったのですが、直後のあの陪審員

の一言が良かったですよね~。
TB、コメントありがとうございます (ぷちてん)
2006-03-13 20:09:37
こちらこそ、いつもお世話になっています~。



面白い題材を映画にしましたよね~。

なので、『興味深い映画だった』というのに頷きました。

(゜ー゜)(。_。)ウンウン



夜中の3時って、ああいう理由だったんですね~知りませんでしたよ。

しかし、鈍感は私は今のところ大丈夫です(笑)
裁判劇 (もじゃ)
2006-03-13 20:39:11
こんにちは。TBありがとうございます。

オカルト・ホラーとして観ちゃうとちょっと物足りないですね。

裁判劇としては面白かったです。

「ヘルレイザーシリーズ」はじぶんも好きなんですよー。
午前3時・・・焦げ臭い・・・ (メビウス)
2006-03-13 20:58:11
こんばんわ♪TB有難うございました♪



この映画を昨日観て、『午前3時』と『焦げ臭い匂い』と言うキーワードが凄い頭にこびり付きました。

1時に寝て、トイレに行きたくて一度目が覚めて時計を見たら2時40分・・・( ̄□ ̄;)(汗



今でも少し引きずってます。本当に焦げ臭いにおいしたらどうしましょう・・・
たましょくさん☆ (mig)
2006-03-13 21:07:53
顔の筋肉、確かに疲れるかも 



あの自顔はスゴイ



もっと悪魔の描写が欲しかったなー。

裁判の結果も、うん、意外でしたねー。
ぷちてんさん☆ (mig)
2006-03-13 21:18:33
こんにちは♪

コメントありがとー



やっぱり敏感な人って、色々苦労するらしいですよね、実際。



そんな事に敏感だったら本当に普段の生活びくびくですね。



あ、でも慣れちゃうのかな?(笑



金縛りすらなったことのないワタシです
もじゃさん☆ (mig)
2006-03-13 21:23:50
コメントありがとう



そうなんですよね。

少女が悪魔に取り憑かれるといえば、やっぱり傑作の「エクソシスト」があるし、オカルトとしたら

そうでもないけど事実ということと、

裁判が軸になっているところがただのホラーじゃないですよね、

裁判ものも、ホラーもオカルトもすきだけど、

もうちょっと怖さが欲しかったかな。

ワタシ、際限なく怖りたがり (←こんな言葉ないですねなんですぅ☆



とはいっても。数字数えるエミリー、ほんとに乗り移ってました。。ゾーっ。。
メビウスさん☆ (mig)
2006-03-13 21:33:56
そ れ は。。。。



悪魔では   、、、、???



きゃー☆





なーんちゃって(←なーんちゃってのセリフかなり久々に使いました



でも、ワタシ信じちゃうんですよー、こういうの。結構。

怖いの好きだけど怖いものみたさ。

これ観てからというもの3時に寝る時、けっこう気になります、、、
こんにちは (へーゼル☆ナッツ)
2006-03-16 13:17:34
migさん、TB返し&コメントどうもありがとうございます!

"ホラーではない"なんてたまに書いてありますが、これはホラー入ってますよね。

もちろん100%ではないですが・・・。怖かったです。

migさんの言われてるとおり、オカルトのほうが近いかな。ニュアンス的に。



>存在を、認めるか認めないかで見解も変わってくる

------

私も同意見です。認めてない人にはコテンパンにやられるでしょうね^^;
初めまして (薩摩浪人)
2006-03-16 17:21:34
どうも(^▽^)/

観て来ました。本当に素晴らしい映画でしたね。

緊迫感のある法廷劇と悪魔憑きという相反する二つの要素を見事なまでに融合させた出来は正に秀作ですね。

そして、エミリーが取った行動には感動しました(┯_┯) ウルルルルル

また、遊びにきま~す。
キム兄としてはどうなんでしょう (しいな)
2006-03-16 17:45:26
えっ!!!?

辺見えみりが呼ばれていたんですか?

それはまぁ…なんといいますか。

なぜ彼女が呼ばれたのかは、きっとJ・カーペンターなどにも言ってるんですよね!日本人のこのセンス、感想聞いてみたかったです。
ヘーゼル☆ナッツさん☆ (mig)
2006-03-16 22:30:35
コメントありがとうございます、



悪魔というよりも、悪霊ってイメージがありました。

悪魔=サタン 一人の力みたいな感じがするけど

悪霊だと悪い霊なのであちこちにいそうな気がするし現実味があるんですよね。

後者だったら、実話としてあり得るんじゃないかな??



なんてちょっと考えたりしてしまいました。

薩摩浪人さん☆ (mig)
2006-03-16 22:58:26
こんにちは♪

ラスト、凄い結末になってましたね。

映画になったからそれこそ

膨大な数の人に知らしめたことになりました。。。



それにしても、この映画のCMはいいところを流しすぎです
しいなさん☆ (mig)
2006-03-16 23:02:12
ほんとですね、

まさかえみりつながりだけでとは言えないですよね、

彼女は悪魔を信じてるんです。とか何とか言ったんでしょうか?(笑



こんばんは♪ (ミチ)
2006-03-17 21:17:27
エミリーが幻覚をみてクラスメイトの顔がぐわ~~ってなるところとか、思わず目をつぶっちゃいましたよ~。

ホラー苦手なのでスルーしようと思っていたら、新聞の映画評に「これは法廷劇である」と書いてあったので、遅ればせながら見に行きました。

このくらいのホラーならなんとか大丈夫でした(笑)
ミチさん★ (mig)
2006-03-17 23:22:03
こんばんは。



実話だというところが一番怖いですよね。。。。

そして、エミリーローズの顔の(演技の、)

怖いこと~!



怖いのは平気といつも言ってるワタシですけど

夜中の3時に起きてたりすると、ちょっとどっきりしたりして。

ヘタなホラーよりも、オカルトの方がリアリティがあって精神的怖さがある感じですね~。

ミチさんはエクソシストはご覧になりましたか?

あれはホント衝撃的でした
こんにちは (鈴 薔薇子)
2006-03-19 12:59:23
トラックバックありがとうございました。

こちらからもトラックバック返させていただきました。



私もgooでこの映画の試写会当たった時にスタッフの人が



「ゲスト辺見えみりさんで、薔薇の花束用意したから。」



「薔薇?」



「エミリーローズだから」



っていう会話してるの聞いたときまんまだな!!って笑いそうになりました。
鈴 薔薇子さん☆ (mig)
2006-03-19 23:38:00
こんばんはー☆

わ!

それすごいベタですぅー。

花束まで。。。(笑 

今後もよろしくおねがいします
TBありがとうございます。 (machi)
2006-03-20 18:53:50
すごい読みやすい記事ですね。えみりちゃんのブログにも載ってましたね。

私もTBさせていただきます。
TBありがとうございました。 (romper-stomper-rc)
2006-03-21 00:32:57
こんばんは。こちらからもTBさせていただきました。

エミリー役の女優さん、映画後半は叫びまくってたじゃないですか・・ノド大丈夫かしら・・ってヘンなところに気がいっていました~。(自分がノド弱いんで)

私も鈍感なので「よかった~」って方なんですが、恨み辛みで魂がこの世に残ってさ迷ってる・・なんてのは「有り」かなぁ~と思えます。逆に「神様を信じますか?」と問われれば「NO」と即答しますね。「神様信じてる人々が、世界中に山ほど居るのに、どうして彼らを苦しみから救わないのか!?」と言ってしまいたくなるので・・ガキですわ。(「魂の救済」って意味での信仰だとは理解していますが、感情がね~苦笑)
machiさん☆ (mig)
2006-03-21 01:03:59
こんばんは☆

誉めて頂き、嬉しいです♪

ありがとうございます



良かった映画は、伝わればいいなと思ってるので、、、、

今後も宜しくお願いしますー
romper-stomper-rcさん☆ (mig)
2006-03-21 01:08:23
こんばんは♪

コメントありがとうございます。



そうですね、あの123456、、、って言うシーンも凄かったし、カオだけじゃなく声も凄かったですね。



神については、、、、宗派がいろいろ分かれるのでむずかしいですね。

ワタシは無宗教派ですので

ココロの中の、自分の神さまを信じてます

なーんてね☆
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2006-03-25 20:57:27
いつもありがとうございます!

オカルト部分で、6つの名前が出てきたので、

その方向で、もっと掘り下げてほしかった、、、

でも、そうすると、エクソシストになってしまいますね。

オカルト好きにとっては、ちょっと消化不良でした。

またよろしくお願いしますね。
猫姫少佐現品限りさん☆ (mig)
2006-03-26 01:05:44
今晩は♪コメントいつもありがとうございます☆



ええ、ホントそうですね、

オカルト好きですーワタシも。



悪魔の出番が少なかった、、、とかいっちゃ何となくまずい雰囲気ですよね



実話ということで、ラストの行動を身を以て一人でも多くの人間に示したかったのでしょうね。。。

凄いですよねー、、、、。

可能性より信じます。 (heartstrings_movie)
2006-04-21 23:27:59
私はその存在を認める派なので、めちゃ怖かったです。
heartstrings_movieさん☆ (mig)
2006-04-22 00:03:41
コメントありがとうございます。



その存在を認めるほど、怖いかもしれませんね。



あ、でもワタシも認めてるんですけど、

逆にありえると思ったので怖さはさほど感じなかったです。

役者は上手かったですが、やっぱりドキュメンタリーじゃないからどこかで「これは映画だ」と感覚で観てしまったんだと思います、

のめり込める人ほど怖いのかもしれません。。。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

103 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『エミリー・ローズ』 (ラムの大通り)
----「この映画はホラーではない。実話である」…… これどういうこと?ホラーじゃニャいの? 「うん。ぼくも以前、だれかにそう言ったら、 『いや、宗教をめぐる法廷サスペンスです』と返されて 『えっ?』と思ったことがある。 そのため、これはキツい映画かな、と思って身
エミリー・ローズ (夢見る小悪魔)
【あらすじ】前代未聞の悪魔祓い裁判。それは、エミリー・ローズ(19歳)の謎の死に始まった。【悪魔祓い】の儀式の末の死であると主張するエミリーの家族と神父。しかし、自傷行為による無数の傷が残ったエミリーのあまりにも酷い死体を見た警察官達は神父を【過失致死罪】
エクソシズム・オブ・エミリー・ローズ (イチゴノヒトリゴト。)
試写会に当選したので行ってきました。 ノンフィクションとのことらしい。 アメリカでは公開してNO.1になった作品で 日本では春に公開予定。 ※ネタバレもあるので観る人は読まないで下さい。 悪魔にとり憑かれたとされる女子大生エミリー・ローズが亡くなる。 自然死.
「エミリー・ローズ」試写会 (ミチミチ)
「エミリー・ローズ」 監督 スコット・デリクソン CAST ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット・・・story  悪魔祓いをした神父。彼は逮捕された。悪魔祓いをされた少女。彼女は見るも無残な姿で死んでしまった。悪魔はいたのか?ここれは実際に
エミリー・ローズ THE EXORCISM OF EMILY ROSE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、 トム・ウィルキンソン主演 19歳のエミリー・ローズは凄惨な死を遂げる 医学調査団はこの死を人為的な不自然な死であると告げる エミリーの症状を見て医者は精神病とか癲癇として 薬の投与を命じます しかしエミリーは悪魔
ローラ・リニー Laura Linney 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),5 February 1964,New York, New York, USADriving Lessons (2006) Jindabyne (2005) エミリー・ローズ The Exorcism of Emily Rose (2005) The Squid and the Whale (2005) P.S. (2004) 愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey (2004)
エミリー・ローズ  評価☆☆☆ (ムービープレス)
ごく普通の19歳の女子大生、エミリー・ローズ。 ある晩の午前3時、彼女は突然恐ろしい幻覚に襲われ、凄まじい癬攣を引き起こす。自分に何かが取り憑いていることを確信した彼女は、医学ではなくムーア神父に自らの運命を託すことにした。しかし、神父の献身的な努力の甲斐も
映画「エミリーローズ」はホラーではない。法廷劇ですう~ (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
全米で初登場NO1になった 「エミリーローズ」の試写会に行ってきました。 コピーにもあるように 「悪魔のしわざか」「病気か」 初めてオカルトの要素と裁判劇をミックスした作品です。 「こわー」「ホラー」と思って迷っている方へ 「大丈夫ですよ」 これは「法廷劇」
エミリー・ローズ (arudenteな米)
別の意味で懐かしく、そして別の意味で怖かった エミリー・ローズ(THE EXORCISM OF EMILY ROSE) http://www.sonypictures.jp/movies/theexorcismofemilyrose/ ≪ストーリー≫ 神父ムーアが悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死
エミリー・ローズ (Rohi-ta_site.com)
試写会で、出演:ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/ジェニファー・カーペンター/コルム・フィオール/ジョシュア・クローズ/脚本:ポール・ハリス・ボードマン/スコット・デリクソン/監督:スコット・デリクソン/作品『エミリー・ローズ』を観ました
エミリー・ローズ (なんじゃらかんじゃらあるがな。 )
私は「オカルト映画」が苦手です。でもサスペンスは好き。 何が違うのかぽわ~んとしか分からないので辞書で調べてみるとこのような感じでした。 オカルト=超自然の現象。神秘的現象。 ホラー=恐怖。戦慄(せんりつ)。 サスペンス=《未解決・不安・気がかりの意》小.
エミリー・ローズ (ネタバレ映画館)
 『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。
『エミリー・ローズ』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
ローラ・リニー主演。 19歳の女子大生のエミリー・ローズはある日を境に幻覚を見るようになり、体が硬直し痙攣を起こし、様々な異常行動を起こすようになっていた。悪魔に取り憑かれたことによる物だとして、ムーア神父が献身的に彼女に悪魔祓いの儀式などを行うが甲斐も
「エミリー・ローズ」(2005) 試写 (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
3/11(土)より全国ロードショーです。\"THEEXORCISMOFEMILYROSE\"監督・・・スコット・デリクソン出演・・・ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ、ケン・ウェルシュ、ダ.
EXORCISM OF EMILY ROSE(2005,U.S.) (The Final Frontier)
This story is based on a true story.... エミリー・ローズ ある日、神父ムーア(Tom Wilkinson)が悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズ(Jennifer Carpenter)に悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護には、野心的な
エミリー・ローズ 評価額・1010円 (Blog・キネマ文化論)
●エミリー・ローズを観賞。 19歳の大学生エミリーはある日、原因不明の痙攣と幻覚
エミリー・ローズ (週末に!この映画!)
期待値:77%  19才の少女は悪魔に取り憑かれてしまったのか? 「この映画はホラーではない、実話で
『エミリー・ローズ』 (映画な日々。読書な日々。)
“悪魔の存在”が正式に認められた、衝撃の真実。 謎の死を遂げた19歳の少女。なぜ、神父が裁かれるのか。 ごく普通の19歳の大学生エミリー・ローズは、突然、 原因不明の激しい痙攣と恐ろしい幻覚に襲われた。 症状は回復する気配もなく、まるで呪われているかのような凄ま
「エミリー・ローズ」試写会にて 何故悪魔に憑かれたのか (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
BBT主催『エミリー・ローズ』の試写会に行ってきました。
エミリー・ローズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    鑑賞直後、悪魔の仕業に遭遇した私!?
「エミリー・ローズ」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「エミリー・ローズ」  公式サイト 劇場鑑賞 ゆづの好き度 ★★☆  (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年3月11日公開  上映時間120分 この作品は、平成16年に「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が成立し もうすぐ裁判員制度が実施さ
エミリー・ローズ (ぷち てんてん)
「イーオン・フラックス」見ようかと思ったんですけどね。息子を誘ったところ、「その映画ってどうかな~~」と却下され、じゃ「エミリー・ローズ」にしようということになりました。最近自分的には当たりの映画がないんで、いっそ「イーオン・フラックス」でもいいかと思...
エミリー・ローズ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 バイト4連チャン中だというのに観てきましたよ~「エミリィー~・ロォォオオズゥゥゥウウ~」  実話を基にした話。  ある田舎町の民家で少女が死んでいる。  彼女を取り巻く家族。  そして1人の男が過失致死で裁判に掛けられます。  彼はムーア神父。  死んだ
エミリー・ローズ・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々の本格オカルト映画だと思って観に行ったら、真面目な裁判劇だった。 1970年代に当時の西ドイツで起こった、悪魔祓いによる死亡事件とその後の裁判をベースにした「エミリー・ロー
『エミリー・ローズ』 (映像と音は言葉にできないけれど)
「この映画はホラーではない、実話である。」というコピーのとおり、全然ホラーではありません。構えて観ることも一切ありません。
エミリー・ローズ (2005) THE EXORCISM OF EMILY ROSE 120分 (極私的映画論+α)
 ある日、神父ムーアが悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護には、野心的な女性弁護士エリンがあたることに。エミリーは心の病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張する
「エミリー・ローズ」■これは法廷ドラマである。 (映画と出会う・世界が変わる)
これはホラー映画、オカルト映画ではない。ジャンルとしては法廷ドラマである。但し、その法廷で扱っているのは「悪魔は存在するか否か」である。従って、この映画にホラー映画にありがちなショック描写を期待してはいけないし、逆にホラー映画は嫌いだと、この映画を見る...
「エミリー・ローズ」ブロガー限定試写会 (お熱いのがお好き)
先日、映画「エミリー・ローズ」ブロガー限定試写会っていうのに当たって 観てきたんですが、(その前にもエミリー・ローズの試写会当たって2回目。しかも同じ場所。) 場所がソニーピクチャーズ試写室だったんですが、ここは マスコミ向けの試写室なのかな~。 ...
エミリー・ローズ (何を書くんだろー)
「エミリー・ローズ」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  ある朝、ひとりの医師によって19歳のエミリー・ローズの「死」が確認される。フツーの大学生 だった彼女を襲った死の真相を究明するための法廷が開かれる。被告人として法廷に立たされ たムーア...
「エミリー・ローズ」ブロガー限定試写会 (お熱いのがお好き)
先日、映画「エミリー・ローズ」ブロガー限定試写会っていうのに当たって 観てきたんですが、(その前にもエミリー・ローズの試写会当たって2回目。しかも同じ場所。) 場所がソニーピクチャーズ試写室だったんですが、ここは マスコミ向けの試写室なのかな~。 ...
映画館「エミリー・ローズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「ホラーではない実話である」とあるように実話が元になっているというこの作品、、、たしかに、ホラーでは無かったです。法廷劇色が強い作品でしたが、ホラーよりも怖く感じました。 エミリーが亡くなったのは、病気のせいか、悪魔のせいかの裁判が始まります。証言の...
【 エミリー・ローズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
悪魔祓いによって少女を死なせた神父の裁判を実話を基に映画化。出演はローラ・リニー、トム・ウィルキンソン。 エミリー役のジェニファー・カーペンターの絶叫シーンは壮絶です。と言いつつも、オカルト・ホラーというより法廷ドラマなのであまり恐さはない。もちろん...
『エミリー・ローズ』、観ました。 (肯定的映画評論室ココログ支店)
 『エミリー・ローズ』、映画館で観ました。 19歳の女子大生エミリー・ローズ。自分に
エミリー・ローズ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スコット・デリクソン 【出演】ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/ジェニファー・カーペンター 【公開日】2006/3.11 【製作】アメリカ
【映画】『エミリー・ローズ』★★★☆☆宗教vs司法の法廷映画、... (よきにはからえ。)
エミリー・ローズの駅貼りのポスターのロゴにビックリして(DTP屋はチェックして!“ちょwwwwおまwwwありえん!”って思うから!)早速見てきました。つか『シリアナ』・『ミュンヘン』は来週ということで…『エクソシスト』ホラー風味な映画なのかな?と思っていたら意外...
【シネマ】『エミリー・ローズ』 (夜ふかしサラリーマンのひとりごと)
エミリー・ローズ :2006/3/11公開 洋画/ホラー(ノンフィクション) (
この映画はホラーではない!実話である!(2006年6本目) (ON THE ROAD)
      エミリーローズは あなたの妹、娘、親友だったかもしれない。 彼女の身に起こったことは 誰にでも起こりうることなのだ この映画はホラーではない 実話である。 ある18歳の女子大生が突然奇妙な症状に悩まされる。 医師の治療を受けるが一向に症状は良くなら
エミリー・ローズ (::natabanta:: blog)
観てきましたよ エミリー・ローズ エクソシストを越えるホラー映画とだけウワサで聞いていたのでそれなりの覚悟で挑んできた。 ソニーピクチャーズ公式HP んで観てきた感想。(以下、ネタばれ注意)
「エミリー・ローズ」鑑賞 (Cafeアリス)
ホラーじゃなくて、実話だという「エミリー・ローズ」観て来ました。 あちこちの感想を読んでみても、けっこう評判がいいし、 ムービーウォーカーの満足度のアンケートも、74点だったし。 これは、やはり観ておこうと、風邪の治るのを待たず観たんですが。 映画は、...
『エミリー・ローズ』 (異国映画館)
2005年 アメリカ 公開日:2006/03/11 劇場鑑賞06/03/11           エミリー・ローズ   監 督
エミリー・ローズ (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
★本日の金言豆★ トラッキング・メーキャップ:俳優の頭部の3Dモデルを作り、事前に撮影した俳優の頭部の動きにあわせて3Dモデルをアニメートし、そのモデルに貼り付けたメーキ
映画: エミリー・ローズ (Pocket Warmer)
邦題:エミリー・ローズ 原題:THE EXORCISM OF EMILY ROS
エミリー・ローズ (がちゃのダンジョン 映画&本)
『エミリー・ローズ』 (2005)THEEXORCISMOFEMILYROSE上映時間120分製作国アメリカジャンルホラー/ドラマ/ミステリー実話を基に、悪魔に取り憑かれてこの世を去った少女の数奇な運命を辿っていくオカルト・ホラー。悪魔祓いによって少女を死なせたとして法廷に立たされ...
『エミリー・ローズ』★★★★・80点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
緊迫と恐怖の法廷劇サスペンス!!”ホラー映画”より怖い・・・『エミリー・ローズ』公式サイト制作年度/国;\'05/米   ジャンル;サスペンス   配給;SPE     上映時間;分  監督;スコット・デリクソン出演;ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/ジェニファー..
エミリー・ローズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
原題:『THE EXORCISM OF EMILY ROSE』 監督:スコット・デリクソン 脚本:ポール・ハリス・ボードマン  撮影:トム・スターン 音楽:クリストファー・ヤング 出演:ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/ジェニファー・カーペンター/リチャード・ジェンキンス ---------
エミリー・ローズ (★シネマ街道ぶらり旅)
―人間というものを考えさせられる衝撃そして感動の実話― エミリー・ローズ(2005年・アメリカ) (原題:THE EXORCISM OF EMILY ROSE) 【ジャンル】ホラー/ドラマ/サスペンス/実話 本編:120分 <スタッフ> 監督:スコット・デリクソン 製作:ポ
彼女は聖人なのか『エミリー・ローズ』 (今日はどこへ行きましょうか)
『エミリー・ローズ』を観て来ました 「この映画はホラーではない、実話である。」 というフレーズがぴったりでした。 まぁ、実話かどうかというところは、当事者のみぞ知る。というところではありますが 神父さんの裁判のお話の中に、エミリーに起こったことが明...
エミリー・ローズ (ケアマネのマネ)
続いて○田で観た映画 「エミリー・ローズ」 ホラーではなく実話というCMに飛びつきました。 こういうもの好きなのです(**) 「悪魔を信じますか?=神を信じますか?」 と同じことですよね? *私が尊敬する人に質問して返ってきた言葉・・・。なるほど!いただ
エミリー・ローズ (とりあえずな日々(仮))
19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した。 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。 そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナーは教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが…。 悪魔ばらいの儀式後に、謎の.
エミリー・ローズ (映画で綴る鑑賞ノート)
あまりの怖さに客席でイナバってしまいました。(笑) ※ ネタバレ 注意! ※ 並みのホラー映画よりも、よっぽど怖いです。 “悪魔の存在を初めて認めた裁判” という謳い文句からもわかるように、 メインは裁判劇なんですが、これほど、怖い映画だとは思いませんでし
映画「エミリー・ローズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「エミリー・ローズ」★★★ 悪魔祓いの儀式後に謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる実話の映画化。 ホラーというよりも法廷劇という趣で、ホラー苦手な私でもなんとか鑑賞できた。といっても、ところどころ音響にヤラれてビックリしたり、目をつぶ
エミリー・ローズ/ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン (カノンな日々)
いつもだったら劇場では観ないジャンルなんですけど、実話に基づいてるという事と法廷劇であるという二点が私のツボでして、ついつい観に行ってしまいました。 +++ちょいあらすじ
「エミリーローズ」悪魔は存在するのか?自分の目で確かめよう! (田中陽子の映画ほめちぎり)
悪魔のイナバウアーCMに抗議が殺到というニュースが飛び込んできました! 全米初登
エミリー・ローズ (まったりでいこう~)
ホラーというよりもサスペンスっぽく感じたためか、苦手意識をあまり持つことなく観ることができました。本当は苦手なジャンルなんですけどね(^_^;) 悪魔憑きといっても日本人である私にはいまひとつピンときません。日本ではどちらかというと悪霊とか怨霊といったものになり
シネマ日記 エミリー・ローズ (skywave blog)
裁判とは、事実を合理的に解釈して、大部分の人が納得できる結果を導き出すもの。 エミリーの死という’事実’をどう解釈するのか。各々の解釈が各々の’真実’となる。それでは
「エミリー・ローズ」見てきました (よしなしごと)
 以前何かの映画での予告を見た時に、予告で「きゃー」と叫び声が上がってしまうほどの映画、エミリー・ローズを見てきました。
エミリー・ローズ (奥様の細道)
これは実話に基づいた物語であり、いわゆるホラー映画ではありません。半分くらいが法廷でのやりとりです。「エクソシスト」のような映画かなあと思っていましたが全然違っていて、とても深刻なストーリーでした。19歳の大学生エミリーは突然幻覚や幻聴に悩まされるように
エミリー・ローズ (まつさんの映画伝道師)
第394回 ★★★(劇場) (真相に迫りますので、ご注意あそばせ)  映画法廷、只今より開廷。 「訴訟番号394、映画会社 対 観客。映画『エミリー・ローズ』への難癖訴訟」  今回の訴訟は、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)という少.
エミリー・ローズ (まつさんの映画伝道師)
第394回 ★★★(劇場) (真相に迫りますので、ご注意あそばせ)  映画法廷、只今より開廷。 「訴訟番号394、映画会社 対 観客。映画『エミリー・ローズ』への難癖訴訟」  今回の訴訟は、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)という少.
エミリー・ローズ (映画まみれ)
『エミリー・ローズ』 (‘05/アメリカ) 監督: スコット・デリクソン ? 「いい大人」にこそ観てもらいたい秀作。 広告としての予告編やCMなどは、当たり前だが配給の思惑でどうにでもなるもの。 実際の映画の内容とは、すこしテーマが違うような
エミリー・ローズ (ゴネの独り言。)
出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター他 監督:スコット・デリクソン 原題:THE EXORCISM OF EMILY ROSE       2005年 アメリカ VFXを一切使わない驚愕の憑依シーンが話
エミリー・ローズ (Alice in Wonderland)
怖いものがないはずの私にも苦手なものがあります・・・それはホラー映画です。しかし勇気を振り絞って鑑賞しました。あの叫び声と、悪魔に取り憑かれた少女のぎこちないイナバウアーには驚かされてしまったが思っていたより怖くなく興味深く観ることが出来ました。 悪...
試写会「エミリー・ローズ」 (My ordinary life)
映画「エミリー・ローズ」の試写会に行ってきました。 この映画は当たるだろうなと思っていたらやはり当たってしまいました。 19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死し、彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は、死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴されます。その
『エミリー・ローズ』 (なんでもreview)
ちびりそうでした…。
【エミリー・ローズ】 (ROMPER’S ROOM)
どしゃぶりの{/kaeru_rain/}のち{/hiyoko_cloud/}時々{/hiyoko_thunder/}ゴロゴロ{/kaminari/}{/kaminari/} 昨日は早朝からの用事をチャッチャと済ませて、毎週水曜日のレディース・デーということもあり、朝から“何見ようかな~{/hearts_pink/}”と映画館へ行きました。
エミリー・ローズ~ホラーを超えた人間ドラマ (Osaka-cinema-cafe)
狐や狸にとりつかれるのは日本ですが、 キリスト教世界では、悪魔がとりつきます。 午前3時、焦げ臭いにおいがしたら、 それはあなた、ズバリ言うわよ、「危ない!」 「あなたの知らない世界」が始まってしまう。 (霊評論家の板倉先生は元気なのでしょうか?) 映画「
『Exorcism of Emily Rose/エミリー・ローズ』 (☆☆ 結婚します! た。☆☆)
この映画は 日本でももう公開されてますね。。 私の映画の師匠 migさんのオススメの一本っということで、見てみることに。 本来、私は『ホラー映画』の部類が苦手でして、、これもタイトルとDVDの雰囲気で ろくに内容も確認せず、スルーしてたんですね。。。 ところが
十分怖いんですけど!! 「エミリー・ローズ」 (平気の平左)
評価:70点 エミリー・ローズ エミリー・ローズを見るのを断念するという記事を書いたところ、migさんとkossyさんから、 ホラーというよりは法廷モノだよ、 というようなコメントを頂きまして、法廷モノは好きなので観ることにしました。 で、観た感想なんですが・・
エミリー・ローズ (cinema mix box)
裁判が始まる。  傍聴席に着席。  これから話すのは、「エミリー・ローズ」と言う
エミリー・ローズ (ANEGO的平凡な日常☆)
先日、N子ちゃんから 『友達から試写会の券もらったから一緒に行かない?』とお誘いを頂いた{/kaeru_en4/} もちろん二つ返事でOK{/hiyob_en/} ところで何の映画?と尋ねて、教えてもらったタイトルをネットで検索。{/pc2/} 映画のHPに辿り着きました{/hiyo_en1/} そこ
【MOVIE】エミリー・ローズ (思いつくままに)
オフィシャルサイト ■観賞日:2006年3月12日 ■観賞場所:川崎チネチッタ ■感想など ストーリーは、エミリーの死亡後から法廷での争いへの展開と、エミリーに起きた過去の 出来事の回想が交互に出る形で進んでいく。 エミリー・ローズは大学の進学と共に、実家を
映画@エミリー・ローズ (sattyの癒しのトビラ)
彼女の中に棲みついたのは、病いか、悪魔か。。 その闇は、なぜ彼女を選んだのか 19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は、死の原因を作ったとして 過失致死罪で起訴される これは、ドイツで実際に起きた悪魔祓いをめぐる死亡事件
映画『エミリー・ローズ』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、スコット=デリクソン。2005年米。サスペンス・ホラー映画。原題『The
No.027 「エミリー・ローズ」 (2005年 米 120分 シネスコ) (キングの映画の窓(劇場鑑賞版))
監督 スコット・デリクソン 出演 ローラ・リニー     トム・ウィルキンソン     ジェニファー・カーペンター この作品を見た人の中に怖~い恐怖映画と思って見たら全然違ったような作品だと感じた方多いかもしれませんね。 これは恐怖映画と言うよりは法廷サス
☆★★ 『エミリー・ローズ』観ました ★★☆(画像あり) (★SASASAWAのよくばり日記★★☆)
   夕食後   車でばばっと観に行きました☆   マイカルシネマズへ。   本当は『ウォレストグルミット野菜畑で大ピンチ』が   観たかったんですけど   この映画館では吹き替え版しか演ってません。   どゆこと??   『エミリー・ローズ』は   ...
抗議殺到!「悪魔のイナバウアー」CMが復活した実話裁判劇『エミリー・ローズ』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
王JAPAN、野球世界一おめでとう! 荒川静香の女子フィギュア初の金メダルに続いて 今年二つの目の国民的ビッグニュースだね! これは、すぐにでも映画化してほしい話。 実話じゃなかったら考えられない奇跡的展開といい、 内容的にもいろんな要素、切り方ができ
エミリー・ローズ (ANEGO的平凡な日常☆)
先日、N子ちゃんから 『友達から試写会の券もらったから一緒に行かない?』とお誘いを頂いた{/kaeru_en4/} もちろん二つ返事でOK{/hiyob_en/} ところで何の映画?と尋ねて、教えてもらったタイトルをネットで検索。{/pc2/} 映画のHPに辿り着きました{/hiyo_en1/} そこ
エミリー・ローズ (T嬢スタイル)
★★★★☆ ただのホラー映画と侮るなかれ。 悪魔憑きというオカルト的要素にアメリカ映画お得意のトライアルが加わって、なかなか完成度の高い作品になっている。そのむかし「エクソシスト」で消化不良気味だった私でも(つまりキリスト教の世界観にさほど詳しくない人.
エミリー・ローズ 06年59本目 (猫姫じゃ)
エミリー・ローズ オカルトホラーか、法廷劇か、、、「十二人の怒れる男 」 か、「エクソシスト 」 か、、、古い?? ストーリーとしては、映画の最後に書かれているように、エクソシズム、悪魔払い のお話なんだケド、映画としては、ローラ・リニー の最終弁論や、陪審員.
真面目な法廷モノ:「エミリー・ローズ」 (この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!)
TVCMで「ホラー」だと思った方は多いはず。 私もその一人でした。 しかし、見てみると全然違う囹 実話をもとにしたもので、法廷でのシーンがメイン。 閭ホラーを楽しみに来たのであれば消化不良だろう。蓮 しかし見た感想は悪くな
★エミリーローズの顔芸に満点! (サダの暗黒面-イメージイラスト別館)
?←クリックすると大きな画像がみれます。 ええ、まあ、なんといいますか、 ベタですよ。 ベタ中のベタですよ。 100人の人が見たら100人とも思うであろうことを、気分転換にイラストにしてみました。 とにかくもうエミリー・ローズを演じるジェニファー・カー
映画「エミリー・ローズ」スコット・デリクソン監督 (スチャラカランナーの日々)
 映画「エミリー・ローズ」スコット・デリクソン監督観てきました。  ストーリーは、大学に入学し寮生活を始めたエミリーはある日午前3時に焦げるような匂いを感じて眼が覚める、その時からエミリーは幻覚や痙攣に悩まされ始める、治療も効かずついに悪魔祓いを行うのだが
エミリー・ローズ (lip)
予告編でも言っているように、ホラー映画ではない。 ホラーっぽい予告編や、悪魔が題材になっているということで、どうしてもホラー映画に取られがちだけれど…。しっかりした裁判もののヒューマンドラマでして、まぁ確かにホラー映画のスパイスは入っているけれどホラー映
1,2,3,4,5,6 (下弦の憂鬱)
19歳の大学生エミリー・ローズに取り憑いた「悪魔」の正体は精神障害か脳炎か、それとも・・・。 「実話」を売りにする割りに陳腐な脚色シーンが多く少々醒めるも、エミリー役のジェニファー・カーペンターの憑依振りが圧巻。
エミリー・ローズ (映画日記)
【鑑賞】劇場 【日本公開】2006年3月11日 【製作年/製作国】2005/アメリカ 【監督】スコット・デリクソン 【出演】ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/コルム・フィオール/ジェニファー・カーペンター/メアリー・ベス・ハート/ヘンリ...
★「エミリー・ローズ」 (ひらりん的映画ブログ)
これはホラーではなく実話です・・・らしい。 あまり興味ないジャンルだけど、ヒマヒマしてたのでついでに観ちゃった。
エミリー・ローズ (eclipse的な独り言)
 この映画、少し前に見ましたが・・・ちょっとテーマが重過ぎて書くのをためらって
「エミリー・ローズ」 (ANQ Ritzberry Fields)
 映画の日が土曜と言う好条件につき、前々から気になっていた「エミリー・ローズ」を見てきた。うぉ~、怖ぇ~、凄ぇ怖ぇよ~   ………………本編前の「オーメン」の予告編がな! 「エミリー・ローズ」の前に「オーメン」の予告編とはなかなか粋な事をやってくれる.
エミリー・ローズ (Akira\'s VOICE)
怖さが勇気と希望に変わる瞬間が感動的な見応えあるドラマ。
エミリー・ローズ (☆えみたんの日記帳☆)
やっと見たかった 「エミリー・ローズ」を見てきたよ(#^_^#)鍊 ストーリー 19歳の大学生エミリーはある日、原因不明の痙攣と幻覚に襲われ、 自分に何かがとりついていると確信する。 エミリーはムーア神父に悪魔ばらいを依頼するが失敗し、 彼女は命を落とし、神
エミリー・ローズ (CLII -映画のような恋をして-)
公開日 2006年3月11日 2005年製作 アメリカ 120分 初回鑑賞日 2006/3/11 ユナイテッドシネマ中間 総合評価 2500円 感動 ★★★★☆ 笑う ★★☆☆☆ 泣く ★★★☆☆ 脚本 ★★★★★ 映像 ★★★★☆ 音楽 ★★★☆☆ 出演 ★★★☆☆ ■
エミリー・ローズ (琴線~心のメロディ)
【2006年3月11日劇場公開】 【ジャンル:ホラー】※ノン・フィクション系 【観た場所:T-JOY東広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ こういうの嫌いじゃないです。 でも、怖かったー(TOT) 斜め前のおじさんの腕にしがみつ
試写2 「エミリーローズ」 (JUNK_RED。)
TB有難うございますー。 遅ればせながらTB返しをさせて頂いてます。 これからも宜しくお願いします、ぺこり。
試写2 「エミリーローズ」 (JUNK_RED。)
TB有難うございますー。 遅ればせながらTB返しをさせて頂いてます。 これからも宜しくお願いします、ぺこり。
エミリー・ローズ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
ホラーっぽいチラシなのに、ホラーじゃない!? しかも「実話です」って? あらすじ読んだらどうにもこうにも気になってしまい、 公開終了間際になって、駆け込みで劇場へー! 「エミリー・ローズ」2006年公開・米 監督/スコット・デリクソン 脚本/ ...
エミリー・ローズ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 「悪魔祓いの儀式後に、謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる 衝撃の実話。」だそーです。 一体どんなおっかないホラーなのかと期待して観ましたが・・・ そー来たかぁ~って感じです ...
エミリー・ローズ (映画鑑賞★日記・・・)
『THE EXORCISM OF EMILY ROSE 』公開:2006/03/11監督:スコット・デリクソン出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ ☆story☆ある日、神父ムーアが悪魔 ...
エミリー・ローズ (The Exorcism Of Emily Rose) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スコット・デリクソン 主演 ローラ・リニー 2005年 アメリカ映画 120分 ホラー 採点★★★ 幽霊もUFOもUMAも信じたくて信じたくて仕方がないのだが、目の前にドドーンと証拠が現れてくれないとなかなかソチラ側へ踏み込めないのも事実の私。悪魔祓いの ...
「エミリー・ローズ」 (雑板屋)
元々、悪魔払いや悪魔憑きだとか、スティグマータ(聖痕)の類だとか・・・ オカルトものには目がないので、この実話基は法廷サスペンスとしても存分に楽しめた。 お国や宗教や文化は違えど、世の中には不可解で不思議な出来事があってもおかしくはないと普段 ...
【洋画】エミリー・ローズ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  A- (演技5/演出4/脚本4/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計38) 『評論』 個人
映画『エミリー・ローズ』 (ファンタシースターユニバースぷれい日記)
◆『エミリー・ローズ』(2006年) http://www.sonypictures.jp/movies/theexorcismofemilyrose/site/ 悪魔は存在するのか、しないのか? この映画は見た人によって、どちらにも解釈できるように作られています。 でも情報を整理して考えていくと、見えて ...
映画『エミリー・ローズ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:The Exorcism of Emily Rose 「恐れおののいて自分の救いを達成するように努めなさい」・・1976年の旧西ドイツ時代に実際に起こった「悪魔祓い事件」の裁判を基にしたホラー的法廷劇・・・ 奨学生のエミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター...
エミリー・ローズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この映画はホラーではない、実話である。』  なぁ~んだホラーじゃないのかぁ~(´▽`) ホッ ってこの嘘つきぃ~っっっ!ヽ(`Д´)ノプンプン ってなワケで実話ベースのホラー風味のコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ~♪公開は3/11からでぇ~すっ!PG...