我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

レッド・ファミリー/붉은 가족/RED FAMILY

2014-10-23 23:31:08 | 劇場&試写★6以上

 

 

一見仲が良いふつーの家族に見えるがこの一家、実は

韓国の鬼才キム・ギドク監督が脚本・製作、ちょっとコミカルで哀しいスパイ・サスペンス。

 

去年の東京国際映画祭で観客賞受賞

 

韓国で理想の家族を演じながら、消せとの指令で任務をこなしていく北朝鮮の工作員男女4人。

ケンカばかりの隣人のダメ一家との交流をきっかけに、国家の任務と残して来たそれぞれの家族

一緒にいるうちに生まれる絆との間で待ち受ける運命とは

 監督は、キム・ギドクに抜擢されて本作で長編デビューとなるイ・ジュヒョン。

 

こちら北朝鮮チーム。

 対する、韓国の隣人家族は夫婦喧嘩の絶えない一家。

 

愛する家族を祖国で人質にとられながら、敵国で戦うしかない北朝鮮スパイたちの哀しみ。

 

隣の韓国人の男の子といい感じになる娘役、ミンジは

スパイながらに強く、お金を巻き上げられる男の子を助けるシーンなんて

「猟奇的な彼女」を想わせる。

 

 

7/10(70点)

 

キム・ギドク監督の「春夏秋冬そして春」は好きで支持するうちの両親に言わせると

北朝鮮のスパイ絡みの話は今更映画で観たくないよなって言ってた。

まぁ、深い北朝鮮と韓国についての歴史を描いたような真面目な映画だったらわたしも

興味はなかった。が、笑いは起きなかったまでも本作コメディタッチで綴られる。

だけど、コメディという感じはなく

かといってシリアスすぎず、100分という時間なので見やすい。

(なぜか2時間以上あるように感じたけど)

韓国のダメ一家をお隣において、毎度みせられながら、それをバカにしながらも次第に憧れになっていくという

対照的な描き方が面白い。

 

チームのボスが勝手な判断で国に大事な人間を殺してしまったことで

その罰で殺されるところを、隣人一家を全員殺せば許すというお達しがきた。

そしてバカンスに誘いだし夜のキャンプのうちに殺そう計画をする。

しかし相手は何も知らない一般人。

情もわいて来て簡単には殺せない。さて、結末は、、、、。

面白かったのは、家族仲が良いお隣さんがまさか北朝鮮からの工作員とは知らない

隣人たちは一緒にご飯を食べた際に、北朝鮮と韓国の話になると

俄然、やたら詳しくおまけに北朝鮮に肩入れするような意見を言うところ。

いちいち憎らしい隣のわがままな嫁も、だったら別れればいいのに

と思うも、子供のせいにして別れられないといいつつ結局なんだかんだ仲が良い。

旦那はいつも家にいるなとツッコミたくはなるけど。

おじいちゃん役の工作員はちょうど、綺麗目のおばあさんがお隣にいて仲良しに。

はじめは上下関係の厳しい工作員チームは、本当の家族のようにとまではいかないけど

段々と互いを思いやり、身内のような団結力がうまれてくる。

 

ベタではある「家族」をテーマにした作品ではあるけど、

それぞれが祖国に残した家族を思いながらも、側にいないと何もしてやれないもどかしさ、

それでも国の指令に従う他ない現状と苦しみ。そして、運命。

自らの決断とはいえ、ラストは切なすぎる宿命。

 

国と国との戦いは、一般人の命すら簡単に奪っていく。

何よりも結局は家族が残る。血のつながりは強い。誰だろうが、奪う権利はない。

 

 

娘はわざわざラストに出さなくて良かったのにと思ったけど。

噂通り、なかなか良い作品でした〜気になる方、是非劇場で★

 

 

映画『レッド・ファミリー』予告編

 

 はたから見たら理想的な4人家族。実は、母国からの使命を遂行するために家族を演じている北朝鮮工作員チーム「ツツジ班」。ひとたび家に帰り、玄関のドアを閉めると、階級に即した超体育会系。母国の命令を遵守するスパイの顔に一転する。隣に住むのは、下らないことで日々罵り合い、犬も食わない喧嘩を昼夜かまわず垂れ流すしょーもない一家。母国に残る家族の安全のために、苦しい任務をこなし続ける緊迫した日々を送っているツツジ班の事情など知る由もなく、突然おしかけてくる。工作員たちは「資本主義のバカどもが。」と毒づきながらも、お隣り一家の自由な様に淡い憧れを抱いたり、共に暮らしながらも監視しあい規制しあわなければならない偽家族に、少しずつ心を許していく 。そんなある日、ツツジ班夫役の妻子が脱北に失敗したことから、事態は暗転し始める─ 。
    

 

 

 公式サイト

붉은 가족           2013年     韓国   100min

10月4日より、公開中〜

 

 

2013年 東京国際映画祭にて。

 

 あれ、なんか皆違う雰囲気。

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片岡翔監督&脚本 劇場公開第二弾... | TOP | 仙台短編映画祭2014にて、片岡翔... »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (にゃむばなな)
2014-10-24 09:51:52
この映画が韓流ブームの頃、例えば10年くらい前に公開されていたら、もっと評価は変わっていたでしょうね。
時代の流れと共に映画の評価も変わっちゃうんですね。
Unknown (はるみん)
2014-10-24 11:41:30
隣の奥さんのわがままぶりは家庭崩壊レベルなんじゃないかと思ってしまいました(^^;
にゃむばななさん★ (mig)
2014-10-24 22:40:38
こんばんは。
あー、なるほどそうかもですね。
北朝鮮ですしね。。。
はるみんさん★ (mig)
2014-10-24 22:41:35
こんばんは。
ほんとですよねー。
あんな妻いるかよって 笑
旦那のお母さんもよく我慢できるなと思っちゃった
興味あり・・・ (マリー)
2014-10-27 22:45:01
こんばんは〜〜。
これは観たいなぁ。すご〜〜く観たい・・・

そんなにシリアスじゃないと聞いても、ラストはちょっと想像しただけで切ないんですが〜〜〜。
だってあの国のことだもの。

こういう作品、北の国の方はチェックしたりするのかなぁ。
マリーさん✳︎ (mig)
2014-10-29 10:28:03
お、マリーさん興味もってくれた!
イケメンはでてないけどねー、
やはりあの国の一般市民まで普通に暮らせない
悲しさを訴えていたよ
そちらで公開したら観てね!
TB (maru♪)
2014-11-19 23:42:51
実はこっちにはまだTBしてないのよ・・・
migちゃんからもTB来てないし、『FRANK -フランク-』のことかな?
せっかくだからこっちも入れとくね

隣の家族、特に妻の感じが苦手だったけど、
あれだけ大げさにしたから、ラストがあるって感じでよかったのかも?
ラストは泣いたけど、感動ってほどでもなく普通におもしろかった(笑)

『FRANK -フランク-』再度TBしてみたけど、もし今回もダメだったら、
何かの理由ではじかれてるのかも?!
maruちゃん★ (mig)
2014-11-21 17:53:31
おかしいねー送ったしコメもいれたのにね。
フランクのはTBこなかったわー。
入らないのかな。

オオカミ〜全然時間でないのよね、
予定組めないってTweetでいまきいちゃった。
Twitterもフォワー1人だしTweetも一回だし
やる気あんのかね?!
って、ここに書いてごめんー。
ほんと! (sakurai)
2015-01-07 13:20:08
最後の写真は全然イメージ違いますね。
大正から平成に飛んできたみたい。

韓国側の家族の仲たがいの様子が、ちょっとしつこくて、いらっと来たんですが、それが布石となっていたのでしたね。
でもあのケンカが長く感じた要因だと思いますわ。
sakuraiさん☆ (mig)
2015-01-08 22:53:09
そうですよねー

あまり桜井さんはピンとこなかったのですね?
ラストがちょっと残念でした〜
こんにちは! (latifa)
2015-09-23 12:37:51
migさん、こんにちは☆
ご覧になられていたのねー。
面白かったけど、私も最後、あの高校生登場は、どうかなあ・・・って思ってました。
あまりに救いがないのも、なんだ・・と思って、ああしたのかもしれないけれど・・・。

「春夏秋冬〜」ご両親、お好きなのね。
なんだか、懐かしいわ。
あれとか、綺麗系ギドク作品でしたね。
latifaさん☆ (mig)
2015-09-24 00:10:19
こんばんは〜★
これはけっこう前にみましたよん。
latifaさんの記事が他のところでみてきました〜
けっこうupされてますねーー^^
春夏秋冬〜結局家にあるのにまだみてなかった
みるのがたまりすぎてて〜

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

20 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『レッド・ファミリー』 2014年9月19日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『レッド・ファミリー』 を試写会で鑑賞しました。 昨年の東京国際映画祭(TIFF)での観客賞受賞作品です。 予告も観ないで情報を入れず観た方がより楽しめると思います。 (ネタばれ含むのでまっさらで観たい方は読むのはパスして下さい) 【ストーリー】  誰もがうら...
「レッドファミリー」、北工作員の悲劇 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ 東京国際映画祭で、観客賞受賞映画です。 韓国映画の奇才キムギドクの作品ですが、監督は弟子のイ・ジュヒョンです。従って、ギドクほどの毒はありません。ギドクは、製作と脚本を担当しています。 北朝鮮の疑似家族(スパイ)の隣に、韓国家族が住...
『レッド・ファミリー』 (こねたみっくす)
どちらが理想の家族なのか。 第26回東京国際映画祭で観客賞を受賞したこのキム・ギドク脚本・編集・製作作品。 息子も呆れるほど夫婦喧嘩の絶えない韓国人家族と、見た目は仲睦ま ...
レッド・ファミリー/キム・ユミ (カノンな日々)
韓国の鬼才・キム・ギドグが製作総指揮、脚本、編集を務めキム・ギドクに見出された弟子のイ・ジュヒョンが初メガホンをとったスパイ・サスペンス・コメディです。劇場予告編など ...
レッド・ファミリー (映画好きパパの鑑賞日記)
 韓国の鬼才・キム・ギドク監督は後進を育てることにも力をいれており、本作も脚本・制作はキム・ギドクで、監督は長編デビューとなるイ・ジュヒョンが担当しました。東京国際映画祭の観客賞をとっただけあり。泣ける作品ですが、僕はラストカットは好みでなく、最後の最...
レッド・ファミリー (はるみのひとり言)
映画館で観ました。 韓国の鬼才キム・ギドク監督の脚本・製作で贈る笑いと涙の感動スパイ・サスペンス・コメディ。韓国で理想の家族を演じながら非情な任務をこなす北朝鮮の工作員男女4人が、隣人のダメ一家との交流をきっかけに国家と家族の狭間で揺れ動くさまと、やが...
レッド・ファミリー (ダイターンクラッシュ!!)
2014年10月9日(木) 21:45〜 チネ12 料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認 コメディかと思いきや 『レッド・ファミリー』公式サイト 韓国で活動中の北朝鮮の工作員の偽家族が、隣家の喧嘩の絶えない家族との交流で、疑似家族のような絆を深めてい...
レッド・ファミリー (だらだら無気力ブログ!)
娘のミンジ役のパク・ソヨンがなかなかに可愛かったなぁ。
「レッド・ファミリー」☆アリランを歌おう (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見てからずっと気になっていた作品。 もっとコメディ色が強いのかと思ったら、案外大真面目だった。 ラストの止めようにも溢れ出る涙が抑えられず。 映画のあとに近くで仕事している友人とランチの約束をしていたのを、心から後悔したわ。
「レッド・ファミリー」(東京国際映画祭2013) (ここなつ映画レビュー)
東京国際映画祭コンペティション作品。コンペの中では恐らくこの作品が一番注目度が高かったんじゃないかな。観客の期待度も。そして見事に観客賞を受賞。泣く子も黙るキム・ギドクが脚本、プロデュース。北朝鮮の知られざる諜報活動をベースにした話、と言えば、そりゃあ...
レッド・ファミリー (まてぃの徒然映画+雑記)
キム・ギドクが製作と脚本を手がけた、南北分断問題を扱う異色作。 優しい夫に美しい妻、素直な娘に一家を見守る祖父、という理想を絵に描いたような一家、実は北朝鮮の工作員「ツツジ班」で、家族を演じつつ北からの指令を実行していた。隣に住む同じような家族構成の....
疑似家族〜『レッド・ファミリー』 (真紅のthinkingdays)
 RED FAMILY  郊外の住宅地に暮らす妻、夫、祖父、娘の仲睦まじい4人家族は、実は北朝 鮮から送り込まれたスパイグループだった。諜報活動に従事する彼らの隣には、 妻、夫、祖母、息子の4人家族が暮らしていた。喧嘩の絶えない彼らの言い争う 声は、ス...
レッド・ファミリー/争えるのも自由だから (MOVIE BOYS)
韓国の鬼才・キム・ギドク監督が脚本・編集・エグゼクティブプロデューサーを務めたドラマ。家族を装い韓国に潜入した北朝鮮の工作員4名が、隣家に影響を受けながら変わっていく姿を描いている。『人形霊の』キム・ユミ、『大韓民国1%』のソン・ビョンホらが出演。監督は...
『レッド・ファミリー』(オンライン試写) (・*・ etoile ・*・)
'14.09.12 『レッド・ファミリー』(オンライン試写) coco独占青山シアターによるオンライ試写に当選 いつもありがとうございます! 昨年のTIFFで上映されているけれど、試写会としては早い方かも? 青山シアター自体のオンライン試写より早かった。時間内であれば家で好...
レッド・ファミリー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『アリラン』『嘆きのピエタ』などの鬼才キム・ギドクが、脚本、編集、エグゼクティブプロデューサーを務めた異色のドラマ。家族を装って韓国に潜入する北朝鮮の工作員たちが、次第に階級の壁を乗り越えて奇妙な絆で結ばれていくさまを追う。監督を務めるのは、本作が初の...
レッド・ファミリー(2013)*RED FAMILY (銅版画制作の日々)
  キム・キドクが製作総指揮をしているということで、京都シネマで鑑賞。かなり評価が高いようです。ジャンルはコメディ・サスペンスらしいのですが、あまりコメディとは思えないような感じがしました。 レッドファミリーとは読んで字のごとく、赤い家族。つまりこれっ...
レッド・ファミリー (迷宮映画館)
一つの終着点に向って出来上がっていく物語。
レッド・ファミリー (銀幕大帝α)
RED FAMILY 2013年 韓国 100分 サスペンス/コメディ 劇場公開(2014/10/04) 監督: イ・ジュヒョン 製作総指揮: キム・ギドク 脚本: キム・ギドク 編集: キム・ギドク 出演: キム・ユミ:妻役・班長(ベク・スンヘ) チョン・ウ:夫役(キム・ジェホン) ...
レッド・ファミリー (いやいやえん)
【概略】 仲睦まじい家族を装うスパイチームは、隣家の日常を見てバカにしつつも、本当の家族に憧れる。ある時、夫役のスパイの妻が脱北に失敗したという情報が入り…。 サスペンス 北朝鮮のスパイたちと、その隣に住むごく普通の家族がたどる運命を描いたサスペ...
「レッド・ファミリー」「ビューティフル」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
監督は別だが、キム・ギドクが脚本や編集などプロデューサーを務めた2作品。