Skb-RS ~ロードスターはじめました~

北海道でロードスター(NB8C)と
デミオ・スポルト(DE5FS)を放し飼いする日記。

Skb-RSとは・・・

きまぐれに復活(テスト

2015-04-21 00:38:27 | Weblog


ロンドンにいってきました。突然w

妹が住んでいるので、遊びにいってきました。
もうかれこれ何年も言っていて、ようやく実現。両親と三人で行ってきました。


まず、いままでイギリスを少しナメていましたw
その点いついて、イギリスの方々に謝りたいと思います。

なんか、日本のほうがGDPも上回ってるし、ヨーロッパなんてテレビでは
きれいなところばかり写してるけど、実際行ったらゴミとか落書きでヒドいんじゃないの?
とか考えてました。


大きな間違えでした。













どこも綺麗で、感動しました。

街角の、どの路地を曲がっても、古い石造りの建物で、街全体が文化遺産というかんじでした。

トイレは日本ほど綺麗じゃない、と脅されていたけど、
別に気にならないレベルで、どこも綺麗でした。
絶対数は少なくて、探すのに苦労するときが何度かあったけどw


そんなかんじで。
また画像うpします。


あえて、新型ロードスターには触れませんw
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

近日

2014-09-24 23:07:34 | Weblog


近いうちに、復活します。

んー、復活したいという気持ちはあるんですけどねw

ロードスターのこととか、アクセラのこととか、サッカーワールドカップのこととか。

いろいろ書きたいことはあります。

写真は、アクセラです。ようやく慣れてきました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2014-06-09 17:10:36

2014-06-09 17:10:36 | Weblog
今日は会社の旅行で京都に来ています。

思ってたより暑くなくてよかったー、とか最初は言いつつ、二条城のまわりを何十分も歩かされると、汗だく(笑)

はやく酒飲ませてくれ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こんにちは

2014-04-22 16:51:15 | Weblog






春になって、タイヤの交換と共にマツダの店に持ち込んで、車高調をいじってもらいました。

昨年の夏にこの車高調を取り付けて以来、どうもしっくり来てなくて、取り付けた整備士の人とも話して、おそらくバネをもうすこし伸ばした方がいいだろう、ということになりました。


減衰力を何段にも調整できる、全長式の車高調なわけですが、取り付けた状態で走ってて、減衰力をどうこうしても、走行中の段差でポンポン跳ねる感じが気になりました。

減衰力を下げれば、突き上げはマイルドになるんだけど、跳ねる感じそのものは直らない。
しかも、減衰力を下げすぎると、ショックがストロークしすぎて下にコスる懸念。

そんなこともあって、バネをもうすこし伸ばす必要があるべ、ってなったのです。

バネだけ伸ばす場合、ショックアブソーバごとアームから外さず、つけたまま出来ます。


で、やってみて、走ってみたら、心持ちマイルド!良くなった!

しかし車高が更に下がってしまった…

カッコイイと言えばカッコイイけど、ここまで下げると不便。
どうやら保安基準としてはギリギリクリアみたいだけど、町乗りで色々不便。

バネはこのままに、車高をまた少し上げて(ほんとに少しだけ)、その上で減衰力をもう一段下げると良さそう。

低くなったことは見た目にはかっこいいけど、バッチリ決まった低さのために、今度はオフセットの甘さが目立ってしまうw

けど、フェンダーに干渉しない範囲では、これが限界でしょう。

車高調、今後は上に書いたように、少し上げて減衰力さげれば、さらによくなるだろうとは思うけど、それにしても、やっぱノーマルのショックにはかなわない。

一番安上がりなローダウンの手法だけど、ノーマルショックに社外バネで十分なんだろうなぁ

まぁ、懲りずにいろいろ試してみます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さて

2014-03-15 00:51:56 | Weblog
さて、久しぶりになってしまいました。

前回の投稿から1ヶ月以上あいてしまいました。

この1ヶ月はというと、オリンピックに感動しながら、風邪で高熱を出したり、

小保方さんの心情を察して辛くなったり、さまざまでした。



重大発表とか前回言いましたが、まぁ結論から言うと車を買いましたw



デミオを入れ替えたというわけです。

デミオには何も不満はありませんでした。

でも、もう14万キロを超えてしまいまして。


現状では、とっても快調なデミオ。
エンジンはいまだに活発。

一昨年から去年にかけて、足回りを中心に、ブッシュやらベアリングから異音が立て続けに発生して、
その都度、数千円から数万円の出費をかけながらも、直してきたところ。

ここ1年くらいは何も異常なく、未だに走りに飽きないでいたのにw


でも、この夏には車検もきて、その頃には15万キロにも届こうとする走行距離からすると、近い将来こんな日がくることは、仕方のないことだったのでしょう。


で、ちょうどそんな折、タイミングよく飛び込んできたのが、

「アクセラの2000ccガソリンに、6MTモデルが追加」とのこと。


あーもーこれだ、ってことで予約しちゃったというわけです。



ディーゼルも魅力だけど、300万円越えの車なんて、生涯買えないしw
あとマジレスすると、あのスカイアクティブDの尋常じゃないトルクは、マニュアルで操る必要性がないというか

ああいうのは、デカい車をオートマで転がしてこそ良いというものだろう。



ただし実際、その考えにおいて言えば、

マニュアル車は、非力なNAエンジンでこそ面白い、というわけで、

それならアクセラに最初から設定されている1500ガソリンの6MTこそベストなんじゃないか?

ということになる。

事実、いくつかの雑誌でも、そう書いている。
1500のMTが一番面白い、とかって。



でも、そこは しがないいち消費者w

やっぱり2000のほうがアツく感じてしまうというものw



納車されるのは5月頃なので、それから色々語ります。


複雑なのは、予約してからすぐに、デミオのコンセプトと言われるものが
ジュネーブショーに出展されて、それがカッコイイ件w




うん、やっぱサイズとしてはデミオで十分なんだよな。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加