Sim's blog

電子工作はじめてみました

サイキット液晶に出力してみる(1)

2007-05-19 18:11:43 | V850
V850付録基板にすんさんがレポートされているサイキットで売っている液晶をつないでみました。

サイキットにはほとんど資料はないのですが、すんさんが解明されています。
サイキットでは3種類のグラフィックLCDを販売しています。小型のがELバックライトで2mmピッチです。同じ大きさで色違いの残り2つはバックライトがLEDで2.54mmピッチです。
すんさんのレポートでは青色の液晶を使われているので、緑色の液晶を使ってみました。

このLCDのバックライトはやたらと電流が流れます。測ってみたら250mAくらい流れています(5V)。一応電流制限用のチップ抵抗R10がついているのですが、2R2と書いてあるので2.2Ωです。すんさんが使われた青色の方は330と書いてあるので33Ωみたいです。外に電流制限用に100Ωの半固定抵抗を増設してみましたが、少なくとも150mAは流さないとLEDは点灯しないようでした。バックライトなしでも、そこそこ見えるので点けない方が幸せかもしれません。
V850付録基板の5V(CON2 38pin)はUSBの電源に直結しているっぽいので、他に何も接続しないACアダプタ付のUSBハブを使って、CON2 38pinからバックライトLEDの電源をとっています。
あいかわらず複数の画像を貼る方法が分かっていないので、別記事にバックライトありとなしの画像をアップロードします。

LCDコントローラはKS0108B(HD61202の互換品)が2個です。
別の液晶ですが、同じコントローラなので制御法についてはChanさんS9894 128×48液晶表示器の試食も参考になります。

LCDの制御はデータが8pinと制御が6pinの14pinを使います。すんさんと同じP9に接続しています。最初はR/Wを0に固定(GNDに接続)して、適当にwaitをいれれば動くかなと思いましたが、それではうまくいきませんでした。微妙にタイミングがずれたり、コマンドが送れていなかったりしました。まじめにbusyをチェックしないといけないようです。
#define CTRL P9H
#define DATA P9L
#define RST P9H.5    // 0 reset
#define RW  P9H.4    // 1 read 0 write
#define CS2 P9H.3    // 1 select
#define CS1 P9H.2    // 1 select
#define E   P9H.1    // 立ち下がりでデータ取り込み
#define RS  P9H.0    // 1 data 0 command
#define BUSY P9L.7   // read時busy

#define left()  {CS2 = 0; CS1 = 1;}
#define right() {CS1 = 0; CS2 = 1;}

// ビジー待ち
void busywait(void)
{
    PM9L = 0xff;       // read mode
    RS = 0;            // command
    RW = 1;            // read
    do {
        E = 1;
        E = 0;
    } while(BUSY) ;
    PM9 = 0x00;        // write mode
    RW = 0;            // write
}

// コマンドを送る
void lcd_cmd(unsigned char c)
{
    busywait();
    RS = 0;            // command
    DATA = c;
    E = 1;
    E = 0;
}

// データを送る
void lcd_data(unsigned char c)
{
    busywait();
    RS = 1;            // data
    DATA = c;
    E = 1;
    E = 0;
}

// 座標移動
void lcd_move(unsigned char x, unsigned char y)
{
    lcd_cmd(0x40 | (x & 0x3f)); // 横
    lcd_cmd(0xb8 | (y & 7));    // 縦
}

// LCDクリア
void lcd_clear(void)
{
    unsigned char x, y;
    for(y = 0; y < 8; y++){
        lcd_move(0, y);
        for(x = 0; x < 64; x++) lcd_data(0x00);
    }
}

// LCD初期化
void lcd_init(void)
{
    CTRL = 0x20;    // RST=1, RW=0, CS2=0, CS1=0, E=0, RS=0
    RST = 0;
    RST = 1;

    left();
    lcd_cmd(0xc0);        // start line
    lcd_clear();
    lcd_cmd(0x3e | 1);    // display on

    right();
    lcd_cmd(0xc0);        // start line
    lcd_clear();
    lcd_cmd(0x3e | 1);    // display on
}

void main(void)
{
    int x, y, p;

    lcd_init();

    // 128x64画像の表示
    p = 0;
    for(y = 0; y < 8; y++){
        left();
        lcd_move(0, y);
        for(x = 0; x < 64; x++) lcd_data(pic[p++]);

        right();
        lcd_move(0, y);
        for(x = 0; x < 64; x++) lcd_data(pic[p++]);
    }

    while(1) ;
}

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エレキジャックNo.2の部品セ... | トップ | サイキット液晶に出力してみ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

V850」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事