わたしの好きな詩人

毎月原則として第4土曜日に歌人、俳人の「私の好きな詩人」を1作掲載します。

ことば、ことば、ことば。第1回 馬  相沢正一郎

2013-03-16 13:16:23 | 詩客
 ハンガリーの映画監督タル・ベーラの『ニーチェの馬』の冒頭、荒野の吹きすさぶ風のなか、喘ぎながら荷車を引く馬――土色のがっしりした体形は農耕馬だろうか。登場人物の父親は、右手が不自由だ。荒い息遣いの馬は、文字を書く方向に逆らって右から左へと、ビーグ・ミハーイの緊迫した音楽と強風のひびきとともに延々と走る。
 もうだいぶ前に観た映画だが、いまでも強烈に焼き付けられている。この馬の走るシーンで思い出したのが、「魔王」。シューベルトの曲で、たしか中学校の音楽の時間のときに聴いた。急き立てられるような緊張感がたたみこまれ、幼年時代に病気の高熱でうなされた記憶とも重なる。ゲーテの「魔王」の詩を読んだのは、音楽からだいぶ後。
 《何びとぞ 風荒ぶこの小夜更け馬を駆り行くは?/そは子を伴える父なり。父は子をその腕に、/暖けく 確と抱けり。//「吾子よ、何なればかくも怯え顔を覆う?」/「父よ、見ずや、かの魔王の姿を?/冠かぶり裳裾ひける魔王の姿を?」/「吾子よ、そはただ霧のたなびけるのみ」》。
 山口四郎の格調高いことばの音楽を生かした翻訳。夜の森を熱病に喘ぐ子を掻き抱き、父は馬を走らせる。最後、やっと家に辿り着いたものの、父親の腕のなかで子どもはすでに死に果てている。映画『ニーチェの馬』の登場人物は父と娘だった。なぜか父と馬は重なるような気がする。(また、魔王は父の負の側面のような気がする)。
 さて、シェイクスピアの芝居『リチャード三世』といえば、「薔薇戦争」の血で血を洗う抗争、暗殺の横行する時代を背景に、悪の歓喜に身を 任せるヒーロー。敵軍のリッチモンド伯ヘンリーに攻め寄せられ、最後に《馬をくれ、馬を! 馬のかわりにわが王国をくれてやる!》という名台詞を吐いて殺される。
 ここでは、逃げるための道具、という以上に、生命力の衰弱した「父」が求める過剰な「力」(ときに、暴力とかセックスアピール)ではないかと思う。それでは、「力」あるいは「走る」イメージとは別の馬は、と見まわしてみると、詩作品のなかにたくさん出てくる。まず、シュペルヴィエル(飯島耕一訳)の「動作」。
 《うしろをふり向いたその馬は/誰も見たこともないものを見た/それから彼はユーカリの木のこかげで/また草を食べつづけた。(……)/それはこの馬より二万世紀も前に/もう一匹のある馬が おなじ時間に/急にうしろをふり向いて/見たそれだった。/(……)
 以前にテレビを観ていたとき、ある能役者が、子どものときには動きは割と自由だったが、大人になってからわずかな動作になり、その分おおきな力を溜め込むようになった、と語っていた。《誰も見たこともないものを見た》馬のかすかな仕草にも、宇宙のひろがりと同時におおきな時間を感じる。キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』で、類人猿が宙に投げた骨が宇宙船に変わった、あの冒頭シーンも思い出した。
 「走らない馬」で思い出したのが、三好達治の「大阿蘇」。ここでも今の瞬間と永遠がある。《雨の中に馬がたつてゐる/一頭二頭仔馬をまじへた馬の群れが 雨の中にたつてゐる/雨は蕭々と降つてゐる/馬は草をたべてゐる/尻尾も背中も鬣も ぐつしよりと濡れそぼつて/彼らは草をたべている/草をたべてゐる》。阿蘇山で、蕭々と降り続く雨に濡れながら詩人は、草を食べる馬を眺めている。繰り返される「ゐる」という現在形動詞のリズムと、《もしも百年が この一瞬の間にたつとしても 何の不思議もないだらう》といったフレーズの永遠が溶け合っている。
 最後に、もうひとつ。山村慕鳥の「馬」。《だあれもゐない/馬が/水の匂ひを/かいでゐる》。達治の「大阿蘇」でもそうだが、「馬」が「水」に近づくと、精神的になる気がする。慕鳥の馬は、草を食べるのではなく、がつがつ水を飲むのではなく、鼻づらを水面にちかづける微かな動作。いつ、どこの光景なんだろう、静かな雰囲気と水彩画の透明感。
 まだまだ馬の登場する作品はたくさん。とくに宮沢賢治や水野るり子、天沢退二郎などの「馬」についても触れたかったが、紙面も尽きたので、またの機会に。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第93回 -黒... | トップ | 私の好きな詩人 第95回 -寺... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。