ひとひらの雲

つれづれなるままに書き留めた気まぐれ日記です

木曽路はすべて…(妻籠・馬籠)

2018-01-14 18:54:52 | 日記
 30年くらい前になりますでしょうか。松本から妻籠(つまご)・馬籠(まごめ)宿を抜けて恵那峡(えなきょう)へ行ったことがあります。恵那峡はかの有名な桃介さん(福沢諭吉の娘婿)が作った大井ダムのあるところですが、これは大河ドラマ「春の波涛」でも紹介された日本初の発電用ダムです。大正13年に完成しました。当時は恵那峡ランドがあって結構賑わっていましたけれど、景気低迷によって一時閉鎖。2002年にリニューアルオープンし、恵那峡ワンダーランドとして続いているようです。

 恵那峡はさておき、妻籠から馬籠へ抜ける中山道にはいろいろな見どころがあります。何せ昔から多くの旅人が通ったろころですから。
 また現在は妻籠から馬籠までがハイキングコースになっており、歩き通せば「完歩証明書」なるものを発行してくれるそうです。当時はバスで馬籠へ向かったのですが、子供が乗物酔いしてしまい、途中で降りて歩いたのを覚えています。お蔭で中山道の路傍に、十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の狂歌碑を発見しました。

 十返舎一九は『東海道中膝栗毛』で有名な滑稽本の作者ですけれど、執筆の材料を探して中山道も旅していたんですね。で、『木曽街道膝栗毛』を書きました。狂歌碑には「渋皮の 剥(む)けし女は 見えねども 栗のこはめし ここの名物」(いい女いないけれど、栗のこわめしは美味しいよ)とあります。

 馬籠宿は今でも宿場の面影を残していて、昔ながらの建物が軒を連ねています。私たちもそこに宿をとったのですが、何と隣の部屋との仕切りが襖一枚なのには驚きました。確かに昔はそうであったにせよ、今では施錠できるようになっているかと思ったのですが。隣のどんちゃん騒ぎは聞こえてきますし、いつ襖ごと倒れてくるかもしれないという不安を抱きながら、前日が夜汽車だったので疲れ果てて寝てしまいましたけれど…。翌日は恵那に予定外のホテルをとりました。

 馬籠宿

 でもいい経験ができました。江戸時代の人たちは、そういう宿に泊まりながら旅をしたのだということが実感できましたし、それだけ人間が今より信頼できたのかなとも思いました。どんなセキュリティーより、人間が信頼できるものであることが一番です(特に女の一人旅には)。

 馬籠峠には「道しるべの碑」があって、正岡子規の「白雲や 青葉若葉の 三十里」の句が記されています。来た道を振り返って詠んだんですね。
 芭蕉も木曽路を旅して「更級紀行」を書きました。「送られつ 送りつ果ては 木曽の秋」の句碑が建っています。また長野県と岐阜県の境だったところに島崎藤村の筆で「是より北木曽路」と書かれた碑がありますので、碑を見て歩くだけでも面白いですね。他にもたくさんの文学碑がありますけれど、長くなるので省略します。

 さて、馬籠といえばやはり島崎藤村ですね。宿場の一角に生家跡があり、藤村記念館になっています。もともとは本陣・問屋・庄屋を兼ねた旧家で、かなり由緒あるおうちだったようです。そして藤村の代表作、「木曽路はすべて山の中である」で始まる『夜明け前』は、この馬籠を舞台にして書かれた長編小説です。主人公のモデルは藤村の父親であったといわれています。

 『夜明け前』とは少し趣が違いますけれど、時流に乗れなかった人間の悲劇を描いた拙著『栄光のかけら』、今の時代に合わせたものですので冬ごもりの季節に是非読んでみてください。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年越しの風景

2018-01-05 18:52:24 | 日記
 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年一年が皆様にとりましても我が家にとりましても、良き年でありますように。
 そしてまた、マイブログの方もよろしくお願い申し上げます。

 昨年の師走は寒かったですね。風邪を引いたりした方も多かったのではないでしょうか。どんな事情があっても迫りくる年の瀬。「越すに越されず、越されずに越す」という言葉もありますが、どのような状態でも年は明けてしまうもの。非情なものです。特に大晦日(おおつごもり)は大変なものでした。

 江戸時代、越後屋が「現金掛値(かけね)なし」の看板を掲げるまでは、掛売り制度が常識的に行われていました。俗にいう「ツケ」ですね。カードが普及して、今ではツケで商売をするお店はあまりなくなってしまいましたが、ひと昔前までは飲み屋さんなどでよく行われていました。つまり飲んだり食べたりしたもの、商品を購入したりした分をそのお店の帳簿に記録しておいてもらい、給料日などに支払うシステムです。江戸時代はそのツケを支払うのが大晦日だったんですね。

 ですから大晦日は一年の総決算の日ということになります。この日をどう処理して終わるかが、庶民生活の重大な鍵になっていました。できれば年内に支払を済ませて新年を迎えたいと思いますけれど、支払をしてしまうと、その後の生活ができない(食べるものを買ったり、暖をとることができない等)。そうした庶民のやりくりの悲喜劇を描いたのが、井原西鶴の浮世草子『世間胸算用(せけんむねざんよう』です。

 副題に「大晦日は一日千金」とあって、大晦日における貸し手と借り手の駆引きを描いています。そしてこの物語に登場する人物はどこにでもいるような怠惰な亭主、口巧者な内儀、或いは孤独な老婆であったりしますけれど、世間からの脱落者も多く登場します。彼等は脱落の原因さえつかめないような、運命的な貧困の波に揉まれてしまった人たちで、そうした救う方法のない主人公たちの姿を西鶴はじっと見つめているんですね。まさに西鶴の真骨頂です。

 西鶴自身は裕福な商家の出で生活に困ることはなかった筈なのですが、こうした庶民生活を活写しているところが作家の作家たる所以といえましょう。
 さて、庶民の年越しから平安貴族の年越しへと目を転ずれば、やはり一番に浮かぶのは源氏物語になるでしょうか。

 まずは「幻」の巻ですが、最後の方に「年暮れぬとおぼすも心細きに…」とあって大晦日の様子が描かれています。つまり追儺(ついな)、宮中で悪鬼を追い払う儀式をするわけです(現在の節分)。そしてこれをもって源氏自身の一生も終わるのです。物語に描写されてはいませんけれど、現代の読者は「鬼は外、福は内」という声を遠くに聞きながら、やがて終わるであろう光源氏の一生を予感するんですね。優雅で幻想的な風景です。

 追儺   本文のない巻名

 この「幻」の次にくる巻名は「雲隠」。しかし本文はありません。紫式部は源氏の死を描くことができなかったのです。
 皆さんはどんな年越しをなさいましたか。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

城ヶ崎海岸&サスケハナ

2017-12-17 19:13:28 | 日記
 今年ももう残すところ二週間あまりとなってしまいました。昨年暮れ、息子たちがハワイで挙式してから早一年。「光陰矢の如し」と申しますが、年を取ると確かに頷ける言葉です。今年は息子たちにとって良い年だった筈なのですが、ここへきて息子が盲腸炎から腹膜炎を起こしてしまい、入院するという凶事に見舞われました。私もこの師走の寒さに抗しきれず風邪を引き、歯まで痛むというさんざんな年の瀬。早く明けて欲しいと思う一方で、またひとつ年を重ねるのかという思いも…。複雑です。

 それはさておき、今年最後のブログは昔行った伊豆の城ヶ崎海岸とサスケハナの写真でお別れしたいと思います。
 城ヶ崎海岸は伊東市の案内によると約4000年前、大室山の噴火でできた溶岩岩石海岸だそうです。波の浸食作用によってできた断崖が海岸線に美しい変化をつけ、絶景を作り出しているんですね。特に門脇吊り橋からの景観は、写真では表現できないほど美しく、思わず息を呑みました。もう一度行ってみたいところです。

 城ヶ崎海岸 門脇吊り橋

 また城ヶ崎から下田へ抜けると、下田港には黒船サスケハナが…。といっても観光用に作られた遊覧船ですけれど、幕末のペリー艦隊を想起させるには充分な姿をしています。サスケハナはマシュー・ペリー提督が乗っていた第一回来航時の旗艦、吉田松陰が密航を試みて乗り込んだのは第二回来航時の旗艦ポーハタン号です。そしてその松陰が身を潜めていたとされる弁天島も船の中から見ることができますし、私たちが行った時には「かもめの餌付け」も体験できました。とても人懐っこいかもめたちでしたよ。

   サスケハナ

 今年一年、つたないブログにおつき合いいただいた皆様、本当に有難うございました。来年もよろしくお願い申し上げます。
 また新しい年が皆様にとって最良の年となりますように…。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東海道の川越え

2017-12-03 19:05:28 | 日記
 今まさに紅葉真っ盛り。夕日を受けて金色に輝くイチョウ並木の通りをビュンビュン車が通り抜けていきますけれど、ここも昔は街道として旅人が行き来していたところだと思うと感慨深いものがあります。

 先日「江戸時代の旅」にも書きましたけれど、江戸時代は街道が整備されて女性の一人旅ができるほどになりました。それでも難所はあります。山や川ですね。「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と詠われたように、河川渡河は大変な時代でした。今ならどんな川にも橋が架かっていて車でも渡れますけれど、場所によっては川を渡るために大回りをしなければならなかったり、橋が大渋滞したりしますので、やはり交通を阻むものではあります。

 江戸の町にはいくつか橋がありましたけれど、街道は架橋禁止によって橋が架けられないことが多かったんですね。軍事的、技術的要因によるものだといわれますが、とにかく旅人は難儀を強いられました。橋のない川や海を渡る手段としては、まず船。東海道では多摩川(六郷川の渡し)、馬入川、天竜川、浜名湖(今切れの渡し)、伊勢湾(桑名七里の渡し)がそれです。

 この渡船に対して、酒匂(さかわ)川、興津(おきつ)川、安倍川、大井川などは徒渉(としょう)という方法で川を渡りました。徒渉というのは「かちわたり」ともいわれ、川越え人足の手を借りて渡るあれですね。よく時代劇にも登場し、川留(かわどめ)の数日を描いた寺尾聡さん主演映画「雨あがる」などの名作があります。

 酒匂川   安倍川

 雨で増水し、川留になると旅人は長期逗留を余儀なくされます。
 五月雨や 酒匂でくさる 初なすび
 これは現在の神奈川県酒匂(さかわ)川で足留された俳人宝井其角(たからいきかく)の句ですが、川留が長引くと食品類がまず駄目になります。大抵は梅雨の頃ですから、蒸し暑いこともありますし、大勢の人が旅籠に詰め込まれてストレスも溜まったのではないかと思います。足留が解けるまで最低でも三日、場合によっては一ヶ月あまりに及ぶこともありました。

 わずかな路銀で物見遊山に出掛けた人など、「雨などに逢ふて逗留すれば、一ト所に五日も十日もとめられて、凡そ川々の為に路銀を皆遣切(つかいきり)て難儀する事のみ多し」(『民間省要』)ということになります。それは庶民だけでなく、大名であっても同じこと。大人数になればなるほど費用がかさみ、時には数百両にも及ぶことになるのですから、庶民ならずとも大変だったわけです。

 ではどのくらいの水嵩で川留になるのでしょう。酒匂川の場合は四尺五寸(約1m65cm)くらいになると川留となり、私的旅行者は隣の大磯宿か小田原宿まで引き返して川明けを待ったそうです。公用の旅行者は酒匂川周辺の村に逗留したそうなので、村人たちも大変だったんですね。今でも大雨が降って川が氾濫することがありますけれど、自然ほど恐ろしいものはありません。人智の及ばぬところでは、人は祈るしかないのでしょうね。

 参考・宇佐美ミサ子著『宿場の日本史』(吉川弘文館)

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』・『薬子伝』)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小説を書く意味

2017-11-19 19:12:55 | 日記
 たとえ何十年連れ添った夫婦でも、血肉を分けた親子でも、理解してもらえない苦しみはあります。残念ながら人の苦しみは、その人と同じように感受することは不可能だからです。そうした苦しみを以前、私はパソコン(原稿用紙)にぶつけていました。苦しくてどうしようもない時、お酒を飲んで紛らわせる人もいるでしょう。或いは一人カラオケで歌いまくったり、スポーツをやって発散させたりと、人によってストレス解消法はさまざまだと思いますが、私はお酒も飲めませんし体力もないので、そのエネルギーを小説にぶつけてきました。最近はそのエネルギーさえなくなってしまったのか、はたまた苦しみを感受する機能が衰えてしまったのか、小説すら書けなくなってしまいましたが…。

 小説はいうまでもなく読者を意識したフィクションです。ですから読者を楽しませようとする意図もありますが、その中に散りばめられた人間の哀しみは、私の苦しみの所産でもあります。矛盾や理不尽に満ち満ちている世の中で、どう生きたらいいのか、生きられるのか。そんな人間の苦しみや悲しみを表現できたらと思っています。
 むろん私の苦しみなど取るに足りないものかもしれません。もっともっと苦しい思いをしている方もいるでしょう。苦しみや悲しみは人さまざまです。私はこの平和な時代の日本に生まれたことを幸運だと思っていますし、充分とは言えないまでも人並みに暮らしていけることに感謝しています。世界にはまだまだ戦争や貧困に苦しむ人々がいることを思えば、今の日本に暮らせることを本当に幸せだと思わざるを得ません。それを承知した上で、やはり格差はあると感じることも事実です。

 格差は経済的なものだけではありません。生まれついての体力格差。
 蒲柳の質(ほりゅうのたち・しつ)という言葉がありますよね。現代では死語になりつつありますが、大方虚弱体質という意味です。五体満足であっても体全体の機能が人より弱く、疲れやすくて病気になりやすい弱々しい体質のことですが、それを理解する人がいなくなりました。医師や看護師でも。

 何しろ「元気はつらつ健康長寿」、「強くたくましいのが美徳」になってしまった現代では、弱者は切り捨てられる傾向にあるのです。体が弱いために楽しみを削り、我慢しなければならないことや諦めなければならないことが星の数ほどあっても、誰も理解などしてくれません。それどころか馬鹿にされる傾向にあります。そんな優しさのない社会になってしまいました。そして何かというと自己責任という言葉が使われます。賭け事に嵌ってしまうような場合には自己責任も妥当だと思いますが、社会や環境によって必然的に弱者になってしまう場合など適当とはいえません。恵まれて育った人が、すべて自分の力で偉くなったと勘違いしていう言葉です。相手の立場や事情を考慮せず、結果だけで勝ち負けを判断する単細胞な人の言葉です。

 そんな身勝手な社会になってしまったからでしょうか。「死にたい」という人が増え、先日座間で連続殺人事件がありました。嘱託殺人を装った恐ろしい事件でしたが、日本の社会全体が病んでいるような気がします。あの事件では若い女性が多く亡くなりましたけれど、益々子供の産める人口が減ってしまったことになります。オリンピックのある2020年には女性の2人に1人が50歳以上になるという統計もあって、子供を産める人口は減少の一途を辿っています。労働人口の減少も深刻で、いずれ外国人労働者の受け入れを余儀なくされるようになり、そのうち日本は中国人国家になってしまうという説もあるほどです。若い人の自殺は何としても食い止め、立ち直れる社会にしなければ、日本は本当に滅びてしまうでしょう。

 若い人の自殺を受け入れるのは問題がありますが、老人が死の淵にあって彼岸へ渡れずに苦しんでいる時は、それを介助してくれる人がいてもいいのではないかと思います。そう、武士が切腹する時、介錯人がいたように。それが真のヒューマニズムではないかと思うのです。
 また認知症になった南田洋子さんをカメラの前に曝す行為。あれは人間の尊厳を著しく傷つけています。そうした人間の尊厳の観点からも、最期をどう迎えたいか、考えておく必要があります。「今日が人生の最後の日だと思って生きなさい」や「苦しみの中でも幸せは見つかる」の著者小澤竹俊(おざわたけとし)先生のように、患者に寄り添った医療を提供し、看取ってくれる医師ばかりならいいのですが、何しろ忙しい現場です。患者の思うようにはいきません。

 拙著「栄光のかけら」(増訂版)はそうした問題にも触れています。老いは誰にでも平等にやってきます。今元気な人でも、いつか動けなくなる時がくるのです。その時どうして欲しいか。それを考える一冊になればと思っています。今生きあぐねている方、苦しみに喘いでいる方の一助となれば幸いです。

 マイホームページ   おすすめ情報(『栄光のかけら』出版しました!・『薬子伝』もよろしく!)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加