京都社会保障推進協議会ブログ

京都社保協のニュースや取り組み案内、タイムリーな情報・資料などを掲載していきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

STOP! 介護崩壊署名start集会のご案内

2016年05月11日 14時17分27秒 | 集会のご案内

STOP!介護崩壊 介護職員を増やして、いい介護の実現を!

介護職員処遇改善交付金署名start集会

2015年6月、厚生労働省は「超高齢化社会を迎える2025年に253万人の介護人材が必要だが、約38万人の不足が見込まれる」と発表しました。介護職場で働く職員が足りない問題は、いまや社会問題となっています。高齢者・障害者などの生活を支え、権利としての介護を保障するために、介護に関わる労働者の人材確保と処遇改善は緊急の課題です。介護職員の不足の原因の一つは、介護労働者の賃金水準が、全産業労働者と比べて月額10万円も低く、働き続けることが困難であることです。

マイナス改定となった2015年介護報酬改定では、新たな介護職員の処遇改善加算がプラスされましたが、多くの介護事業の経営が困難になるなかで、介護労働者の処遇が引き下げられています。

私たちは、介護分野での深刻な人手不足を解消するために全国に先駆け、まず京都府と京都市が独自の「『介護職員処遇改善交付金』制度を作ってほしい。」という思いで制度の新設を求める「請願署名」にとりくみます。

そして「請願署名」行動の出発点として「署名start集会」を開催します。当日は、事業者の方やヘルパー、ケアマネージャー、施設の介護職員など介護現場で働く労働者から介護の実態について訴えてもらう予定です。ぜひ、ご参加のほどをよろしくお願いいたします。

と き   2016年5月17日(火)19:00スタート

ところ   ラボール京都4F第1会議室

                     (京都市中京区壬生仙念町30-2  阪急西院駅下車西へ徒歩5分)

連絡先    京都社会保障推進協議会事務局

           TEL 075-801-2526

                     FAX 075-811-6170

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015ネットワーク・連帯ひろばを開設します

2015年12月16日 15時08分06秒 | ネットワーク・連帯ひろば

ネットワーク・連帯ひろばを開設します

ひとりで悩まずにどんなことでも相談してください

支援もおこないます

炊き出しは11時から、入浴は近くのディサービスセンター

をお借りします

と き  2015年12月27日(日)10時~14時

ところ  九条診療所(南区東九条御霊町)

     JR京都駅から徒歩約10分

主 催    ネットワーク・連帯ひろば実行委員会

連絡先    京都社会保障推進協議会

       TEL 075-801-2526

※生活や住居に困っている、健康も不安など、住まいや生活・健康

 などで困っている方の問題解決への支援をするために開催します。

 どなたでも、お気軽におこしください。

※ボランティア大募集

 医療・生活・住居・雇用・法律などの相談員、当日の入浴のための

 車での送迎などボランティアを募集しています。

下の写真は2013年8月のネットワーク・連帯ひろばの模様

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だれのための三施設合築?児童福祉センターは大丈夫?

2015年11月25日 10時11分33秒 | フォーラム

京都市三施設合築方針を考えるフォーラムVOL.2

何のため?だれのための三施設合築?

児童福祉センターは大丈夫?

と き   2015年12月5日(土)13時30分~

ところ    こどもみらい館 4F第2研修室

            京都市中京区東洞院通竹屋町下ル 竹間公園南

            定員48人・先着順

①基調報告 

  「三施設合築問題の経過」と「児童福祉センター」をめぐる制度的背景

②リレートーク

  私たちが求める京都市児童福祉センターの機能拡充と京都市方針への不安・疑問

 

  主催  京都市3施設の合築方針を考える実行委員会

       (京都障害児者の生活と権利を守る連絡会、子どもたちの保育・療育をよくする会、

        きょうされん京都支部、京都のリハビリを考える会)

  事務局 京都社会保障推進協議会 TEL 075-801-2526 FAX 075-811-6170

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護・認知症なんでもでんわ相談のお知らせ

2015年10月30日 15時30分54秒 | 介護110番

介護・認知症なんでもでんわ相談のお知らせ

11月11日は「いい介護の日」

と き 2015年11月11日(水)

<京都>

でんわ  075-801-2526(10時~16時)

<全国>

でんわ  0120-287110(10時~18時)

16年目を迎えた介護保険、「老老介護」が5割を超え、介護職場の人手不足も

深刻な状況になっています。

介護保険制度「改正」による費用負担の増加や給付制限などで家族の負担も

大変です。

そのなやみに応える「介護・認知症なんでもでんわ相談」を行います。お気軽に

お電話ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くらしの実態を知り・交流し・たたかいを進めよう-社会保障実態告発交流集会

2015年10月22日 11時59分08秒 | 集会のご案内

自治体がいのちを守るとりでとなるために - 新署名提案!

くらしの実態を知り・交流し・たたかいを進めよう

             <社会保障実態告発交流集会>

と き 2015年11月7日(土)午後1時30分~

ところ キャンパスプラザ京都4階第4講義室

                     下京区西洞院通塩小路下ル(ビックカメラ北側)

参加費   無料

<各分野からの発言予定>

医療、国保、こどもの医療費、介護、障害者、生活保護・貧困、

保育・学童保育、保健所・福祉施設、年金など

<特別報告>

青いとり分会・全厚生裁判原告団

※発言予定の団体に限らず、すべての団体・地域からくらしの実態を知

らせる資料やチラシ・ニュース・署名用紙などを持ちよりましょう。資

料の持ち込みは11月5日(木)午前中まで、各80部を京都社保協事務

局へ届けてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都社保協定期総会&学習会のご案内

2015年09月10日 10時53分51秒 | 定期総会

第37回京都社保協総会&学習会のご案内

と き   2015年9月24日(木)午後6時30分~8時50分

ところ   ラボール京都4階第8会議室 TEL801-5311

        京都市中京区四条通御前西入北側

        (阪急西院駅から四条通を東へ5分)

<記念講演>

「安倍内閣のねらう社会保障改悪~地域が運動の焦点」

講 師    高山一夫氏(京都橘大学教授)

 安倍内閣は社会保障を大改悪し、解体して国民生活を根底から破壊しようとしています。「日本を戦争する

国」にし、社会保障の改悪で国民の格差と貧困を広げ、国民を戦争に駆り立てる社会に変質させようとして

います。安倍内閣の社会保障改悪とどうたたかい、地域でどう運動を展開するのか、縦横に語っていただき

ます。

<第37回京都社保協総会>

2014年度のまとめと2015年度方針

会計報告

討論

新役員選出など

<参加費無料>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「医療保険制度改革法」学習会のご案内

2015年07月01日 11時23分29秒 | 社会保障学習会

医療・介護どうなる?私たちは何をする?

「医療保険制度改革法」学習会

と き  8月1日(土)午後1時30分~3時30分

ところ     ラボール京都4階 第8会議室

講 師    中村 暁 氏 (京都社保協運営委員・政策委員)

参加費     無 料

社会保障制度解体をねらう安倍政権の「医療保険制度改革法」が通常国会で成立し、いよいよ本格的な国民皆保険壊しが始まります。京都社保協運営委員であり、政策委員でもある中村暁氏を含む3氏共著の「安倍医療改革と皆保険体制の解体」が発行され、[社会保障としての医療が消える!」と警鐘を発し、私たちのたたかいの方向について鋭く提起しています。その内容を中村氏ご本人から、縦横無尽に語っていただきますので、団体・地域からぜひご参加いただき、今後の運動に活かしていただきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「医療・介護総合確保法」に基づく京都府計画について

2015年04月24日 14時12分09秒 | 学習会報告

<京都府出前語らいで運営委員会学習>

    「医療介護総合確保促進法に基づく京都府計画」について

 3月26日に開催した第6回京都社保協運営委員会で、京都府の「出前語らい」という制度を利用して、私たちが日

ごろ知りたいとか聞きたいと思っている京都府の施策について、お話しいただく機会を得たので、昨年10月に発表さ

れた、「医療介護総合確保促進法」に基づく京都府計画」について語っていただきましたた。以下は、その内容です。

なお、文章に関する責任は、すべて京都社保協事務局にありますので、ご了承下さい。

    「京都府計画」策定の背景

府)今回、このような計画を策定する背景としては団塊の世代が75歳以上となる2025年を展望して、病床の機能分

化・連携とか在宅医療・介護の推進、医療・介護の従事者の確保、勤務環境の改善など効率的かつ質の高い医療提

供体制の構築と地域包括ケアシステムの充実が急務の課題なっているということ。これに対応するためにH26年度

4月から消費税が増税されて、この増収分を活用した新たな財政支援制度(地域医療介護総合確保基金)が厚労省

に創設されて、47都道府県に設置された。H26年度の全国の基金の規模が904億円になっていて、その構成比は

2/3を国が負担、残り1/3を都道府県が負担する。基金を活用するために各都道府県において都道府県計画を

策定して、都道府県計画に基づいてそれぞれの事業を実施する。だから、医療介護総合促進法に基づく京都府計画

は、国の財政支援制度をどのように使っていくかという京都府の考え方を示したものということです。これはH26年度

の計画であるが、27年度・28年度以降も毎年事業計画を作っていくことになるので、基本的にそれの第1回というと

ころだ。

    地域医療・介護総合確保基金の3本柱

 都道府県計画については厚労省が定めた総合確保方針というものがあって、それに基づいて各都道府県が独自に

作成する。その基本的な事項の中に公正かつ透明なプロセスの中で関係者の意見を反映させる仕組みを整備して

下さいとか、事業主体間の公平性・透明性を確保して下さいということが定められている。その他基本的な記載事項

として医療介護総合確保区域の設定とか目標・計画期間の設定、事業の規模、また27年度以降になるが事業の評

価方法について記載することとされている。今回の基金の中では26年度については医療分に限られているので、3

つの柱ということで①病床の機能分化・連携のために必要な事業、ICTの活用とか回復期リハビリ病床の確保事業、

②在宅医療サービス充実のために必要な事業、③医療従事者等の確保に必要な事業が対象とされている。従って、

介護の分野についてはH27年度以降これを含めて事業化するということになっている。H26年度の京都府の計画

については昨年11月に国から交付決定してお金が降りて来て、配分額は基金の総額が、京都府に24.7億円とな

っている。これの内訳は、①病床の機能分化・連携の事業分野で5億9100万円、②在宅医療サービスの充実に必

要な経費として5億2300万円、③医療従事者等の確保事業として13億5600万円が計画に盛り込まれている。

ただし、国の総額904億円の中身としてはすべてが新規の事業ではなくて、実際には京都府で9億円は今まで国庫

補助金として使って事業をしてきたもので、基金でやって下さいということになった。だから半分弱が既存の制度、半

分強が今回新たに事業化することになった制度という内訳になっている。

   京都府計画策定の流れ、予算化の経過

 26年度の計画策定の流れ、予算化の経過については、昨年11月に国から24.7億円が来て、12月の府議会で基

金の設置条例を定めた。その中で早急にすべき事業が一部あるので、12月補正予算で予算化した。この事業につい

ては京都府のホームページにも載っているが、この計画表で言うと勤務環境の改善・支援センターの設置とか医療情

報の共有化モデルの検討開始、また国の制度改正があったが難病とか小児慢性特定疾病の制度改正に伴うシステ

ム等の改修などこの辺の一部を12月補正予算で、2,450万円を予算化した。2月議会では従来の交付補助金につ

いて約9億円あるので、これを補正予算としてお願いした。ということで、実際この予算の事業計画期間としてはH26

年度から27年度末までという計画で作成している。残る金額約10億円については今回2月のH27年度当初予算で

計上しているので、これらの事業は27年度でほとんどが執行されていく。今回国のほうから地域医療ビジョンを来年

度以降定めるよう都道府県に言ってきているが、実際には現時点で地域医療ビジョンは策定されていないので、この

中で定められている目標とか必要な事業というのは現状でも保健医療計画というのがあるので、これに基づいて必要

とされている事業をそれぞれ事業化している。中身としては、この基金の考え方の1つとして官民比率、つまり公的医

療機関とか団体とかに行くものと、民間の各種団体・民間医療機関に行く基金の使い道を十分考慮するようにと国の

ほうからも言われていて、基本的には各団体とか医療機関からの要望、特に医療従事者の確保とか勤務環境の改善

を行いたいという要望をたくさんいただいていたので、その辺を配慮した上で事業計画を定めた。従って、京都府内い

ろいろ医療圏があるが、それぞれの医療圏毎にどんな医療資源があって、今後こうしていこうというのは地域医療ビジ

ョンの中で定めていくことになるので、現状においては京都府の課題と保健医療計画に基づく目標設定に基づいて計

画を定めた。

   計画に基づき実施する事業-①病床の機能分化・連携

  続いて具体的な京都府計画の中身について、1項目ずつ説明する時間がないので総括的な部分は先ほど言ったと

おりで、目標設定は保健医療計画をそのまま使っている。関係者からの意見聴取の方法なども2のところに書いている

が、今回は各種団体とか医療機関から26年の春頃に要望を聞き、その後もヒアリングを行い各種団体と調整させてい

ただく中で最終的には医療審議会にかけて計画を策定した。

  3.計画に基づき実施する事業について、NO1~5までは国が言う3本柱の中で病床の機能分化・連携のために必

要な事業を京都府で行う事業となっている。NO1・2については、ICTを利用した患者情報のIT化とかICT化推進事業

など総額3億円強となっているが、実際にはH26年度12月補正予算で検討費という形で若干予算計上しているので、

概ね3億円程度が27年度予算になっている。どのような制度を創設していくかはこれからの検討結果を踏まえるので、

具体的にどのような関係機関がICT化になっていくのかはこの場では申し上げられない。その他ICT化に直接含まれな

い事業もあるが、府内でのがん対策推進の事業とか北部特に舞鶴圏域での原子力災害時に患者情報をバックアップ

できるような仕組みの構築、北部の障害者の歯科医療構築のためのICT化推進などの事業を計画に盛り込んだ。この

事業は単年度が基本となっているが、国では複数年度の事業計画も可能とされているので、この辺は27年度末まで

に事業執行をできるように進める。

   ②在宅ケア・在宅サービスの充実

 NO6~8は、在宅医療・介護サービスの充実のために必要な事業として計画の中に盛り込んだ。この辺の事業は主

に各団体からの要望、地域での多職種の研修会を行いたいとか拠点整備のための事業を行いたいという要望を事業

化している。

   ③医療従事者の確保・養成

 3つ目の柱、医療従事者の確保・養成事業はNO9~11となっていて、各種団体とか病院から医療従事者の資質向上

とか離職防止とかの課題を言われている。これは保健医療計画の中にも含まれているが、その当たりの課題を解決する

ために様々な研修を実施したいという提案があったので事業計画化している。今回の24.7億円のうち14億円強がここ

までの事業で新規事業となっている。NO12以降の事業は従来から国庫補助金の制度として実施している事業を1つず

つ計画に盛り込んでいるので、そのまま基金を使って実施している。従って詳しい説明は省略する。

 今説明させていただいた都道府県計画は、今年度(H26年度)が初年度なので実際の事業は27年度に大部分執行さ

れるということになっているので、我々もいろいろ試行錯誤の段階です。基本的には各団体・医療機関の様々な声を反映

した上で、公平・公正に行うということになっているので、これからもご意見をいただきながらより良いものにしていきたい。

   <質疑・応答>

 A)表の中の「費用の額」の「その他」というのは、府の単費ということか。

 府)府の単費ではない。事業をする側の負担額だ。

    ICT化事業の評価・勤務環境の改善について

 A)これから実際に事業を進めていくので、なかなか今の時点で効果を示すというのは難しいと思うが、例えばICTの関

係でいうと、かなり以前から事業計画としてはいろんな形で掲げていると思うが、なかなか現場では上手くいっていない状

況がある。カルテ1つをとっても全然違うという問題がある。そこら当たりで、データの共有ということが基本的に大事だと

思うが実際は上手くいっていない状況があって、福知山でも鳴り物入りで始まったがなかなか上手くいってないということ

がある。その辺をどう見るかということ。もう1つは医師・看護師の確保の関係で事業計画ではいくつか柱を立ててやって

いるが、労働条件の改善という点でいうと、今度センターができたが働いている職員・労働者にとって、直接目に見える形

というのがなかなか難しいと思う。そこら当たりをどう考えているのか教えていただきたい。

 府)まずICTの関係だが、マイナンバー制というのがこれからどうするかということで出てくると思うが、今医療関係団体の

方、大学の関係者、病院の方とかに集まっていただいて、個人情報になるのでそういったデータをどういう形で活用してい

くのか検討会で検討していただいている。確かに電子カルテをそのまま入れるとかは、すでにそれぞれ出ていて、普通の

ルートでそれぞれ動いているので、それを1つにするというのは基本的にむずかしいので、そういうことではなくて例えば左

京地区医師会で実際にやっているが、患者が小さなカードを自分で持ち運んで、それを先生に見せればデータが見られる

という形にすれば個人情報も保護できるので、そういった限られた中でみなさんがデータを共有できるというのもICT化の

中で考えていただくということで、医師会や大学・病院の方々に検討いただいている。勤務環境のところは、27年1月5日

に京都府では勤務環境支援センターを開設した。これは医療法が改正されて各都道府県につくりなさいということになって、

各病院の管理者には勤務環境をつくる責務、国についてはそういった情報を集めてみなさんに提供する、都道府県は

相談窓口をつくる。これは労働局といっしょにつくるという前提になっているので、器は労働局に置いて社労士を置く人件費

を確保している。私どもは京都私立病院協会に委託をして1月5日にオープンした。先ほど言われた見える形というのは、

実際にはこれからという部分もあると思うが、各病院については勤務環境を改善するためのワークシートというか、改善計

画書を努力義務ではあるがつくっていこうという形になっていく。各セクションの方たち、例えば看護部長であるとか薬局と

かいろんな部局と事務方、院長含めてそういったものをつくっていくということがこれから出てくるので、その当たりでいろん

なお話しをしていただくということもあるでしょうし、計画の中にもあるがワークライフバランスの研修会を看護協会に委託し

てやっている。こちらを使っている医療機関もあるし、いろんな形で勤務環境についてはアプローチしている。

   地域医療構想のイメージについて

 B)元々この基金をつくられたのは、国の制度の中でいうと地域医療構想の実現というときにこの基金を使った事業で構

想を進めていくというような設計じゃないかと思うが、先行してこういう形で計画がスタートしたので、今は保健医療計画の

中の事業に則る形でやっていると思うので、これそのものの話しではないが、地域医療構想を実際に京都府でつくってそ

の後で、例えば地域医療構想を実現していくときには、機能分化を具体的にちゃんと考えているような形で医療圏ごとに

高度急性期とか急性期とかの病床数をちゃんと合意をつくりながらやっていけるのかというようなところが課題になってい

くと思うが、そういうことのために基金を使うということになると、具体的にはどんな事業が想定されるのかというイメージ

がよくわからないので、もし何かお考えがあれば聞きたい。今の計画のお話しでいくと機能分化というよりは、連携の事業

ですね。だから実際に機能分化という話しになると、こういった種類の事業でないものが求められるのではないか。

   医療従事者確保のイメージについて

  もう1つは、医療従事者の確保についても地域医療構想ガイドラインの案が出てきたが、これを見ると、医療従事者の

確保というのがたくさんあるが、高度急性期を担う医療機関で従事者を確保するとか、そこに相応しい医療従事者を確保

していくためにどうするかということを考えないといけないということが書いてある。そうしたら今まで一般的に言っている

医師確保とはちょっと意味合いが違う従事者確保ということにもなっていくんだろうと思う。それも基金でやれという話しに

なっていくのであれば、地域医療構想ができるまでの計画と、それから後の計画のイメージが変わるのではないか。そう

いった点で何か考えていることがあれば聞きたい。

  府)ビジョンは確かにこれからつくっていくという形になるが、この基金は確かにビジョンを達成するためにという謳い文

句があるが、ビジョンが全てではないわけだから、機能分化という中でも高度急性期・急性期・回復期・慢性期をつくって

ある。国がイメージしているのは、例えば病床転換をしたときに、広い建物をつくらなあかんとかいうハード整備をイメージ

していると思う。ただ、ハード整備だけで出来るわけではないので、先ほど連携の部分とおっしゃいましたが連携が無けれ

ば動かしても上手く進まない、ハードができたからそれが確かに進んでいくということはありませんので、国の方は一定の

ソフト事業も含めてやっていこうということをH26年度から言っていることです。だから26年度というのは原則ソフト事業し

か求められてない。ハード事業というのはビジョンが出来てからということになっている。国の考え方がそうなっているの

で、京都府としてもそれを踏襲していくという考え方です。ただ、今現在でも回復期リハ病床というのは結構少ないですし、

そういった地方でどうしても必要だという物についてはハード整備もオーケーということになっているので、今回リハの計画

(NO12)で、回復期リハ病棟設置推進と書いてあるが、こういうものに府として取り組んでいる状況です。だから、基本的

には3つの機能分化、医療従事者、在宅医療推進については、各都道府県で判断してやってもいいということになってい

るので、余りガチガチには考えてないし、京都府は人材確保に力を入れると言っているので、それについては各団体から

ご提案いただいた研修とかを最大限に確保させていただいたという状況です。

  それから、27年度以降のビジョンができてからイメージがころっと変わるのではないかというお話しがあったが、27年度

以降は介護も任意記載事項に入れてもいいよと言われているので、今回介護の基金もこの基金といっしょになっていくこ

とになるが、一方で介護のほうは地域支援事業が市町村事業になります。それとの摺り合わせが一定必要にはなってくる

が、先ほどのハードが出来たらそれで終わりということにならないので、医療従事者だけではなくて医療・介護・福祉という

この基金の名前のとおり連携した基金の内容になっていくのではないかという考えを持っています。 

   リハビリ病棟の設置推進について

  C)先ほどのリハビリの病棟設置推進というところで、数値目標も書かれてあるが、それは京都市内の病院も含んでい

るのか。

  府)オール京都です。

  C)隣のリハビリテーションセンター附属病院がなくなるので。

     市町村との意見交換について

  D)市町村の担当部局との意見交換とかは、あまりやられていないのですか。

  府)これをつくったときに、先ほど言ったように26年度は医療特化型だった。市町村は今まで独自に医療というのは余

りやっておられなかったので、27年度以降は介護も入ってくるので、27年度の計画の時に介護は介護、医療は医療とい

う形でやらしていただく。26年度も各市町村には一応ご案内はしました。4月28日に説明会を開きましたので、その前に

照会をしています。

  府)市町村さんにも事業計画を提示をして下さいということを書いています。

  B)事業計画というのは、市町村が絶対つくらなくてはならないものではないのか。

  府)つくったら、一応それを網羅したものをつくれということになっている。

  B)市町村でつくらないというところがある。

  府)ありました。そこはつくらない。このビジョンを出すときには必ず計画がないともらえないので、必ずつくります。

    京都府保健医療計画との関係について

  A)保健医療計画のあと2年度の中で、いろいろ中間総括をしながら関係団体のヒアリングなどはまたやっていくんです

か。

  府)保健医療計画はH25~29年までで、今年2年目ですが毎年毎年PDCをやらないといけないので前の年も評価し

てますし、今年も3月18日に医療審議会で承認いただいたので、また発表されます。

  A)府が出されたこの計画というのは、保健医療計画本体との整合性は完全に調整していく形になるんでしょうね。

  府)それをつくった段階で、目標を医療計画に落とせということになっているので、医療計画に合わせるということにな

るが、この計画だけで新しくつくったものがあるのでこれには載っていない年度もある。年度で公式に載っているものはこ

れだけだということ。これにしか載っていないのは新しい事業だということです。例えば各団体から要望があってというも

のは、新しくつくったということです。

 A)では、我々もいろいろ要望していったらいいということか。

 府)関係団体というのは、先ほど言ったように機能分化・人材確保・在宅医療推進という内容が合わないとだめですよね。

それでできるのは医師会とか私病協、看護協会・薬剤師会などの医療関係団体と市町村、もちろん京都府も責任がある。

それと例えば病院、院内保育をやっておられるところとか、学校関係で言えば看護師の養成所とかあります。これらが前は

補助金だったのが、今度は基金に入ってしまうということです。

   計画の事業実施主体について

  E)今のことに関連して新規事業のNO1~12の中で補助の項目で事業実施主体が調整中というのがあるが、これは去

年10月の計画発表段階での実態かと思うが、その後調整がついてもう決まっているというところがあれば教えていただき

たい。それと今話されたが、この事業は基金を消化していくという点でいうと、ほぼ関係団体だけに絞られているが、例えば

労働組合などの意見というか提案を受けて、それを事業化するということはたぶん考えられて無いんじゃないかと思います

が、それは国がこういう風に関係団体といっしょにやっていけという指示なのか、京都府がそういう風に考えて実際に回して

いくということなのか。

  府)新基金の通達が来たときには、医師会と医療関係団体と調整せよということになっていた。

  E)それはどういう考えからなんでしょうね。そういう事業が出来るのは医師会だろうということか。

  府)それは分からないが、例えば医療従事者だったら、そこに働いておられるICTとか機能分化とか在宅医療をやるため

の具体的な手法なり効率なり、私たちは単体でやるところというのは余りイメージしていない。オール京都府というような広が

りを持つとかモデル的先駆的なものをやる総合事業ですから、そこをある団体が利益を得るというのは考えてない。もちろん

先ほど言ったように消費税でみなさんからいただいたお金ですから、そういう形で有効活用するように府民のみなさんに還元

していかないといかん。そうなると公的な団体、オールでやってもらえるところというのが、国も考えたんだろうと思うし、私たち

もそんな考えがある。だからそういうところに広くご案内をさしていただいて意見をいただいた。計画をつくるときには公平性・

中立を担保する為に、医療または医療を受ける立場にあるとか保険者とか医療担当者とかいう団体と十分調整するというこ

となので、ここに書いているような団体に案内をしたということです。  

  府)事業NO1とか2の調整中というのは、実際にまだ調整中の所がある。12月補正予算で検討費という形で予算計上し

たもので、先ほど言ったようにどのような情報共有の仕組みにするとかの話しと、実際に具体的な仕組みをどう組み上げてい

くかというのも今検討しているところで、基本的にどこかの団体が主体となって取り組む形にしたいと思っている。その窓口は

医師会を中心に調整させていただいている。そこには各種団体・病院が入っているので検討費は京都府医師会への補助と

いう形になるが、本体のシステムICT化の仕組みづくりについてはまだ固まっていない部分もあるので調整中ということになっ

ている。NO4の「原子力災害時の患者情報バックアップ」についても関係する医療機関が複数あるので、どのあたりの範囲を

この中に取り込んで、実際に仕組みをつくるのをどこが中心となって進めるか関係医療機関と調整しているので、27年度執

行の中で固まっていくことになるが、計画書では調整中としている。

   患者データの共有化について

  C)NO1、NO2、3とかで患者のデータを扱うに当たって、先ほどデータをICカードに入れて使うと言っておられたが、どうし

ても利用してもらう側と利用する側に困惑があって、その中で個人情報を守っていくということになると思うが、第三者が個人

情報をどう守るのかを検討するような仕組みとかはあるのか。

  府)それは検討会をつくっているので、その中で検討されると思うし、そういうご意見があったということを検討会のほうへ

伝えます。

   医療従事者の確保について

  F)基金から外れるかもわからないが、医療従事者の確保ということでやはり若い人が減っているということで、いくら環境

整備をしたとしてもなかなか医療従事者の確保というのは難しいと思う。例えば京都府として看護学校そのものを増やして

看護師を増やすとか、府立医科大学の定員を100人にして医師を増やすとかいう政策はないのか。

  府)やっています。府立医大は地域枠ということで定員が増えているし、さらに修学資金を貸し付けるとか、京都府でも看

護師等修学資金ということでやって、今年北部地域については看護師がなかなか確保できないということで、新たに北部だ

けの修学資金をつくったり、特に本来200床未満の病院で働いていただかないと看護師修学資金は返していただくことにな

っているが、綾部以北については全ての医療機関、どこに勤めていただいてもオーケーという施策はとっている。今年4月か

らは新たに看護大学の学部が増える、同志社女子、京都学園などの学校も増えてきているので、一方では民間も頑張って

いただいているし、京都府も医大に地域枠で増やしているし、お金も増やしている。

   計画実現の構想について

  A)抽象的な話しだが、いま医療の問題というのはなかなか患者さんが医療を受けることが出来ないということがあって、

1つは自己負担が高いとか近所に病院・診療所がないとか、あっても医師・看護師が足りないとかいろんな問題がいっぱい

出てくるんだが、この計画を達成した暁にはこういう問題が全て解決するとは思わないが、府としてはどの程度までクリアし

て京都府民の医療ニーズにマッチできるようなものが出来ると考えているのか。

 府)京都府とはと言われると、やはりそれぞれの思いが違うので京都府を代表しているわけではないので、例えばそれぞ

れの職種のことでも考えがあって知事が言われるのなら別だが、ニュアンスが違うが、もし私見ということで言うならやはり

身近な医療というのは自分の近くで受けられるのが一番ベストだろうと思う。例えばちょっと風邪をひいたら診療所があれ

ば入院しなくてもいいし、歯科でいえばコンビニの数ほどいっぱいあるので歯科が足りないわけではない。で、あと病院とい

うことになってしまうと、確かに咳の病院ということなら近くに病院があったらいいと思うが、がんとか高度医療を受けたいと

きには近くになくてもいい。それが日本の医療制度だ。要はだれでも、どこでも、好きなところに受けに行けるというのが、今

アクセスフリーですから例えば京都府の南の方に住んでいれば、がんの治療を受けたいと思ったら、奈良の病院でも大阪

でも行くということがあるので、どこが正解だというのは非常に難しいと思う。 だからすぐ近くにあったらいいが、時代によっ

ても違うし、それぞれの地域性によっても違うので一概には言えないというのが私の思いです。ただ、京都府の医療計画と

いうのは基本的に身近な医療は自分の医療圏内で受けましょうということを目標にやってますので、高度急性期みたいな

ものについては、なくてもいいのかなと。慢性期とか一定のところについては地域・地域であったほうがいいなと思います。

   計画と地域包括ケアのイメージについて

  A)京都府のイメージとしては、京都市地域包括ケアというイメージがあって、そこで計画が実現していくというものだとい

う風に受け取っているが、それでいいか。

  府)そういうことですね。地域包括ケアというのはイメージを表す言葉だと私は思うが、要は医療から在宅まで切れ目な

く、ずっと流れていくというのが地域包括ということだと思うが、たとえばプチッとどこかで切れてどこか違うところへ行くという

のではなくて、医療を受けられた方は最後は在宅へと行くという流れを言っているだけであって、地域包括ケアシステムです

から。それは京都府が全国でも珍しいと思いますが、地域包括推進機構という機構をつくっていろんな団体さんに集まっても

らって医療・介護・福祉がずっと流れるようなものをつくっていきたい。特に市町村が自分とこだけでつくるのは非常に大変な

んで、そういう組織をつくるということです。

   訪問診療・訪問看護事業への補助について

  D)今在宅という形で訪問診療とか、訪問看護がいっぱい従事されているが、北部へ行くと送迎車とか送迎バスとかで対

応しているところが結構多い。その方が合理的というか経済効率的でいいんじゃないかと思うが、その辺には補助という考え

は出てこないのか。

  府)それはちょっと分野が違うが、そういう発想もあるのかと思う。たとえばどこかに大きな拠点がぽんとつくられて、そこに

みんなが集まってきて、そこで全て受けられるというやり方もなきにしもあらずです。そういう発想があってもいいかなと思いま

す。それからいろんな地域があるので、今回地域創世みたいな形で市町村から提案されるというのもありかなと私自身は思う。

   計画に基づく事業の目標・評価について

  G)計画に基づく事業の内容が細かく分かれているが、事業の目標というところで、たとえばNO6でどのくらいの規模で研

修するのか、目標がはっきり示されてないところが結構ある。NO9でも件数の回数・そしてどれくらいの規模でやるのか、たぶ

ん予算との関係とか在宅医療・介護サービスを充実させるための研修を、この程度であれば提出できるであろうということで

計画されていると思うが、その辺の目標なり中身というのが何か見たらわかるのか、他に別にあるのか特に先ほど言われたよ

うに2年間やって、効果を出すということで行くとやはり回数や参加人数・規模であったり、そういうものはもう少し明確に表示す

るほうがいいんじゃないかと思います。NO18とかNO19のように確保の問題になってくると、逆に医療計画の中身だと思うが

事業をやりながら数も目標もきちんと出して、こういう目標に向かって補助金を使ってやりますよということがかなり明確に書か

れている。NO24では目標が「府北部公立・公的病院の常勤医師数」と書かれているが、常勤医師数というのはどういうもの

か書かれていない。NO25も「女性医師等就労支援事業利用医師数」も京都府として、では北部でどんな形で確保するのか

とか、数字をきちんと出してそれが本当に充実しているのかどうかというのが、評価の対象になると思うが、その辺は何か考

えているか。 

  府)おっしゃるように数字がバチッと出ているのは保健医療計画に載っているのをそのまま持って行こうという話しです。

元々事業計画にあって事業をやっているが目標のないものについては、今言われたように目標数というよりも何に目標を置く

のかというところを書けということになっていたので、目標数値まで明確に求められていなかった。おっしゃるように評価をし

ていかないといけない。ただ、10回やったらそれで目標に達したのかというと回数だけではない。

  G)事業費は決まっていますよね。京都府としてこのくらいの規模でやるから、これだけの金が必要だという話しもあるが、

その辺のことがよくわからない。

   府)次回の段階でどれだけ数字を入れられるかわからないが、おっしゃるような数字が入れられるような形で考えてみたい

と思う。

  C)これから具体化していくということもあるので、私たちの意見も取り入れてもらうような形で検討いただきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南部地域社保協代表者会議を開きました

2015年04月13日 10時34分40秒 | 地域代表者会議

第1回南部地域社保協代表者会議を開きました

5地域社保協が学習会・宣伝・署名で交流・意見交換

  年度末の忙しい時期でしたが、政府が「医療保険制度改革法案」を閣議決定して、今国会に上程した上で審議入りを強行する可能性の情勢下で、京都社保協の36期第1回目となる南部地域社保協代表者会議をラボール京都で開きました。この時期はたくさんの会議や取り組み、年度末処理などが重なって5地域の社保協参加となりましたが、「医療保険制度改革法案」をめぐる情勢、「2015なんでも相談会」などについて報告し合い、交流しました。

事務局から最近の社保協運動について報告

  最初に南事務局長から、前回の南部地域社保協代表者会議からしばらく開けていなかったが、その間にも各地域社保協で活発な学習会・シンポジウム・宣伝や署名行動が行われ、順次各地域社保協総会が開かれていること、府南部の地域にはまだ社保協がないところがあるが国保や介護の制度をめぐる住民要求と各団体の運動とが連携して地域の社保協運動に発展しうる状況があるので、「自治体キャラバン報告書」を持って南部の地域をまわり、社保協結成に向けた働きかけを行いたいと提案。

医療保険制度改革法案をめぐる情勢・自治体キャラバン報告書などを説明

  続いて、藤岡事務局次長からは2014年自治体キャラバンの概要と各自治体からの回答をまとめた「要望項目についての対応と到達点」、「報告書」として発行した「事前調査項目」の回答をまとめた「医療・介護・福祉等に係る調査のまとめ」について簡単に説明し、「医療保険制度改革法案」をめぐる情勢では安倍政権が4月6日にも法案審議入りを強行する構えで、そのあとにつづく労働法制改悪法案・安保法制などが控えているためさっさと法案を通してしまう狙いがあると報告。この法案の柱は国保の都道府県化で、市町村が運営する国保の財政運営を都道府県に移して、医療費の削減を進める一方で入院給食費の自己負担引き上げ、紹介状なしの大病院受診者に対する定額負担の導入、後期高齢者の保険料を軽減している特例措置を段階的に廃止するなど患者負担増を強いるものであること。「患者申し出療養」制度を導入して、患者の自己責任のもとで混合診療をいっそう拡大しようとしていることを報告しました。

国会に向け医療介護署名集約を

  各地域社保協の取り組みでは、北社保協が3月3日に区内の介護・保育事業所訪問を実施、また3月18日に実態&要求&運動&学習交流集会を開いて、地域のディケアサービス事業所が今回の介護報酬引き下げで年間600万円減収になることでこれまで通りのサービスを受けられなくなる事態などが報告され交流されたこと。

 中京では新婦人を中心に学習会を開き、会場で医療や介護の相談が相次いでいること。

  西京では毎月阪急桂駅前で宣伝・署名しているが、ここ2か月宣伝中に放置自転車の取り締まり担当者が5~6人で道路使用許可を取っていなかったら宣伝はだめと言ってきて、宣伝の妨害をしてくること。

 乙訓では毎月事務局会議、隔月に幹事会を開いて宣伝・署名に取り組んでいるがなかなか署名が結集されないこと。

  亀岡ではこの間連続的に学習会を開いてきて、3月10日にはガレリアで「いのち暮らしまもれ、医療・介護の全国署名の説明と討論会」を開いて署名をどう進めるか討論したが、その日の午前に亀岡市の出前講座で「亀岡市の国保現状の説明会」も開き、夜の討論をベースに国保料引き下げ署名も相談することになったことなど報告されました。また、医療・介護請願署名を4月中に集約することを確認しました。

 

今年の「なんでも相談会」は6月27日を予定

 

  また、事務局から2015年「何でも相談センター相談会」を6月27日(土)に実施することを考えていると提案、各地域の予定や宣伝、会場問題、弁護士の参加要請などについて情報交換しました。この日の段階で中京・右京・西京が6月27日(土)に開催すること、亀岡は国保料通知が届く6月15日以降に開催することにしていると報告されました。また、会場は区役所などの公的施設を使っている地域が多いこと、宣伝は新聞折り込みチラシ、全戸配布チラシ、福祉関係事業所にチラシを置いてもらうなどが中心だが、センター相談会では昨年「三条ラジオカフェ」に出演、西京では毎年地元ケーブルテレビで取り上げてもらうなどマスコミ対策の重要性も強調されました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子ども・若者の貧困 京都フォーラムのご案内

2015年04月01日 14時50分24秒 | フォーラム

ほっとけない、子どもの貧困・若者の貧困

子ども・若者の貧困 京都フォーラム

と き   2015年4月25日(土)午前10時~午後4時30分

ところ   ひと・まち交流館京都大会議室

      (京都市下京区西木屋町通上ノ口上る梅湊町83-1

主 催   反貧困ネットワーク京都

問合せ先  反貧困ネットワーク京都

       (担当)山上 携帯 090-4907-2050

内 容  第1部 各団体からの報告    10:00~12:00

        NPO法人山科醍醐こどものひろば

      NPO法人こどもシェルター「ののさん」

      NPO法人若者と家族のライフプランを考える会

      (公財)京都市ユースサービス協会

      NPO法人まごころ

      男性介護士グループONCによる歌と寸劇(予定)

       部 講演と報告    13:00~14:50

        講演「貧困の連鎖を断ち切るために」

          宮本みち子氏 (放送大学副学長)

      報告「京都府子どもの貧困対策推進計画」について

       第3部 パネルディスカッション     15:00~16:30

        「ほっとけない、子どもの貧困・若者の貧困」

      

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

共に安心して暮らしやすい京都を!街頭スピーチ&パレードのお知らせ

2015年03月25日 11時49分29秒 | 街頭スピーチ&パレード

共に安心して暮らしやすい京都を!

京都市役所前南側街頭スピーチ&パレード

と き  2015年3月29日(日)13:30~14:30

             14:30 パレード出発→四条河原町→祇園石段下

昨年1月に日本政府は国連の障害者権利条約を批准しました。

そして、京都では「京都府障害のある人もない人も共に安心して

いきいきと暮らしやすい社会づくり条例」がこの4月1日から施

行実施します。

わたしたちは、誰もがわけへだてなく暮らせ人権が守られる社会

をめざしています。

ごいっしょに考え・アピールしましょう

主催  障害者権利条約の批准と完全実施をめざす京都実行委員会

    障害者自立支援法に異議あり!応益負担反対実行委員会

以上、京都社会保障推進協議会に加盟する団体も参加して行われる

街頭スピーチ&パレードのお知らせです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バイバイ原発3・7きょうとにあつまろう

2015年03月04日 10時44分03秒 | 集会のご案内

原発動かすな! 福島に思いをはせ みんなでデモしよう!

バイバイ原発3・7きょうと

と き    2015年3月7日(土)13:30~

ところ    円山公園

★ひろば企画

   12:00~ しだれ桜周辺

           脱原発フリーアクション

      ライブパフォーマンス/フリースピーチ/フリーブース/脱原発青空教室ほか

★メイン集会

   13:30~ 円山野外音楽堂(13:00開場)

      小出裕章さん、鈴木絹江さん、松田正さん、制服向上委員会のみなさん、他

★デモ出発

   14:45~ 円山公園→京都市役所前

主催  バイバイ原発きょうと実行委員会

     電話 075-211-5922  FAX 075-251-1003

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護報酬引き下げ改定に異議あり!

2015年02月27日 15時20分39秒 | 宣伝

介護報酬引き下げ改定に異議あり!

こんな改定は かなん!の声を

京都市役所前街頭宣伝&パレード

と き  2015年3月6日(金)午後6時30分~

ところ  京都市役所前

終了後 京都市役所前から四条河原町までパレード

4月からの介護報酬のマイナス改定(▲2.27%)が閣議決定され、各介護サービスの報酬

単価が明らかにされました。

これが実施されれば、多くの事業所は事業運営自体が困難になり、利用者や家族、そして

労働者にも大きな影響を与えます。

今回の介護報酬のマイナス改定について、府市民の皆さんに知らせ、反対の声をこの京都

から挙げましょう。

介護にかかわるみなさんとみんなの力で、「介護保険をよくしよう」と呼びかけましょう! 


主 催  みんなで介護保険をよくする京都実行委員会

連絡先  京都社保協介護部会

       TEL 075-801-2526

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市3施設の合築方針を考えるフォーラムにご参加を

2015年02月03日 14時44分04秒 | フォーラム

「京都市3施設の合築方針を考えるフォーラム」にご参加ください

と き  2015年2月8日(日)午後2時~4時

ところ  京都アスニー第8研修室

            京都市中京区丸太町通七本松西入北側(中央図書館隣接)

内 容   京都市3施設(身体障害者リハビリテーションセンター・児童福祉

      センター・こころの健康増進センター)の「歴史・現状・課題」

参加費  無料

いよいよ今度の日曜日2月8日(日)午後2時から、中京区丸太町通七本松西入

の京都アスニー第8研修室で、「京都市3施設の合築方針を考えるフォーラム」

を開催します。

今後の京都市福祉施策に大きくかかわる3施設(身体障害者リハビリテーション

センター・児童福祉センター・こころの健康増進センター)を1カ所に集約する

ことで、何が変わるのか。これまでそれぞれの施設が果たしてきた役割を保障す

ることができるのか、さまざまな疑問が湧いてきます。京都市の医療・福祉行政

がどうなっていくのか、3施設の歴史・現状・課題を明らかにしながら今後のあ

り方をごいっしょに考えましょう。

主 催  京都市3施設の合築方針を考える実行委員会

事務局  京都社会保障推進協議会

       電話 075-801-2526    FAX 075-811-6170

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医療・介護署名スタート学習会「医療・介護総合法とどうたたかうか」(仮)

2015年01月09日 11時31分49秒 | くらしの何でも相談2014

医療・介護署名スタート学習会に地域・団体からご参加を!

「医療・介護総合法とどうたたかうか」(仮)

講 師  岡崎祐司 氏

佛教大学教育推進機構長・社会福祉学部教授

        安倍政権が進めようとしている「医療・介護の総合的確保推進法」。

      いよいよ正念場を迎える今年、私たちは国民に向けて何を知らせ、

      国民とともにどういう運動を展開していくのか。最近よく聞かれる

      「どうたたかえばいいのか?」という問いに、ずばりこたえる佛教大学

      教授岡崎氏にお話しいただきます。ご期待ください。

と き  2015年1月29日(木)午後6時30分~8時30分

ところ  ラボール京都4階第8会議室

        京都市中京区壬生仙念町30-2

        (阪急西院駅から四条通を東へ5分)

参加費 無料 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加