京都社会保障推進協議会ブログ

京都社保協のニュースや取り組み案内、タイムリーな情報・資料などを掲載していきます。

京都社保協団体・地域代表者会議

2017年04月10日 15時55分08秒 | 団体・地域代表者会議

京都社保協団体・地域代表者会議開く

「みんなのいのち守る署名」を提案、討議

京都社保協は、3月30日ラボール京都で団体・地域代表者会議を開き14団体、9地域から32人が参加して、熱心に意見交流しました。

代表者会議は南事務局長の司会で進められ、最初に渡邉議長が開会挨拶。今日は「みんなのいのち守る署名」の提案をさせていただく、活発な討論でぜひ実りある会議にしてほしいと述べました。

署名をはじめるにあたって、来年2018年が京都府知事選挙の年であり安倍政権が進めようとしている国保都道府県化や地域医療構想との関係からも、府政の検証と府民の要求実現に向けてどう署名運動を推進するかを明らかにするため、京都府職労連の森委員長から「府民の暮らしと地域を支え、希望をひらく新しい京都府政を」とのテーマで報告いただき、今の府政に共通する課題として①国保の都道府県化、京都地方税機構、マル老廃止など痛みと負担から府民のいのち暮らしを守る施策、②世代を越えて、貧困に立ち向かい希望を開く府政、③ふところ暖め、暮らしも地域も元気に、④安倍政治からいのちと暮らしを本気で守る府政になど4点をあげて、新しい府政への転換を訴えました。続いて、松本副議長が「みんなのいのち守る署名」の取り組みについて提案。署名の目的は、貧困と格差の拡大でこどもや高齢者をはじめ府民のいのちが守れない実態が広がっているなかで、さらに医療・介護・障害などを一層改悪していのちの予算を大幅に削る政治を進める安倍暴走政治から、府民を守る「防波堤」としての京都府の施策を求める。権利としての社会保障の充実は国の責務であることから、国への要求もあわせて取り組むことも提起しました。署名項目は下記のとおりですが、具体的な進め方は①社会保障集会や社会保障学校の実施を含む学習に取り組む、②定例宣伝と紙芝居やのぼり、ポスター、意見広告などを活用した対話など多様な活動で、20万署名をめざす。期間は11月末までとしました。最後に吉岡副議長が閉会挨拶をしました。

             京都府知事あての要求項目案

1.京都府のどこでも、医療・福祉が安心して受けられる権利を保障できる施策を拡充してください。

 ①こどもの医療費無料化の制度を拡充してください。

 ②医療・福祉の施設整備と人材確保のための施策を緊急に行ってください。

 ③負担増など、医療と介護の「改革」の中止、府民のいのちを守る施策を国に求めてください。

2.患者・利用者や家族の負担をこれ以上増やさず、負担軽減策の積極的な充実をしてください。

 ①高すぎる国民健康保険料を引き下げてください。当面、国保世帯一万円の減額をしてくだ

  さい。

 ②介護保険料と利用料の負担軽減制度を大幅に強化してください。

 ③京都府の独自制度である老人医療助成制度(マル老)を制度改悪前の1割にもどし、74歳まで拡充してください。

 

京都社保協団体・地域代表者会議

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護保険制度をみんなで話しあうつどいのご案内

2017年04月04日 10時07分31秒 | 介護のつどい案内

いい介護受けたい、いい介護がしたい

介護ってすばらしい

ー介護保険制度をみんなで話しあうつどいー

と き  2017年4月23日(日)午後1時30分~4時

ところ   京都アスニー3階第8研修室

             京都市中京区聚楽廻松下町3

             (市バス 丸太町七本松バス停下車すぐ)

記念講演  「介護保険制度の改革をどうみるか」

                              講師 高山一夫先生(京都橘大学教授)

報  告   京都市の担当者から介護予防・日常生活支援総合事業の説明

交  流   介護改善のとりくみ交流・フロア発言

参加費    無料

主 催    京都社会保障推進協議会介護部会

        (京都市中京区壬生仙念町30-2 ラボール京都6階)

        TEL 075-801-2526   FAX 075-811-6170 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都社保協団体・地域代表者会議に参加を

2017年03月28日 10時24分45秒 | 団体・地域代表者会議

 

京都社保協団体・地域代表者会議にご参加ください!

医療・介護・保育・障害・高齢者・女性・若者・学生などいのちと暮らしを守る運動を提起

と き  2017年3月30日(木)午後6時30分~8時30分

ところ  ラボール京都4階第8会議室

           京都市中京区壬生仙念町30-2(阪急西院駅下車、四条通を東へ5分、北側)

内  容    府民のいのちと暮らしを守る京都府の施策を求める「みんなのいのち守る署名」運動の提起

        ※すべての団体・地域から2人以上のご参加をお願いします。

多くの地域や職場で貧困と格差が拡大し、こどもや高齢者はじめ、すべての府民のいのちが守れない実態が広がっています。

さらに政府は、2018年の診療報酬・介護報酬同時改定や2025年の超高齢化社会を節目に、権利としての社会保障を否定する施策を打ち出しています。

とくに、医療や介護については、家庭や個人に責任が押し付けられ、多くの府民・市民から悲鳴があがっています。「いのちが守れない」実態と社会保障が権利であることを世論化し、国と自治体の責任を果たさせることが緊急の課題です。

この社会保障を否定する政府の政治から府民を守る「防波堤」としての京都府の施策を求める「みんなのいのち守る」署名運動を提起します。

いま、医療・介護・保育・障害・学生・女性・高齢者など様々な分野で、生存権(憲法25条)や幸福追求権(憲法13条)を守り抜く運動が広がっています。このさまざまな団体・分野・地域が取り組んでいる運動と「みんなのいのち守る」署名運動を結合し、さらに大きな世論をつくろうではありませんか。そして、いのちと暮らしが守られる京都府にしていきましょう。

「社会保障を守る」「権利としての社会保障を」という運動は、一刻の猶予もできないいのちと暮らしを守ることです。この瞬間にも危険な状況にあるこどもや高齢者、障害者の実態を広く共有し、改善のための運動に取り組んでいきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丹後医療圏の地域医療構想・総合事業についての住民懇談会

2017年01月27日 13時37分18秒 | 学習・集会のご案内

変わっていく介護・医療制度

新総合事業・地域医療構想を学びたい!

京都府・自治体もまじえて考えます。ぜひご参加ください。

と    き  2017年2月4日(土)午後2時~4時30分(1時30分開場)

と こ ろ  みやづ歴史の館

                        宮津市字鶴賀2164

講  演  「どうなる医療と介護 ー地域医療構想と総合事業についてー」

講 師   高山一夫 先生(京都橘大学教授)

参加費  無 料

当日は、京都府・京丹後市・伊根町・与謝野町・宮津市の担当者からもご説明いただきます

 

新しい総合事業「介護予防・日常生活支援総合事業」とは?

介護保険法が改正され、2017年度からすべての市町村で「要支援」のホームヘルプサービスと

デイサービスが、国の介護保険サービスから市町村の地域支援事業(新しい総合事業)に移行さ

れます。非専門職によるサービス提供や単価の引き下げ等の影響が懸念されています。

 

主催団体 丹後社会保障推進協議会

     宮津・与謝社会保障推進協議会

     京都社会保障推進協議会   連絡先 TEL 075-801-2526

                       FAX 075-811-6170

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都市3施設の合築方針を考えるフォーラム vol.3を開きます

2017年01月18日 10時22分38秒 | フォーラム

観光は大切 でも・・・

生命・健康はもっと大切です

3施設合築って、ほんまは何のため?

京都市3施設とは、「京都市児童福祉センター」「京都市地域リハビリテーション推進センター」

「京都市こころの健康増進センター」の3つの施設です。京都市はこれら3つの施設がそれぞれ

別の場所で重要な役割を果たしているのを、1カ所にまとめて「合築」しようとしています。

京都市の子どもたちの発達保障はどうなるの?

リハビリセンターやこころの健康増進センターはどこへいくの?

ごいっしょに学んで、考えましょう。

京都市3施設の合築方針を考えるフォーラム vol.3

記念講演

「公共サービスの市場化と公共施設の統廃合政策

                         ー3施設合築の背景-」

講 師 岡田知弘 氏(京都大学教授)

と き  2017年2月2日(木)午後6時30分開会

ところ    京都アスニー3階第8研修室

          京都市中京区聚楽廻松下町9-2 TEL 075-802-3141

                 ※JR嵯峨野線円町駅下車東へ徒歩5分、京都市バス「丸太町七本松」下車すぐ

参加費   無 料

            主   催 京都市3施設の合築方針を考える実行委員会

                   京都障害児・者の生活と権利を守る会、子どもたちの保育・療育をよくする会

                   きょうされん京都支部、京都のリハビリを考える会、京都府保険医協会

            事 務 局   京都社会保障推進協議会

                   TEL 075-801-2526    FAX 075-811-6170 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新総合事業・地域医療構想・・・変わっていく介護・医療制度を学びたい

2017年01月13日 14時28分56秒 | 学習・集会のご案内

新総合事業・地域医療構想・・・変わっていく介護・医療制度を

学んで、ごいっしょに考えましょう!

と き  2017年1月21日(土)午後2時~5時(開場1時半)

ところ  綾部市中央公民館

             綾部市里町久田21-20

講 演  「どうなる医療と介護 ー地域医療構想と地域包括ケア・総合事業ー」

講 師  岡 﨑 祐 司 先生(佛教大学社会福祉学部教授)

参加費  無 料

当日は、京都府・綾部市・福知山市・舞鶴市の担当者からもご説明いただきます

 

新しい総合事業「介護予防・日常生活支援総合事業」とは?

介護保険法が改正され、2017年度からすべての市町村で「要支援」のホームヘルプサービスと

デイサービスが、国の介護保険サービスから市町村の地域支援事業(新しい総合事業)に移行さ

れます。非専門職によるサービス提供や単価の引き下げ等の影響が懸念されています。 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年末 何でも相談会・お食事会のおさそい

2016年12月15日 13時56分22秒 | ネットワーク・連帯ひろば

年金・介護・相続・健康保険・労働・保育など

年末 何でも相談会・お食事会を開きます

みなさん、日々の生活はいかがでしょうか? 毎年のように減額

される年金、高い介護保険料、健康の不安、色々相談したいけ

ど、どこへ行ったらよいのか・・・。おしゃべりしたいけど、話相手

もなくて・・など、みなさんのお悩みを少しでも解消できたらと、

集まりを企画しました。遠慮なくご参加ください。

お昼は手作りうどん、演芸会を楽しみましょう。どなたでも、参

加いただけます。

日 時 2016年1225日(日)午前11時~午後2時

場   所 洛西境谷会館(境谷センター内)

参加費 無 料

<内容>11時~14時   なんでも相談会
     11時~12時   手作りうどん 足踏み体験 !   
     お昼       手作りうどん食事会
             午後       ミニ演芸会 

 
 

主    催:京都社会保障推進協議会・西京社会保障推進協議会

連絡先:京都市中京区壬生仙念町30-2 ラボール京都6階

                                           京都社会保障推進協議会

             ☎075-801-2526   FAX 075-811-6170

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会保障を守ろう11・20みんなの集会にご参加ください

2016年11月11日 11時51分19秒 | 集会のご案内

社会保障を守ろう11・20みんなの集会

とどけよう私たちの声を!

私たちの思い、願いかなえるために!

いま、安心してくらすことができる、憲法25条で保障された人間らしい

くらしをする権利が揺らいでいます。「社会保障は権利」です。人として

の権利を守るために共感と行動を広げていく、そんなデモンストレー

ションに参加しませんか。

社会保障を守るため、11・20みんなの集会にぜひご参加ください。

と き  2016年11月20日(日)14:00~16:00

ところ  京都商工会議所3階講堂

           京都市中京区烏丸通夷川上ル  TEL 075-212-6400

          地下鉄烏丸線「丸太町駅」下車南6番出口で直結

基調講演 「人間らしく生きる権利・社会保障を守ろう!」

                       高山一夫氏(京都橘大学教授)

リレートーク (社会保障各分野から現状を報告)

              医療、看護、介護、保育、年金、障がい者、国保、

              生活保護、教育、高齢者、地域から

集会終了後、四条烏丸までパレード

※会場では車いす介助・手話通訳・保育体制あります

※会場前でのビラ配り・署名活動はご遠慮ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社会保障緊急学習会

2016年11月02日 10時54分57秒 | 学習会の案内

医療・介護総改悪を理解し、たたかいをすすめるための

京都社保協緊急学習会

日時:11 月5 日(土)14:00~16:30
場所:職員会館「かもがわ3F大会議室」
     京都市中京区土手町 通夷川上る末丸町284

医療介護確保推進法の制定以後、社会保障総改悪が進んでいます。

特に、地域のベッドの数や性格を一方的に変更する「地域医療構想」

や歴史的な介護保険改悪である「総合事業」が本格的に実施されよう

としています。これらの問題点や私たちの運動方向について、分かり

やすい講義で学び、運動の前進をはかります。

ぜひ、多くの方の参加をお願いします。

第一講 社会保障はどうなっているのか
     中村 暁さん(京都社保協政策委員)


第二講 地域医療構想の問題点と私たちのたたかい
     塩見 正さん(京都医労連書記次長)


第三講 新総合事業の問題点と私たちのたたかい
     藤井 歩さん(福保労京都地本書記次長)

主催 京都社会保障推進協議会
連絡先:075-801-2526

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

STOP! 介護崩壊署名start集会のご案内

2016年05月11日 14時17分27秒 | 集会のご案内

STOP!介護崩壊 介護職員を増やして、いい介護の実現を!

介護職員処遇改善交付金署名start集会

2015年6月、厚生労働省は「超高齢化社会を迎える2025年に253万人の介護人材が必要だが、約38万人の不足が見込まれる」と発表しました。介護職場で働く職員が足りない問題は、いまや社会問題となっています。高齢者・障害者などの生活を支え、権利としての介護を保障するために、介護に関わる労働者の人材確保と処遇改善は緊急の課題です。介護職員の不足の原因の一つは、介護労働者の賃金水準が、全産業労働者と比べて月額10万円も低く、働き続けることが困難であることです。

マイナス改定となった2015年介護報酬改定では、新たな介護職員の処遇改善加算がプラスされましたが、多くの介護事業の経営が困難になるなかで、介護労働者の処遇が引き下げられています。

私たちは、介護分野での深刻な人手不足を解消するために全国に先駆け、まず京都府と京都市が独自の「『介護職員処遇改善交付金』制度を作ってほしい。」という思いで制度の新設を求める「請願署名」にとりくみます。

そして「請願署名」行動の出発点として「署名start集会」を開催します。当日は、事業者の方やヘルパー、ケアマネージャー、施設の介護職員など介護現場で働く労働者から介護の実態について訴えてもらう予定です。ぜひ、ご参加のほどをよろしくお願いいたします。

と き   2016年5月17日(火)19:00スタート

ところ   ラボール京都4F第1会議室

                     (京都市中京区壬生仙念町30-2  阪急西院駅下車西へ徒歩5分)

連絡先    京都社会保障推進協議会事務局

           TEL 075-801-2526

                     FAX 075-811-6170

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015ネットワーク・連帯ひろばを開設します

2015年12月16日 15時08分06秒 | ネットワーク・連帯ひろば

ネットワーク・連帯ひろばを開設します

ひとりで悩まずにどんなことでも相談してください

支援もおこないます

炊き出しは11時から、入浴は近くのディサービスセンター

をお借りします

と き  2015年12月27日(日)10時~14時

ところ  九条診療所(南区東九条御霊町)

     JR京都駅から徒歩約10分

主 催    ネットワーク・連帯ひろば実行委員会

連絡先    京都社会保障推進協議会

       TEL 075-801-2526

※生活や住居に困っている、健康も不安など、住まいや生活・健康

 などで困っている方の問題解決への支援をするために開催します。

 どなたでも、お気軽におこしください。

※ボランティア大募集

 医療・生活・住居・雇用・法律などの相談員、当日の入浴のための

 車での送迎などボランティアを募集しています。

下の写真は2013年8月のネットワーク・連帯ひろばの模様

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だれのための三施設合築?児童福祉センターは大丈夫?

2015年11月25日 10時11分33秒 | フォーラム

京都市三施設合築方針を考えるフォーラムVOL.2

何のため?だれのための三施設合築?

児童福祉センターは大丈夫?

と き   2015年12月5日(土)13時30分~

ところ    こどもみらい館 4F第2研修室

            京都市中京区東洞院通竹屋町下ル 竹間公園南

            定員48人・先着順

①基調報告 

  「三施設合築問題の経過」と「児童福祉センター」をめぐる制度的背景

②リレートーク

  私たちが求める京都市児童福祉センターの機能拡充と京都市方針への不安・疑問

 

  主催  京都市3施設の合築方針を考える実行委員会

       (京都障害児者の生活と権利を守る連絡会、子どもたちの保育・療育をよくする会、

        きょうされん京都支部、京都のリハビリを考える会)

  事務局 京都社会保障推進協議会 TEL 075-801-2526 FAX 075-811-6170

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

介護・認知症なんでもでんわ相談のお知らせ

2015年10月30日 15時30分54秒 | 介護110番

介護・認知症なんでもでんわ相談のお知らせ

11月11日は「いい介護の日」

と き 2015年11月11日(水)

<京都>

でんわ  075-801-2526(10時~16時)

<全国>

でんわ  0120-287110(10時~18時)

16年目を迎えた介護保険、「老老介護」が5割を超え、介護職場の人手不足も

深刻な状況になっています。

介護保険制度「改正」による費用負担の増加や給付制限などで家族の負担も

大変です。

そのなやみに応える「介護・認知症なんでもでんわ相談」を行います。お気軽に

お電話ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くらしの実態を知り・交流し・たたかいを進めよう-社会保障実態告発交流集会

2015年10月22日 11時59分08秒 | 集会のご案内

自治体がいのちを守るとりでとなるために - 新署名提案!

くらしの実態を知り・交流し・たたかいを進めよう

             <社会保障実態告発交流集会>

と き 2015年11月7日(土)午後1時30分~

ところ キャンパスプラザ京都4階第4講義室

                     下京区西洞院通塩小路下ル(ビックカメラ北側)

参加費   無料

<各分野からの発言予定>

医療、国保、こどもの医療費、介護、障害者、生活保護・貧困、

保育・学童保育、保健所・福祉施設、年金など

<特別報告>

青いとり分会・全厚生裁判原告団

※発言予定の団体に限らず、すべての団体・地域からくらしの実態を知

らせる資料やチラシ・ニュース・署名用紙などを持ちよりましょう。資

料の持ち込みは11月5日(木)午前中まで、各80部を京都社保協事務

局へ届けてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

京都社保協定期総会&学習会のご案内

2015年09月10日 10時53分51秒 | 定期総会

第37回京都社保協総会&学習会のご案内

と き   2015年9月24日(木)午後6時30分~8時50分

ところ   ラボール京都4階第8会議室 TEL801-5311

        京都市中京区四条通御前西入北側

        (阪急西院駅から四条通を東へ5分)

<記念講演>

「安倍内閣のねらう社会保障改悪~地域が運動の焦点」

講 師    高山一夫氏(京都橘大学教授)

 安倍内閣は社会保障を大改悪し、解体して国民生活を根底から破壊しようとしています。「日本を戦争する

国」にし、社会保障の改悪で国民の格差と貧困を広げ、国民を戦争に駆り立てる社会に変質させようとして

います。安倍内閣の社会保障改悪とどうたたかい、地域でどう運動を展開するのか、縦横に語っていただき

ます。

<第37回京都社保協総会>

2014年度のまとめと2015年度方針

会計報告

討論

新役員選出など

<参加費無料>

コメント
この記事をはてなブックマークに追加