世田谷区千歳船橋の整体院・骨盤矯正、肩こり・腰痛 女性専門整体スクール~花(はん)なり~

小田急線千歳船橋徒歩3分、野菜ソムリエ。女性の為の本格整体サロン。日本徒手整体アカデミー直営2号店、スクールも展開。

冬の天然水の重要性

2017年01月13日 17時28分50秒 | 日記・お知らせ

みなさまこんばんわ。ご挨拶が遅れました

明けましておめでとうございます

 

新年が開け既に13日が経過

花なりも6日から元気に営業しています

 

明日は寒波がきますね~みなさま・受験生

防寒対策しっかりと、温かくしてくださいね

 

そして何度もお話しちゃうのですがこの寒い乾燥の時期こそ

天然水(※ミネラルが必要です)をこまめに飲んでくださいね

 

寒さでどなたでも腎臓の働きは弱まります

腎臓は泌尿器系でもありミネラルウォーターを飲んで

尿をどんどん出すことによって腎臓の働きがよくなってきます

 

酸化した血液をろ過し、尿で老廃物を排泄します

血圧をコントロールします

ビタミンDを活性化しカルシウム吸収を助けます

骨や軟骨を作るホルモンを分泌ししなやかな背骨を形成します

など。。。多岐にわたります。

 

天然水不足だと、ぎっくり腰に留まらず、背骨の圧迫骨折、

脊柱管狭窄症なども年齢を増すと非常に起り易くなります。

背骨は脳神経につながっているから脳梗塞や物忘れも

起り易くなります。

 

子供の時から天然水を飲む習慣を是非教えていただきたいな

と強く願います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年ご挨拶

2016年12月30日 07時19分20秒 | 日記・お知らせ

おはようございます

年末らしい寒さとなりました

明日はいよいよ大晦日

 

今年もみなさまのお陰で花なりも最終日を

迎えることが出来ました

いつも変わらぬご愛顧心より感謝申し上げます

ありがとうございました

 

みなさま良いお年をお迎えください

 

来年1月6日から開店です

本年同様宜しくお願い致します

 

来年もより一層、皆さまが健康でありますように・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年のうちに♡

2016年12月06日 16時48分09秒 | 日記・お知らせ

みなさんこんばわ

今日も一日お疲れ様です

花なりの前の道が水道工事で長い間

ご不便をおかけしています

申し訳ありません

明日までということですのでご了承

宜しくお願い致します

 

今年も早いもので残り1カ月をきりましたね

師走は何かとせわしなく走り去っていきますが

みなさま、お身体は絶好調ですか

 

今年の疲れや痛みは今年のうちにとってしまいましょ~

そして心身共にスッキリと新年を迎えましょう

花なりは12月30日まで営業しています

(※31日~お正月休みです)

 

12月の青山体操教室の日程

・21日(水)10:30分~11:30分

・28日(水)10:30分~11:30分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

股関節は広げ過ぎない!!

2016年11月17日 16時24分15秒 | 日記・お知らせ

みなさんこんにちわ

暖かな日差し洗濯物がよく渇きました

お天道様有り難い

 

花なりにお越しくださるお客様にも意外と多い症状

「股関節」についてお話します

 

股関節周辺の痛みや違和感内腿の神経痛など感じた時

股関節が硬いからかなっと思って広げようとストレッチなど

努力していませんか?

 

実は・・・そうするとますます股関節が歪んで症状が悪化しやすいんです

 

股関節の形状は球状ですから、前後左右あらゆる方向に動きます

しかし!!ベターっと開く(開脚)一方向ばかりに強調してしまった

らひずみがでてしまうのよ

実際に連動して恥骨という骨も前方に突出してますます股関節周辺に違和感が

出てしまうんです

 

開いたら閉じなきゃ

いや。痛みや違和感があるときは、絶対に開いてはならぬ です

 

股関節は鼠系リンパも存在していて、先ずはその炎症を抑えていくこと

が最優先です

(リンパ節の炎症は糖を控えるとおさまります

 

股関節周辺の違和感は女性に多い症状です

ストレッチは自分の身体の歪みに合わせて行うことが大切

(※新常識!身体健康学 第31話にて詳しく写真付きで掲載しています)

ご身体の歪みを知りたい方、お気軽に花なりにお問い合わせくださいね

あなたに必要なストレッチも伝授します

 

今日も一日お疲れさまです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い冬に向けて~書籍の中からご紹介~

2016年10月29日 15時37分31秒 | 日記・お知らせ

みなさんこんにちわ

ハロウィン一色の昨今

31日はどんなことになるのやら(笑)

 

グッと冷え込んできましたがみなさん

風邪ひいていませんか

今日は皆さまから評価をいただいている

書籍の第98話をご紹介します

 

寒い季節に向けて

 

秋から冬へと移行しつつある時期、身体的に

注意しなければならないのは冷えと乾燥による影響です

冷えるとリンパ球の働きが低下し、免疫力が下がり、

内臓の働きも弱くなりがちで、膀胱や腎臓などの泌尿器系の

トラブルが起こり易いようです

 

また、空気の乾燥に加え、暖房により身体も乾燥します。

具体的症状としては、脚が冷える・ふくらはぎがだるい・筋肉がつる

腰痛を起こしやすい等です

さらに、乾燥で喉や鼻等の気管支のトラブルも起こり易くなります

しっかりと水分を摂取し、どんどん尿を排出し、常に泌尿器を活性化

することで前述の症状を未然に防ぎましょう

 

天然水を多めに摂取することを何度も提案してきましたが、寒い季節に

なると飲み辛くなり、摂取量がへることも少なくないようです。

 

冷え症で辛い方はお水を温めて飲んでも構いません。湯気が立つくらい

に温めれば、寒い季節でも抵抗なく飲むことができます

その上、その蒸発した水分が鼻から吸収され、気管支の乾燥から起る

風邪、ウイルス感染などの予防にもなります

 

喉が渇かなくても15分に1口のペースで1日2ℓ、寒い季節ほど水分を

こまめに摂取しましょう

 

 

みなさま

たくさんの書籍のご注文を誠にありがとうございます

これからもこの「新常識!身体健康学」を世に広めて

みなさんの健康を守っていきたいと思います

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加