Dr.keiの研究室2-Contemplation of the B.L.U.E-

■教育/福祉/哲学/恋愛 千葉のラーメン×世界のラーメン VISUAL系×ロック ドイツ/オーストリア/スイス+日記■

九州ラーメン日吉大和田店@君津 これが君津豚骨だ!

2010-03-06 23:00:09 | 千葉 内房線

本日の君津ラーメンツアーファイナルは・・・
これまた念願中の念願だった「九州ラーメン日吉」だ!!
(思い入れが強いので、いつもと書き方を変えます☆)

日吉は、君津に二店舗ある。大和田店と八重原店だ。
もともと日吉自体は、先代が八重原にて産声を上げた。
しかも、今から40年も前の話。。。

その後、お客さんがたくさん入るようになり、
八重原のお店は、先代の弟さんに委ね、
先代自身は大和田に移った、ということらしい。

*今度、21日?日曜日?テレビ東京で午後6時から紹介されるそうです。

なぜ僕がこのお店に思い入れを感じるか、というと、
この日吉に、昭和の激動を見てとることができるからだ。

戦後、日本が高度成長していく中で、
多くの人が自分の生まれ育った郷土を離れ、
第二次産業(特に重工業)に従事した。
工業地帯と言われる場所に、各地から人が集まり、
そこで、大きな団地で暮らし、そして日本を発展させた。

日吉はそんな大激動の時代に生まれたのだ。
君津を地図で見ると、左上に人工的に作られた埋め立て地が見える。
その大部分が新日鉄である。

新日鉄が君津にやってきたのは、1965年だ。
その時、福岡や大分からたくさんの人が君津に引っ越してきた。
恐らく大分製鐵所から転勤してきたのだろう(未確認)。
ちなみに同伴学生のお父さんも大分の方なんだそうだ。

しかも、君津に移動する前、
僕の生まれた四日市に移転しようとする計画もあったのだ。
四日市が過密だったので、君津にしたんだそうだ。。。
なんか、運命を感じずにはいられないのだ。。。

九州からたくさんの人が仕事のために君津にやってきた。
それが、九州ラーメン日吉の誕生の直接の要因である。
今から38年くらい前のことであった。
(君津製鐵所稼働から7年くらい後の話ってことになる)

つまり、この日吉は、
九州から君津に移った新日鉄の人のために生まれたお店なのだ。
(移ったというより、仕事のために故郷を離れねばならなくなった人たち)

1960年代~1970年代はまさにそういう時代だったのだ。
「金の卵」(団塊世代の人たち)と言われた人たちが、
たくさん、自分の故郷を離れ、見知らぬ地で働いたのだ。
東北からもたくさんの人が移動してきたけれど、
君津には九州からたくさんの人が移り住んでいるのである。

がゆえに、僕はこの日吉がすごく尊く感じるのである。
生きた「歴史」というのは、まさにこういうところにあるんじゃないのかな。
歴史を学びながら、その時代の味に触れ、その時代のラーメンに触れ、
歴史との接点を見出し、そして身体でその歴史を感じる、と。

と、前置きが長くなったけれども。。。

日吉は、ラーメンもさることながら、まずはおでんを食べねばならぬ。
ほとんどが80円という格安おでんでありながら、
これが、本当にダシが効いていて旨いのである。

ダシがしっかりと沁み込んだ大根は格別である。
こんなにダシの効いた大根が80円でいいのだろうか。
コンビニで食べるここより高い大根はもう今後食べられない、、、

牛すじもオススメの逸品であるが、
店主さんの奥様オススメの自家製モチの包みが最高。
自家製のおもちとキャベツの入った包みは食べるべき逸品だ。

おでんは、お店を入った左手にある。
この匂いがとてもノスタルジックで、昭和の雰囲気に包まれる。
もちろん店内も昭和のレストランそのもの。
こういうお店こそ、本当に重みのあるお店だとつくづく思う。

で、ラーメンを注文!!!!!!

一杯、270円のラーメンです。270円ですよ。。。
消費税が導入された年から値上げはしていないとのこと。
というと、昭和63年~平成元年のことか・・・(汗)
あ、とすると、今の学生たちは消費税のない世界を知らないのか・・・(汗)

今から20年前だと、1000円でラーメンなんて考えもしなかっただろうな。。。

いずれにせよ、このお店の豚骨ラーメンは一杯270円だ。

スープは、極めてあっさりとしたさっぱりスープ。
油も一切浮いていない。余分なものは一切入っていない。

ただ、味は極めて刺激的だ。
豚骨臭がすごいので、ダメな人はダメかもしれない。
長浜みたいな臭みじゃないんだけど、ワイルドな味わいだ。
いわゆる豚骨ラーメンを期待すると、びっくりするだろう。

今のラーメン店にはもはやない味なんだろうな~と思った。
だって、全然違うんだもの。。。ワイルドで超あっさり。。。
レシピや作り方は創業以来ずっと変えていないそうだ。
だから、1960年代の豚骨ラーメンの味がそのまま残されたということになる。
他にあまりラーメン店がなかったから、改良する必要性もなかった。
だから、味を変えずにそのままの豚骨ラーメンが残ったのだと思う。

つまり、日吉の豚骨ラーメンは40年前の九州の味なのだ。
きっと九州では日々ラーメンの味は進化していることだろう。
だから、九州以上にクラシックな豚骨ラーメンがここで食べられるのである。

だから、味が旨いとか不味いとか合うとか合わないとか、
そういう次元の議論は全く不毛なのであり、意味がないのである。
60年代、70年代のラーメンを学ぶことができる、
実際に味わうことができる、楽しむことができる、
それこそが、日吉のラーメンを食べることの意味なのだから。

味的には、個人的には不思議な味わいだった。
それこそ、ここよりワイルドな豚骨ラーメンも食べてるけど、
なんかそのワイルドさがすごく引き立つ味わいのラーメンだった。

*あと面白いことを聞いた。
昔ここのラーメンを食べてた人はスープを飲まなかったとのこと!
今の人はスープを飲むのが定番になってきているけど、
かつての日吉のお客さんはスープを飲んでいなかった。
これはなかなか面白いことを聞いたぞ・・・

麺はなんとなんと☆自☆家☆製☆麺!!!!

しかも、僕らの先入観にあるバリカタの細麺じゃない!!!
僕らの知る九州ラーメンって作られたイメージでしかないのかも・・・

メニューもすごくシンプルでしょ。
月見ラーメン食べてみたいなぁ~~~

***

はい。これにて、君津ラーメンツアー終了!!

同伴してくれた(運転してくれた)ひ様とな様、ありがとうございました。
ずっと念願だったラーメン店を一気に回ることができました。
また、卒業した後も、ラーメンツアーしましょうね!!

最後に、日吉を支えた場所をぱしゃり☆

お☆し☆ま☆い

ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 番長ラーメン@君津 侮れな... | TOP | 3月6日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yuki)
2010-03-19 19:27:01
こんばんは☆
わかりますかね?

日吉ってここのことでしたか(*^_^*)
向井側同級生の家です(笑)
ここホント臭いすごいですよね^^汗
おでんおすすめしようとしたら、既に記事になってました(笑)
Unknown (kei)
2010-03-25 10:21:32
S.yukiさんかな?!

ご近所さんなんですね~

ここで食べたことはありますか??

君津といえば、日吉。それくらい有名なお店ですよね。ま、一部のマニアの間では、ってことですけど。。。

今は、ラーメン界の権威である石神秀幸さんが本で紹介してますし、その名は全国に知れ渡っていますが★

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。