どっかの社会人の読書&ロッテ日記

アニメの感想を中心に書いています、たまに読書の感想もあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゼロの使い魔 第21巻六千年の真実 2月25日発売

2016-02-24 20:20:29 | ゼロの使い魔
ゼロの使い魔 第21巻六千年の真実 2月25日発売



久しぶりに更新しました。
今回はゼロの使い魔の最新刊についてです。
たまたま帰宅途中の本屋で売られてるのを発見しました。

ゼロの使い魔は作者のヤマグチノボル先生がなくなられたため、
未完状態でしたが、ヤマグチ先生が書き残したプロットを基に
第3者のライターさんが文章に書き起こしたとのことです。

おそらく文章の書き口や細かい内容は違うのだろうけど、
ヤマグチ先生がどのような結末にしたかったのかがわかるので楽しみです。

<あらすじ>
虚無の復活の阻止を目論む『鉄血団結党』の追跡を逃れ、間一髪“竜の巣”を脱出した才人たち。アリィー、ルクシャナと共に一路ハルケギニアを目指す船の中、負傷したティファニアの手を握る才人の胸には、最後の使い魔“リーヴスラシル”のルーンが浮かんでいた…。「なんなんだよ。これ、そんなにヤバイもんなのか…?」一方、『オストラント』号で二人の救出に向かったルイズたちは、エルフの国の首都“アディール”へと乗り込んだ…。互いを想い、すれ違い続けてきた才人とルイズが、長き時を経てついに再会を果たす!「サイト、あんたのご主人様が、迎えにきてあげたわよ!」無敵のドラマティックラブコメ、いまここに再始動!

とにかくこれから読んでみようと思います。
未完のまま終わると思っていたので結末が見られるのがうれしい反面、
文体等が以前と違って違和感を覚えないか不安はありますが、読んでみます。

かつてゼロの使い魔が好きだったみなさんもぜひ。
感想は気が向けば書きたいと思います。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリアAA 第8話(感想)全員参加の変態水着回だったな

2015-11-25 07:33:38 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第8話(感想)全員参加の変態水着回だったな




今回は水着回。
高千穂が最近一気に出番を増やしてきましたね。
志乃のようにあかりに対しては奥手かと思っていましたがかなり大胆ですね。

まあなにはともあれ今回は水着回。いろいろ理由をつけて全員登場です。



そしてライカとキリンのレズシーンはもういつもの光景です。
撮影係の志乃もいつも通りです。
もはや裏から取ってないでもっとあかりに接近すればいいものを。




本編キャラもしっかり登場です。
アリアがパッドを入れてどんどん偽乳化してましたね。
もはや最初から入れて来いとww
そして遠く青森から白雪さんも出演。
キンちゃんの家まではるばる風船を飛ばします。
たまに出てくる白雪は安定の面白さです。



まあ最後の落ちは開始5分でわかっていました…
きっとアニメオリジナルの水着回のシナリオを考えているスタッフの人たちは
こんな会話をしながら脚本を書いているんでしょうねww

なんだか最近、志乃×高千穂になってきてる気が…
この二人仲良すぎ。

<感想とか>
やはりアリアは基本的にギャグ回にしとけばおもしろく見れますね。
相変わらずのレズや変態キャラの登場はお約束で、ほかのアニメに
水着回とは少し違いますね。

このまま本編はあまり進まず、終わるのか、
それともカルテットの時に工事現場を崩したあのキャラの登場はあるのか。

それでは。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリアAA 第7話(感想)志乃と高千穂の熱いレズ展開だったね

2015-11-18 07:04:03 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第7話(感想)志乃と高千穂の熱いレズ展開だったね



毎度のことながら夢落ちでスタート。
監督さんは相当夢落ちが好きなようです。
高千穂の妄想力が足りなかったせいか志乃よりはなんというか少し残念な夢でしたね。
妄想力だと志乃>>高千穂ですね。
やはり戦姉が白雪だけあって妄想力は半端ないですね。



高千穂は意外と大胆なキャラですね。
なかなか声をかけられないのかと思っていましたが
さっそく家にあかりを呼びました。

そして当たり前のようにストーキングしてくる志乃
白雪でもここまではしてないだろw
そしてあれよあれよという間に決闘になりました。

相変わらず剣の切っ先をアップにするなどして動画をケチっていましたが
前回のカルテットの時よりは少しまともでしたね。
志乃や高千穂レベルの戦いならもう少し派手にやってもよさそうですが
動画工房にはその技量も予算もなさそうなので及第点といったところでしょうか。




そして最後はちゃっかり友達になってしまいましたね。
そこからの来週は水着テコ入れ回となりました。
(てっきり理子やカルテットの時に工事現場を崩したあのキャラとの戦闘回が来るかと思って
いましたが原作と順序を入れ替えたみたいですね。)


やはり動画工房の作るアリアAAはユリ推しで行く以外なさそうですね。
来週の水着回の後は、またシリアスな戦闘回になるでしょうから
まずは来週の水着テコ入れ回を楽しみにしたいところですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加

うたわれるもの偽りの仮面 第7話感想(レビュー)ルルティエのBL回だったな

2015-11-15 21:36:54 | 2015年秋アニメ
うたわれるもの偽りの仮面 第7話感想(レビュー)ルルティエ登場もBL回だったな



まさかの腐女子回。まさかこの時代にBLというジャンルがあるとは思いませんでしたね。
ルルティエがちゃっかり激はまりしていましたね。
大丈夫なのかこの国w
1期のころは木簡にいろいろ書き込んでいましたが、紙が発明され
さらにカラーでの印刷まで可能になっているところを見ると10年かそこらで
かなり世の中の文明が発達してきているようです。

ともあれ今回はいつもの温泉パートがない代わりにBL設定というサービスというかなんというか。
やんごとない身分のヒロインキャラがBLだらけというのも斬新な展開ですね。




そして皇女アンジュが新しく登場しましたね。
(これはまさかクロスアンジ○のようにエログロ展開フラ…なわけはないか)
ハクの周りにはなぜか身分の高い女の子がたくさんあらわれます。

(今回の感想)
短期間に新キャラ旧キャラを問わずキャラがたくさん出てきたので、
名前をおぼるのがしんどいところ。
それと今回はメインヒロインだろうクオンの登場機会が徐々に減ってきているのが
少し寂しいところです。

ゲームであれば多少キャラ多くともキャラごとの攻略ルートにすればいいのですが
アニメとなると俺妹のような例外を除いて基本的には1本のルートですからね。
うまくそのあたりの演出の仕方を今後頑張ってほしいところです。

あとは、帝都に来てから少し話の速度が遅くなった気がするので
戦闘も含め本編の展開が動き出してくれるとうれしいところ。

個人的にはクオンと旧キャラのトウカやカルラの出番が多いと嬉しいんですがね。
あと前作の比べ日常シーンが多いですね。
たしか1期はしょっぱなから戦争戦争でエルルゥたちの日常シーンはあまり見れませんでしたから
ある意味いいのかもしれませんが
うたわれるものというとやはり戦闘なのでそっちも次回以降は頑張ってほしいですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリアAA第6話レビュー(感想)ゆり日常回は安定気味だったな

2015-11-11 07:03:17 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA第6話レビュー(感想)ゆり日常回は安定気味だったな



今回は日常回。
ライカの夢落ちがあってから、まずは祝勝会。
本編メンバーとAAメンバーが仲良く祝勝会をやってます。



そしてしれっとキンちゃん登場。
いやいやどうしてこんなにキンちゃん唐突に出てきたよ。
ヒステリア持ちのキンちゃんは基本女子が群がってるところから遠ざかっているはずなのだが



それよりも今日の本番はキリンとライカのシーンでしたね。
とにかくゆるゆりのようにとくにシリアス無しで仲良くやっている方が良いのかもしれませんね。
にしても麒麟も意外と鈍いと言うか。ライカが照れてあかりとくっついてるだけなのに嫉妬していましたね。照れてるライカを見てにやにやしてるキャラかと思っていましたが、意外な一面もありました。

今日は、あかりの妹がふらつくシーンやキンジが出てくるシーンなど
一応伏線と言えるシーンが出てきましたが、もう少しつなぎ方を上手くして欲しいものです。
テンポが悪いと言うか、日常以外のシーンが入る時に少し見ていて違和感がありましたね。

次回は高千穂再登場。
なんだかんだであかりと高千穂はライバルなのでしょうね。

時間が無いのでいったんこれくらいで。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

うたわれるもの 偽りの仮面 第6話感想(レビュー)前作キャラ登場!10年くらい経ったかな

2015-11-08 19:36:00 | 2015年秋アニメ
うたわれるもの 偽りの仮面 第6話感想(レビュー)前作キャラ登場!10年くらい経ったかな

トウカとカルラきたー
てっきり前作とはキャラも物語も別物かと思ってたけどこの2人が出てきて嬉しいものです。
それと地味にエルルゥも影とは言え出てきましたね。

ハクという名前からハクオロを連想もしてましたし話は繋がってますね。

だいたい前作とどれくらい時間がたったのでしょうか?
トウカもカルラもとくに歳を取った感じはしませんね。
すくなくとも10年くらいたっていてトウカと言えども30代だと思うんですが…
この世界の住民はサイヤ人のように若さが長続きするのでしょうか。



そしてクオンはトウカ、カルラ、だけでなくエルルゥやカミュにも育てられたんですね。
トゥスクルという国もまだ存在するみたいだし今後の絡みが気になることろです。
前作と比べ文明レベルとしては1段上がってる気がしますが、トゥスクルはどうなるのか。

てかネットを見てるとどうやら、クオンはユズハとハクオロの子供だという話が…
やはりエロゲーが原作と言うこともあり、ハクオロさんは一夫多妻だったのか?
てっきりエルルゥ一筋かと思ってたが。



そして毎度恒例の風呂シーン。いやーサービス精神旺盛ですね。

ストーリーも楽しみで、適度にサービスシーンもあり
主人公のハクはなかなか良い奴だし
相変わらずおもしろいですね。

次回以降も期待したいものです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (8)
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリアAA第5話レビュー(感想)ひどい戦闘シーン、動画工房に戦闘シーンは無理だったか

2015-11-04 07:21:26 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA第5話レビュー(感想)ひどい戦闘シーン、動画工房に戦闘シーンは無理だったか



<まず初めに>

どうしてこうなった。万策尽きたのか
こんな間延びしたり、えっと思う戦闘シーンは久しぶりに見ました。
いきなりワンピースやドラゴンボールレベルの長い長い前回のあらすじを見せられた時から
かなり嫌な予感がしてましたが、まさかこうなるとは。

本当にこの作品は制作に恵まれません。
原作ではどんどん先が読みたくなるのですが
アニメ版となると、変なところに尺を割いたり戦闘シーンを手抜きするもんだから
次が気になると言うわくわく感が出ないんですよね。

正直言うと動画公房はゆるゆりを作っていればよかったのです。
それか戦闘シーンはちゃんとお金を積んで実績のある会社に依頼して欲しかったところ。

<アニメ本編の感想と解説>

本来この戦闘シーン、バイクは駐輪所の後ろ側で、周りに足場などなかったんですけどね。
流れとしては、あかりが駐輪所の中に突入するも、高千穂の銃の射程距離に入り分が悪かったため
バイクのあるところまで一時後退。あかりがバイクに乗り突撃開始
一発頭に食らうも持ちこたえる、高千穂はバイクで体当たりされると思い一瞬身構えたせいで
横を突破される、そこに志乃が登場し武器を取り上げられて敗北。
という流れです。

それに工事現場が崩落するシーンはありませんでした。


ここまで原作であまりページ数もさかれていないのであそこまで時間をかけなければ良かったのです。
あまり長いシーンでもないので、テンポ重視でBパートの頭ぐらいまでで終わらせればよかったのです。

それに高千穂はAランク武偵ですから無駄な弾も打たないし、狙いも正確です。
Aランク武偵という設定なので、本来もっと手ごわくなければならないのです。
それに原作の描写では、高千穂は手抜きや油断はしていません。
しっかりAランクとしての力を発揮したうえで、破れるのです。
それをうやむやにした瞬間、4話の特訓シーンや今回の戦闘シーンの緊迫や
あかりチームの勝利の意義がすべて吹っ飛んでしまいます。
監督はそれがわかっているのだろうか?



そもそもあのシーンでは無駄弾を連発できるほどの時間はかけていないのです。
高千穂がアリアに戦妹申請をした下りも銃なんてぶっ放さないで、回想シーンみたくして時間の流れを止めていれば間延びしないで済んだと思います。
正直監督だか演出だか知りませんが、最後の崩落シーンも蛇足です。
それに崩す時もシャフトのような今までのシーンと整合性の無い演出を入れたのも違和感があります。

いろいろ書きましたが、監督は公式で謝罪文を出すくらいしないといけないのではないかというくらいひどいシーンでした
あわよくばAAで円盤をたくさん売って本編の2期をやってくれるのではと思っていましたが正直難しそうです。

あと双子の出てくるところも本当は人がたくさんいる通りで、人ごみの中から仕掛けてくるシーンです。
それを人の少ない道に変えたあたり相当作画のスケジュールが崩壊しているか
予算が圧倒的に足りないんでしょう。

なんかよくわからない工事現場を出したのも、背景の工数削減が目的でしょうか。

それなら最初から戦闘シーンの時間を減らして、動かすところは動かし
Bパートでゆり要素全開にして作画の枚数を減らせばよかったのです。

来週は日常回なので少し期待できそうですが
戦闘シーンがダメな緋弾のアリアはアリアではありません。

いろいろ書きましたが、出かけなければいけないのでこれくらいで。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (5)
この記事をはてなブックマークに追加

終物語第5話レビュー(感想)老倉のヘイトが辛いかった…てか暦以外みんな不幸キャラじゃないか。。。

2015-11-01 20:20:01 | 2015年秋アニメ
終物語第5話レビュー(感想)老倉のヘイトが辛いかった…てか暦以外みんな不幸キャラじゃないか。。。




老倉の過去が実はかなりひどかったという物語
ひたぎや翼と良い、このシリーズのヒロインは不幸キャラだらけですね。

今回見ていて思ったのは
親が警察官と言う安定した職業で家族仲の良い満ち足りた家庭と
親からの愛情を受けられずほんの少しの幸せも得られなかった家庭の子の
考え方はこうも変わってしまうのかと思うこと。

やはり成功体験や幸せな体験があるかないかで人間の考え方は根本から違ってしまうものなんでしょうね。

現状幸せを享受している暦にとっては老倉との小学生の時や中学生の時の思い出は
その他大勢の一つ、当然ろくに覚えているわけもありませんしそれを攻めることはできません。

老倉と暦には圧倒的環境の格差があるのに暦は説教を垂れると言うか
知った口でいろいろ言うのは基本的には共感できませんね。
たしかに暦は正義のヒーローですが、正義のヒーローになるには
それになれるだけのゆとりがないといけないですから…



そして毎回いいタイミングでフォローを入れる翼はさすがです。
おそらく扇が来ていたら、老倉のことを徹底的に論破し追いつめて
自殺にでも追い込む勢いでボコボコにしていたでしょうから
ここに来ることを強行した翼はさすがの勘所と言ったところです。

次回はどうなるのでしょうか?
このままいくと老倉は救いがないですし
強引に何かハプニングが起きて暦が助けるのもベタというか今更都合が良くて
正直興ざめですが…

まあこの後の展開は何はともあれ気になるので次回に期待したいところです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (9)
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリアAA 第4話レビュー(感想)唐突に出てきた白雪がおもしろかったな

2015-10-28 07:00:40 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第4話レビュー(感想)唐突に出てきた白雪がおもしろかったな



今回は、武偵チーム同士の対抗戦カルテットのお話。
あかりチームの対戦相手である高千穂たちが登場しました。
高千穂チームに勝利するための修行回でしたね。



カルテットにのぞむにあたり志乃の家で合宿です。
ここで理子がコーチ役として登場しました。
なにやら真面目に教えていますが、裏で何か考えているのではと思ってしまいますね。



そして唐突に白雪キター
まさか志乃の戦妹テストでこんなマジキチ修行をしているとは思いませんでした。
やはりアニメでは白雪の登場シーンが非常におもしろいです。
意中の人のため、妥当アリアのために盗撮、暗殺おかまいなしの白雪さんさすがです。
ちなみに後ろには白雪の妹2人が地味にいましたね。
片方は白雪と同じようなオーラですが、もう一人はドン引きしてましたね。
全員同じ風には似なくてよかったものです。



そして修行の結果がこれである。
地味にメイドさんがノリノリで協力してくれています。
さすがに鍛えられていますね。

次回は、カルテット本編になりそうです。
戦闘シーンということで期待したいですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (6)
この記事をはてなブックマークに追加

緋弾のアリアAA 第3話レビュー(感想)相変わらずのゆり展開

2015-10-21 19:43:03 | 2015年秋アニメ
緋弾のアリアAA 第3話レビュー(感想)相変わらずのゆり展開



今回もまだまだプロローグと言ったところですね。
ただ3話まで来ても少し説明的な要素が多すぎるのでそろそろ本編に行ってほしいところですが。



にしても2話ぶりにキンジが出てきたと思ったら、
あかりのパンツを見てあえなく海に自ら飛び込んでいくとは…
相変わらずの出落ちでしたね。



今回はライカのお話でしたね。
ライカの戦闘妹になるのがまさかの理子の元戦闘妹の麒麟になるとは。
今後の展開が楽しみなところです。

このままいくとシノの戦闘妹は白雪でしょうか。
本編のキャラも適宜出てくれると個人的には嬉しいものです。

次回以降ようやく本編突入といったところですかね。
来週も期待したいところです。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へにほんブログ村

blogram投票ボタン

<noscript></noscript>ディスクシステム
<script type="text/javascript" src="http://ac7.i2i.jp/bin/2nd_gets.php?00632481"></script>
コメント   トラックバック (4)
この記事をはてなブックマークに追加