広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FBに移行中?

2011-08-05 22:14:18 | 暇つぶし Passe-temps
忙しいのにFacebookなんてできない、なんて言ってたのはどこの誰だ?!

ブログに書くようなことも、FBに移動しつつある感じ。
気が向いたらここに書くこともあるのかな?

とりあえず、もっかFB。

わざわざアクセスしてもらわなくても、
友達は読んでくれるもんね。

あ、でも友達以外は見れないか。そういう設定にしてあるから。

でも、まあいいってことで。その方が安全。

携帯からアクセスできるのも超便利。写真や動画。

当分はFBにいろいろ書きこみします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウクレレ、楽しい。

2011-07-17 01:11:19 | 音楽 Musique
ウクレレのワォークショップもあと一回。

ウクレレ、楽しいです。

コードなんて5つくらいしかまだ知らないけど、

ポロポロ適当に弾いてるだけで、楽しい。

息子が、ポロンと弾くたびに、大喜びで這ってくる。

他のことをして遊んでてても、ポロン、と一つやると、、うわっとこっちを向き、目はらんらんと輝き、
顔はニッコニコになり、ずんずんと這ってくる。

そして自分もポロンポロンしようと一生懸命。

分かるよ、だって、音が気持ちいいもんねぇ。



自作の歌も、なんとか完成。

その曲を、もう1人の生徒、ウエンディ(彼女も自作の歌)と共に、

アメリア(先生)のファミリーコンサートMil's Trills Summer Bashで弾くことに:)

いわゆるオープニング、前座です(笑

人前で話すことも無い私ですが、

人前で演奏だってよ。ハハハ。

でも、せっかくだからね、

それに向けて、練習も一生懸命するだろうし、

がんばります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってきました、Steel Pulse。

2011-07-02 21:53:58 | 音楽 Musique
寝に入った息子を連れて、夕飯を持って、

とことこプロスペクトパークまで15分ほど歩いて、行ってきました。

Steel Pulse。

もうたくさんの人。

ちょうど始まったばかり。

外は暗くなってきてた8時30分。

ピクニックマットを敷いて、夕飯を広げて、

すると息子も起きて、ご機嫌。

こんな曲Blues Dance raidをはじめ、

周りの人たちと一緒に、食べながら、歌って、体揺らして、大盛り上がり。

湿気は感じないし、涼しい風も時折吹いて、

もうジャマイカ行ったときみたいに、きもちいい~~~い。

あぁ~行ってよかった~~。


今度の金曜はロスロボス!!

この曲One time One nightこの曲Be Still、聴いてみて。

野外のロスロボスなんて最高じゃない!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウクレレ、本格開始か?!

2011-06-30 23:16:57 | NY生活 Vie a NY
”Celebrate Brooklyn!”、明日はSteel Pulse
行けるかな~。

赤ちゃんの為の歌を作るのが目的の
ウクレレクラス(計5回)を取ってます。

ウクレレは、13年くらい前に高円寺の中古屋でPがおそらく500円くらいで買った

中古のウクレレ。

ズーーーット、かわいそうに、誰にも弾かれることなく、ここまできましたが、

ついに活躍の機会が!

先生お勧めの弦に変えたら、
いい音を奏でます。気持ちいい音を出してくれます。

自作の歌を最後のクラス(あと2回)までに作り上げます。

考えないでiいると、勝手に適当に歌ってるのに、

詩やメロディを考えだすと、

煮詰まる。。。

ま、なんとかなるでしょう。

楽しみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジルスコットヘロンにロバートグラスパー

2011-06-06 23:19:52 | 音楽 Musique
音楽のことをいろいろ書きたいのだが、
子育てで追いつきませんな。

Gil Scott Heronが亡くなりました。
歌い手が亡くなって涙が出たのって、カートコベイン以来だろうか。。。
たっぷり聴きながら、目が潤んできた。
数年前、小さなライブハウスで、すぐ目の前で見ることができた。
鍵盤にのせる指も、あのすくっとした姿も、渋みのある低い声も、心にしかと残ってる。
よかった。よかった。幸せだった。ありがとう。ありがとう。

あと、iTunesに入ってるので最近聴いてるのは、
Robert Glasper。Open Mindとか。
肩の力を取り去り、心をかるーくし、
少々痛みつつ過去を懐かしく思い起こさせながら、
「すべて大丈夫」なんて、ありえないことをありえると思わせてしまう曲が
たまに、たまに、うん百曲に一曲くらいか、あるが、
これもそんな感じ。自然にそんなに思わせしまうもんね、音の力ってスゴいと感じるとき。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンド発見。Zongo Junction。

2011-05-16 22:01:26 | 読書 Lire
週末、パークスロープのストリートフェア。

ニューヨークで見かけるストリートフェアって、乗るのが怖い古びた感じのメリーゴーラウンド?に
トランス脂肪いっぱいの油使ってそうな屋台もの、っていうむか~し風のエンターテイメントパーク、という寂しい雰囲気なんだが、
さすが、パークスロープ?
数通りごとにライブバンドにDJですよ。
普通のストリートフェアと違って、歩きながら生音が聞こえてきて、生でバンドが見れて、たのし~。もちろん無料~。
そして、お目当てにしてたSouthpaw(ライブハウス)では、Zongo Junctionが面白かった!

白人さんたちによるアフロビート。イケます。
マイスペースをどうぞ。

そういえば、先週は、ヨラテンゴライブに行ったんですよ。
夜遅かったしね、途中で帰りましたが、
6ヶ月の息子、初のライブ体験。音がでかいので、ヘッドプロテクター着用でね(空港で働く人が着けてるやつです)。

この夏はプロスペクトパークのCelebrate Brooklyn!、毎週のように楽しみますよー。
ほとんどどれも無料コンサートだけど、出演アーティストを見てください、毎年のことですが、質は高いです。
息子を音楽漬けにします(!?)もう歩いていけますからね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いろんなところで日本を想ってくれている人がいるんだよね。

2011-04-23 16:21:09 | 暇つぶし Passe-temps
ファイナンシャルタイムズの週末号に、Mrs.Moneypennyの人気コラムがあります。
日本に住んだことのある彼女が(このコラム、始まりは1999年、Email from Tokyoというタイトルだったそう)、
今回の地震後、日本に心を寄せたコラムを二つ書いてくれました。ひとつは以下に、My happy memories of sad, sad Japan、もう一つJapan stays in our thoughtsはその下方に貼付けました。

My happy memories of sad, sad Japan

By Mrs Moneypenny

Published: March 18 2011 22:09 | Last updated: March 18 2011 22:09

Right now Japan is experiencing devastation the like of which the UK has not had to deal with since Hitler tried to bomb his way into our country. Why should I, living 6,000 miles away, care as much as I do? Natural disasters happen regularly, in Brisbane, in Bangladesh, even in Britain. We see devastation on our television sets and computer screens all the time.

But Japan is different. Not just because it really is very different – culture, architecture, topography, you name it. In fact, I tell people who have yet to visit that arriving there will be the closest experience they ever have to landing on Mars. But to me it is different because it is the country I have enjoyed visiting, and living in, more than any other.

I first went, on business, in 1988, and 10 years of further visits culminated in my moving there in 1998. It was in Japan that I started writing this column, which was then entitled “E-mail from Tokyo”. So it is the land that inspired most of Mrs Moneypenny’s first 32,000 words. It was there that I learned (among other things) which way to tie my yukata, why not to leave my chopsticks standing up in my rice in between mouthfuls, how far to bow for what level of apology, and what a Narita divorce is.

I tried lots of new things in Japan, including a love hotel, where couples can rent rooms by the hour. I vividly remember two things about that hotel – Mr M finding the golf channel on the TV within five minutes of checking in, and also the sign under the hairdryer. The notice, in English and Japanese, instructed guests that it should be used only for drying hair.

We lived right by Aoyama cemetery in Tokyo, and I loved teaching CC#2 to ride a bicycle without stabilisers in the street outside our home, and giving him swimming lessons in the American Club pool. CC#3 had his first birthday party in our home in the city, with its dedicated cupboard for supplies in case of an earthquake. How many of these cupboards were smashed to pieces last week?

I never went on the tourist trail to Kyoto – instead, when I had any spare time, I drove to the furthest reaches of the country, to its truly rural areas and to its small fishing ports. I travelled in a secondhand car bought in Japan – one that I am still driving today.

I visited Hokkaido in the north, and then headed right down to Dejima, on the south-western tip of Kyushu, the port where the Dutch were allowed to trade even when Japan was a closed economy. On another occasion, I even made it to the very end of the Noto peninsula. Here you are very conscious that you really are a long way from anywhere – the closest large city is probably Vladivostok. Perhaps most telling of all, even the pachinko gambling parlours had disappeared.

So I have seen at first hand exactly the kinds of communities that the earthquake has destroyed. This catastrophe has hit a really special, really different country. I made friends there, both Japanese and of many other nationalities, that I will have for the rest of my life. I eat – and cook – Japanese food whenever I can. If I could turn the clock back to any part of my life in the past 50 years it would be to my time in Japan.

Which is why this particular natural disaster feels personal. As I write, Japan’s prime minister is comparing the scale of devastation and disruption to that faced by the country after the end of the second world war.

The resilience of the Japanese people then, their pride in the country, their phenomenal work ethic and community spirit, enabled them to rebuild. Today it is the third-largest economy in the world.

It will survive; it will overcome what has happened to it. But even so, at a distance of 6,000 miles, I am not only there in spirit, I am very, very sad.


Japan stays in our thoughts

By Mrs Moneypenny

Published: April 15 2011 22:16 | Last updated: April 15 2011 22:16

What can we do to help from here? When I wrote on March 18 about the Japanese earthquake and tsunami, I had the biggest postbag I have had for quite some time, many from people who, while not Japanese themselves, had previously lived there or still did. One lady wrote to tell me that her Cost Centres were all born there and that they think of the journey on the Narita Express from the airport as “a beautiful ride home”. She went on to say: “I remember sitting on the rocks by the sea in a little bay in Ofunato, now completely ravaged. Japan’s indescribable difference flows in our veins and, like you, I am sad, very sad, about what happened in the Tohoku region. It is some comfort to know that the Japanese have a rock-like resilience. But what can we do to help from here?”

Japan is still reeling from the shock of the earthquake that hit last month. At the time of writing, more than 13,000 people are confirmed dead, and the prime minister, Naoto Kan, is convening a national rebuilding council. One of my correspondents said that perhaps the shock is seeing people in the developed world having their homes, families and livelihoods destroyed, when we are more used to seeing these disasters in less developed countries. The fear is that the world’s third largest economy will slide into recession.

For me, March in Japan was one of the loveliest months of the year, with the arrival of the cherry blossom at the end of the month and the Hina-matsuri festival at the start, with White Day in between and my birthday on the 27th (I was 49 three weeks ago).

For those of you who don’t live in Japan, White Day is on March 14 and is when Japanese men (who do not give gifts on Valentine’s Day) are supposed to give a present to the lady in their life. Hina-matsuri is on March 3, when families display ornate dolls. You have to make sure you put them away immediately afterwards, as tradition suggests that people tardy with getting their dolls back in the cupboard will find it hard to marry off their daughters.

I remember, back when I lived in Tokyo, stopping to look at the doll display in the hotel next to the office. It had an English commentary, which told me that the Hina-matsuri festival was “a celebration of the traditional virtues of Japanese femininity”.

I have always wondered what those virtues actually were. The pinnacle of achievement for a Japanese wife, supposedly, is to be a Yamato nadeshiko. I once asked a married female Japanese colleague what this meant. Apparently it is “a woman who can understand a Japanese man who has a Yamato damashii (Japanese spirit). A woman who is quiet, patient, supportive, a woman who always behaves in an elegant way (never in a panic) and gracefully, and who never, ever complains about men’s attitudes. In other words, Moneypenny-san, not you.”

I was so moved by all your e-mails about Japan. One lady, still living there, said that she had to go on a business trip a week after the events of March 11. She said that at Haneda airport she felt very emotional and it was at that point that she read my column. “It was the first time I had cried in the week since the earthquake struck. You captured so much of the magic of living in Tokyo and how much the city can come to mean to you.”

This has spurred me on. What can we do from here? For a start, the Sapporo Symphony Orchestra will be touring Europe in May and all proceeds from their London concert (at the Royal Festival Hall) are going to the Japanese Red Cross Society and the Japan Society Tohoku Earthquake Relief Fund. So do buy tickets. And I am going to republish the first eight months of this column, “E-mail from Tokyo”, in a special limited edition and give all the books to the Japan Society to sell in aid of the relief fund. Do e-mail me if you would like a copy. Japan, we are still thinking of you.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泣かされました。九州新幹線CM。

2011-04-23 15:30:28 | Kagoshima 鹿児島
同じ鹿児島出身、友達のさーこに教えてもらいました。泣きました。

九州新幹線全線開業コマーシャル

http://www.youtube.com/watch?v=g5kU6mImUh0&feature=player_embedded
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何度もリロード。

2011-03-12 07:54:27 | NY生活 Vie a NY
ニューヨークタイムズの記事、
そこに、日本に住む外国人の地震体験や被災者や日本に対するあたたかいコメントが英語で載っている。
ここを何度も再読込みボタンを押して読んでいる私。
http://community.nytimes.com/comments/www.nytimes.com/2011/03/12/world/asia/12japan.html?sort=recommended
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旦那Pのブログ。

2011-02-28 21:20:49 | 読書 Lire
旦那Pが会社でブログを始めました。
仕事であるコミュニケーション、デザイン、ブランディングら(カタカナばかりですな:)について
日常読んだ、見た、知った、学んだ、考えた、感じたことと絡めて書くようです。
今回は、スイス生まれの哲学者Alain de Botton(アラン・ド・ボトン)の言葉から。
読んでみてください。

The Power of Visual Communication
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

このコマーシャル、たまらんね。

2011-02-07 17:34:51 | 暇つぶし Passe-temps
10月末に子供を産んで忙しかったのだが、
すこし落ち着いたので少しずつブログ再開。

こんなコマーシャルを発見。
楽しくて、笑えて、何度も見てます。

言葉に頼ってないのがまたいいんだよね~~。

スーパーボール用のコマーシャルだそうだが、
ちょー金かけてたコカコーラCMなんかと比べ、
安くあがってるよなぁ、でも16,430,471のヒットですよ。

金じゃない、アイデアだ、ってね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホームレス画家にイギリス人医師

2010-10-22 13:24:54 | 映画 Film
最近観たドキュメンタリー

The cats of Milikitani みりきたりの猫
ナレーターのドラマ仕立てる無用な解説にいら立つけど、
日本語版予告も見つけた。
人の心の溶けていく様子に驚かされるし、揺さぶられます。

The English Surgeon イギリス人外科医
ウクライナで、無料で、脳神経の外科手術を15年以上手がけているイギリス人医師の話。
先日の、医者のドキュメンタリーの解説で誰かが言ってたけど、
医者って仕事は、もうそれ以外に自分ができる仕事なんて一つもない、って思える人が
選ぶべき仕事だって。
このヘンリー・マーシュ医師も、ほんと、心も身も全てが医者、という人だった。
目の前に、助かるかもしれない、という人がいるのに、何もしないわけにいられるか?って。
医者としてというより、人間として尊敬。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハーバードの医学生、21年後。

2010-10-14 21:53:56 | 映画 Film
PBSのNOVAが作ったドキュメンタリー、Doctors' Diaries。

ハーバード大学メディカルスクールに入った7人の学生、
彼らのメディカルスクール初日から、インターン、そして21年後を追ったドキュメンタリー。

医者になるということ、
人の生死に関わるということ、
医者という道と、それぞれの価値観や人生。

医者という仕事について、
いろんなことを考えさせてくれます。
7人もいるから、
それぞれを深く追っかけるドキュメンタリーではなく
ちょっと浅い感が拭えないけど、
(それもぜひ見てみたい)
十分、とても興味深いドキュメンタリーです。

ここで最初の部分が見れます。

NOVAのサイトはこちら
このサイトで、WATCH ONLINE をクリックすると全エピソードも見れる模様。
(アメリカ国外でも可能なのかは分からないけれど)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ここにも不平等だな、と。

2010-10-14 18:33:03 | 映画 Film
MADE IN CHINAのあふれる世の中。
だまされてるかのように低賃金で長時間で、でも必死で働く中国人の人たち。
私だって、少しでも安くでものを買えれば嬉しい買い手の1人なのだから、
彼らの雇用主だけを責められない。
でも、雇用主、低賃金で彼らを酷使して、すごい利益を上げ、笑顔で金儲けしてる。
おかしいよ。
(よく撮影を許可したよな。批判されると思わなかったのか?撮影料もらってるからか?)
見ながらも、見終わってからも、腑に落ちずムカムカ。
ここにも不平等だな、と。

PBSで放送されたドキュメンタリー、China Blue
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生を変えてくれる文学に出会う

2010-10-08 12:16:36 | NY生活 Vie a NY
こんな活動を支えないといけないと思う。

Literature transforms lives in poor NY neighbourhood

Still Waters in a Storm
コメント
この記事をはてなブックマークに追加