酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

愛とロマンの8時間コース(後篇)

2009-09-15 12:10:37 | 旅行記


圧縮弁当でお腹を満たしたら、
後半戦に出発です。

この先の道は、林道が多くて景色に面白みが無く、
そして険しい道が多かったので写真を撮る余裕がなかったり
で、あまり写真がありません。

写真は、視界が開けたときに見えた利尻富士。
頭に雲がかかってしまっているけど、もうすぐ雪が降りそうな状態だ、と
お土産屋さんのおじさんに聞いた。


特に「砂すべり」という場所は、このコース最大の難所で、
傾斜がキツく、砂の斜面を降りなければいけないので、かなり危険。
ロープが設置してあったけど、これをつかみながら降りないと、
滑り落ちてしまいそう。
更にその先には、岩場の崖っぷちのような海ぞいの道を歩くので
風が強くてちょっとこわかった。




海沿いの休憩所。
目の前で、こんぶを取って、干して売ってもいる。

半月ほど前に、山田邦子もやってきたという
そんな話しを長々とするおばさんの話しにつきあっているうちに
相当時間をくってしまった。




目の前の海でこんぶ干し中。
軽いので、おみやげに買っていく。




ミスターX氏と分かれた後、多少ペースは落ちたとはいえ、
しかし出だしがハイペースだったので、
割とそのペースを保ってその後も歩いたため、
標準時間よりもけっこう早いペースで進めたようだ。

車道に出て、桃岩荘に最後の定期連絡を入れたのは、
標準のグループよりも30分~1時間くらい早そうだった。




桃岩荘が近づくと、遠くにいるうちから
皆が「おかえりなさーい!」と迎えてくれる。
これが、めちゃくちゃ嬉しい。
長いコースを歩ききった達成感にプラスして、
こんなに歓迎して、たたえてくれるというのは、かなり感激するものだ。




到着したら、なぜか「ギンギンギラギラ夕日が沈む・・」
の踊りを踊った。
とっても楽しい気持ちで、踊った。




8時間コースの完走記念表をもらえる。
2009年9月9日というスリーナインな日付もGood。

ちなみにかかった時間も、約9時間という、
なかなかの好成績でした!。
2回も道に迷っておいて、こんな速さで進めたのは、
まさにミスターX氏とのおかげでありましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛とロマンの8時間コース(前... | トップ | 桃岩荘2日目の夜 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お~ (もじもじ)
2009-09-16 15:42:10
いい写真とってるね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL