酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

バリ旅18_ハッテンワインとジャムウを制覇

2009-07-16 12:01:12 | 旅行記
ハッテンワインとジャムウを制覇


この辺で飼われている犬は、ほぼ放し飼い。
宿の犬ジャックは、まるで猫のように、この細い塀の上に乗っかって
何かを眺めている。



宿につづく田んぼ道でいつもパトロールをしている
シロさんとトラさん(と勝手に命名)。
実はシロさんは、兄弟とかだと思うけど似たようなのが何匹かいる。

昼間はじゃれ合ったりして遊んでいて穏やかなのだが、
夜に道を通ると、ものすごい勢いで吠えかかってきて
足をつんつんと鼻先でつつくのだから、
真っ暗闇の中で恐ろしくて仕方が無い。



今朝、道端に置かれていた、昨夜のお供えの残骸?は、
とても豪華バージョンであった。
やはり何かのお祭りが行われていたのであろう。



ウブド市場の隣の神社で、お祭りが行われていた。
供え物を頭に乗せた人がたくさん集まってくる。
寺院の中では、パダンバイの真夜中に聞いたのと同じような、
おばさんの民謡みたいな声とおじさんの解説みたいな声で何かを唱えていた。
こういう決まった形式のものなのね。



お昼は、最初の頃に行った、マンガ・マドゥにて
「ナシ・プチェル・マドゥ」を。
フライドチキンやテンペなどが乗っかったナシチャンプルの一種版。
今日はなんだか日本人が多かった。
というか、全体的に観光客、っぽい人が増えた。


Manga Madu
ナシ・プチェル・マドゥ 14,000RP
アイスティ 2,000RP



市場や安めのお店で売っている雑貨は、どうもどこも同じコピー品が多くて
だんだん飽きてきてしまう。
そんな中、アンティークの雑貨が、
すごくいいんだけど、やはり高いので
美術館を訪れている気持ちで、見るだけ。

アンティークの良さは、「小賢しくないところ」ではないか、
と何となく、思った。

写真に撮ったけど、もしかしたら別にこの店はアンティークショップなのかどうかは
実は、不明。



小学校の課外授業っぽい集団も多く目にするようになった。
この子たちはお揃いの制服を着て、
ダンボールで作ったランドセルのようなものを背負っていた。



ウブドの街には絵描きが多いらしく、絵画を売っている店がたくさんある。
ここに飾られていた闘鶏用の鶏を世話するおじさんの姿が
「ああ、そうそう、こんなかんじ。よくいる。」ってかんじで
とてもよく様子を表していて、通る度に眺めている。



夜ご飯はモンキーフォレスト通りの「DIAN」で。
昨日の昼に行ったときに、グラスワインがあることを確認していたので、
赤意外の味を確かめておこうと思って。

シーフードケバブ?だったかな?シーフードの串刺しのガーリックソースに、
ハッテンワインの白をグラスで。

なんと、白ワインは飲みやすくて美味しかった!
あの赤のような草の味がしない。
うん、白ならいけるかも。
かなりさっぱり系ですが、甘くはないので、グッド。



続けてロゼもグラスでもらう。
おおっ!、あの草の味がほのかにする。
ハッテンワインの草っぽい味は、葡萄の皮の味ってことなのでしょうか。
赤よりきつくはないけどその辺が色に準じてマイルドな草感。
しかしどうして草っぽいのかなあ。バリの葡萄のせいか、醸造法のせいか。
結論としては、個人的にはハッテンワインは白に限る!ってかんじでしょうか。
でも、ハッテンらしさを味わうのであれば、赤にチャレンジすべきかも。グラスで・・。



DIAN
シーフードケバブ 29,000RP
ATTENワイン赤  25,000RP
ATTENワインロゼ 25,000RP
+10%





バリの秘薬、ジャムゥを買ってみた。
ジャラン・ラヤ・ウブド通り沿いにある小さなジャムウ屋さんが前から気になっていたので。
風邪に効くという「TOLAK ANGIN KOMPLIT」という、スペシャル版を買ったのだけど、
これが一袋にいろいろ入っていて、お得。
インドネシア語表記の他に、英語でも説明が書いてあるので親切だ。

まず、「TOLAK ANGIN」という風邪に効くジャムウ自体を、蜂蜜と何かの粉とお湯でとかして飲む。
これが、激マズ!!!。色はどろどろの土色で、ミントの味がやたらきつく、
その他色々なマズ味。はちみつ入れてるので多少マシなのかもしれないけど
それにしても、マズイ。しかし、我慢して飲む。
続けて、「PIL GINSENG」という、朝鮮人参の錠剤を飲む。
これで精力とエネルギーを高めてください、とのことだ。
そして最後に、「JAHE WANCI」というジンジャーティーみたいなものを飲んで体を温める。
これは普通に甘くておいしくて、ほっとした。

袋に書いてあるところによると、
忙しい時とかには「TOLAK ANGIN」を一日3回飲むといい、と書いてあったけど
とてもじゃないけど3回も飲めないな、という味ではあった・・。

飲んだら、体がとてもぽかぽかして、夜はぐっすり眠れた。
風邪に効いたかどうかは・・まだ不明。

でも、このジャムウはすごい安かった。
他にお店のおじさんが適当に薦めてくれた、肌がスベスベになるというジャムウ一箱と
この「TOLAK ANGIN KOMPLIT」2袋買って、21,000RP、約210円だった。
値段配分はわからなかったけど、安いなあ。
ちなみにジャムウは、日本から通販なんかで買うと700円とかする。



部屋のテラスで、バリのお酒の絵を描いていたら、
宿のご主人パキールさんがチャナンをお供えに来て、
私の描いている絵を見て「ビール?!」と笑われてしまった。
ちゃんと風景とかだって描いてるんですけど...と思ったのだけど
何もこんなの描いてるところを見られるとは、恥ずかしい。
毎日お部屋の掃除もしてもらっているので、
キッチンに置いたいろんな種類の酒瓶が毎日のように置かれているのも
知られてるしなあ・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリ旅17_バリ的幕の内弁当... | トップ | バリ旅19_ホスピタリティ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL