酒ぶろーぐ

酒を飲んでの失敗談、成功談の他、身近に起こる変なことなどを書き続けます。

バリ旅17_バリ的幕の内弁当とカクテル

2009-07-15 11:04:26 | 旅行記

日替わりの朝食には
バナナパンケーキのメニューもある。
バナナを薄いクレープみたいな生地でくるっと巻いて
チョコレートをかけたもの。
まるごとバナナみたいなものかな。



窓枠の形や素材によって、
景色の魅力は更に倍増されるとおもう。



お昼はモンキーフォレスト通りのレストラン「DIAN」へ。
日本語メニューもあった。
ナシチャンプル、アイスティー、トロピカルフルーツカクテル
がセットになって27,000RPというお得な「Bセット」というのにしてみる。
野菜料理がン2種類と入って具の種類も充実のナシチャンプル。
味付け卵が美味しかった。

ナシチャンプルの具は店によってまちまちで特に決まりはないかんじだけど
要するに日本でいう幕の内弁当みたいなもんだな、と思った。



「カクテル」というのはてっきりアルコールのことだと思い込んでいたのだけど
食後に出てきたのは、フルーツの細かくきったのがグラスに入ったデザートであった。
カクテル、って別にアルコールのことをさしている訳じゃないんだよなあそういえば。
こういうデザート皿みたいなものに混ぜ込んだものをさすのかな?
ともかく、ランチのセットにアルコールのカクテルがついているのも
妙だよな、とは思っていたのであった。


DIAN
Bセット
ナシチャンプル、アイスティー、トロピカルフルーツカクテル
27,000RP
+10%



そういえば宿の前の道をもっと奥に行くとどうなっているのだろう?
と思って散歩してみると、すばらしい田園風景が広がっていた。



そこかしこに吊るしてあった三角形のもの。
中にチャナンが置いてあったので、お供え用の台なのだろうか。



夕食は宿の近くのワルン・メンデスへ。
ここは雰囲気がいいので、なんとなく一番通っている。
鶏肉の炭火焼、アヤムバカーンは、炭火の味でしっかりと味が出ていて
おいしかった。
隣の欧米人になぜか「それはお魚?」って聞かれた。


Warung Mendes
アヤム・バカール・ララパン 20,000RP
ビンタンL 27,000RP




風邪気味の体がちょいとだるいので、食事に出る意外は
本読んだり昼寝したりお絵かきしたりして
ほとんど宿でゆったり過ごしていたので
今日は写真も少ないです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バリ旅16_パダンバイより再... | トップ | バリ旅18_ハッテンワインと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL