BLOG in Atelier.Minami

ゲーム攻略、読書感想文など。

【ゲーム雑記】Fate/Grand Order 図鑑#92:両儀式(殺)

2017年06月09日 23時51分58秒 | FGO
【簡単な略歴とか】
イベント「空の境界/the Garden of Order」で配布されたサーヴァント。
Type-Moon作品である『空の境界』の主人公で、物の「死の線」を見ることができる直死の魔眼の持ち主。この能力で異能の者たちと戦っている。
イベントにおいては、特異点と化したオガワハイムの調査に訪れたカルデア陣営と共闘し、各部屋に住み着いてしまったサーヴァントを退治し、最終的に主人公を認め、サーヴァントとしての契約を結ぶことになった。
『空の境界』における式の戦闘力はサーヴァントにはおよばす、防戦に徹すればなんとか互角に戦えるかも、という程度だったが(もっとも『空の境界』にサーヴァントは登場しないが)、『FGO』ではサーヴァント化したことにより普通に戦えるようになったようだ。
『Fate/EXTRA』では隠しボスとして登場。クラスはMONSTERとなっている。英霊100人切りというとんでもない難行をやっており、ラスボスを超える戦闘力を見せた。『FGO』のCCCイベントでも最後のクエストで登場。
ちなみに『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』では直視の魔眼は実在を疑われるほどのレアな魔眼として紹介されている。


【クラススキル】
気配遮断:C
単独行動:A

【保有スキル】
直死の魔眼:A ※式の性能を代表するようなスキル。1ターンの間、自身に無敵貫通状態と、Arts性能アップを付与、敵単体の即死耐性をダウン
心眼(偽):A ※自身に1ターンの回避付与と、3ターンのクリティカル威力アップを付与
陰陽魚:B   ※自身のHPを減少(1000で固定)し、NPをチャージする

【宝具】
◆唯識・直死の魔眼(ゆいしき・ちょくしのまがん)
 ランク:EX
 種別:対人宝具
対象の「死の線」を斬り、即死させる宝具。とはいっても即死だけでなくダメージもちゃんと入る。即死の確率はそこそこあるが、所詮ボスキャラには通用しないので、即死したらラッキーくらいの気持ちで、普通に単体宝具とみたほうがよい。ダメージ量もかなり高い。


【ゲーム内の性能】
アサシンのためスター生産は得意なうえ、NPチャージも得意で、宝具連発を狙えるタイプのサーヴァント。回避もあるため生存率も高く非常に使い勝手が良い。Artsが2枚あるので、Artsパへの順応もよいが、やはりクリティカルで一気にNPをチャージしたいので、Quickパの方が活かせるかもしれない。総じて配布サーヴァントゆえの性能の高さを感じさせてくれ、高いレベルで自己完結しており、どんなパーティーでも活躍できる強力なサーヴァントといえる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... | トップ | 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FGO」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL