Nice One!! @goo

観たい映画だけしか観てません。今忙しいんでいろいろ放置

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【TIFF_2012】『インポッシブル』 (2012) / スペイン・アメリカ

2012-10-21 | 洋画(あ行)


原題: The Impossible
監督: J・A・バヨナ
出演: ユアン・マクレガー 、ナオミ・ワッツ 、トム・ホランド 、サミュエル・ジョスリン 、オークリー・ぺンダーガスト

映画『インポッシブル』公式サイトはこちら。 (2013年6月14日公開)

第25回東京国際映画祭『インポッシブル』ページはこちら。

作品サイト(英語)



<作品解説>
2004年のクリスマスの翌日、スマトラ沖でマグニチュード9.1の地震が発生し、巨大津波が近隣諸国に甚大な被害をもたらした。本作は、津波に飲みこまれたスペイン人一家が経験した、まさに「インポッシブル」な実話を映画化したものである。スペイン人夫婦をナオミ・ワッツとユアン・マクレガーに置き換え、実際の出来事が克明に再現されている。
(第25回TIFF公式サイトより)


ナオミ・ワッツとユアン・マクレガー、これはチケット売り切れ必至を見越して一番最初に買いました。
これは果たして日本公開はあるんでしょうか。スマトラ沖地震を扱ったものとは言え、津波のシーンはかなりリアルなものでしたので・・・。
スマトラ島沖地震 (2004年) wiki

クリスマスを控えて休暇を取りに来ていたリゾート地を襲った津波、平坦な土地だけに被害もひどかった。それを映画で再現しようというのですから、どれほどの技術や工夫があるのか?とも思ったのですが、観ていて水の中の様子などが非常にリアル過ぎてしまってやはり胸が痛い。
『TSUNAMI -ツナミ-』 『ヒア アフター』と過去にディザスターものの作品は観ていますのでたぶん大丈夫と思ってたんだけど、それでもやはり実際に映像で入ってくるものは衝撃ではある。それもそのはずで、本作は10分間の津波のシーン製作だけに1年かけたそうです。


実話ベースなので、本作の見どころは、津波の被害に遭ってからこの家族5人が何を経験したかということ。
当然ですが家族1人1人流された場所も違うし、再会できるのかという不安もある。お互いの生死がわからない状況下で、自分も死なないように必死に津波と闘わないといけない。
主要キャストの中では何と言ってもナオミ・ワッツが大熱演。よくここまで再現するなというところまで演じてくれていました。ユアンももちろん父親役として踏ん張っていましたけど、今回状況的にナオミの方がシリアスでしたので。
それと長男ルーカス役のトム・ホランドくん。彼もかなり出番が長くていろいろな表情を見せてくれました。第3の主役と言ってもいいでしょう。今後の活躍が楽しみな俳優くん。

津波の悲惨さを伝えることもですが、その後に続く家族の絆がメインテーマであるだけに、1人1人の心の動きを追うことによってしっかりと本作は心に残る作品になると思います。ファミリーものが好きな方ならまず心打たれることでしょう。日本公開は未定のようですが、人と人との絆を確かめるという意味では、震災を経た日本でも本作を上映する意義はあると思います(→2013年6月14日に日本公開が決まりました)。


★★★☆ 3.5/5点



『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   Trackbacks (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【TIFF_2012】『イエロー』 (... | TOP | 【TIFF_2012】『スプリング・... »
最近の画像もっと見る

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おそくなりました; (シャーロット)
2013-01-16 19:57:32
こんにちは。
すっごく遅くなってしまったのですが…今頃すみません。
今年もどうぞよろしくお願いします
昨年はホントにホントに劇場へ行けなかったんですよ。こんな状況下で2回?roseさんとお会いできたのはインポッシブルw
ところで本作。
津波なシーンより後半部分に注目したいですよね。
なんというか子役たちへの目線が好きです。
また機会があったら見に行こうかな…いけるかなw
シャーロットさん (rose_chocolat)
2013-01-19 17:09:50
昨年は本当に2分間くらいしか(笑)会話できなくて、大変残念でした。。
今年はゆっくりしたいものですね。
劇場に行けない状況って確かにあります。私など無理無理行ってるので、かえっていけないんじゃないかともよく思ったりします。

そうそう。本作は、津波がどーのこーの・・ではないんですよね。
津波その後、です。
たぶん日本人はこういうの好きだと思いますよ。
胸が痛い (ノルウェーまだ~む)
2013-05-02 00:16:08
roseさん☆
本当に津波に呑まれるシーンは無長苦しくなりました。
かなり前にご覧になっていたのね?
それにしても津波のシーンに1年かけたって、納得です。
いったいどうやって撮影したのかな?と、あまりのリアルさにビックリしました。
ノルウェーまだ~むさん (rose_chocolat)
2013-05-02 06:54:57
津波のシーンはあまりにもリアルなんで、今でも映像が記憶に残ってます。
ここのシーンの製作に1年かけたっていうのも、どこをどういう風にして作ったのか知りたくなるよね。
ああいうことに巻き込まれちゃうと、もうどうしていいかわからないし、運を天に任せるしかない。
Unknown (mig)
2013-05-30 09:09:28
イーストウッドのあれよりもずっとリアルでしたよね。
次々無事に再会できちゃうので映画だなぁと思うケド事実らしいから凄いけどその部分で絆の感動、共感させるという意味ではいいけどそれでめでたしではない現状があるからこそ今じゃない時に観たらよかったのかも。映画として嫌と行ってるわけじゃないんですけどネ。
migちゃん (rose_chocolat)
2013-05-31 07:09:13
>イーストウッドのあれよりも
あれもなかなかだったけど、こっちも凄かった。
どうやって撮影してるんだろうね。

>めでたしではない現状があるからこそ
完全にこれはエンタメとして片付けちゃってるんですよね。
それも1つの映画の在り方なんでしょうがないけど、素直に感動・・・というのとは違うんだよね。
こんばんは (ituka)
2013-06-15 19:09:07
ナオミ・ワッツを初めて綺麗な女優さんと思いましたよ。
それまで苦手だったのに、なんでこういう血だらけの特殊メイクでそう思うのか
自分でも良く分かりません(爆)

津波シーン本物のようでメイキング映像が気になってます。
itukaさん (rose_chocolat)
2013-06-17 06:11:58
ナオミは割と好きな女優さんなんですね。いつもとことんリアルに演じているから。
今回も痛々しかったですよね。
津波は一体どうやって作ったのか、これも凄いものでした。
 (とらねこ)
2013-06-18 14:36:10
これ、日本公開は危ぶまれる、という中でのTIFFでの公開だったんですよね。
J.A.バヨナのホラー描写は好きなんですけどね。
とらねこさん (rose_chocolat)
2013-06-19 08:00:20
今思うと、去年のTIFFは試写みたいなものというか、日本の反応を見たかったんでしょうかね。
去年、概ね好評ではあったようですけど。
あっ (ボー)
2013-06-26 21:59:21
東京国際で観てたんですね。
ナオミちゃんには感心しました。やはり私のナオミだけあるなと(違うか)。
長男のトム・ホランドくんがカッコよかったですねえ。キャリアがある子かと思ったら、ぜんぜんなので、びっくりです。
ボーさん (rose_chocolat)
2013-06-27 21:14:23
そうなんですよ~。 
公開されるとどこの映画館になるかわからないので、映画祭で観れるものはできるだけ観てしまいます。
好きじゃない映画館で単館上映になっちゃったら、わざわざ行くのが大変だし。ヒルズで観た方が快適。

>私のナオミ
そこまで手を伸ばしましたか(笑)
まあね、すごかったですよね。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

24 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
インポッシブル ~東京国際映画祭より~ (とりあえず、コメントです)
2004年の年末に発生したスマトラ沖地震の津波に巻き込まれた家族の物語です。 もの凄く怖そうですけど実話を基にしていて、主演がナオミ・ワッツ&ユアン・マクレガーなので やっぱり観てみたい!とチャレンジしてみました。 黒いスクリーンに“Based on a true story”と...
マイTIFF (シャーロットの涙)
東京国際映画祭、閉幕…
「インポッシブル」☆実体験の恐怖 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ロンドンのときのお友達に、このスマトラ島沖の津波を実際に体験したというご家族が居た。 まさにこの映画に登場する家族と同じ。 彼女の体験談を聞いて私が想像したものは、まるでその10分の1ほどでもなかったのだと痛感。 勿論、この映画はドキュメンタリーではない...
インポッシブル /The Impossible (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 2008年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた 怖いだけじゃない、お気に入りのホラー「永遠のこどもたち」のJ.A.バヨナ監督作 ということで楽しみにしていた作品。 実は1ヶ月も前に試写で...
『インポッシブル』あまりにつらい、でも観る意味。 (Healing )
インポッシブル THE IMPOSSIBLE ★★★★☆ 4.5 不可能かもしれなかった命の生還 生かされている、その意味を問う 2004年、スマトラ島沖地震後に発生した大津波に遭遇した、ある家族の実話を映画化。 モデルとなったスペイン在住中のマリア・ベロンさんは、脚本にも助言...
インポッシブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(10) 映画の構成は『ワールド・トレード・センター』か。
【インポッシブル】ある家族の物語 (映画@見取り八段)
インポッシブル~ LO IMPOSIBLE ~    監督: J・A・バヨナ    出演: ナオミ・ワッツユアン・マクレガートム・ホランドジェラルディン・チャップリンサミュエル・ジョスリンオークリー・ペンダーガスト 公開: 2013年6月14日 2013年6月14日。劇場観賞。 20...
映画「インポッシブル」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 今回私は映画サイト「Gacchi」の試写会に招かれた。客入りは6~7割くらい。本編上映前に配給元プレシディオの宣伝担当さんから、東日本大震災を経験した日本で本作が上映がされるまでの経緯が語られた。
インポッシブル (心のままに映画の風景)
2004年12月。 マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)は、3人の息子とバカンスを楽しむため、タイのリゾート地を訪れた。 クリスマスの翌日、スマトラ島沖で巨大地震が発生、一家を...
インポッシブル わたし。両親。家族。愛。 (Said q winning)
監督: J・A・バヨナ 出演: ユアン・マクレガー 、ナオミ・ワッツ 、トム・ホランド 、サミュエル・ジョスリン 、オークリー・ぺンダーガストストーリー  2004年のスマトラ島沖地震で離れ離れになりながらも再会を信じて生き抜いた家族の実話を、ナオミ・ワッ....
ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー『インポッシブル (Lo Imposible)』J・A・バヨナ監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に映画化『インポッシブル』監督は『永遠のこどもたち』のフアン・アントニオ・バヨナ(J・A・バヨナ)。主演はナオミ・
「インポッシブル」 (或る日の出来事)
家族って、すごいなあと感動する。
インポッシブル 津波の怖さとはこれなのか! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=35 うち今年の試写会5】 「2004年のスマトラ島沖地震による津波に巻き込まれたスペイン人一家の実話を基にして作られた映画。予告編ではワッツとマクレガーが『希望、勇気、家族の愛について問い掛ける物語で、被災者の方々への大きな敬意を示した作品です』と、東日...
この状況下で人は・・・ (笑う社会人の生活)
24日のことですが、映画「インポッシブル」を鑑賞しました。 マリアとヘンリーは3人の息子と共にタイにやって来た。 しかし 彼らは未曾有の天災に巻き込まれ 一瞬にして津波にのみ込まれ散り散りになってしまい・・・ スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の...
インポッシブル ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが主演を務め、スマトラ島沖地震後に発生した津波に遭遇した一家の実話を基に描く感動の人間ドラマ。突如襲った災害により一時は離散してしまうも、諦めることなく生き抜いた家族の絆を描き出す。監督を務めるのはデビュー作『永遠のこ...
インポッシブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『インポッシブル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが出演するという情報だけを持って映画館に行ってきました(注1)。  本作は実話(true story)を基にしており、2004年12月にスマトラ島沖地震で発生した大津波に襲われ...
インポッシブル (映画的・絵画的・音楽的)
 『インポッシブル』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)ナオミ・ワッツとユアン・マクレガーが出演するという情報だけを持って映画館に行ってきました(注1)。  本作は実話(true story)を基にしており、2004年12月にスマトラ島沖地震で発生した大津波に襲われ...
「インポッシブル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Lo imposible」…aka「The Impossible」2012 スペイン 2004年、12月。英国人夫婦のヘンリーとマリアはクリスマス休暇のため3人の息子を連れタイのリゾート地を訪れる。楽しいクリスマス・イヴもクリスマス・ディも終わり、引き続き家族はヴァカンスを楽しんでいた。...
インポッシブル (試写会) THE IMPOSSIBLE (まてぃの徒然映画+雑記)
2004年、スマトラ沖大地震の大津波で実際にあった出来事を元にしたストーリー。主人公の1人マリアを演じたナオミ・ワッツがアカデミー主演女優賞にノミネートされました。昨年の東京国際映画祭では、チケットが発売後すぐに売り切れて、鑑賞した人から「ぜひ今の日本で公...
「インポッシブル」 (ここなつ映画レビュー)
泣く、と判っていたけれど、本当に泣けました。津波の恐怖や、災害時に家族の消息がわからない不安感、それにももちろん同化して胸が苦しくなったけれど、最も泣けたのは、家族の中の長男が、精神的に少年から青年に成長して行く姿。 2004年、スマトラ沖で発生した、...
インポッシブル (いやいやえん)
ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー共演。 2004年のスマトラ島沖大地震の災害ヒューマンドラマ映画ですので、どうしてもそういう目線でみてしまいます。 バカンス中に津波に遭遇してばらばらに流されてしまったスペイン人一家の実話を基にしたお話で、美しい自然を...
インポッシブル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE IMPOSSIBLE/LO IMPOSIBLE】 2013/06/14公開 スペイン/アメリカ 114分監督:J・A・バヨナ出演:ユアン・マクレガー、ナオミ・ワッツ、トム・ホランド、ジェラルディン・チャップリン、サミュエル・ジョスリン、オークリー・ペンダーガスト 生きる希望は、奪えな....
『インポッシブル』 (Cinema+Sweets=∞ 映画+スイーツBLOG)
ブログの更新をしていなかった間に鑑賞済の映画の感想も、ちょっとずつアップしていこうと。 そして、やっぱり今年一番の衝撃を受けた作品ということで、この作品から。 ナオミ・ワッツ、ユアン・マクレガー共演の『インポッシブル』です。 ******************** ...
映画『インポッシブル』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-54.インポッシブル■原題:Lo Imposible(英題:The Impossible)■製作年、国:2012年、スペイン■上映時間:113分■料金:1,800円■観賞日:6月29日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督:J・A・バヨナ◆ナオミ・ワッツ◆ユアン・マグレガー◆ト...