R569
13歳シーズーの虎六&保護犬3本足のぽち子&イモリのアカハラ部長&オカメのほおずき隊長
 



福島県あっつぁん地方は、まだ桜咲いてますよぉ
(*^-^*)ふふふ


とてもきれいです~

この辺りの桜が終わると、次は猪苗代町の桜ですね!!



      



先日、虎六ぽち子の狂犬病予防注射と血液検査の結果を聞きに行って来ました!


病院へ行く前に、近くの公園散歩でスッキリしてから向かいましょう~



ルンルン♪

この後、何が起こるか、まだ知らぬぽち子ちゃん

そう、ぽち子は病院が大嫌い

あまりの恐怖に腰抜けちゃいますからね
(;'∀')




『おれおれは今日は病院に行がねんだぁ』



そうなんです
今回、M病院に行くのは、ぽち子ちゃんだけ

虎六も以前はぽち子と同じM病院でしたが、去年の皮膚病悪化時に、トリミング併設のA病院へ転院したので、今日は病院には行きません~
(*'ω'*)



ぽち子の体重は、なななんとっ!!!


【9.30キロ】


今までの最高体重、8.60キロから大幅アップ!!!

なんでこんなに太っちゃったのかしら…
( ̄▽ ̄;) あらら



血液検査の結果は、健康優良児!!

    




その翌日…






そうです、今度は虎六の番です~

狂犬病予防注射と、トリミングも!

虎六は病院は全く平気ですが、どうもトリミングが嫌みたいで、最近カットしてくれるお姉さんに咬みつこうとするみたい…
(;・∀・) キャー



虎六の体重は、【6.85キロ】


いつもと同じですね



血液検査の結果は、健康優良児!!

      





早く虎六のトリミング、終わらないかな~



      



と、ここまではいつもと変わらない感じだったのですが…



トリミングが終わり、A病院へ虎六を迎えに行き、病院を出て10分くらい車で走った頃、突然!


ガタンッ


ものすごい大きな音が後部座席でしてビックリ
(;゚Д゚) なんだ?



何々、今の音は…




その音の正体は、虎六が倒れてぶつかった音でした

急ブレーキも掛けていないのに一体どうして?



と思いよく見てみると、虎六の様子が変です


体がぐらんぐらん揺れ、激しい眼振と、首が曲がり戻らないようです



脳梗塞?
それとも、狂犬病予防注射のアナフィラキシーショック?



急いで病院へ戻り再度受診



「特発性前庭疾患」という事でした


症状だけ見ると、初代犬ろろちゃんと全く同じです
目がグルングルン回転し、体がまっすぐ保てずに倒れてしまいます


特発性前庭疾患は、軽度なら3日から1週間で症状が治まるので様子を見るように…と言われたのですが、何も処置なしで家に帰っても大丈夫なのかしら


トリミング時に興奮して…とか、狂犬病予防注射の影響…とか
色々質問してみても、その影響はないとの事



仕方なく、そのまま帰宅…



しかし、症状が全く落ち着かない~~
(>_<)


やはり心配なので、家から近く、ぽち子ちゃんが前日に注射を打ってもらったM病院へ!!

ここは虎六が生まれた時から12歳までお世話になっている病院なので安心感もあり、虎六も先生の事が大好きです♪






M病院へ向かう時の虎六

動画ではないので眼振やふらつき具合をお伝えする事は出来ませんが、保定できずグラグラです




M病院に着き、A病院で言われた事と、トリミングと狂犬病予防注射をして来た事を伝え…
(あぁぁ、なんだか焦る…)



M先生も、この症状を見る限り「特発性前庭疾患」で間違いないだろうと言いましたが、他の臓器や器官から来る症状でない事を確定するために血液検査をする事になりました


血液検査の結果は全て正常、健康優良児!!



結果から、特発性前庭疾患で間違いなし

炎症を抑える抗ヒスタミン剤とビタミン剤の注射をし、同内容の飲み薬1週間分処方してもらいました


家での見守り方、過ごし方、注意点などを教えてもらい帰宅



現在…

まだ眼振とふらつきがありますが、少し落ち着いて来たようにも思います

もう少し様子を見ます~




最後までお読みいただきありがとうございます

長文失礼いたしました!

(*- -)(*_ _)










コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




福島県三春町、福島ガイナックスで開催されている「五十嵐健太 飛び猫写真展~フクとマリモ、ねこ禅、もふあつめもあるよ~」を見て来ました

もう猫ちゃんが可愛くて最高!!



到着したら、とりあえず、虎六ぽち子のお散歩から…




三春町の桜は、訪問時はまだつぼみ…

4月21日現在は満開のようですよ~
(*^-^*)






たくさんおやつ持って来たから、食べようね~
(*˘︶˘*).。.:*♡



お散歩終了~

お二人には車で待機してもらい、早速飛び猫展へ…
(車内ではワンコだけにはしないようにしましょう)









こういう顔、好きだわ~




こちらは、フクとマリモ
フクロウカフェの看板フクロウ&猫ちゃんみたいですね

フクロウと猫に会える猫カフェ『HUKULOU COFFEE』



まだマリモちゃんが仔猫ちゃんで、フクちゃんと同じくらいの大きさです



マリモちゃん、だいぶ大きくなったみたい♪




たくさんの猫ちゃん写真に癒されましたぁ~
(*˘︶˘*).。.:*♡



********



先日4月13日、福島市の花見山公園に訪問し感動的な景色を堪能しましたが、花見山が忘れられなくて、17日にまた行ってしまいました
(ノ´∀`*) アハハ


残念ながら、この日は曇天でしたぁ









今回は、玉こんにゃくなど購入し、食べながら花見♪



ボケの花も満開♪






また来年も見に行くぞー!!!








コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )




2017年4月13日、福島市にある「花見山公園」へ行って来ました!
(*^▽^*)


「花見山公園とは?」

日本を代表する写真家 故 秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所で、 ウメ、数種類のサクラ、レンギョウ、ボケ、サンシュユ、モクレン、ハナモモなどの花々がいっせいに咲き競います
まさに「桃源郷」の言葉がふさわしいスポットです
戦中の貧しい時代から、花木生産農家の方が長い年月をかけて雑木林を開墾し、生活のために花を植えたのが始まりです
その美しさが人を呼び、「自然の花の美しさを一人で見るのはもったいない。この喜びを万人のものとしたい」との願いで、昭和34年に畑を一般開放されました

「福島市の総合観光情報ナビこらんしょふくしま」より



自宅の山を観光客に開放する事は、管理も大変でしょうし、様々な苦労もあると思いますが、花木農家さんのお陰で本当に素晴らしい景色を堪能出来ました♪
ありがとうございます!
Σ(゚∀゚ノ)ノ




写真中央奥に福島中心部の街並みが見えます

福島駅から臨時直通バスが出ているので、とても便利です
(*^-^*)












レンギョウが満開でした♪




自宅周辺がこんなに花いっぱいなんて…ステキ♪
(*'ω'*)




菜の花と花桃








山には雪がたくさんありますね~

浄土平の吾妻小富士と一切経山が見えます!
Σ[ ◎ ]ω・)発見!!



訪問時は、ソメイヨシノはまだ3~5分咲きでした

この週末で満開になったでしょうね~
‹‹(///'ω'///)››


でも来週からお天気がダウン


あぁぁ、もうちょっと桜を楽しみたいわぁ~
(✽ ゚д゚ ✽)








コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )




生後8ヶ月が過ぎた、可愛い可愛いオカメインコのほおずき隊長、通称ほおちゃん


実は、我が家に来てから一度も爪切りをした事がありません
(*´з`)

だいぶ伸びちゃったよぉぉ

何度か切ろうとはしたんです
しかし、どうやっても上手く切る事が出来ず…



ほおちゃんは手乗りなので手や腕に来てくれるのですが、もう~爪が凶器ですよ

肌にミミズ腫れが幾筋も…
( ̄▽ ̄;)ひー



これは、病院で切ってもらった方が良いのでは?

という事で、ほおちゃん、初病院です
Σ(゚∀゚ノ)ノ



近くで鳥を診てくれる病院があるかしら~

検索、検索…


見つかりました!!

しかも、「鳥も診ます」じゃなくて「犬猫鳥」を中心に本格的にやっている病院です

良かった良かった…
ヽ(^o^)丿



ここでハタと気づいてしまった!

ほおちゃんの移動用キャリー、用意してなかった事に…



急遽、前日に作りましたよー

100均のカゴと、段ボール…




(;^ω^)まあ、良いか、こんな感じで…



それがですね!

普段はすぐ手に載ったりするのに、このキャリーに入れようとしたら、いや~、暴れる騒ぐでもう大変でした


何なに、察してるの??

オカメインコって、そんなに勘が鋭いのかしら…
(;゚Д゚)




頑張れ~、ほおちゃん



ささ、早く車に乗せて病院へ向かいましょう


みんなで大移動…
(;´∀`)

写っていませんが、後部クレートには、ぽち子ちゃんも居ます



   



ほおちゃんの爪は無事に切ってもらいました!
   


体重は、97グラム

便検査、唾液検査、異常なし

健康優良児!!!
(*'ω'*)


「1年に1度は、ソノウ検査や血液検査もした方が良いですよ~」と言われたのですが、鳥から血液って採れるんですね

すごい…



帰り道、公園でお散歩して帰りました♪


「虎六ちゃま、口の下の毛が変になっちゃってますが…」


この日はとても暖かで、たぶん23度くらいあったのではないでしょうか!



       



家に帰って来てからのほおちゃんは、もうグッタリ…



鳴かず歌わず喋らずで、引きこもり状態でした

翌日も不信感露で、通常のほおちゃんに戻ったのは、2日後でしたかね~

かなりトラウマになったかも…


この調子じゃ、移動用キャリー見ただけでパニックになるんじゃないかい?


(;´д`)困ったなぁ~









コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )




みなさんの所では、桜はどうですかぁ?

こちら福島県は、まだですねー
蕾はだいぶ膨らんで来たようですが、開花はあと10日くらい?

楽しみです!!
(*^-^*)



   



2017年3月に読んだ本を紹介しま~す

3月は畑仕事もなかったので読書時間が確保出来て、じっくり読めました
(* ̄▽ ̄) ムフ♪



 「築地ファントムホテル」 翔田寛



明治5年に焼失した日本初の西洋式ホテル「築地ホテル」
その焼け跡から宿泊客の刺殺体が発見された
謎を追うのは、クリミア戦争、アロー号事件など、歴史的報道写真を多数残した英国人写真家、フェリックス・ベアト
日本人助手とともに捜査を始めた彼は、二重三重に張られた罠の先に、驚愕の真相を見た!
(Amazon商品の説明より)


2008年江戸川乱歩賞受賞作家、翔田寛氏
時代背景が明治5年
超高級築地ホテルに宿泊する西洋人と、江戸から明治に代わり新政権の勢いに追いつけない貧しい日本人のギャップが何とも言えませんぞ
イギリス紳士ベアトと日本人東次郎が、ホームズ&ワトソンのように殺人事件をビシッと解決するのか!?
と思ったらっ!

oh~no~、こう来たか~
ラストは、じんわり切なさが漂っちゃったなぁ
(´・ω・`)




 「凍える島」 近藤史恵



得意客ぐるみ慰安旅行としゃれこんだ喫茶店〈北斎屋〉の一行は、瀬戸内海の真ん中に浮かぶS島へ
かつて新興宗教の聖地だった島に、波瀾含みのメンバー構成の男女八人が降り立つ
退屈する間もなく起こった惨事にバカンス気分は霧消し、やがて第二の犠牲者が…
孤島テーマをモダンに演出し新境地を拓いた、第四回鮎川哲也賞受賞作
(Amazon商品の説明より)


この作品がデビュー作なんですかぁ
とても読みやすくて、近藤さん気に入っちゃったです
しかも、わたしにとって一番テンション上がる…

「閉ざされた空間で、何かが起こるっ!(いわゆる密室殺人)」

まさにそれ系のストーリー♪
最高!!
Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

ただ…
ラストはあれで良いのかしら
何となくもやもや感が残るような~
わたしだけかしら

あやめさん、それでいいのぉ~!?
(´・ω・)




 「THE CHAT」 椙本孝思



ソフトウェア会社に勤める平岡が通っているチャットルームに“インターネットの亡霊”を名乗る者が現れた
彼は、自分は既に殺されており、亡霊となって不要なファイルを削除していると語った
やがてその言葉通りに、残虐な方法で次々とチャットメンバーが消されてゆく
平岡は、姿の見えない“亡霊”に、閉じ込めていた過去-中学時代の凄惨ないじめによる殺人事件を思い出した…果たしてそれは亡霊?復讐?それとも快楽殺人か?
そして待ち受ける衝撃のラスト!
恐愕の異色ホラーミステリー
(Amazon商品の説明より)


この作品は、面白いから~と勧められて読んだ本です
確かに!
おススメ通りわたし好みの内容でしたっ!

序盤は、ミステリ風だったけど、読み進めるうちに「これってホラー?」
いや、やはりミステリか??
そんな感じで行ったり来たりですよ

ミステリかホラーか微妙な内容って、一番怖いなー
ですので、どんな話かあまり前知識なしに読んだ方が良いでしょう

って、商品の説明でさんざんストーリー言っちゃってますがね
(*´σー`)テヘ


いやそれより、わたしを一番悩ませたのは…

著者「椙本孝思」

最初、名字が読めず検索出来なかったのよぉ
おバカでごめんちゃい、スギモトさん
(m´・ω・`)m




 「puzzle」 恩田陸



学校の体育館で発見された餓死死体
高層アパートの屋上には、墜落したとしか思えない全身打撲死体
映画館の座席に腰掛けていた感電死体
コンクリートの堤防に囲まれた無機質な廃墟の島で見つかった、奇妙な遺体たち
しかも、死亡時刻も限りなく近い
偶然による事故なのか、殺人か?
この謎に挑む二人の検事の、息詰まる攻防を描く驚愕のミステリー
(Amazon商品の説明より)


無人島(時々無断で上陸する釣り人なども居るようですが…)での、あり得ない状況ばかりの死体
島田荘司の「斜め屋敷」的なビックリ系なのかしら~
これ、一体どう説明するのでしょう、恩田さん?

このオープニング、まさに掴みは…

(●`・ω・)b<OK!

しかもわたし好みの「閉ざされた空間で、何かが起こるっ」系ですぉ
いや、正確には、「何かが起きた!」ですけどね

この謎を解くべく、無人島に颯爽と上陸した二人のイケメン検事(イケメンは妄想)
40分で読破しました!
\(^_^)/イエーイ

これで恩田陸さんにハマってしまったんですよねー




 「死のロングウォーク」 リチャード・バックマン/スティーヴン・キング



近未来のアメリカ
そこでは選抜された十四歳から十六歳までの少年100人を集めて毎年五月に〈ロングウォーク〉という競技が行われていた
アメリカ・カナダの国境から出発し、コース上をただひたすら南へ歩くだけという単純な競技だ
だが、歩行速度が時速四マイル以下になると警告を受け、一時間に三回以上警告を受けると射殺される
この競技にはゴールはない
最後の一人になるまで、つまり九九人が殺されるまで、昼も夜もなく競技はつづくのだ
体力と精神力の限界と闘いながら、少年たちは一人また一人と脱落し、射殺されていく
彼らは歩きながら、境遇を語り、冗談を交わし、おたがいを励ましあう
この絶望的な極限状況で最後まで生き残るのははたして誰なのか
死と直面する少年たちの苦闘を描いた、鬼才キングの問題作、ついに登場
(Amazon商品の説明より)


一時期、キングにハマって、彼の作品ばかり読んでいた時期がありましたね~
東日本大震災時にだいぶ本を処分してしまったのですが、この「死のロングウォーク」だけは引っ越しの際も持って来ました

先日、図書館から借りた本も読んでしまい、他に読むものがなくて、2階の本棚を漁っていた時この本を発見!
何年振りかで読んでみたら、いやーやっぱり面白い
一気読みでした

最後のたった一人になるまで、ひたすら歩き続けるのみ…
こんな内容、普通思いつきます?
もう単純に「キングってスゴイ」
これに尽きる!

仲間が1人1人減っていく残忍さ満載のストーリーにもかかわらず、感動すら覚えるラストへと導くキングに尊敬~
(∩´∀`)∩




 「ユージニア」 恩田陸



「ねえ、あなたも最初に会った時に、犯人って分かるの?」こんな体験は初めてだが、俺は分かった
犯人はいま、俺の目の前にいる、この人物だ
かつて街を悪夢で覆った、名家の大量毒殺事件
数十年を経て解き明かされてゆく、遺された者たちの思い
いったい誰がなぜ、無差別殺人を?
見落とされた「真実」を証言する関係者たちは、果たして真実を語っているのか?
日本推理作家協会賞受賞の傑作ミステリー
(Amazon商品の説明より)


恩田さんの「puzzle」が気に入ったので、また恩田さん作品を選んでみましたっ

数十年前に起きた大量殺人について、当時を知る人物から質問形式に証言を得て、再検証していくストーリー
時系列に起承転結があるのではなく、一人一人の証言を繋ぎ合わせて、やっと全貌が見えてくるという何とも斬新な手法です

恩田さんってすごい

頭の中、どうなってんのぉ
(;゚Д゚)スゲースゲー




 「THE QUIZ」 椙本孝思



優勝者には賞金1億円
視聴者参加型の新クイズ番組に興味本位で応募し、予選を突破した笠間翔太と添川陽奈
しかし、決勝大会に進んだ笠間ら10人の回答者を待ち受けていたのは、クイズに間違えると即刻殺されるという残酷なゲームだった
死と隣り合わせの状況にパニックに陥りながらも、知恵をしぼってクイズに立ち向かう笠間たち
一体、何のために…?
その裏には主催者の驚くべき意図が隠されていた…
鬼才・椙本孝思による狂気に満ちた異色ホラーミステリー
(Amazon商品の説明より)


「商品の説明」にも書いてありますが、「その裏には主催者の驚くべき意図が隠されていた…」
その言葉通り、いや~驚いたっ
(;゚Д゚)

ストーリーは、まあ、とにかくクイズ番組なんです
わたしの中のイメージとしては、クイズミリオネア
回答者は、1人じゃなくて10人いるのですがね

だから、読んでいると司会者が「みのもんた」になっちゃうんですよー

そんな有名人が司会やっているのに死と隣り合わせのクイズ番組って…ちょっと
(;´・ω・)
マジでラストはどうなるのよー


椙本さんって、前回読んだ「THE CHAT」もそうだったけど、ストーリーの発想力が抜群!
もう一気に読んじゃいました
(*´▽`*)




 「残穢」 小野不由美



この家は、どこか可怪(おか)しい
転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る音が聞こえ、背後には気配が……
だから、人が居着かないのか
何の変哲もないマンションで起きる怪異現象を調べるうち、ある因縁が浮かび上がる
かつて、ここでむかえた最期とは
怨みを伴う死は「穢(けが)れ」となり、感染は拡大するというのだが
山本周五郎賞受賞、戦慄の傑作ドキュメンタリー・ホラー長編!
(Amazon商品の説明より)


怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い怖い

「怖い」10回書いちゃいました

あぁぁ、怖かった…

小野不由美さん作品はお初でしたー
旦那様はかの有名な、綾辻行人氏
20代の頃は、綾辻さんの作品にだいぶハマったわぁ

これって実話ではないんでしょ?
実在している作家さんの名前も登場するし旦那様も同じ作家という設定なので、この「私」って小野不由美さん本人かと…
違いますよね~


アメリカのホラー映画みたいにいきなり頭上から死体がバーンと落ちて来たりする派手なパフォーマンスはないですよ
この作品は、そんなB級ホラー的なんじゃないんです

気づいたらすぐ真後ろに何者かが静かに佇んでいるような…
白の絵の具に黒がじわじわと混ざるような薄気味悪さがあるんですよね~


「祟り障りが感染する」

この本を読んだだけで、もしや感染の連鎖に入るのでは?という恐ろしい妄想に取りつかれます

だって、読んでいる最中、玄関の天井近くでバキ==と気の軋む音がするんですもの
それが2晩続いた時には、マジでヤバいんじゃない?って思ったわ
背筋ゾ~~~ですよ

いや~怖かった面白かった
小野不由美さんハマりそうです
((((;゚Д゚))))




   




以前、ブログで…
1月23日放送、内藤剛志主演、西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ 「伊豆・下田殺人ルート」ついに始まる!

と言うお話をしたのですが、今月4月3日に「西村京太郎サスペンス 新・十津川警部シリーズ2 伊香保温泉殺人事件」が放送されましたね
わたしは録画してありまして、まだ観ておりませんが…
(*´▽`*)オホホ

時間のある時にじっくり拝見させていただきます


しかし、十津川警部シリーズ2時間ドラマをこんなに短期間に次々放送するなんて…

内藤さんはつい先日「科捜研の女」の放送が終了し、4月から「警視庁 捜査一課長」が始まるし、その間に十津川警部の撮影…

って、ちょっと、すごいハードじゃないですかっ

お体には気を付けて下さいね~
(^.^)/~~~ 応援してま~す











コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )




我が畑・雑草天国の福寿草がどんどん花を咲かせています



咲き始まった時よりも、株数が増えているようですね~
(*^-^*)



去年の秋に植えたクロッカスの球根も、3月に入り暖かい日が増えて来たので、ぐんと生長し咲き始めましたっ




すっかり春~~

るるるん~




と思ったらっ…




  




来ました、大雪




3月27日早朝

今回の雪は、ぽち子ちゃん好みの雪質だったようで~

テンションアップアップ




雪を見るとド~ンと横になってしまいます
(;^ω^) あ~あ









先日、福島県三春町の福島ガイナックスで開催されている「みんなのうたの世界展」を見て来ました



NHKで放送している「みんなのうた」の歴史です
(*´▽`*) 懐かしい~



まずは、到着したら、虎六ぽち子のお散歩から…












展示会場は、閉鎖された小学校を再利用しています


この建物、立派で勿体ないものね
(・´з`・)




これ、かなり有名になりましたよね?

おしりかじり虫?



宇多田ヒカルさんが歌っていた「ぼくはくま」





最近の歌だと思ったけど、2006年だったんだぁ
10年以上前?
(;゚Д゚) ガーン



ちょっと…懐かしすぎー

山口さんちのツトム君



もっとたくさんあったけれど紹介しきれませんねー

何とっても、みんなのうたも55年らしいですからね

それほど長く続くってスゴイ事ですよ




何となく売店を覗いたら、どーもくんのコップが可愛らしくて、つい買ってしまった…
(;^ω^)



しかし…?

家に帰ってからジックリ見てみると、これ、どーもくんかい?

ちょっと、怖いわ…

バタッ(ノ_ _)ノ










コメント ( 15 ) | Trackback ( 0 )




先週の15日、また雪が降りましたっ

雪大好きのぽち子ちゃんも、ベタベタした雪はお気に召さなかったようで、かなりテンションダウン





今冬の雪は、これで本当に最後かしら…

まだ油断出来ないかも


どちらにしても、まだタイヤ交換はしませんよー

4月中に磐梯吾妻スカイラインの雪の回廊を見に行くつもりなので!!
(*^-^*)


しかも、去年末にやっと噴火警戒レベルが引き下げられて、2年ぶりに一切経山登山が可能になりましたっ
イエーイ     イエーイ

今年は魔女の瞳を見に行くぞ==



       



先日19日の日の出ですが、何ともおどろおどろしい雰囲気の太陽でした

何かの前触れかしら



もっとクリアな写真を撮りたかったなぁ

携帯カメラではこれが限界ですね

残念っ



      



さてさて、春彼岸という事で、お墓参りに行って来ましたよ



結構雪が残っていました



虎六ちゃまはお墓の場所を覚えているので、先導してくれますぞ





ぽち子ちゃんは大暴れしてしまうので、車内クレート待機っ
(;^ω^)



後日、こちらはまた別のお墓参り…

独り暮らししている伯母の家に寄って来ました


すっごい田舎なので、自然いっぱい♪





ぽち子ちゃんは貸し切り田舎道を満喫!!



伯母からジャガイモの種イモをもらったので、只今、切り口の乾燥中です




そろそろ本格的に畑仕事頑張らないとなぁ


あ、そう言えば、21日に、今シーズン初めてモンシロチョウを見ました♪

今年もゲッパー長官(キアゲハの幼虫)を呼ぶべく、たくさんパセリとニンジンを育てるぞ=


  









コメント ( 24 ) | Trackback ( 0 )




この間、畑で、今シーズン初めて虫を見つけました!
ε=ε=(ノ≧∇≦)


春は近づいているんですね~
(*´ω`*)





こちらは3月9日の日の出

朝5時半くらいだったでしょうか

「これから太陽が顔を出すぞー」
気合の入った空の色でしたよ





そしてこちらは、3月12日のお月さま

満月です

携帯カメラじゃ、これが限界?
月の写真は難しいですねー
┐(´∀`)┌





今は冬なので、収穫のみですが、2月の野菜作りレポートです
(*^-^*)


あ、あれ?
冬で畑栽培は休眠中にもかかわらず、雑草天国の名の通り、草の生長はなんとも素晴らしい♪

さすが~~


草取りしなきゃ!!
(;^ω^)




畑で最後まで残っていた2本の大根を引き抜きました


美味しくいただきましたぁ
恵みに感謝!!
(*´▽`*)




プランター栽培の白菜


小振りサイズですね
(#^.^#)




バケツ栽培の白菜


こちらの方が少し大きめだったかなぁ
白菜は、ぽち子ちゃんも食べるので、助かります~
)^o^(




冬の間も、水やりは時々やっていたけど、久々にネットを外してみたら…


スティックブロッコリーが結構実っているではありませんか!
ウレシイわぁ
\(▽≦*\)




早速収穫~


大きめサイズだけ収穫しました
ちびっ子サイズがたくさんあるので、みんな大きく育っておくれよ~
(* ̄▽ ̄)ノノ





       




先日、近くにオープンした「コメダ珈琲店」に初めて行って来ました



よく見たら1968年創業の歴史ある珈琲店なんですね

本店は名古屋だそうで…


最近になってようやく福島県進出って感じでしょうか
\(^o^)/



虎六ぽち子が居ると、なかなか外食は出来ませんが、この日は虎六をトリミングに預けたので、もう~前日から「コメダ行くぞ=」と心に決めていました♪
(≧皿≦)うしし


コーヒー党なので、とても美味しくいただきましたー




トリミングから帰った虎六ちゃま、まさか自分が大変な時に飼い主がコーヒーで癒されていたとは知らず…


帰宅後も、監視の仕事に余念がありません
(`・ω・´)ゞ



『怪ちいやちゅは、居ねが?』



『誰だっ!!』










コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




この間の3月4日・5日の土日はとても良いお天気で、「すっかり春だわ~」

と思っていたのも束の間、7日はガ~ンと冷えて、いや~寒かったです

その代わり、花粉症は落ち着きますが…
(*´σー`)





3月5日の早朝

太陽がくっきりでした
(*^-^*)

なんか…「太陽にほえろ!」のオープニングみたい

(って、古過ぎかい?)





2017年2月に読んだ本を紹介しま~す



 「惑いの森」 中村文則



植物になりたいと願う青年。毎夜、午前一時に現れる男。
言葉を探し続ける郵便局員――どこか奇妙で、愛おしい人々。
新潮新人賞、野間文芸新人賞、そして芥川賞、大江健三郎賞と数々の賞を受賞してきた著者が、デビューから10年を迎えたいま、初めて挑んだショート・ストーリー集。
器用には生きられない人々に寄り添い描いた、珠玉の50篇。
*松倉香子の描き下ろしイラストレーションも贅沢に収録!
(Amazon内容紹介より)


暗い!
中村文則さん、暗いわぁ~
きっとこの人は病んでいるんだわ…と思っていたんですが、先日テレビでトークしている姿を観たら、普通に楽しいお兄さんだった…

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

ズボンの裾は短過ぎだけどね

ショートストーリー50話の中で、「老人とネコ」は忘れられません




 「そのころ、白旗アパートでは」 伊藤たかみ



芥川賞作家が描く、オンボロアパート物語
木造二階建て、屋上には一本の白い旗。
まるで“人生の降参者”が集うかのようなここ「白旗アパート」では、今日も誰かが青春の落とし前をつけている……はず!?

「俺たち、“人生の降参者”みたいですね」
金ナシ、ヒマあり、未来ナシ!?
新・平成アパート物語!
誰しもに訪れ、いつか後ろに置いてきた「そのとき」を瑞々しく描く連作短編集
(Amazon内容紹介より)


とにかくみんな超貧乏なんです

でも全く悲壮感はなく、なんだ~か青春そのもので癒されます
(*˘︶˘*).。.:*♡


中村文則さんの殺伐とした本の後に、この伊藤たかみさんのほのぼの系とは…
ギャップすご過ぎっ

Σ( ̄□ ̄|||)




 「ガダラの豚」 中島らも



アフリカにおける呪術医の研究でみごとな業績を示す民族学学者・大生部多一郎はテレビの人気タレント教授。
彼の著書「呪術パワー・念で殺す」は超能力ブームにのってベストセラーになった。
8年前に調査地の東アフリカで長女の志織が気球から落ちて死んで以来、大生部はアル中に。
妻の逸美は神経を病み、奇跡が売りの新興宗教にのめり込む。
大生部は奇術師のミラクルと共に逸美の奪還を企てるが…。
超能力・占い・宗教。現代の闇を抉る物語。
まじりけなしの大エンターテイメント。日本推理作家協会賞受賞作。
(Amazon内容紹介より)


いわゆる徹夜本と言われる超話題の本らしいですが、中をパラパラっと見ると、1ページに上下段の細かい文字がびっしりと!
600ページもあるじゃないですかっ!!!

これ読むの無理かもしれない~と一瞬過りましたよ

しかも分厚くて、持っていると腱鞘炎間違いなしっ!


読んだ感想は…




2017年2月に読んだ本の最高傑作!!
(;゚∀゚)=3 ムハー





さすがに徹夜は無理だったけど、3日で読めました!

面白かったー
ハマったー


主人公は、民族学学者の大生部多一郎(おおうべたいちろう)

この人が全然ダメダメで、「もう~大丈夫かよ~」と思いながら読んでいたら、いつしか大生部「おおうべ」を「だいじょうぶ」って読んでたよ

だって、本当に嫌になるくらい「だいじょうぶ」じゃないんですよー
全く一体何やってるんだか

(_д_;)ドテッ


小太りアル中の愛すべきキャラクターですね

実写では、ピエール瀧さんでどうでしょう?




       




4月からの新番組、テレビ朝日系「警視庁・捜査一課長~ヒラから成り上がった最強の刑事!~」毎週木曜・夜8時

超楽しみなんですよねー
Σ(゚∀゚ノ)ノ


今までは、2時間スペシャルの再放送をチョコチョコ見ていたんですが、4月からは連続ドラマで登場!

テレビ朝日のHPを見ると、4月から放送はシーズン2らしい
シーズン1も観たいなぁ


是非再放送をっ!!!











コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )




この頃は、福島県も、少しずつ暖かく感じるようになってきましたよ
(*^-^*)


2月21日の朝は、

こんなに雪が積持っていたというのに…

今冬、最後の雪かしら~



でも我が雑草天国は、すっかり春♪

福寿草が次々開花しています



独り暮らししている伯母の様子を見に行き、フキノトウをもらって来ました

震災の原発事故以来、フキノトウは積極的には食べていませんが、最近見た採取禁止項目にフキノトウが載っていなかったので、もう食べていいかなぁ~

という事で、天ぷらにして食べました

すっごく美味しかったー
ヽ(^o^)丿


伯母の家は農家なので、自然の恵みがいっぱいです♪



梅の花も咲きそう~




ひな人形飾ったよ
(*´ω`*)



ひな祭り風のクッキー作ってみました


ほうれん草パウダー&紫芋パウダーを使って、3色クッキーです



お雛祭りは女の子の節句だけど、もちろん虎六ちゃまもクッキー食べちゃうよ






「ぽち子ちゃん、クッキーだよぉ」






この間の日曜日、ぽち子ちゃん用にちらし寿司作りました

酢飯じゃなくて、普通のゴハンに、ニンジン、ほうれん草、卵、海苔をトッピング♪


美味しくいただきました!
(#^.^#)











コメント ( 20 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ