R569
14歳シーズーの虎六&保護犬3本足のぽち子&イモリのアカハラ部長&オカメのほおずき隊長
 



だいぶご無沙汰企画になってしまいました

6月~9月に読んだ本を紹介したいと思いま~す

(●^o^●)



「星読み島に星は流れた」久住四季



天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、天体観測の集いを開いていた
ネット上の天文フォーラムで参加者を募り、招待される客は毎年、ほぼ異なる顔ぶれになるという
それほど天文には興味はないものの、家庭訪問医の加藤盤も参加の申し込みをしたところ、凄まじい倍率をくぐり抜け招待客のひとりとなる
この天体観測の集いへの応募が毎回凄まじい倍率になるのには、ある理由があった
孤島に上陸した招待客たちのあいだに静かな緊張が走るなか、滞在三日目、ひとりが死体となって海に浮かぶ
犯人は、この六人のなかにいる
奇蹟の島で起きた殺人事件を、俊英が満を持して描く快作長編推理
(Amazon内容紹介より)



「隕石がスゴイ確率で落ちる島へご招待!」
これはわたしも行ってみたい!
凄く誘われる内容じゃないですか
閉ざされた空間の孤島で隕石をめぐる殺人事件
招待者のサラ・ディライト・ローウェルはいつまでも若々しく美しい天文学の博士らしいですが、彼女からは何故か物悲しいオーラが漂って来るんですよね~
読み終えた時、加藤盤さんと美宙さんでシリーズ化しても面白いのでは?
いや、むしろサラ博士で何か他のお話を書いてはいただけないか?
サラ博士のファンで~す
(*'ω'*)




「血の季節」小泉喜美子



青山墓地で発生した幼女惨殺事件
その被告人は、独房で奇妙な独白を始めた
事件は40年前の東京にさかのぼる
戦前の公使館で、金髪碧眼の兄妹と交遊した非日常の想い出
戦時下の青年期、浮かび上がる魔性と狂気
そして明らかになる、長い回想と幼女惨殺事件の接点
ミステリーとホラーが巧みに絡み合い、世界は一挙に姿を変える
1982年発表
復刊希望が相次いだ、幻の名作がついに復刊
(Amazon内容紹介より)


30年以上も前の作品という事で、確かに派手さはありませんが、読み終えてからジワジワ来ます
全体的にどんな内容の話なのか?という前知識はなしで読んで頂きたい
「僕」が少年時代に過ごす洋館、フレデリッヒとルルベルとの日常が何だかとっても素敵で、その章を読んでいる時が一番ワクワクしました
(*^^*)




「記憶の食卓」牧野修



「多重債務者」に「高額所得者」「エステ会員」に「かもリスト」…
名簿屋に勤める折原の元には、毎日様々な個人情報が持ち込まれ、高値で取り引きされる
ある日、新しく持ち込まれた名簿に、自分の情報が掲載されていた
いつの間に、どこからこんな情報が漏れたのか?
不気味に思いながらその名簿を持ち帰った折原は、テレビのニュースを見て愕然とする
凄惨な殺人事件の被害者が、その名簿に載っていたのだ
あやふやな記憶と、ダダ漏れの情報に翻弄される男が、連続暴行・殺人事件を追う
息もつかせぬ展開と、二転三転する衝撃のラスト
(Amazon内容紹介より)


リストに載っている人物が順に殺人事件に巻き込まれている事実を掴んだ折原亮が、同僚と真相を突き止めようとする章
そしていきなり折原亮とは関係無さそうな、小学6年生の遠藤悟一くんの章
この二つが交互に登場する訳ですが、これどう繋がるの??
って感じですが、これがまたビックリなんですよ
是非読んで確かめて頂きたいです

でもちょっとヒント言っちゃおうかな~
ヒントは「遠藤さん」と「指」です
(* ̄▽ ̄)




「儚い羊たちの祝宴」米澤穂信



夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」
夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる
翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目にはさらに凄惨な事件が
優雅な「バベルの会」をめぐる邪悪な五つの事件
甘美なまでの語り口が、ともすれば暗い微笑を誘い、最後に明かされる残酷なまでの真実が、脳髄を冷たく痺れさせる
(Amazon内容紹介より)


これはミステリなの?
ホラーなの?
短編5つからなる儚い羊たち
全てのストーリーに共通するのは「バベルの会」です
実際にバベルの会については詳しくは書かれていませんが、すご~く興味ありです
)^o^(




「クリーピー」前川裕



大学で犯罪心理学を教える高倉は、妻と二人、一戸建てに暮らす
ある日、刑事・野上から一家失踪事件の分析を依頼されたのを契機として、周囲で事件が頻発する
野上の失踪、学生同士のトラブル、出火した向かいの家の焼死体
だがそれらも、本当の恐怖の発端でしかなかった
「奇妙な隣人」への疑惑と不安が押し寄せる、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞受賞作
(Amazon内容紹介より)


登場人物多めなのでメモ必要!
全く悪い奴がいたもんだって感じです
文学部教授の高倉氏と奥様のキャラ、結構気に入っちゃいました
隣人役は榎木孝明さんはどうでしょうかね?
一見優しそうな眼をしているんですが、その奥にキラリと悪が潜んでいるような~
(*^^*)




「悪寒」伊岡瞬



大手製薬会社「誠南メディシン」に勤める藤井賢一は、会社の不祥事の責任を一方的に取らされ、東京から山形にある小規模な関連会社「東誠薬品」に飛ばされた
それから八か月ほどが経ったある夜、東京で娘・祖母と暮らす妻の倫子から、不可解なメールを受け取る
<<家の中でトラブルがありました。途中まで洗濯はしたのですが、妹に相談したら警察が来るまで掃除をしないほうがいいと言うので、床はそのままにしてあります。申し訳ありませんがラグにシミが残るかもしれません。こちらはなんとかなりますので、お仕事を優先させてください>>
賢一はすぐさま倫子に電話をするが、繋がらない
その数時間後、警察から「藤井倫子を傷害致死の容疑で逮捕しました」という電話を受ける
妻が殺した相手は、賢一にとっては雲の上の存在、「誠南メディシン」の常務、南田隆司だった
(Amazon内容紹介より)


こちらの作品も登場人物やや多め
メモしながら読みました
藤井さん、ちょっと可哀想過ぎますよね
もう何が何だかってテンパっちゃってます
結論から言うと、「もっと早く仕事辞めてればね~」ですね
(´・ω・`)




今回は、この6冊です

6月~9月の4ヶ月間で6冊とは、自分としては少な目でしょうか

ただもう9月はガン宣告されて全く本を読む気にはなりませんでしたからね

これからはまた冬に向けて読書漬けの日々になりそうです
(*^-^*)













コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




★入院する前にお出掛けした日記です★

2018年9月初旬、福島県岳温泉にある「風花」にチーズケーキを買いに行きました

ここのチーズケーキは、わたしの人生においてナンバーワンの美味しさではないかと思ってます
(・´з`・)

虎六・ぽち子の誕生日が9月という事もあり、このチーズケーキでお祝いで~す




風花のお庭がステキなんですよ


ホビットのお家


虎六ちゃまもハイ、ポーズ♡


「あたちも美味しいケーキ食べたい~」


「早ぐケーキ買って来てない」


この辺りは牧草地帯なのでお散歩がゆっくりできますよ~


美味しいケーキを食べて、たくさんお散歩して、ステキなお誕生日になったかなぁ

これからも元気いっぱい長生きしてね
(=´・∀・`=)












コメント ( 22 ) | Trackback ( 0 )




2018年10月1日に入院して17日に無事退院しました

家に帰って来られてホッとしています


病名は大腸ガンでした

ガンと告知された時は目の前が真っ暗になり、正直「もう終わりだ」と思いました

数年前に伯父が大腸ガンで亡くなっているのも影響しているのかもしれません


手術で摘出したガンがどの程度進行しているのか判るのは今月末です

結果はもちろん気になります

ただ、先の事を思い悩んで今を暗く過ごすのは勿体ないと思うようになりました

時間は貴重です


まだまだ虎六、ぽち子、ほおちゃん、アカハラ部長のお世話もあるし、頑張らないと!


これからまたブログアップしていきますのでどうかよろしくお願いしま~す

\\┗(^o^)┛//















コメント ( 25 ) | Trackback ( 0 )




この度、入院手術をする事になりました

初めてなので気持ちが落ち着きません
なんだか怖いですね…

せっかく今月は虎六15歳のお誕生日がやって来るのにその記事もアップ出来ないのが残念です
日常が戻ったら記事アップさせて下さいね

それでは頑張ります~
\\┗(^o^)┛//



※コメント欄は閉じております

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北海道地震で被災された方、お見舞い申し上げます

今は日本で安全な所なんてない状況ですね

災害に備えて行きましょう



8月から9月にかけて見に行った美術展です

色んな芸術に触れて自分でもまた絵を描きたくなりました
(*^-^*)



★とうほう・みんなの文化センター
森のささやきが聞こえますか 倉本聰の仕事と点描画展


森や生き物たちの強い生命力と自然を壊す人間への憤りを感じました
繊細な点描による力強いメッセージです






有名な「北の国から」のセットがありましたよ
懐かしいです
(*^-^*)










★福島県立美術館
イラストレーター安西水丸


緩い感じのイラストが癒されますね~
どの絵もどこかで見た事がある!
というくらい安西水丸さんの作品はいたる所に溢れています
(*´▽`*)












★エスパル福島5Fネクストホール
渡辺直美展 Naomi's Party


°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°おもちゃ箱をひっくり返したようなキラキラ感に包まれていました












★虎六ぽち子のお出掛け

とても良いお天気のある日、元気いっぱいお出掛けして来ましたよ!







北海道の停電が早く復旧しますように
たくさんのペットちゃんが安心して過ごせますように













コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




ここ数日やっと過ごしやすい気温になって来た福島県です
みなさんの所はいかがでしょうか?
(・´з`・)



    



この夏に見に行った美術展を紹介しま~す♪



★郡山市立美術館

「ターナー風景の詩」展






とっても涼しいです










到着したらまずは虎六ぽち子のお散歩

その後、虎六ぽち子には車でお留守番してもらって仲間と交代で美術鑑賞しました
(=´・∀・`=)




★伊達市梁川美術館

水森亜土アドちゃんのクリエイション展






アドちゃんの絵は本当に可愛らしい
大好き♪



梁川駅線路がまっすぐ



緑いっぱいです





まだ他にも美術展博物展に行ってますが、それはおいおい紹介したいと思います

(〃゚∇゚〃)














コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




(注意)今回は虫ネタですので苦手な方はご注意下さい!


わたしはキアゲハが大好きで、畑でキアゲハ幼虫を発見しては、保護して育てています

名前は、ゲッパー長官です
(・´з`・) うふふ



昨年2017年冬に蛹になり、そのまま越冬した数は21匹でした

さてさて、今春に幾つ羽化したでしょうかっ!!!

(*‘ω‘ *)


結果は…

21匹全員蝶になりました

\(^o^)/








可愛いなぁ



さてさて、長官がいらっしゃるように育てている人参ですが、微妙に生育が悪くて、今年はまだ1匹も発見できていません
( ;∀;)

もう8月に入ったというのに1匹も居ないなんて、なんと悲しい事…



しかしわたしの目もすごいなと自画自賛

ぽち子の散歩中、水田のセリっぽい葉に居る長官を発見してしまいました

普通は見つけられないよ、これは…
(* ̄▽ ̄)フフフッ


で、早速ぽち子を一旦家に連れ帰り、容器をもって水田に舞い戻る怪しいわたし


GET~~~


もうすっかり大きく成長していて蛹になるのも時間の問題?



玄関で育てようと色々準備しているのを見学するアカハラ部長
(*^-^*)



そしてなんと2日後には早速蛹になってしまいました


早かった~
三つ葉の補充も1回くらいしかしなかったわ
(;^ω^)




蛹になって9日後、無事羽化して飛び立って行きました

頑張れよ~~
(^.^)/~~~



あぁぁ~今度こそは、我が畑★雑草天国にご来場して欲しいものです













コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )




可愛い可愛いオカメインコのほおずき隊長、通称ほおちゃん!!

8月1日、ついに2歳になりました♡




妙に乙女チックバージョン
(;^ω^)

なんかこの2年、とっても早かったわぁ





お家に来たばかりの頃

まだまだお顔がグレーですね




少~しお顔が黄色くなって来たかな?




お尻や尻尾はまだトラ柄




大人になるとトラ柄が無くなりこんな感じになりますよ!




最近は布モノを見るととりあえずナンパします
(´∀`*)



歌のレパートリーも増えて来て、更に新曲を覚えてもらおうと思っているんですが、なんだか最近覚えが悪くなって来た…

色々吸収する時期は1歳くらいがピークなのかしらね~
(=´・∀・`=)



これからも元気いっぱい過ごしてね













コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




毎日本当に暑いですねー

身の危険を感じるくらいの暑さです
みなさん熱中症には気を付けて下さいね



『おれおれ外には出ねんだ』

ん、それが良いね
(´・ω・`)




我が畑★雑草天国もすっごい状態になってます

何が?

雑草がですっ
(;^ω^)


こんなに暑いんじゃ仕方がないじゃないですか

↑草取りしない言い訳

(・ε・`)ふんふふ~ん



ノウゼンカズラが満開を迎えています♪




キレイ~~



さてさて、7月時点の野菜たちの報告です




【ジャガイモ】

2018年4月17日

発芽♪
嬉しいですねー


2018年5月15日

1ヶ月後の5月中旬
葉がだいぶ揃い元気いっぱいです


花もチラホラ見えて来ました


2018年6月20日

もうそろそろ収穫のタイミングですね


2018年7月8日

少しずつ掘り起こして最終的にこのくらい収穫出来ましたぁ
\(^o^)/

小粒ですがとっても美味しいです♪
嬉しい!!





【ナス】

2018年5月15日

あまり良い苗が売っていなくて何となく手に取ったものを買って来ました
それでも元気に育ってくれて2週間でやっとこのくらいに…


2018年5月22日

一番花が咲きました
切り取る方が良いと言われていますが、そのまま育てています


2018年6月11日

初ナス!!
最初のナスなので小さ目ですが収穫です♪


現在

1週間に1個程度の割合で収穫出来ています
収穫したてのナスは本当に軟らかくて美味しいですね~
(*^-^*)


その他、ズッキーニ、スイカ、メロンなどにチャレンジしていますが、さてどうなるか??
(*´ω`*)













コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )




7月6日~8日にかけての集中豪雨でお亡くなりになった方々、心よりお悔やみ申し上げます



2018年4月~5月に読んだ本を紹介します



「強欲な羊」 美輪和音



美しい姉妹が暮らすとある屋敷にやってきた「わたくし」が見たのは、対照的な性格の二人の間に起きた陰湿で邪悪な事件の数々
年々エスカレートし、ついには妹が姉を殺害してしまう
その物語を滔々と語る「わたくし」の驚きの真意とは?
圧倒的な筆力で第7回ミステリーズ新人賞を受賞した「強欲な羊」に始まる“羊”たちの饗宴
企みと悪意に満ちた、五編収録の連作集
(amazon内容紹介より)


これ、最高です!
5つの短編小説から成り立っていますが、是非順番通りに読んで頂きたい
5つ目の話で全部が繋がっていきます
相関図など書きながら読み進めるとなお判り易いかもしれません
(*^-^*)




「届け物はまだ手の中に」 石持浅海

<おお~っと、本の写真を撮り忘れました>

楡井和樹は恩師の仇である江藤を殺した
しかし裏切り者であるかつての親友・設楽宏一にこの事実を突きつけなければ、復讐は完結しない
設楽邸を訪れた楡井は、設楽の妻、妹、秘書から歓待を受ける
だが息子の誕生パーティーだというのに設楽は書斎に篭もり、姿を見せない
書斎で何が起きているのか…
三人の美女との探り合いの果て明らかになる、驚愕の事実とは!?
(Amazon内容紹介より)


石持さんの優佳シリーズを読み終えちゃったので…という事で手に取った本です
なんで設楽さん出て来ないのかな~とずっと不思議だったけど、まさかそういう事かっ!
私の好みのラストです
あれをメロンに例えるとは…
(≧∇≦)




「婚約迷走中-パンとスープとネコ日和-」 群ようこ



いつでも婚約破棄する準備あり
滋味深いスープと美味しいサンドイッチのお店をマイペースで営むアキコと相棒のしまちゃん
仕事熱心なしまちゃんだが、婚約者・シオちゃんには、つれない態度…
ロングセラー「パンとスープとネコ日和」待望の第4弾
(Amazon内容紹介より)


待ってました第4弾!!
しまちゃん、本当にシオちゃんにはツレナイノネ…
でも何となくしまちゃんの考え、判るような気がする
まあ、なんだかんだ言っても、しまちゃんとシオちゃん、ピッタリの二人よ
(=´・∀・`=)




「殺人鬼フジコの衝動」 真梨幸子



一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女
だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた
人生は、薔薇色のお菓子のよう…またひとり、彼女は人を殺す
何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか?
あとがきに至るまで、精緻に組み立てられた謎のタペストリ
最後の一行を、読んだとき、あなたは著者が仕掛けたたくらみに、戦慄する!
(Amazon内容紹介より)


イヤミスの女王と呼ばれている真梨幸子さんの作品です
相変わらずイヤ~な感じ満載、最高のミステリでした
内容が妙にリアルで、この作品が実話だと思っている人の多い事!
そう言うわたしも「高峰美也子」で検索しちゃった…
(;^ω^)




「屍人荘の殺人」 今村昌弘



神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と会長の明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共にペンション紫湛荘を訪ねた
合宿一日目の夜、映研のメンバーたちは肝試しに出かけるが、想像しえなかった事態に遭遇し紫湛荘に立て籠もりを余儀なくされる
緊張と混乱の一夜が明け、部員の一人が密室で惨殺死体となって発見される
しかしそれは連続殺人の幕開けに過ぎなかった
究極の絶望の淵で、葉村は、明智は、そして比留子は、生き残り謎を解き明かせるか?
奇想と本格ミステリが見事に融合する第27回鮎川哲也賞受賞作
(Amazon内容紹介より)


2017年末に発表になった「2018年このミステリーがすごい」第一位作品!!
図書館で借りたんですが、3ヶ月待ちでした
とにかく奇想天外で斬新、明智さんにはちょっとびっくりです
比留子シリーズ出来ないかなぁ
(*´▽`*)




「喫茶『猫の木』物語。~不思議な猫マスターの癒しの一杯~」 植原翠



恋愛不精のOL・有浦夏梅は、突然の辞令で海辺の田舎町に飛ばされてしまった
人間関係に悩み、会社を辞めようかとも考えはじめた彼女が出会ったのは、とある喫茶店『猫の木』
そこは居心地がよく親身になって悩みごとを聞いてくれる優しいマスターがいるのだが、なんとその人は猫のかぶり物を被っていて…
行き交う人々、移ろう季節
のんびりした、けれど温かな時間が流れていく喫茶店の一風変わった日常物語
(Amazon内容紹介より)


いつもミステリまみれですが、今作品はほのぼの系です
喫茶店のマスターが猫の被り物してるんですよっ
ちょっとビックリしますよね
でもマスター、被り物の中身はイケメンの予感…
ε=ε=(ノ≧∇≦)




「入らずの森」 宇佐美まこと



陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった
彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が…
一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた
一見、無関係な三人
だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める…
ホラーの俊英が、ミステリ要素満載で贈るダーク・ファンタジー
(Amazon内容紹介より)


ファンタジーホラーですね
ミステリ色強めですのでミステリ好きな方も楽しめるでしょう
登場人物がとにかく多いため、メモしながら読む事をお勧めします
映像化しやすいかも~
(*^-^*)

※ひとつ気になる点
菅田ルリ子の章で、「淳子はまた目を閉じてしまった。淳子は諦めてパイプ椅子に腰を下ろすと…」と言う場面があるのですが、腰を下ろしたのは淳子じゃなくて、淳子の娘のルリ子でしょう
誤植かい?




「乙霧村の七人」 伊岡瞬



かつて乙霧村で、戸川稔という男に一家五人が殺されるという凄惨な事件が起きた
あれから二十二年──この事件を題材に『乙霧村の惨劇』という作品を書いた泉蓮が顧問を務める大学の文学サークルのメンバー六人がこの村を訪ねる
事件当時と同じ豪雨の中、彼らは斧を持った大男に襲われる
閉ざされた集落で一体何が起きたのか!?
戦慄のホラー・サスペンス
(Amazon内容紹介より)


序盤は「13日の金曜日」か?はたまた「ハロウィン」か?と言う雰囲気プンプンのスプラッター系でわたし好み!
最後まで読むとそんな単純な話ではなかった…
稔、可哀想~
ずっと友里の苗字が判らなかったけど、まさかまさかの展開よ
(;゚Д゚)




「九月が永遠に続けば」 沼田まほかる



高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる
愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺
息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する
悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか
人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編
第5回(2004年)ホラーサスペンス大賞受賞
(Amazon内容紹介より)


これってホラーサスペンスなのかなぁ
しかしこれもまさにイヤミス、全編にどろ~っとした暗いオーラが渦巻いてます
亜沙実ってどれだけ魅力的な人なんだろう
色々と世話好き服部が、ちとキモい…




「あしたも、こはるびより。」 つばた英子



83歳と86歳の菜園生活
愛知県のニュータウンで、夫婦ふたり
キッチンガーデンで野菜を育て、換気扇のない台所で保存食をつくり、玄関のないワンルームの丸太小屋で暮らす
簡素だけど優雅な歳時記です
(Amazon内容紹介より)



「ひでこさんのたからもの。」 つばた英子



87歳と90歳の菜園生活第2弾
伝えたい味覚の記録です
愛知県のニュータウンで、はる、なつ、あき、ふゆ、キッチンガーデンで野菜を育て、換気扇のない台所でほんものの味がつまった料理を作る
お金よりも大切なことを知っている、ばぁばとじぃじの物語
(Amazon内容紹介より)



「きのう、きょう、あした。」 つばた英子



愛知県のニュータウンで、はる、なつ、あき、ふゆ
ひとりになり、時が止まってしまった英子さん
時を動かしたのは「食は命」の哲学としゅういちさんの「何でも自分で」の言葉でした
89歳、初めてのひとり暮らし
新しい菜園生活の始まりです
(Amazon内容紹介より)


つばた英子さんのシリーズ3冊一緒に読みました!
菜園の様子、土作り、収穫野菜でのお料理など、興味深い内容ばかり
シリーズ第3弾の時点では、旦那様のしゅういちさんが亡くなり一人の生活になってしまった英子さん
これからも体に気をつけて頑張って欲しいです













コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ