六甲1号の出撃にっき

撮影ロケの出撃模様のほか、日々の雑感なんかも綴ったものです。

ダッサい四季島 追っかけたった

2017-06-17 |  出撃 at 東北地方
 今月は上旬の三江線に続いて2度目となる遠征に出てしまう事になりましたが、その行き先が磐越西線。
 これはJR東日本が誇るトランスイート四季島の1泊2日コースで甲信越→会津と抜けて上野へ戻るコースで、唯一の非電化区間である磐越西線を通るので、ここで撮ってみようというもの。もちろん四季島の車両を見るのは今回が初めて。非電化区間は早朝に走るため、この時期でないと撮るのは難しいので、当初は予定に入れてなかったものの、天気がいいこともあって、急きょ出撃することにしました。
 上野を出た四季島は中央東線を下ってくるのですが、広い場所で順光で撮れる所はあそこと、あそこと、あの辺りの3ヶ所ほどに限られるので、この時期なら光線もいいのですが割愛し、磐西1本に絞ることにしました。早朝から追っかけるので、もちろんレンタカーで行きます。

 1.霧に悩まされた上野尻-野沢
 下道を延々と走ってきたのですが、少し時間を食ったので、越後川口→安田間は高速で急ぎました。快晴の月明かりに照らされて明るい夜道だったのですが、津川を過ぎたとたんに霧に被われてしまいました。三江線でも朝は1ケタまで冷え込んだので霧がでたのですが、こちらは更に標高があるので霧が濃いです、これはヤバいかも。
 4時過ぎに上野尻の定番ポイントである細田新田踏切に着いたのですが、視界は20m程しかありません。それでも既に3人ほどの人が三脚立てて陣取ってました。
 暫くしたら少しでも視界がよくなるかな?と思っていましたが、一向に良くならないことから、諦めて車を進める事にしました。しかし、この先山都までは阿賀野川に沿って線路が走っているので、川から昇る水蒸気で視界が悪いのは分かっているのですが、僅かな期待をこめて。
 そして野沢方面を車を走らせて5分ほどで急展開。なぜかここだけ?霧が覆っていない場所があったので車を停めてスタンバイ。

 5:03 予想より少し遅れてやってきました。まさかの順光で捉えることが出来てしてやったり。
 画面右側奥の上野尻方面はまだ濃い霧の中のようで、あの中で撮ってる人たちは、ここの状況など知る由も無かったのでしょうね。
 1発目の予想外の展開で心に余裕ができたので、後はもう流しで追っかけるだけです。後ろから90km/h近い速度で煽ってくる関東ナンバーがいても動じません。
 そして少し走って尾登のカーブで追いつきかけたので、その先の川沿いの場所で左側にスペースができたある所を見つけて車を停めます。

 5:12 尾登-荻野の鉄橋を渡る列車を車の中からですが撮ります。
 まぁ大した写真でもないので1ヶ所には数えません。
 その後も列車の1~2分後を追いかける展開が続き、やがてバカ停する山都に到着します。

 5:27 山都駅で列車は36分間のバカ停をして、下り列車との交換待ちをします。
 この停車時間を活かして、駅のホームに入ってみたものの、先頭がホームからはみ出るため、編成写真は残念ながら撮れません。

 2.雲にやられた一ノ戸川鉄橋
 山都駅での道草も程々にして、次の撮影地へ向かいます。場所は勿論、一ノ戸川の鉄橋です。
 この時期、早朝だと、北側の山からの俯瞰(ほとんど鉄橋と同じ高さのレベルですが)撮影が出来るので、淡い期待が持てます。

 6:03 期待も虚しく、陽の当たらぬ鉄橋を渡る姿を捉えます。
 背後の上空に雲が無いので、明暗差が大きい露出泣かせの光線下でした。絶対日頃の行いの悪い奴がおるで。
 列車は次の喜多方でも1時間弱の停車時間があるので、更に車を走らせて先回りをします。

 3.電化区間の田んぼの中で待つ
 喜多方からは電化区間に入りますが、単線なので被りも心配もなく、会津盆地の開けた田んぼで待ち構えることとします。

 7:16 会津豊川-姥堂間の田んぼにて。田んぼの西側には6台近くの車が止まっていて、10人近い人が構えていましたが、架線柱はかわせるものの、影側になるので、私は光線状態がマシな東側から狙うことにしました。
 これで追っかけは一旦終わり、只見線の会津高田付近へ寄り道をして気動車を1本撮ってから、猪苗代へ向かいます。

 4.締めはやっぱり磐梯山バックで
 四季島は会津若松で4時間近く停車した後、11時過ぎに郡山へ向けて出発するので、かなり時間的余裕がありますが、動き出したら磐越西線内での追っかけは難しいので、狙えるのは1ヶ所のみです。
 最初は磐梯町-翁島のS字カーブに来たのですが、側面が影になる可能性があるので、風が非常に強かったので、この場所は回避して、こちらも定番の猪苗代-川桁間で狙うことにしました。
 列車の通過まで1時間以上ありますが、既に10台以上の車が止まっていて、やはり定番撮影地は人気です。
 風も少しだけ弱まった感があり、決めかねていたアングルもようやく通過15分前に決定していよいよ列車の通過待ちです。ここで何と乱入者が。まさかの乱入に慌てて一眼レフの位置直しをしましたが、車は右側に写っていました。動画の方は広角なので回避できず、白い車が写ったままで撮影せざるを得ません。
まさかの通過2分前でこの場所に乱入されると、この距離だとオーイと叫んでも相手に聞こえません。
 本当に老人は害ばかり与えますな。

 12:05 線路脇にいる撮影者に対して、少し長めの汽笛を鳴らして通過していきました。
 ここでは景色重視なので、列車の占める大きさはこんなもんでいいです。
 何せ糞ダッサ~いデザインの車体なので、「四季島と磐梯山」これで結構です。
 これで追っかけ撮影は終了。このあとはもう1つのお楽しみのため、北へ向かいます。

 5.日本海側へ向かう
 磐梯山を北へ抜けて米沢市へ入り、ひたすら北へ向けて走ります。
 寒気の通過に伴い、北東北~北海道は雨も降る芳しくない天候でしたが、夕方近くになるにつれ、ようやく天候が回復しそうな期待があります。
 車は新庄に差し掛かった頃から上空は雲が多くなってきましたが、雨の心配はないようです。このまま天気が持ってくれるといいですが。
 そして17時半過ぎに目的の場所に到着しました。黒い雨雲が東の方へ流れて行き、僅かに明るくなってきましたが、陽が当たることはありません。そして

 18:03 遠くに一筋の銀色の帯が、そうですカシオペア紀行の回送列車です。
 ここは吹浦-女鹿間の釜磯の撮影地で、前回来た時は3人ほどが立てるスペースしかなかったのですが、私が紹介したからか、すっかり周囲は刈り取られて、20人近くが余裕で立てる場所になっていました。

 日本海側でカシオペアを撮るのは初めて。
 カン無しですが、編成を入れての俯瞰写真ならほとんど気にならないレベルです。
 この1本のために、わざわざ猪苗代から240km走ってきました。
 これにて終了~、としたい所ですが、翌12日は5/5出勤分の代休日だったので、ゆっくり帰路に就きつつ、途中で撮影がてら帰ることに。

 6.115系三昧の信越
 長岡近辺で仮眠し、夜が明けたら薄っすらと晴れていたので、まだ撮影していない新しい場所で撮ることにして柏崎市内まできました。しかしここで天気予報が当たってしまい、だんだんと雲が厚くなってきました。

 7:56 直江津発の長岡行きの快速列車です。
 撮り終えて車を動かし始めると、ポツポツと雨粒が落ちてきました。
 やがて前が見難いぐらいのザザ降りとなったため、新井快速の撮影は諦め、長野県側へ移動します。
 山を越えて長野県側へ入ると、ウソのように天気が良くて何とも不思議な気分。

 但し風がすごく強いので、特撮は諦め、まずは上りの長野行きを撮ります。
 メインはこの後の下り列車ですが、少し風が弱まったので、場所を移動します。

 11:33 来ました!復活初代長野色。
 先月の復活湘南色に続いての2編成目です。これで115系の撮影は終わり、あとは名古屋へ向けて戻るだけでしたが、途中でちょうどいい時間に坂下付近を通りかかったので、国道19号から外れて市道へ。

 16:31 一度撮ってみたかった、中央西線夕方に下り列車が順光になるポイントでの撮影です。
 機関車こそ一般更新色ですが、国鉄色が落ち・減便が始まった現在はこの更新色の列車ですら貴重な存在になりつつあるので、見つけ次第、撮っておく必要があります。

 これで四季島+αの撮影行が終わりましたが、やっぱり四季島のダッサいデザインに腰が抜けそうでした。7月初旬に北海道へ遠征して四季島の撮影をすべく、休暇を取る予定でしたが、もう行くのはやめる事にしました。1度ぐらいは北海道でも四季島を撮っておきたいですが、別の撮影と抱き合わせで入れないと、これだけのために行くのはさすがに勿体無いですわ。
 いよいよ梅雨の後半になって、雨天の予報が続くので、7月半ばまで遠征は見合わせかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三江線撮影

2017-06-13 |  出撃 at 中国地方
 梅雨入り前の最後の晴天の日に三江線の撮影へ行ってきました。昨年9月に三江線を乗り鉄した時に、往復乗車して左右の車窓から予め景色の良さそうな場所をピックっプしておいたので、今回はその場所へ狙って出撃。
 車で行くので今回も一眼レフ持参でしたが、実際あまり4K動画と変わりませんでした。
 コマ数が多く、時系列でダラダラ書いていくか、それとも駅間ごとに並び替えて書くべきか悩みます。
 また、夏休み中あたりにもう1度行って、更に収穫した写真も含めて、場所ごとに解説しようかなとも思うので、今回はコンタクト写真1枚のみアップします。

 写真を並べるフリーソフトを利用して、50コマを一気に並べてみました。
 黒縁で横に長になっているのが4K動画からの切り出し写真、アスペクト比がおかしい。
 白縁で写ってるのが、スチル写真。こちらは縦横比正確になってるようです。
 縁なし全面の写真のものはスマホ写真のもの。これも横に伸びてます。
 ぜひ夏にもう1度再訪したいところです。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

189系と115系を撮りに長野へ

2017-06-05 |  出撃 at 甲信越地方
 5月唯一の遠征は、前々から撮りたかった189系のおはようライナーを篠ノ井線内に撮りに行くことで、合わせて最近湘南色の復活塗装がされたしなの鉄道や帰路に富山回りで北陸新幹線の撮影も行おうという久しぶりの欲張りプランです。
 2月から稼働していなかった一眼レフも3ヶ月ぶりに引っ張り出して三脚2台体制で出撃、この時期なのでレンタカーです。

 .おはようライナーを撮る
 篠ノ井線のおはようライナーは早朝に長野を回送で出て篠ノ井で折り返し客扱いで長野まで帰ってくるので、春~夏の間は回送列車も入れて2本撮ることが出来ます。
 回送列車は長野を朝5時過ぎに出るので、日の出時刻の早い東日本なら余裕かと思いますが、問題は明け方によく出る雲がどうなるか。
 1発目の回送は坂北ー聖高原間のカーブで撮ることに。

 山あいなので日の出の時刻は遅いですが、5時半には日が出てきました、しかし、その後やっぱり雲配給で、列車の通過の頃にはご覧の有様。
 なお正面の字幕は回送ではなく、既におはようライナーの表示を出していました。
 次に聖高原-冠着間に移動して下りの列車を待ちます。

 その間に上りの特急しなの2号が通過。
 これは、少し離れた小学校の近くで撮りました。

 予定の撮影地に戻って、次の257系上り快速を撮ります。
 もう完全にピーカン、おそらく本番も大丈夫でしょう。

 そしていよいよおはようライナーの通過ですが、ここでやらかしてしまいました。
 一眼レフの画像を確認しようとした瞬間、あらら電源入ってなかった!
 そう、電源入れ忘れたままリモートでシャッターを押していたのです。もちろん並べて置いていた4K動画や離れた場所で撮っていた特撮画像は大丈夫でした。まぁ一眼レフはオマケみたいなもんですからね、とは言え、痛恨の失敗には変わりません。

 .湘南色が復活した115系を撮る
 115系の湘南色復活と言えば、5月初旬の岡山でのイベントとかありましたが、ゴールデンウィークは勤務が入っていたので、雨の日の6日ぐらいしかなかったのですが、長野でも復活したので、撮ることにしました、もう1つの復活色である長野色はこの日は運用なしとのこと。
 長野電鉄も2本ほど撮影し、向かったのは古間-黒姫の定番ポイント。しかも田植えの時期なので、道路からの俯瞰ではなくて、下の田んぼに降りて撮影。

 きたきた、やっぱりイイ色ですね。
 風が強かったので綺麗な水鏡にはなりませんでしたが、何とか映り込みました。次の予定があるので、下りの列車の後追い撮影のみで撤収します。

 .北陸新幹線を撮りに富山県へ
 北陸新幹線は長野県内で以前撮りましたが、新規開通区間で撮るのは初めてです。
 場所ですが、「新幹線の見える丘公園」はあまり良くなさそうなので、Googleマップと睨めっこし、見つけた場所が黒部宇奈月温泉ー富山間にある高台からの俯瞰で、午後に下りの列車が順光となる場所です。
 ここでは一眼レフと4K動画の2台のみで待ち構えます。そして、
 
 来ました! はくたか563号。
 1枚目が一眼レフで2枚目が4K動画からの切り出し画像です。
 車両の長さに対して架線柱の間隔が短いのと、かなりの速度でやって来るので一眼レフはシャッターを押すタイミングが重要ですが、秒間3.5コマの遅い連写しか出来ないカメラなので、連写に頼ると変な所で切れたりするので単写で挑みましたが、少し早かったようです。

 最後は富山市内の田んぼで地鉄を撮って終了。平日だったので座席指定の特急は走ってなかったのか、普通ばかりでした。
 これにて5月の遠征は終わり、7月下旬に第三の色が復活するしなの鉄道へは、また夏にでも行きたいですね。
 6月は三江線へ出撃します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気になる森ノ宮の103系

2017-05-31 |  出撃 at 近畿地方
 昨年秋から新鋭323系の導入が進み、順次森ノ宮の103系は姿を消してゆき、5月の段階では残る2編成になってしまいましたが、オレンジ色のオリジナル塗色のLA4編成は4月後半から運用に入っていないので、実質はOSAKA POWER LOOP塗色のLA3編成1本のみが稼動している状況です。
 オレンジ色のLA4編成はGW前にも吹田へ廃車回送になるという噂がありましたが、5月末時点でまだ森ノ宮に居ます。
 最後の活躍となる森ノ宮の103系ですが、LA3編成はまだ収めていなかったので、久しぶりに駅撮りオタク写真ですが、環状線へ出向きました。

 朝のラッシュ時に、ほぼ空っぽになった森ノ宮区に居る103系はLA4編成。この時はパンタを降ろして休んでいましたが、このあと9時過ぎになるとパンタを上げて手前に移動していました。その時は手前に他の編成がいたので撮れませんでしたが、車庫内で行ったり来たりを連日行なっているようです。一応他の編成が故障した時にいつでも動けるように備えているのでしょうか?

 さてLA3編成は今日は01M運用に入っているので、1本目は大阪城公園に7:55頃に来る1357レを狙います。

 カメラは最近使ってる4K動画用のコンデジです、それなりに画質があるので、わざわざ一眼持ってくるのも重いので、これで十分です。一眼と違って、ズーム位置の微調整ができないので、慎重に操作をする必要があります。

 やってきました1357レ。 ラッピング編成なんかいつでも撮れるだろうと思っていましたが、遂にユニバのラッピング103系は撮れず仕舞い。せめてこれだけでも撮っておかないと。
 でも思わず力が入ってしまい、左に数度傾いてしまいました。あれほど慎重にと言ったのに・・・

 駅に到着した所を編成写真で捉えます。
 こういった編成写真を駅で撮ることも、ほとんどなくなりました、久々です。

 ついでに201系のラッピング電車が並んだので、1ショット。
 映画 たたら侍(手前)のものと、東ハトのキャンペーン広告(奥)のものです。
 大阪城公園駅で撮影の後は、もう1周回ってくるので、別の駅へ移動して撮ることに。
 桃谷駅で下車してICカードを精算、再入場して待機。

 やってきたのが 2379E 桜島行きです。
 01Mの運用は、桜島へ行った後に、折り返し京橋行きになり、そのまま入庫して終わります。
 撮影後は環状外回りに乗って福島へ行きます。

 福島で待っていると、201系のユニバラッピング車がやってきたので、練習がてらに1ショット。

 そして桜島からの折り返し 2400E 京橋行きでやってきました。
 黄色っぽい841番が先頭の写真も押さえて、ミッション終了。
 このまま103系に乗って、もしかすると最後かも知れないので堪能します。

 9:39 京橋に到着。
 幕はすでに回送に変わっていました。中国人観光客らを降ろすのに手間取って少し発車が遅れています。

 前の車両の所へ行くと、遠足の小学生たちが、珍しそうに?見ています。

 最後の車両に描かれた大阪城を見て、「あっ、大阪城や!」と差している子供も。
 もうこういう光景も見られないかも知れません。そこで一言、

  ・・・ さようなら 森ノ宮の103系 ・・・  
 このまま廃車になるかもしれないので、一応お別れの挨拶をしておきます。これがあと何回か言えるかも知れませんが、ひょっとしたらLA3編成だけはしばらく残るのかも?
 とにかく動向が気になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸開港150年ヘッドマーク

2017-05-20 |  出撃 at 近畿地方
 神戸開港150年を記念して、神戸市内に路線を持つ私鉄・地下鉄の5社線でヘッドマークを掲出してきましたが、山陽電鉄以外の4社は3月で終了し、残る山陽電鉄も5月末までの掲出なので、なかなか出向いてなかったのですが、やはり神戸人としては、記録をしておきたいということで沿線に出掛けました。

 記念ヘッドマークは2種類あり、こちらは姫路方に付けられるものです。取り付けは山陽電車の場合は一番多い5編成となってますが、梅田-姫路間と走行距離が長いので、しばらく待たないと巡ってこないかも知れません。この時は1発で来ました。

 こちらは梅田方に付けられるシンボルロゴのデザイン。追い撮り半逆光ですが、別の日に一応順光で押さえてあります。
 帰り道に尼崎で看板を駅撮り、

 姫路方のヘッドマーク
 ちょっと信号機の赤LEDの光を拾ってますが。

 梅田方のヘッドマーク

 5月いっぱいで掲出終了なので、記録したい方はお早めに。


 オ マ ケ

 鉄道車両とは別に、バスにラッピングされたものもあります。
 これは神姫バスの車両で、こちらはもう少し長い期間見られるのではないでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしのベビースター

2017-05-15 | 食べもの

 コンビニの商品棚に一瞬オレンジ色の憎い奴、じゃなくて、懐かしいデザインを発見。
 商品棚に2列並んでいたやつの右側にあったのをおもむろに1つゲット!(この時点で左右の列のパッケージのデザインの違いに気付いていません)

 こないだキャラクターを変更したばかりなのに、まさか初代のデザインで出してくるとは。
 ひょっとして新しい3代目のキャラクターの人気が無いのか? それは分かりませんが、子供の頃はこの松田食品時代のパッケージに馴染みがあった世代なので、もう当たり前の定番商品でした。

 しかし家に帰って手にとって見ると、なんか違う・・・
 あれ、女の子になっとる! 髪の毛の色も違う。(ここが、そもそもの認識違い)

 もしかして、前からこのキャラクターって女の子だったのか? そう思って調べてみました。
 オリジナルの初代ベビーちゃんの絵柄はずーっとこれまで坊や(男の子)だと思ってましたが、過去の写真をよーく見ると、僅かに右側に赤いリボンをしているのが見えます。なんだぁ、元から女の子だったのかぁ。
 いかにいい加減な認識のまま、15年間が過ぎて行ったのかが分かります。


 期間限定で味も辛口なので、おとなが楽しむ(懐かしむ)ものですね。2台目キャラクターのベイちゃんに代わったのが1988年だったので、このデザインに馴染みがある人は少なくとも35歳以上でしょう。
 「オレンジ色のニクい奴」を知ってるのも、かなりのオッサンですがw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリン メッツで紅白

2017-05-13 | 飲みもの
 4月下旬辺りから、キリンメッツの赤いデザインが店頭に並んでいたので買ってみました。
 「強炭酸 アップル」味というものですが無果汁なので、本物のリンゴ果汁は入っていません。
 “メッツ アップル”でツイート検索してみると、「舌がヒリヒリした」とか、結構強炭酸に関わるものが目立っていましたが、そう言われれば確かにという感じがします。
 この真っ赤なりんご色のボトルが出たので、既存の商品であるライチ味も一緒に買ってきて、並べて紅白のお目出度い写真を撮ることに。
 そこで気が付いたのですが、双方のボトルを見ると、微妙に形が違うことが分かるでしょうか? こんなもの単に中身とラベルが違うだけなんだから、わざわざ別ロットで違う形のボトルを用意するとは。と思っていたら、ライチ味だけが寸胴タイプのデザインで、他はアップルも含めて下部がくびれたデザインでした。
 なおこのアップル味は、期間限定なのか今後も発売が続くのか? 売れ行き次第かも知れません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のんびり北条鉄道おでかけ

2017-05-03 |  出撃 at 近畿地方
 春休みの青春18期間が終わって、地球寒冷化なのか桜の時期が異常に遅れた春でしたが、猛威を振るった季節外れのインフルエンザに同僚社員から移されてダウンして、今年は桜を撮ることができずに過ぎました。4月中旬に全く記事がなかったのはこのためです。
 桜も終わり、レンゲや咲き残った菜の花を見ながらのんびりディーゼルカーに乗って散歩すべく、北条鉄道を尋ねました。実は兵庫県内の鉄道線で最後まで乗り残していた路線で、ここと鋼索線の妙見ケーブルが兵庫県内では未乗です。

 粟生を朝10時過ぎの下り列車に乗ります。車内は空いていたのですが、発車間際になって、神鉄からの乗り継ぎで大量のジジババ連中が乗ってきて車内はかなり混雑で発車。やっぱり休日はダメですね。

 粟生で停車中に運転士に1日フリーきっぷ購入を申し出ると、820円と引き換えに「フリー乗車券引換証」なるペラ紙を渡されます。
 これを持って有人駅である北条町駅で硬券乗車券に引き換えるか、このペラ券を運転士に見せれば、このまま有効で使えますが、やはり硬券に引き換えた方がよいでしょう。
 往路は沿線のロケハンのために、まずは終点の北条町まで乗り通すことにします。
 ジジババで満員で向かいの席にも人が座ってましたが、途中の法華口駅でそのジジババ連中は全員降りて、車内は平穏になりました。なお美人駅長で有名な北垣さんは駅舎内でパンの販売対応に追われてたようで何やら忙しそうにしてる影がガラス越しに見えただけで、ホームには出てきませんでした。

 車体色がピンクの車両はフラワ2000-1号で、今となってはかなり数を減らした富士重工製の軽快気動車です。
 1999年に製造されたのですが、運用開始が2000年なので、形式名もフラワ2000としているようです。

 北条町駅に到着しました。降りたのは10人程度で、一眼カメラを首から下げた兄ちゃんとかも3人ほどおりました。

 ここでようやく乗車券を硬券のものに引き換えます。
 日付印はこの手のD券タイプだと天虎工業のやつでガチャンかと思いきや、窓口のお姉ちゃんがきっぷの裏側に大きく赤インクでデンと押して、「こちらの側を運転士に見せて下さい」と。

 北条町駅の様子。
 保有車両は3両で、そのうち唯一ロングシート車両の2号車は右側の庫内におりました。

 乗ってきた列車に再び乗って折り返します。
 北条鉄道は全線1閉塞、交換駅が無いため、原則1編成で1日中往復しています。特に休日などは朝入った車両が1日中入るので、同じ車両ばかりを目にすることになります。

 次の播磨横田で降りて、川沿いに咲いている菜の花の場所で三脚立ててビデオ撮影。
 下り列車はサイドから。

 折り返し上り列車を順光で花を入れて撮りますが、ビデオなので列車と一緒にパンイングして反対方向へカメラを向けたら、チャリダー女子がいつの間にか乱入撮影しており、動画にはしっかり写ってますが、こちらは正面側の切り出し写真のみ。

 播磨横田駅の近くまで戻ってきてもう1本下り列車を撮ります。
 菜の花は田植えのためにすっかり切り取られた後でしたが、レンゲたちが健気に咲き誇っています。

 播磨横田から12時台の上り列車に乗って、次の撮影場所へ向かいます。
 朝下り列車から見た状況だと、網引-田原間がよさそうです。

 途中の法華口駅に到着。
 あっいたいた!美人駅長ですっかり有名になった北垣さんが立ってられます。駅には見送りシーンを撮ろうと大勢の人がいましたが、半分は列車に乗らずに車で来た人たちです。まぁ鉄道会社にお金を落とさなくてもパンを買って帰ればいいんですけどね。

 列車が動き出して、カメラを構えている私を見つけて、笑顔のポーズ。
 背が高いのでしょうか?少し足を屈めて乗客に手を振ってます、この辺の心遣いは一線を超えたおもてなしの凄さ。さすが海外からも評価されるだけのことはあります。

 網引駅で下車します。
 菜の花の黄色と八重桜でしょうか?うっすらとピンクの花に囲まれて列車が出ていきます。春爛漫の一コマ。

 網引駅から数分ほど田原側へ歩くと、土手を登る列車と菜の花を入れて撮れます。
 粟生で直ぐに折り返してくる列車をここで撮ります。

 40分後に上りの粟生行きを同じ土手ですが、川の堤防から手前にレンゲの畑を入れて撮ります、道路脇の木はもしかしたら桜? これは桜の時期にもう一度こなくては。

 そしてまた15分後に折り返してくる下り列車を、今度は川の西側へ回って、土手を降りてくる列車を撮影。
 基本的にこれらの列車撮影は全て4K動画で、コンデジカメラをセットして置きっぱにしおいて、自分は少し離れた場所で特撮に勤しみました。

 帰りは田原駅から粟生行きに乗ります。
 このあともう2ヶ所行く所があるので、法華口にはよれませんでしたが、いつか降りてみたいところです。

 粟生に到着後は駅から15分ほど歩いて、加古川の土手に登ってスタンバイ。
 ちょうど2扉車の1100系が2本連続でやってきて順光でゲット、但し電線がパンタに被りますが。

 こうして春爛漫の1日をのんびり過ごして帰りました。兵庫県内で唯一乗り残していた北条鉄道、いつ乗るかいつ乗るかと思いつつ、ようやく乗車達成、兵庫県内の鉄道はあとは鋼索線の妙見ケーブルを残すのみとなりましたが、これがなかなか潰せないものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

置き換えが進むニュートラム

2017-05-02 |  出撃 at 近畿地方
 前記事でセイロンライスの話をしましたが、店を出ると雨が降り出したので、街中をウロウロするのも気が乗らない(まぁ東京とかに比べれば、圧倒的に地下街やアーケードが充実してるので、濡れずに過ごせるのですが)ことから、ヒマ潰しに地下鉄大回り乗車をすることに。

 なんば→住之江公園→コスモスクエア→本町→心斎橋 のシンプルな大回り乗車です。

 ニュートラムで乗った車両は最近7色揃ったという200系車両でしたが、前方展望が良くて快適な車両でした。(コスモスクエアで降りてから撮影)

 この200系に乗って、大阪ベイドライヴを愉しんでいたところ、途中の中ふ頭駅を出た所で、

 おおぉ~、何かおる!

 廃車になった100A系の車体です。後ろ側は車庫で休む200系。
 トレーラーに乗せられて、旅立ち準備が終わっているようです。ドナドナドナ・・・・
 写真を原サイズで見たら、車番は100-25などと書いてあったので、4月度で置き換えられた第25編成のようです。
 現在100A系は全20編成のうち、約10ヵ月で7編成が置き換えられたので、まだ13編成残っていますが、このペースで置き換えが進むと2年以内には全て置き換わるでしょう。早めの乗り&記録をオススメします。
 最後の1編成とかになったら、予備車扱いで普段は動かない可能性もあるので。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハヤシもあるでヨ!

2017-04-30 | 食べもの
 先日、あるスーパーのパンの棚に懐かしい顔を発見。
 ♪なつかし~ の歌もあるオリエンタルカレーの坊やのマークが描かれているパック。
 早速買ってみました。フジパンとのコラボ商品とのことです。

 中身はオリエンタルマースハヤシが入った、サンドパンなのですが、この手のパンは最大手の有名なヤマザキランチパックを含め、割高感があるのでほとんど買ったことが無かったのですが、どんな感じかな?
 中身がどんな感じか少し割ってみました。
 普段のこの手の商品がどんな様子か分からないのですが、なんか具が少ない感じがします。
 具のハヤシソースは流石に美味しいのですが、パンのパサパサ感が勝ってしまって、私としては少し残念な気がします。この手のパンに慣れている人ならありかと思いますが。
 具の割合が多かったら、ウッハウッハ言ってどえりゃー喜んどったのに、まーちっと増やしてちょーよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加