『コエトオト』からはじまる

朗読SHOW『コエトオト』が発信する、発見と創造のブログです
『コエトオト』のパフォーマンスをお見逃しなく!

3月25日(土)は下北沢ラウンへ!

2017-02-26 11:41:33 | 朗読あれこれ




上野で見つけた居酒屋さんの店頭写真
そのエンターテインメントスピリットにあやかりたい!
(^^)

来る3月25日(土)、
朗読SHOW『コエトオト』で上演する作品はーーー




坂口安吾
『夜長姫と耳男』



『桜の森の満開の下』ではなく(^^)
『夜長姫と耳男』にいたしました



頑までの職人気質と脆さが切ない耳男
異次元の狂気と崇高さを併せ持つ夜長姫



安吾が描こうとしたのは
「美」なのか
「執着」なのか
はたまた
「愛」なのか・・・



『コエトオト』の朗読SHOWをおききいただき
みなさん思い思いに
ものがたりを描いていただければうれしいです




お待ちしてます!!!(^^)///



朗読SHOW『コエトオト』その七

と き:2017年3月25日(土)
ところ:下北沢 lown(ラウン)

開場:12:30 開演:13:00
チャージ:2500円+1drink


ご予約はメールで受付中!
koetooto@gmail.com
まで
お名前と人数をお知らせください



<出演>
『コエトオト』
コエ[語り]:小野紫(パーソナリティ)Twitter @ono_yukari
オト[鳴り物]:伊藤孝喜(ミュージシャン)







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朗読SHOW『コエトオト』その七、flyerお届け

2017-01-23 01:16:42 | 朗読あれこれ




大変お待たせをいたしました

桜の咲く頃
『コエトオト』はまたひとつの作品を掲げて
みなさまにお目にかかります〜


坂口安吾
『夜長姫と耳男』



『桜の森の満開の下』ではなく(^^)
『夜長姫と耳男』にいたしました



頑までの職人気質と脆さが切ない耳男
異次元の狂気と崇高さを併せ持つ夜長姫



安吾が描こうとしたのは
「美」なのか
「執着」なのか
はたまた
「愛」なのか・・・



『コエトオト』の朗読SHOWをおききいただき
みなさん思い思いに
世界を描いていただければうれしいです




お待ちしてます!!!(^^)///



朗読SHOW『コエトオト』その七

と き:2017年3月25日(土)
ところ:下北沢 lown(ラウン)

開場:12:30 開演:13:00
チャージ:2500円+1drink

ご予約はメールで
koetooto@gmail.com
まで
お名前と人数をお知らせください



<出演>
『コエトオト』
コエ[語り]:小野紫(パーソナリティ)Twitter @ono_yukari
オト[鳴り物]:伊藤孝喜(ミュージシャン)





コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ういらう」を訪ねる

2017-01-08 18:25:11 | 朗読あれこれ

朗読の師と私が勝手にあおぐ(^^;;
俳優の伊藤惣一氏から
随分前に教えていただいた
「ういらう売りせりふ」

よく知られたバージョンとは少し違い
劇作家の秋浜悟史氏と伊藤氏が共同で企画、
古い資料を加味しながら
あの独特の言い回しを
豊かでリズミカルにあらわした本です。

朗読SHOW『コエトオト』で上演させていただいているのですが
本のなかに出てくる主役の品、
歴史ある妙薬「ういらう」(通称・透頂香(とうちんこう))も
お菓子の「ういらう」も
『コエトオト』のふたりは目にしたことがなかったのですーーー。


このお正月に
ひょんなことから小田原で下車したとき
伊藤孝喜が
「あれ?ういろうのお店って小田原にあったんじゃなかった?」

こうゆうとき伊藤孝喜は天才的なひらめきをみせるのです(笑)

そうそう、そうです
行きましょう、いや、行かねばなりません!





北条早雲の招きで小田原に移ってきた外郎(ういろう)家
小田原城の近くに
まさにお城のような店を構えています




横からみても立派!

「ういらう売りせりふ」の一節にもあります

   八方が八ツ棟 表が三ツ棟 玉堂作り
  破風には菊に桐のとうを御赦免なって
  系図ただしき薬でござる













「ういらう」を売るお店はここだけ
目の前は東海道です

「ういらう売りせりふ」の一節では

   相州小田原一色町をお過ぎなされて
  青物町をのぼりへおいでなさるれば
  欄干橋虎屋藤右衛門








真ん中が薬の「ういらう」透頂香
両脇はお菓子の「ういらう」小豆(左)・抹茶(右)

お店はここにしかなく対面販売のみ
伝統ある老舗のこだわりを感じます


ちなみに・・・
茶の湯の仲間同士で
情報交換のために書いている会報がありまして
去年、私が担当したときに
「ういらう売りせりふ」について書きましたので
参考に記しておきますーーー






「ういらう賣せりふ」
  歌舞伎の市川家十八番の内として知られていますが、そのいきさつは、、、
  享保の頃、二代目市川団十郎は、痰と咳の持病で舞台に立っても口上が言えず役者
  をあきらめかけていた。ところが偶々、小田原の名薬「ういらう」のことを聞き
  服用してみると、さしもの難病がすっかり癒り感激、外郎家(ういろうけ)へ
  お礼に参上した。ちなみに外郎家は、朝廷より十六の菊の紋章と五七の桐の紋章を
  与えられ将軍にも度々謁する格別の家柄。一方、江戸時代は歌舞伎俳優の社会的
  地位は非常に低い。団十郎が自分の舞台で「ういらう」の効能を述べて御恩返しを
  したいと申し出ても、それでは宣伝になるからと外郎家は固辞する。然し団十郎は、
  この霊薬を広く知らせることは人助けであり世のためだからと強く主張、遂に舞台
  での上演が承知されました。そして享保三年(一七一八年)初演となったのです。

  外郎家の製品は一子相伝であり、分店、のれん分け等一切していません。
  薬の「ういらう」は、日本で最初の製薬という栄誉を担い、菓子の「ういらう」は、
  足利義満の時代の外郎家当主が外国信使接待のとき自らつくって供したのがはじま
  りで、明治になってお菓子のういらうの商標が特許局に登録されたのを機会に販売
  するようになったとのこと。かなりに美味しいとの噂を耳にしますが、筆者は未体験。
  名代のお薬とお菓子、小田原にあるお店を一度訪ねたいものです。

  東方世界の薬の元締
  薬師如来も上覧あれと
  ホホ敬まつて
  ういらうは入つしやりませぬか
  




*******************************************************************************
『コエトオト』
コエ:小野紫(パーソナリティ)
オト:伊藤孝喜(ミュージシャン)

◎小野紫 Twitter @ono_yukari
◎伊藤孝喜 Twitter @ItoKoki69


*******************************************************************************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年〜コエトオトより

2017-01-01 10:08:15 | 朗読あれこれ



2017年
明けましておめでとうございます

朗読SHOW『コエトオト』
本年も、お客様に
朗読を「みる」「きく」「えがく」楽しさを
発見していただくため
偉大なる文学作品に立ち向かってゆこうと思っています

ぜひまたみなさんと
『コエトオト』のライヴ会場で
お会いしたいです!




朗読SHOW『コエトオト』
次回公演はーーー

2017年3月25日(土)

下北沢ラウンにて



公演の詳細はまもなくお知らせいたします!
七回目を数える朗読SHOW『コエトオト』
今回の作品は
またもや手強く面白く(^^)
1952年に発表された作品ーーー

こんな朗読ってアリ !?
『コエトオト』だからできる朗読SHOWに
ご期待下さいませ〜



************************************************
『コエトオト』
コエ:小野紫(パーソナリティ)
オト:伊藤孝喜(ミュージシャン)

◎小野紫 Twitter @ono_yukari
◎伊藤孝喜 Twitter @ItoKoki69


************************************************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

十二月大歌舞伎

2016-12-25 09:23:55 | 朗読あれこれ



とある方からのお招きで
行って参りました、十二月大歌舞伎
年の暮れに何とも縁起良く





文字通りの特等席!
役者たちの息遣いまできこえてきて
目も耳も外せません





私が観たのは第一部
新作歌舞伎「あらしのよるに」

そうです、あの絵本で知られた作品が
歌舞伎によって演じられているのです

狼の「がぶ」に中村獅童さん
山羊の「めい」に尾上松也さん
ふたり(二匹?)に因縁のある狼「ぎろ」に市川中車さん

個性と
想いと
エネルギーが
ぶつかり合っておりました

役者のみなさんに乾杯!
お招きくださった方に感謝です〜







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べ物続きでどうも♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

2016-12-04 09:18:45 | 朗読あれこれ



江戸川乱歩先生に呼ばれるように
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(^O^)┘V(^_^)V
先生も通ったという
神保町の天ぷら屋さん「はちまき」で
天丼を味わって参りました

お店の居心地サイコー
天丼も美味

ふらっと寄ったのですが
「当たり!」
と心満たされたのでした

こうゆう場所に
朗読SHOW『コエトオト』も
なりたいのです



朗読SHOW『コエトオト』
次回公演はーーー

2017年3月25日(土)

下北沢ラウンにて



************************************************
『コエトオト』
コエ:小野紫(パーソナリティ)
オト:伊藤孝喜(ミュージシャン)

◎小野紫 Twitter @ono_yukari
◎伊藤孝喜 Twitter @ItoKoki69


************************************************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続けてゆくこと

2016-11-27 23:31:35 | 朗読あれこれ



『コエトオト』のふたりが愛するラーメン
鶏ガラスープの素朴なラーメン
この味が無性に食べたくなるのです







家族でやっているお店の
ホスピタリティも素晴らしい

これからもずっと続けてほしいと願うのです

お客さんをそんな気持ちにさせる…
『コエトオト』もそうありたいです




朗読SHOW『コエトオト』
次回公演はーーー

2017年3月25日(土)

下北沢ラウンにて



************************************************
『コエトオト』
コエ:小野紫(パーソナリティ)
オト:伊藤孝喜(ミュージシャン)

◎小野紫 Twitter @ono_yukari
◎伊藤孝喜 Twitter @ItoKoki69


************************************************
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕込み中 ∧( 'Θ' )∧

2016-11-21 14:53:06 | 朗読あれこれ




熊本を応援すべく
桂花ラーメンを食した『コエトオト』です


気がつけばもうすぐ師走…
おっと、その前に
伊藤孝喜さんの誕生日11月30日がありますわ(笑)



実は何を隠そう
ε=ε=ε=ε=ε=ε= \(^o^)/
次回の

朗読SHOW『コエトオト』その七
日にちが決定いたしております!


2017年3月25日(土) 13時 開演予定

場所 : 下北沢ラウン



さっそく上演作品を仕込み中〜でございます

まだまだこれから紆余曲折山あり谷あり
魑魅魍魎カオスの連続でしょうが
みなさんにエンターテインメントとしての
朗読SHOWをお届けするため
張り切って参ります!
p(^_^)q o(^_-)O

おったのしみに〜







************************************************
『コエトオト』
コエ:小野紫(パーソナリティ)
オト:伊藤孝喜(ミュージシャン)

◎小野紫 Twitter @ono_yukari
◎伊藤孝喜 Twitter @ItoKoki69


************************************************



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生月

2016-10-31 01:11:25 | はしやすめ
10月もまもなく終わりーーー

今月は
朗読SHOW『コエトオト』その六 があったので
いつにも増してあっという間の
誕生月でしたわ (^^)

レギュラー出演させていただいている
テレビ朝日「夢情報〜きらめき夢子さん」の収録時には
出演者・スタッフみなさんで祝ってくださいました

ほかの現場でも
プレゼントをいただいたりして…

いくつになっても
「誕生日おめでとう!」
「Happy Birthday ! ゆかりさ〜ん」
こういってもらえると本当にうれしいもの!
誕生日ってやっぱりめでたいのだ
感謝いっぱいよぉ
むっちゃありがとう
Muchas grácias !
アタシの破顔ぶりを見てやってくださいまし〜
ははは


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朗読SHOW『コエトオト』より御礼

2016-10-18 23:51:46 | 朗読あれこれ
朗読SHOW『コエトオト』その六
おかげさまで無事終えることができました
みなみなさまの応援の賜物!
本当にありがとうございます!

熱量が相当あふれ出たライヴでしたーーー

だれのせい?
アタシ?
いえいえ、
あのような作品をつくり出した
作家たちが
時を越えて仕掛けてくるので
なんだか
がぶりよろうとすると
あのくらいの熱量が発生するのでした

ってか? (^◇^;)


いつも始まる前には
「これで本番を迎えられるのかよ⁈ 」
と思い、
本番が終わるといつも
「まだやれるな」
と挑戦的になります(笑)。


本当にみなさん
ライヴ中にいろいろ創造して
ライヴ後もいろいろ探ってくれたりするので
モチベーションになります!
ありがたいことです〜

次の朗読SHOW『コエトオト』に向けて
動き出しておりますゆえ
『コエトオト』を
みた人、
きいた人、
拡散希望!!!
(=´∀`)人(´∀`=)

これからもどうぞご贔屓に〜







コメント
この記事をはてなブックマークに追加