コエトオトからはじまる

コエトオトが発信する、発見と創造のブログです
コエトオトのパフォーマンスをお見逃しなく!

2019年、始まりました

2019-01-05 14:10:33 | 朗読あれこれ



皆々様に
新年のご挨拶を申し上げます

去年、コエトオトは
10回目のライヴを迎えることができました〜
本当に応援してくださる皆さんのおかげさまです!
心より御礼申し上げます
m(_ _)m

2019年を迎え
変わることなく
素晴らしい作品と出会って
それをコエトオトが
一所懸命咀嚼して舞台にのせて
お客さんに
自由に面白がってもらえるよう
コツコツと準備して参りますね
(^^)

コエトオトのライヴでは
お客さんが主役!

からだ全体を
ゆったりとリリースしていただき(笑)
会場で繰り広げられるものがたりを
お客さんが勝手に自由に想像してくださったなら
大成功!

そんな舞台になるように
コエとオトは
今年も張り切って参ります〜

どうか今年も
熱い応援を
たくさんのご来場を
何卒よろしくお願いします!


        コエトオト  小野紫 伊藤孝喜






コメント

コエトオト、さらに

2018-11-23 23:05:00 | 朗読あれこれ

『コエトオト その十』上演から一週間
からだの中ではまだ
いろんな言葉と音が鳴っておりますーーー

お運びくださったお客さんに最大の感謝!
そこで何を耳にしようが何を目にしようが
「楽しんじゃおう」
というエネルギーをいただきました!

それこそコエトオトが目指すもの

会場での主役はもしかすると
作品でも作家でもなく
われわれでもなく
ひとりひとりのお客さんがそこで自由に描く
景色かもしれません

11回目に向かいますよ〜

コエトオトの伸び代(笑)
声と音の可能性は
まだまだ広がりそうですから









コメント

コエトオト その十、フライヤーです

2018-09-21 14:30:11 | 朗読あれこれ



出来上がりました!

おかげさまで10回目を迎える
コエトオトの
11月17日(土)ライヴのフライヤーです!

いかがでしょう?(^^)

下北沢のラウンで続けてきた9回のライヴの軌跡を
写真でたどる趣向〜

毎回、我々の意図通りのフライヤーを製作してくださる
青木由佳 嬢(鬼頭径五マネージャー)のご提案です!


10回目だからと特別を装わず
いつものように
心より皆様のお越しをお待ちしております

今回も、耳と目が釘付けのラインナップですから!



2018年11月17日(土)
開場:12:30
開演:13:00

場所:下北沢 lown(ラウン)

予約2500円+order
当日3000円+order

<演目>
   羅生門
   ういらう売りせりふ
   … and the entertainment work


ご予約はメールでどうぞ

koetooto@gmail.com

お名前と人数をお書き添えください





コメント

コエトオトと申します (^^)

2018-09-07 13:09:21 | 朗読あれこれ




私、小野紫が声で語り演じる
相方、伊藤孝喜が音でそこに絡んでゆく
コエトオト


コエトオトの舞台で
いったい
何が起こっているのかを
ぜひ一度
みなさんの目と耳で
確かめていただきたい

そんな思いを込めてこれからは
ただシンプルに
コエトオト
と名乗ります


まもなく
11月17日(土)のライヴのフライヤーが
出来上がります


どうぞご期待くださいませ〜





コメント

『コエトオト』その十、決まりました

2018-08-19 11:35:15 | 朗読あれこれ



久しぶりの更新です
だいぶ時間が経ちました・・・
(^^;
酷暑が過ぎ
秋風を感じる頃になっています・・・

上の写真は、先週の玉川上水沿い遊歩道
偶然その近所に行くことがありまして・・・
大学時代、どれだけここを歩いたことか(^^)

閑話休題ーーー



『コエトオト』その十 が
決まりましたので張り切ってお知らせします!


2018年11月17日(土)
下北沢ラウン
開場 12:30 開演 13:00
チャージ 予約¥2500+order 当日¥3000+order



2014年の11月から始まった『コエトオト』
おかげさまで10回目を迎えることができました

これまで朗読SHOWという形容詞をつけておりましたが
小野紫の声と
伊藤孝喜の音による
『コエトオト』

これだけで
ステージで何が起こるか想像してもらうことにしました(笑)

どうぞこれからもご贔屓に〜

フライヤーができましたら
上演作品とともに
またお知らせしますね


お問い合わせ・ご予約はメールで
koetooto@gmail.com まで いつでもどうぞ

コメント

西日本マンダム『下井草ぶらぶら』

2018-05-06 21:06:31 | お知らせもの

『コエトオト』のオト担当
伊藤孝喜
ドラマーとして日々
いろんな場所で演奏にいそしんでおります

そのなかから、きょうは
ブルースバンド
西日本マンダム
ご紹介しましょう




ご覧の通りの5人組です・・・(^^)


さる4月14日、
下北沢ラウンで
西日本マンダムのライヴがあったのですが
じわじわと
まったりと
彼らの音にひたりたくなる
自分がそこにいたのでしたーーー

なので、そのライヴの中から一曲、
『下井草ぶらぶら』
ぜひきいてくださいまし〜

ここをクリック











コメント

『コエトオト』その九、無事終了

2018-03-25 13:45:55 | 朗読あれこれ





たくさんのご来場
ありがとうございました!

無事やり遂げました
『コエトオト』その九

どうなる!? 古典落語「芝浜」

落語作品を
本を持ったカタチで語ってゆくと決めてから
台本をつくり
あ〜でもないこ〜でもないやりましたが
お客さんの顔をみていたら
「やって良かったな」
これが実感です

今回、鳴り物担当
オトの伊藤孝喜さんが
作品のメインテーマを
馴れぬパソコンを駆使して(笑)制作、
生音と組み合わせて
とてもいいリズムで作品を引き立ててくれました

あれは「いいね」を押していいかも(笑)


これからも『コエトオト』は
きいて、みてくれるお客さんの
想像力をくすぐる舞台を
展開してゆきたいです


次回は10回目

特に気負わず
また狙っていきます
なぁんてね

またぜひお運びくださいまし〜






コメント

3月24日に向けて

2018-03-02 21:23:01 | 朗読あれこれ



三月三日
ひなまつり

『コエトオト』のふたりは
稽古しております

オトの伊藤孝喜は
上の写真のような感じで
相変わらず飄々と

コエの小野紫は
必死こいてます


それもこれも
3月24日
九回目を迎える
朗読SHOW『コエトオト』で
お客さんに
耳でワクワク
想像する楽しさを大いに味わってもらうためです〜


ホントお越しいただきたいです、心から




朗読SHOW『コエトオト』その九

2018年3月24日(土)
下北沢ラウン
12:30 open 13:00 start
チャージ 予約2500円 (+order)
     当日3000円 (+order)


ご予約・お問い合わせはメールで
koetooto@gmail.com まで
お名前と人数を明記して
送信してください

お待ちしております!








コメント

朗読SHOW『コエトオト』その九 に向けて

2018-02-04 15:51:00 | 朗読あれこれ
きょうは立春
文字通り、暦の上で春を迎えました

それをきっかけに
朗読SHOW『コエトオト』その九の詳細をお伝え致します




朗読SHOW『コエトオト』その九

2018年3月24日(土)
下北沢ラウン
12:30 open 13:00 start
チャージ 前売2500円 (+order)
     当日3000円 (+order)


ご予約・お問い合わせはメールで
koetooto@gmail.com まで
お名前と人数を明記して
送信してください




さてさて今回は古典落語「芝浜」に挑みます
そう、落語作品の朗読ーーー

もちろん落語家さんのそれとは違うでしょう

どう違うの?

そう思ったら是非お出かけください!

桜の季節に合わせて
3月24日(土)
下北沢ラウンで
みなさんの心が
ほんのり桜色になったらいいなぁ









コメント

やっぱりパンダは・・・

2018-01-19 20:35:51 | はしやすめ


知人が声を掛けてくれて
思いがけなく
いま話題の
上野動物園の
シャンシャンに
会いに行ってきました

シャンシャンの映像は山のようにあるでしょうけれど
やっぱり
自分の目でみた生シャンシャンは
最高でしたわ!

パンダをみると
誰しも思わず
こう声をあげてしまうのです
かわいいぃぃぃ







・・・実は、私たちが会いにいったとき
シャンシャンはこうして木の上でずっと寝ていました・・・
動かないよぉ・・・でもかわいい・・・
シャンシャン、そこは居心地いい?





シャンシャンの隣の部屋では
母親のシンシンが
尽きることの無い食欲で
笹などをずぅ〜っと食べまくっていました
ママはたくましいのぉ





意外に(笑)男前というか美形だなぁと感じた
父親のリーリー
ひとり屋外に出て
群がるお客さんの視線をものともせず
サービス精神旺盛に
あちらこちらに移動してみせるのでした



てなワケで
リーリーパパの写真をもう一枚











コメント