四駒笑劇漫画

コミックBLOG。烏啼天駆の4コマ漫画を公開するサイトです。
マンガ以外にも週末はエッセイやZ級映画評も掲載しています

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ファウスト君13

2007年11月25日 | マンガ(新作)
先日、父親が亡くなりました。 正直、一年間半の闘病生活と三ヶ月間の入院で疲れていたので、ホッとしました。 しかし、お経を唱えているお坊さんの横にいると、突然、涙が溢れて止まりませんでした。 お葬式はその故人の不思議なエンドロールなのでしょう。 走馬灯の様に色んな思い出が流れ出します。 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (1)

連載4コマ漫画「ファウスト君」 第十一話

2007年08月24日 | マンガ(新作)
バタバタしててなかなか更新できないのが残念です。 でも、こうやって一ヶ月に一度、漫画だけでも描いてます。 . . . 本文を読む
コメント (1)

ファウスト君 第10話

2007年07月25日 | マンガ(新作)
毎月一回の連載「ファウスト君」も第10回を迎えました! 今回からニューキャラクターのキモカエルが出てきます。 . . . 本文を読む
コメント

連載4コマ漫画「ファウスト君」 第九話

2007年06月26日 | マンガ(新作)
今月はとりえずメチャクチャです。 4コマ漫画だけ掲載しておきます。 なかなか皆さんにメールの返事が出せなくて・・・スイマセン . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

妖婆・死棺の呪い ゴーゴリって人知ってる?

2007年05月30日 | 誰も知らないZ級映画評
ちなみに本作と同じ『ヴィー』を原作にバーバラ・スティール主演がした「血ぬられた墓標」(1960)はマリオ・バーヴァ監督の作品でこちらの数倍、痛いシーンや残酷シーンがあるそうですが、私は観た事がないので、なんとも言えません。 ただ、両者共にやはりファンの間では伝説のカルト・ホラーだと云う事で . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (2)

ドラキュラVSフランケンシュタイン カットされた幻のシーン

2007年05月23日 | 誰も知らないZ級映画評
どうでもいい話なのですが… 某会社の社長さんが大昔にTVを録画した「ドラキュラVSフランケンシュタイン」(吹替え)を録画しており…。 「君、こんな映画好きだろ。見せてやるよ」といって貸して . . . 本文を読む
コメント (2)

久々に更新!ファウスト君 弟8話

2007年05月22日 | マンガ(新作)
スイマセン。いつもブログを読んで下さる皆さん。 今月はあまり、更新出来ませんでした。 でも、一応、いつもの漫画の新作出来ましたのでアップします。 来月はもっと色々、更新する様に努力しますのでお許しを! . . . 本文を読む
コメント

『影武者』石田一著 光文社「伯爵の血族 紅ノ章」より

2007年05月13日 | 読切エッセイ
久々にブログ更新。 忙しいのはいいが、少しは余裕が欲しい毎日。 小説を買いましたので、ご報告を! . . . 本文を読む
コメント

連載4コマ漫画「ファウスト君」 第七話

2007年04月23日 | マンガ(新作)
連載4コマ漫画「ファウスト君」 第七話 なんだかよく分らないんですが、漫画の掲載の時はアクセス数が倍位、増えるのでありがたい話です。 今回は、ファウスト君の今期のシリーズの中では一番好きな漫画です。 私は大阪在住なんですが…。 最近、雨が多くて嫌ですよね。 . . . 本文を読む
コメント

電送人間 須藤だけ凄いよ

2007年04月20日 | 誰も知らないZ級映画評
その昔、「鉄腕アトム」や「ハエ男の恐怖」などでお馴染みの電送ネタ。 今やファックスなる物がありますので、人間を電送するのも間近かと思いきや…。 一向にそんな気配がないまま21世紀。 最近では、透明人間の研究が論理的に可能という研究発表があっ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (4)

ゴースト・アーミー 怨霊部隊 誰がつけたか知らないがとんでもないタイトルだ!

2007年04月12日 | 誰も知らないZ級映画評
「スター・トレック」でお馴染みのウラ少尉のニシェル・ニコルスが出てるので観てしまった。元々ウラ少尉はウーピー・ゴールドバーグが俳優になる前にオーディションを受けて落とされた役でニシェル・ニコルスはウーピー以上の大物といえる。しかし、この『ゴースト・アーミー 怨霊部隊』の中ではなんかケツのデカイ、口うるさい程度にしか見えない。 実際の役は将校。 . . . 本文を読む
コメント

ブラッド・レイン もうちょい!吸血鬼映画の佳作

2007年04月05日 | 誰も知らないZ級映画評
この映画の感想を書くのは難しいのです・・・というのも、見所満載だけど、特別面白いワケでなく、特別つまらないワケでもない。あえて、貶すなら主演の元モデル「ターミネーター3」のクリスタナ・ローケンが . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (2)

肉の蝋人形(1953) ヴィセント・プライスは永遠です!

2007年04月03日 | 誰も知らないZ級映画評
2006年10月に「蝋人形の館」のレビューをこのブログで書きました。 覚えていらっしゃいますか? 正確には1933年版のリメイクが本作で、 そのリメイクが「蝋人形の館」という事になるんです。 なんだがややっこしいので、続編みたいなもん、だと適当に説明した . . . 本文を読む
コメント

メカニカルマン(機械人間) 誰も知らない驚異のロボットバトル

2007年03月31日 | 誰も知らないZ級映画評
今日のタイトルを見て「知ってる!」という人はかなりの通です。知らなくて当たり前、日本じゃ公開されたかどうかも定かではないとの事。そんな1921年のイタリアの作品です。しかし、そんな古い作品面白いの?って思われる方が . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

ファウスト君 第六話

2007年03月29日 | マンガ(新作)
一ヶ月に一回連載のフルカラー4コマ漫画の第六回目! 今回は宝石泥棒のお話。 . . . 本文を読む
コメント