カウンセリングルーム・プリメイラ

杉並区のカウンセリングルーム・プリメイラのブログです。
袰岩奈々の講演会や著書の情報など、お知らせしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パロロ本願寺、ダルマトーク

2017-03-15 20:35:49 | あれこれ
パロロ本願寺づいてる今日この頃、
藤森さん(息子がつけた愛称が村長なので、以下、村長)から
「ダルマトークやってるから、英語の勉強にもなるし、
よかったら来てください」と。
ダルマトークってなんぞや? と思ったが、
特にスピーカーを決めるとかじゃなくて、
みんな勝手に好きなことを話すという。

ハワイ東海インターナショナルでCLC(Collage Life Counseling)の
カウンセラーとして働き始めたものの、会議は英語、
メールも英語というかなりアメリカンな環境
(ってこれまでどうしてたんだと突っ込みたいが)。
ハワイで日本人とだけ一緒に過ごしていたら、
限られた英語だけでもなんとかなってしまう。
まあ、なんとかなっていたので、現状にとどまって
「ありの〜〜ままで〜〜」「そのままで〜〜」
と思ってたのですが、どうしても、
英語ができた方がいい状況に追い込まれている。

なので、ローカルの人をつかまえては、
英語で話す練習相手になってもらい始めたのだ。
間違ってたら直してね、と言いながら。
そんな状況をご存知の村長、
見かねて誘ってくれたのかもしれない。

月に1回、水曜日にやっているらしいのだが、
あいにく、水曜日は12時半までに出勤しなくてはならない。
「途中退席でもいいですか」と聞いたらオッケーとのこと。

そんなわけで本日、参加。
十数人が一緒に座り、端の人から話していく。
今日のお題は「spring 」

初めの人はRumiのSpring の詩を読んでくれた。
漠然としか覚えていないのだけれど、
石が割れて土になることと、
心が砕けて、それが土壌になるといったことが
アナロジーになっているもので、
のっけから、うっときた。
ハワイに来て、初めて属した組織、
ナデシコクラブの会長だった岡田さん。
彼女が3月4日に亡くなった。
昨日、お葬式がありご家族にご挨拶だけしに会場に
行ったばかりだったから。

次の人は日本から移住した方なのか、
桜の花や西行の歌の話をしていた。

そんな話を聞きながら、
去年は桜を見たけれど、今年は見れないなぁとか、
そういえば、30歳になったころ、どわっと咲き、
狂ったように散っていく桜並木を見ながら
「あと、何回、これが見れるんだろう」と
思い、生きることの有限性にリアルに気づいたん
だったなぁ、なんてことも思い出した。
ついでに食事ができる回数も有限だと気づき、
あだやおろそかに1食をファストフードですまそう
なんて気分がふっとんだときでもあった。

そんなふうに、いろんな人がspringをキーワードに、
ハワイでも季節があるということや、掃除の季節だとか、
セントパトリックデーの準備で忙しいとか、
自分の連想や思ったことを順に話していく。
周りの人はそれに対して、
思いついたことを話したり、話が逸れていったり、戻ったり。
なんだか、とっても面白かった。

出かける時間5分前にレイチェルカーソンの「沈黙の春」を思い出したことや、
先ほどの「命が有限であることに気づいた瞬間が、桜の時期であった」と
自分の連想も話させてもらって、
本当に通じてるのか、通じてないのかわからないまま、
お寺をあとに。

「先に帰るんだったら食べられないでしょう」ということで、
村長お手製の漬物と、始まる前にみんなで作ったおにぎりを
詰めてもらって、カポレイまでの道みち、つまみながら出勤。
いつになく、充実した1日だったのでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイで畑

2017-03-11 23:42:55 | あれこれ
3月10日にチャリティ・イベントのあったパロロ本願寺
田口ランディさんのご紹介で知り合ったカウアイ島の
藤森師がご住職でいらしている。

ハワイの生活が始まって間もない頃、ブログに書いたなと
探して見つけた。

そう、ここに出てくる藤森さん。
数年前に「お寺にガーデンがある」と。
荒れ放題だったスペースに手を入れて、
畑ができるようにしてくれた。
私もちょっぴり手伝って、今は毎週、
畑のお世話をしに通っている。
バナナがわさわさと茂り、
ハーブやナスタチューム、
大根もできている。




雑草がすぐに根を張り、ほんの
30センチ角のスペースをきれいにするだけでも、
結構な労働。耕したり、土を掘り返したりするのも
30分もやったら腰が痛い。
かわいい芽を出していたマノアレタスは大雨で流され、
葉っぱを食べるのを楽しみにしていたバジルは
虫たちに先に食べられ。

除草剤や農薬を使いたくなる気持ちがとってもわかったり、
自然農やオーガニックで頑張るファーマーを尊敬したり。

どんどん、いろいろ野菜がとれるわけではないのですが、
みんなで1時間ほど、風の吹き抜ける青空のした、
なんやかんや言いながら、あるいは黙々と作業して、
土とたわむれるのが意外と楽しいです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PHPのびのび子育て4月号いただきました。

2017-03-09 10:45:46 | 著書
PHPのびのび子育て4月号 いただきました。




58ページ~
\お母さんのための/求めすぎない練習
~完璧思考・不安思考の手放し方~

に、袰岩が登場しておりますのでどうぞよろしくお願いします

3月10日発売です

PHPファミリー/のびのび子育て
facebookアカウントです。(あ)

http://www.facebook.com/family.P
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「Many Moons」

2017-03-04 22:32:30 | 読んだ本


小学生のころ、病気がちだったこともあり本をたくさん買ってもらった。
学研から出ていた翻訳ものが好きで、
なかでも「たくさんのお月さま」が好きだった。
好きというか不思議なストーリーで妙に頭に残るというか。
何回も繰り返し読む、お気に入りの本の一つだった。

Thrift Shopで古本をあさっていたら、
その原作にあたるMany Moonsを見つけた。
懐かしい気分で読み始める。

病気になったレノア姫は10歳。
なんという設定。
脳の変わり目、「抽象」の世界が
やってくる時期ではないですか。

そして、問題解決に一役買うのはcourt jester 宮廷道化師。
彼はどうすれば病気が治るかをレノアから聞き出し、
王様の気がかりを解決する答えを同じくレノアから聞き出す。
まさに、マージナルマン。
「問題から回復する力(レジリエンス)は必ずその人に備わっている」という
ミルトン・エリクソンを地でいくような動きよう。
聞き方だって、ファミリーセラピーのセラピストみたい。

Many Moonsはこっそりと私のどこかに潜んでいて、
いろんなところで力のもとになっているのかも。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友人からマインドフルネスの本

2017-02-27 23:35:23 | あれこれ
ハワイで3月10日、日本時間の3月11日に
パロロ本願寺でイベントを企画している。
ちえみさんがずっと続けているチャリティ・マッサージと、
岩手の藤源寺のご住職、佐藤良規さんが311の7回忌法要とのイベント。
午前中、10時から良規さんから
マインドフルネスを含めてのお話と坐禅の実践をお聞きして、
芋煮汁のおふるまい。

その昔、仙台に住んでいた頃、
河原で芋煮会をやったのが懐かしい。
ハワイの芋煮、どんな風味になるのだろう。
しょうゆ味でいくことは確認済み。
おにぎり部隊も出動予定。
パロロ本願寺、とっても気持ちのいい場所。

午後に行われるチャリティ・マッサージも69回目を迎えます。
この活動はマッサージセラピストがボランティアでマッサージを行い、
その日のマッサージ料はハワイで布地を買う資金などになります。
ハワイから布地を東北に送り、主に被災したお母さんたちが
マッサージシーツなどに仕立てて、販売し、
仕事として収入を得るという仕組み。

お金を送るというタイプのチャリティではないんです。
さすが、ちえみさんです。
根っこからパワフル。
そして、だれかがちえみさん宅に忘れていったという
「マインドフルの奇跡 今ここにほほえむ」
持ってきてくれました。たまたま、本棚の整理をしてて、
見つけたそうです。不思議なコインシデンス。
曇り空で肌寒いホノルル。今日はゆっくり、この本と
ミルトンエリクソン心理療法 <レジリエンスを育てる>」とを
読んで過ごそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セルフケア・セミナーやりました

2017-02-25 19:35:56 | あれこれ
Kobira Healthcare Hawaii さんで
セルフケア・セミナー第2弾、
Kids Hurt Too Hawaiiの設立者、シンシアがゲスト。

ソーシャルワーカーや家族の介護に携わっている人、看護師さんが参加すると
伝えたら、「Burn Out 〜燃え尽き」をテーマにパワーポイントを
作ってきてくれました。

「どんなときにburn outする?」
という呼びかけで一人ずつ話しながら、リラックスした雰囲気のなか
セッションは進みます。

どうやって過剰なストレスに気づくか、
気づいたらどうやって、燃え尽きないようにシフトするかなど、
それぞれが自分なりのバランスの取り方や
ストレス対処についてのコツなどをシェア。

ゆったりじっくり。
地に足のついた会だったように思います。
シンシアはあまりにも身近で、日頃、彼女の凄さを忘れているのですが、
グループ・ファシリテートのプロフェッショナルだったことを再確認。
彼女はホスピスでの仕事などをした後、
ダギーセンターでのプログラムディレクターをつとめ、
ハワイに移り住んでKids Hurt Too Hawaiiを立ち上げた人で、
キュブラー・ロスやアーノルド・ミンデルから直接学んでいる人でもあります。

月に1回ずつ、なんとか継続していきたいなぁと。
場所代をかけてでも、あの空間のステキさを考えると、
やっぱりBoxJellyでやりたいなぁと思うのです。

来月は私がアサーションや感情について話します。
楽しみ、楽しみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セルフケア・セミナーやってます

2017-02-14 22:13:44 | おしらせ
昨年の11月にハワイ報知を辞め、
晴れて自由の身になり、
そうだ、やっぱりカウンセリングに関連する仕事が
やりたいんだよなぁと思い直して、
あれこれ考えていた時に、知り合った
Kobira Healthcare Hawaiiさん

1月から第4土曜日の午前中にワークショップを始めました。
場所はとってもカッコイイカカアコエリアにあるBoxJelly

1回目はKobiraさんと私とでオリエンテーションと称して
自己信頼感や自尊感情といったことについて、
参加した方たちといろいろシェアしながら話しました。
こじんまりした会でしたが、
大事なことをゆっくり話せる場作りができたのではないか、
と感じました。

日本での仕事をほぼ、全て辞めて来てしまったハワイ。
この6年というもの、なんか、やりたいことができていない感じと
まあ、年齢も年齢だしリタイアということでもいいかなという気分とで
気分があっちにいったり、こっちにいったりしていましたが、
こういう形で昔、とった杵柄がとれて嬉しい限り。

今月末はKids Hurt Too Hawaiiのシンシアにゲストになってもらい、
グリーフやセルフケアについてお話してもらう予定です。
関心のある人に情報が届くといいなぁ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ehou Roll

2017-02-04 18:52:43 | あれこれ
昨日、友人にくっついて日本食スーパーへ行ったら
「恵方巻き」がいっぱい売っていた。
わあ、こっちでもこの風習が広がってるんだぁと
思いながら中身を見ると、高野豆腐。
ヘルシーなんだけど、なんとなく物足りない。
ほかに何かないかなぁと見ていたら、
Ehou Rollという名前で
お抹茶やストロベリーのロールケーキが
一本、丸々入っている。
友人はこれを購入し、馴染みのお店の
スタッフさんに差し入れで持っていくとのこと。

ハワイは不思議なところで、
日本よりも盆ダンスの名で盆踊りが盛んだったり、
お米が大好きで、プレートランチにお米が定番だったり。
そうそう、お弁当も「Bento」(「べ」にアクセント)の名で、
多くのハワイローカルの人が知っていたり。

この「恵方巻き」も、もしかしたら
数十年後、日本では廃れてしまっても、
ハワイにだけ残るなんてことが起こるかも。

我が家ではサクで買ってきたマグロ(これも現地スーパーで簡単に手に入る)、
きゅうり、卵に子どものリクエストでアボカドを入れて
太巻き風にして食べました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

0123吉祥寺で講演会

2016-11-22 11:15:33 | 講演会
東京武蔵野市にある0123吉祥寺で、お母さん向けの講演会
「子どもと私~良い関係を築くために」
講師をしてきました。
久しぶりの公演で、ワクワク。



うかがった0123吉祥寺。
ここがオープンしたころに、雑誌などに
取り上げられ、「行ってみたいなぁ」と
思っていたところでした。







お子さんを保育に預けてのママたちの時間。
じっくり有効に使いたい。
今、流行りの「レジリエンシー」の話を織り交ぜながら、
ママたち同士のシェアの時間をいっぱい入れながら
1時間半、たっぷりお話しました。

すでに顔見知りのママたちも多かったせいか、
落ち着いた、のびのびした雰囲気。
お天気も良い日でよかったです。

吉祥寺0123の2階には本のコーナーがあり、
絵本が充実。



ハワイでやっている
リビングオハナの「オハナ文庫」のことが
頭をよぎります。
日本語の絵本、もうちょっと集めたいなぁ。

写真を見ると、ハワイにいるときとは別人です(笑)

武蔵野市立0123吉祥寺

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぼんやりとふりかえる

2016-11-09 21:23:11 | あれこれ
上の子が生まれた頃、
かれこれ20年近くが経つのだけれど、
そのころにワークショップを請け負っていて、
みんなで「これからかなえたい夢」について
話す時間をとった。

その時に「本を出版すること」と「ジャガーに乗ること」
みたいなことを言った気がする。
「これだけ本があるんだから、私の書いた本が
並んでてもおかしくないような気がする」と本屋でつぶやいて、
「アンタ大丈夫?」と友人に言われたこともある。
これは大学生のころ。

同じころ「欲しいものはだいたい手に入る」と言ったら、
「それは手に入りそうなものしか、欲しがってないから」
とも言われた。「そうなのかもね」と思う。

そういえば、中学から高校にかけてのころ、
「新聞記者になりたい」と言ったこともある。
「英語ができるようになりたい」とか
「カウンセラーも面白そうだ」とか言っていた。
この3つは進路選択をするときに頭をかすめたが、
超絶ファザコンだった私は父親と同じ「農芸化学」という
学科に入って、もやしもんを目指すことになったのだが。

そして、40年ほど経ってみれば、
やってみたいことはなんだかわからないが、体験できてる。
55歳すぎて、新聞社で働くとは思わなかった。
100%じゃないが、だいたい欲しいものが
手に入っている。
とてもラッキーだ。

大学生のころ、子どもはいらないと言っていたのだが、
30代後半で友人が子どもの話をするのを聞いて、
突然、「すっごく欲しいかも」と思ったら、やってきた。
むちゃくちゃ幸運なのだ。
もう、毎日、何かに向かって「ありがとう」と言うしかない。

今は何が欲しいかなぁ…。
旅行に行きたいかな。
あとはジャガーか…。
日産キューブで十分だけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児童心理2016年10月号いただきました

2016-09-28 13:01:16 | 著書
児童心理(2016年10月号)いただきました。



40ページ「感情表現」を豊かにする親
に袰岩登場しております。

A5●定価916円(本体848円+税)金子書房発行


9月12日発売されました。よろしくお願いいたします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

女性必見!PHPくらしラク~る♪ 2016年10月号いただきました。

2016-09-27 12:53:43 | 著書
PHPくらしラク~る♪ 2016年10月号号 いただきました。



56ページ~
"気の合う人だけ"つきあいたい!女どうしをラクにする
感情すっきり術

に、袰岩が登場しておりますのでどうぞよろしくお願いします

絶賛発売中です(あ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

COOPステーション11月号いただきました

2016-08-11 12:47:04 | 著書
COOPステーション9月号 8月10日発売号いただきました。



90ページからの「一緒に考えましょ!子育て、親育て」

夫婦げんか

に、袰岩登場しております。


どうぞよろしくお願いします(あ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD『教育現場におけるグリーフサポート~死別体験にどう向き合うか~』

2016-08-09 14:31:20 | 著書
グリーフサポートせたがや様よりいただきました。

DVD『教育現場におけるグリーフサポート~死別体験にどう向き合うか~』

教育現場の先生方に役立つ情報がいっぱい。
袰岩、付録の冊子の監修をさせていただいております。





お問い合わせやご注文は

グリーフサポートせたがや様
griefsetagaya@yahoo.co.jp
までお願いいたします。





(あ)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年4ヶ月

2016-07-19 21:55:45 | あれこれ
アラモアナブルバードを走って、
サラトガ通りに入り、
カラカウア通りを走りながら、
違和感が無くなってきたなぁと。

5年4ヶ月。
震災の年の3月に引っ越したので、
同じ年数がたっている。

多くの人から「震災のせいで?」と聞かれる。
たまたま、3月で娘の中2が終わるので、
それに合わせて引っ越すことに決めていた。
ちょっと迷ったけれど、予定を変更しなかった。

ワイキキを運転しながら「なんで、こんなところ
走ってるんだろう」と現実感がずっと無かった。
それが、5年を過ぎたあたりから「ふつー」になった。

震災がきっかけで移住した人にとっても、
もしかしたら、移住先が「自分のところ」な感じに
なってきている時期かもしれない。

昨日、お話をうかがった福島のラジオで長く
アナウンサーをなさっていた大和田新さんが言っていた。
日系二世と一世とのギャップがあると聞いたけれど、
震災後、福島から移住した人にも同じようなことが言えると。
親たちは「帰る」という感覚があるけれど、
子どもたちにとって、すでに今、居るところが
自分の「帰る」ところ、という感覚になってきていて、
親と子どもとで感覚にギャップがある、と。

子どもたちも、こっちがホームな感じになってるのかなぁ。
息子にとっては人生の約1/3、娘にとっては約1/4がこっち
ということになってきているんだものねぇ。
親の感覚とはまた、違ってきているだろう。
不思議だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加