おもしろき ことばかりな世を・・・

ロッテと旅をこよなく愛する日記

もう,縛り付けとこうよ,この監督とコーチは(苦笑)

2017-05-28 17:14:45 | 千葉ロッテ
ロッテ1-2オリックス

いやー,過去3戦は,采配が振るいようのない,あるいは采配が大勢に影響しない(爆)形でこそ勝利できたわけなんですが,ホンマに,動かんと気が済まんのやね,このおっさんは。ピッチャーが左から右に代わったと言うだけで,昨日の影のヒーローだったタカシを外して,十分に冷やしきった三家くんを起用し(多分,両打ちだからだよね(苦笑)),ダフィーも外し,なんともまあつながりの悪い展開。それでも好調キヨタン,そして復調しつつあるカッキーのタイムリーで何とかスミ1を奪ったんですが・・・,相変わらずの継投ベタ。

球数も少なかったし,気合も入っていたし,7回の続投自体はいいんですよ,個人的には。同点まではくれてやってもいいと思いましたし,2ベース打たれたところでも代えないんだったら,せっかく2アウトまで行ったんだったし最後まで行かせればいいでしょう。

しかし,実際の継投は,同点にされる前でもなく,7回が終わったところでもなく,よりにもよって,1死2,3塁から,関谷くんが気迫のピッチングで空振り三振を取って2アウトにしたところ。これで行ける!なんとか自分の出したランナーは自分で責任取る!というところで,「左だから」という理由だけで,またもやルーキー左腕を出し,しかも,右の代打出されて,勝ち越し許すとか,関谷くんも死んでも死にきれんでしょう,これでは(死んでないけど)

去年までも,何度も何度も見た,「左だから」という理由だけで,左の松永くんを投入し,きれいにランナーをお掃除されることに限らず,とにかくあと1人!というところで,しょうもない継投するのが多すぎるんだよね,このおふた方は。ピッチャー心理としては,勝ち負け以上に,自分の責任は自分で取りたいと思うのが当たり前で,その辺の気合も買えない,かといって,結果だけを重視して,傷口が広がる前にも代えることもできないような首脳陣の姿には,本当にうんざりします。

毎度のことですが,せっかく選手が作ってくれた良い流れを自ら手放す首脳陣には,いよいよお引き取り願いたいなあと,改めて現実に引き戻された敗戦でした。

いやー,必要以上に,ムカついてんのは,朝から,この記事見たからなんだよなあ。イワクマンになれる!というところだけで,美談風味になってるけど,高卒3年目であんだけ投げている二木くんに,一度も褒めない,あまつさえ「ときには無視して自覚を促した」って,監督ともども,この昭和脳の固まりに,なんとかして管理職研修受けさせたいなあ,ホンマ(怒) なんか勝ちは間違いなく嬉しいんですが,それがこの人々の延命につながるのは,ホンマに辛いなあ。いい機会だから,何事もなかったように,交流戦から新体制に行きません,フロントさん!?(ないだろうなあ)


さてさて,最後は,使われなかったタカシがナイスヒット,そして次打者は好調キヨタンにもかかわらず,無理やりぶん回しで,余裕も余裕のアウトとは,これまた相変わらずで辛いところですが,まあ終わってしまったことは仕方が無し。

せっかくいい気分で交流戦に迎えそうだったところが,なんとも辛い日曜日ではありますが,せめて選手たちは切り替えて,来週からの6☓6連戦に臨んでほしいところですね。

それでは

↓またもや憂鬱なサンデーイブニングを迎える同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

おぉ,暗黒とは譲れるものだったのか・・・(まだ早)

2017-05-27 17:14:25 | 千葉ロッテ
ロッテ2-1オリックス







久方ぶりの連勝を果たし,乗っていけるか!?と臨んだ一戦は,二木くんの独壇場。初回から2三振を奪うなど,140キロ中盤のストレートと130キロ台のフォークの組み合わせで,快調に飛ばしていきます。二木くんは,5回までに,わずか2安打7三振を奪うと,打線も,3回,タムタムフォア,翔太犠打の後,タカシが,ようやく本来の力を発揮する,1塁線へのナイスプッシュバントでつなぎ,1死1,3塁。更にはすかさず盗塁して2,3塁のビッグチャンスを作ります。ここで,昨日のヒーローキヨタンは,追い込まれるも,4球目のフォークを見事に拾ってタイムリーで,二木くんに2点をプレゼント。今日の二木くんには,これで十分。結局,一度も連打を許さず,9回2死まで,わずか4安打無四球無失点。これはチーム初の完封なるか!と誰もが思ったところで,迎えるT-岡田に,3球目のストレートをライトスタンドに運ばれるも,気を取り直して,次打者をライトフライに切って取り,ゲームセット。完封ならずも,これまたようやく開幕ほぼ2か月にして,チーム初完投と,リリーフに負担が掛かりそうなところで大仕事をやってのけた今日の勝利でした。

いやー,間違いなく,今のチームで,最も安定感のあるピッチャーだよね,二木くん。4年目にして,堂々たる投げ姿は素晴らしいの一言。1試合を除いては,全て3失点以下,ついでにイニングを食ってくれているのも,去年から大きく成長したところで,やっぱり若いというのはええですなあ。

首を振ってからの被弾は悔いも残るでしょうが,楽しみを次に残したと考えれば良いところ。後はシーズンを通して投げ続けられるかが鍵でしょうから,昨年とは違う!とこれからもナイスピッチングをお願いしたいところですね。

そして,キヨタンの連日のお立ち台,やっぱりあの笑顔はいいですね。改めて,本来の元気キャラに元気がないと,チームも乗ってきません。しっかし,サントスくん獲得が決まってからのキヨタン,タカシの上昇気流は,偶然の一言で片付けていいんでしょうか(苦笑) カッキーも復帰してきたことで,外野の使い方に悩むというのは,わずか1週間前の惨状を考えれば,嬉しい悲鳴ではありますが,やっぱり「使える」手駒がいるというのは大事なところ。もう落ち込むような余裕は,チームにも本人にもありませんので,ここからもチームを引っ張るような活躍をどんどんとお願いしたいところですね。

さてさて,暗黒の真の譲渡を果たすには,何と言っても3タテを食らわすことが大事。明日は,開幕当初,生きのいいピッチングをしていた山岡くんが相手なんですが,何と0勝4敗と苦しんでいるんですね。しかし,改めて内容を見ると,ほとんど3失点以下(ホークスには6回無失点),そして,援護点は,なんと,1,0,1,0,1,1のマックス「1」と,千隼ですら可愛く見えそうな,堂々のムエンゴぶり。

ただ,そういう意味で,決して与し易い相手ではありませんので,打線には気を引き締めて今日以上のきちんとした援護を,そして,今季初先発の関谷くんには,日曜日は俺に任しとけ!といえるようなナイスピッチングをお願いして,堂々の暗黒譲渡を完成させてほしいところですね(順位とかについては華麗にスルー)

それでは

↓喜びつつも,明日が大事だよ!と気を引き締める同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

しゃっ! 暗黒対決を制し,43日ぶりの連勝!!

2017-05-26 22:14:21 | 千葉ロッテ
うーん,これぞまさしく暗黒対決(苦笑)

ロッテ5x-4オリックス









いやー,今日ばかりは,中盤までは余裕の気持ち,本当に調子悪いチームとはこういうものか,うちと戦ってる相手チームは,いつも楽しかったやろうなあ・・・と高みに立つ気持ちになったのが甘かった(笑)

まあ,しかし,今日は特に文句はありません。先週のいい流れを作ってくれたエースの続投は当然ですし,打たれたのはそういう結果が出たと受け入れれば良し。それ以上に,潰れるかと思った土肥くんがトカダを抑えたことにも価値があったしね。

今日采配がうまく行ったところがあったとすれば,7回,先にパラデス君を出しておいたことでしょうなあ。おかげで,ネモティが残っており,ミキティが粘って作ったチャンスを,翔太で途切れたかと思ったところで,見事にフォークを捉え,サヨナラの流れを作ってくれました。ランナーが3塁に進んだことで,フォークが投げられなくなったことにより,復調しつつあるキヨタンにとってはおあつらえ向きのストレートが来てくれました。

打った瞬間,HRと思った打球が,フェンスの真ん中あたりというのは,本人もちょっぴり残念の一打でしたが,理屈抜きで,サヨナラヒットは素晴らしいもの。5月のハムとの暗黒対決は惨めな結果に終わったことを考えると,暗黒だろうがなんだろうが勝ちは勝ち。サントスくんも早速支配下登録され,なんとなーく楽しい雰囲気が出てきましたので,このまま週末も楽しい試合を見せてほしいところですね。

それではおやすみなさい

↓やっぱり連勝はええのう・・・とご満悦な同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

やったーー! 野球の華5発で,ついにヤフドで勝利!!

2017-05-25 21:27:49 | 千葉ロッテ
まあ終盤はバタバタしたけどね(苦笑)

ロッテ12-7ソフトバンク





いやー,今日も初回の千隼プチ炎上で,もう見んのやめようかと思ったんですが・・・,見てよかった(嬉) 昨日は悔しい思いをした大地,そしてダフィーの2発で,まだまだ行ける!という気にさせてくれました。

それにしても,翔太,年々ゴリそっくりになっていくよなあ(笑) いかつい顔つきからボールに食らいつき,2ベースを放った後は,4回,タムタムのナイスな逆転タイムリーの後,ようやくにして突き放す一発を放ってくれました。

なんかちゃらんぽらんな感じがあって,かなりキャラが読みづらいんですが,あのパンチ力は魅力。こんだけチャンス与えられる機会は,先を考えてもなかなか望めないので,ここでロッテに翔太あり!と思わせるような活躍をお願いしたいところですね。いや,ホント,続けてや。

一方,千隼のすっかり立ち直ったピッチングを見ると,ピッチャーを活かすも殺すも,バッター次第だと強く感じるところ。結局,終わってみれば6回3失点8三振,3回から5回までは連続三者凡退のピッチングは,ルーキーとして言うことなし。そもそも,初登板で2点もらった以外は,実に4試合で1点しか援護してもらってなかったと言うんですから,この状況で,劣化とかフォームが壊れているとかルーキーに言うのは,百害あって一利なし。どうもイケメンにもかかわらず,ゴエモンの系譜を次ぐようなネガティブ少年の様子が見受けられますが,あのシンカーはやはり魅力なので,多少打たれようが構わん!とここから乗って行ってほしいところですね。

さてさて,ダメ押しの井口さんの250号2ラン,そして,ダフィーのダメダメ押しの長いリーチを活かした2本目がなかったらどうなっていたことかわかりませんが,まあ勝てて良かった。勝ちパターンを投入したくはなかったものの,このチーム状況を考えれば贅沢を言う余裕は無し。

相変わらずの代打パラデス君→ファーストとか(意外とファースト守備は普通だったけど(苦笑)),いぐっさんに金澤くんとか,何かをしないと気が済まない監督さんは置いておいて,やっぱり理屈抜きに勝利は嬉しいよね。

次カードは,交流戦前パ・リーグ最終カードにして,絶不調オリとの月間20敗するのはどっちだ?対決。今年こそは違うんかね!?と思いきや,やっぱり金かけても相変わらずなオリも,うちに負けず劣らず業が深いよなあ。

まあ,しかし,まかり間違っても相手に同情する余裕は無し。こちらは5勝(16敗)している意地にかけ!?未だ5月は3勝(17敗)の相手を,唯一期待の持てるローテで屠ってほしいところですね(書いてて悲しくなってきた・・・)

それではおやすみなさい

↓これでようやく眠れる・・・とご満悦?な同志もクリックお願いします(いや,ホント,昨日腹立って寝れなくて寝不足なんすよ,まじで)
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

もうええやろ,残りカウント1で(苦笑)

2017-05-24 21:50:13 | 千葉ロッテ
ロッテ4-10ソフトバンク

いやー,今日はボスの采配もなんのその,衰えの明らかなセッツくんを打って,何とか選手の力だけで勝てるかと思ったけど・・・,うまくいかんのう。

もうね,伊東さんの性格の大きな欠点だと思うけど,あの当てつけがましい性格はなんとかしてほしいなあ。フロントの獲得が失敗だと見せつけんばかりの1番パラデス君起用。2軍でも1番起用していて物議を醸していたんだけど,結局,あれも伊東さんの指示だったんだろうなあ。でもね,せめて使う以上は,期待する,ダメなら怒るくらいならまだ分かるんですが,3打席目のスイングとかを見て,伊東さんが,ニヤニヤしながら,「あれじゃ,打てねえよなー」とばかりに,スイングを真似して揶揄するような仕草をしているのを見ると,完全に彼の戦いは,チームの勝利とは別のところに行ってるんだろうなあとしみじみ思います。

そんでもって,今日も代打からの3塁ダフィーだしなあ。いや,ホント,後で言うけど,使わないピッチャー4人も5人も入れるんだったら,一人でいいから守備要員上げようよ,ホント。


そして,もう一つは,もう書くのも明らかな継投遅れ。チェンくんが6回,キヨタンのファインプレーで何とか内川くんの2ベースを帳消しにしてもらったところで,いっぱいいっぱいなのは明らかだったにもかかわらず,引っ張ってのデスパ弾(憤怒),更に中村くんにヒット打たれてイヤイヤ交代と,およそ考えうる最悪の形でのスイッチ。そして,今日も今日とて,エラーに足を引っ張られながらも,何とか同点で収めた有吉くんを,大好きなイニングまたぎさせ,28球目を打たれてのジ・エンドとは,飽きもせず,よくやるところ。どうせピッチャーがいないからというんだけど,そもそも,先日,土肥くんを引っ張って無残な2ランを浴びさせていなければ,どこかで使えたと思いますし,そもそも,他の4人は,競った場面で使いもしないから使えなくなるという,単なる悪循環&枠の無駄遣い。そもそも,高野くんは,再昇格後は1点も取られていないし(まあ,使ったのも1度だけだけど),競った場面で使わないと,育つものも育たないのは火を見るより明らか。そして,勝ちパターンはイニングまたがすけど,ビハインド&ロングリリーフ要員として使うなら使い倒せば良い人々はあっさり2/3で交代,そんでもって阿部くん被弾とか,何がしたいのか本当に分かりません。

結局,ああいうイニングまたぎは,打たれた有吉くんはもちろん,使われなかった他のピッチャーも,「お前らは満塁弾打たれたルーキーより使えないピッチャー」と言っているのも同然で,一手で,1人のみならず,4人も5人もピッチャー潰す,真の悪手なんだなあと思います。結局,信じて使って打たれたら非難されるのが嫌なんだろうなあ,この人たち(投手コーチ含む)。

もうフロント・選手に対する怒りと自らの頑固さしか原動力がない監督に采配を取らせるのはチームとしてはいかんでしょう。せっかくサントスくんが思ったよりも早い来日のようですから,ここできっちり引導を渡して,負けてもいいから心機一転新たなチームで臨んでほしいところです。幸か不幸か,打てないバッターを固めて,打てるバッターをつなげれば,点を取れる(かもしれない)こともわかりましたので(爆)


さてさて,そう言いながらも,今日は,大丈夫!とは思わないまでも,逆転したときは,行ける!と思ったんだけどなあ。わかっていても,想像以上の噛ませ犬ぶりは,本当に辛い。かといって,ファンとして負けても良いとは絶対に思わないし,勝ってほしいのは間違いないんだけれども,1勝や2勝して中途半端にこの状況がズルズル続くのは,もう誰のためにもならないところ。

今なら,世間の半分くらいからは,まだ「伊東監督がかわいそう・・・」と言ってもらえると思うので,フロントは,自分らが泥をかぶる前提で,何とか伊東さんの首に鈴をつける大仕事をしてほしいところですね。まあ,決断という言葉とは最も程遠い人々ではありますが・・・。

それではおやすみなさい

↓結局のところ,なぜ毎日文句を言いながら見てしまったんだろう・・・と呆然としている同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

ま,こんなもんだわなあ(怒)

2017-05-23 21:49:28 | 千葉ロッテ
ロッテ1-6ソフトバンク

いやー,もう今日は,カッキーが上がってくる前から,この記事読んでやるせない気持ちになってねえ。ようやくにして昨年の首位打者が復帰してくるというのに,言うにことかいて,「内野ゴロでも1点を取ることができる選手」ねえ・・・。山下コーチがHRはゼロでもいいと言って,随分とヘイトを集めていましたが,この伊東さんの発言を見たら,チマチマした野球を誰が目指している,指示しているのかは明らかだよなあ。ホンマに大砲欲しいって心の底から思ってます,大将!?

そのカッキーは,点にこそつながりませんでしたが,変態打法で2ベースを放ったのは,ラッキーもありとは言え,明るい材料。しっかし,いきなり4番って,本当に優しさのかけらもない起用だよなあ。せっかく苦難を乗り越えて復帰初戦に,まともに勝てていないヤフドのカード頭で先発を強いられるゴエモンともども,かわいそうというほかありません。

そのゴエモン,初回から足を引っ張られながらも,6回を何とか3失点,しかもその時点で103球を放っていたにもかかわらず,相も変わらずもう1イニングで,これまたバックに盛大に足を引っ張られ,致命的な4点目を奪われ,なんか気分悪い復帰劇となってしまったのは,これまた不憫の一言。6回3失点なら,次に明るい希望も持ちやすいんですが,この監督&コーチは,投手を気持ちよく上がらせたら死んじゃう病にでもかかってるのかねえ。もちろんゴエモンならこれくらいは投げてもらわな!という気持ちも理解できないわけではないんですが,ビハインド要員もしこたまおるわけですし(爆),ちょっとこだわりの方向がよく分かりません。

結局,前カードのいい形を,自らの言葉をあっさり翻すようなダフィー先発,ショート翔太で崩すなど,一貫性の無さを露呈するようでいて,一方で,打てない1,2番,そして,下から上がってきた生きの良いバッターを冷やしきってからの代打起用といったやり方はいつも通りでは,チームも盛り上がりようがありません。そもそも,パラデスくんも,使わないなら使わない,使うなら最初からDHあるいは代打しかありえないわけで,スタメンが打てないと見るや,無理やり代打→守備とか,もうね・・・。

正直言って,このままズルズル指揮を取ってもらっても,何ら展望は開けないところ。

交流戦に入れば気分も変わりますし,何と言ってもパ・リーグよりは与し易し,ついでにサントスくんもその頃合流ということで,代行にもいいプレゼントになると思うので(爆),今週限りということで,そろそろフロントには然るべき決断をお願いしたいところですね。

さてさて,それにしたって,ホークスの貯金10のうち,実に8つをうちが献上とは恥ずかしい限り。とにかくヤフドで負けっぱなしは我慢がなりませんので,選手たちは,相変わらず抽象的な精神論しか言わない指揮官は放っておいて,なんとか石にかじりついてでも勝利をもぎ取ってほしいところですね。

それではおやすみなさい

↓もうデスパに打たれるのは,ファンとして我慢ならんよ・・・と悲嘆に暮れる同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

もう,何でもいいから勝って(笑)

2017-05-22 20:31:32 | 千葉ロッテ
前カードの打つ手を自ら絞った状態を快勝すべく,少しは動きがあるかと期待された公示は,結局,前倒しのゴエモンINに対し,どうも疲労で抹消されたらしいカラカーくんと,やっぱり最後は「打てないから」落とすのね(苦笑)の伊志嶺くんの2人OUTだけ。おそらく伊志嶺くんに代わってカッキーが上がってくると思われ,代走・守備要員がいないという状況は解消されず,というかむしろ悪化。

結局のところ,捕手3人制にもかかわらず,投手を13人登録,ついでに,うち4人はビハインドのみ登板って,こんなチームありえんよなあ。

しっかし,結局,今に始まらず,なんかこういう,自分の決めた陣容に固執して,打つ手をなくしているという姿は前から見たような記憶があるなあと思ったら,やっぱり2年前にも書いてました(苦笑) 2軍から上がってきた選手を干したり,自分の好きなメンツに固執したり,左右にこだわったり,代走・代打で試合を動かすつもりも見られないなど,今に見られる問題点は,もう出尽くしてんですよね。結局のところ,伊東さんが「名将」とかいってもてはやされているのって,3回Aクラス入りしたからということなんでしょうが,特攻ローテとかを投入して何とか最後まで優勝を目指した2013年はともかくとして,2015年は,ずーっと4位か5位をうろうろして,秋の帳尻スパートに西武がついてこれなくて,ギリギリ貯金4で3位に滑り込んだもの,2016年は,下位3チームがあまりにも弱くて,それでいて,こちらも6月の段階ですでにホークスに大きく離され,ついでに下から来たハムさんにも一気に追い越され,誰ともお付き合いすることなく,同じく貯金4(苦笑)で3位を保持したというもので,正直言って,そんなに采配がどうとか,素晴らしい!と手放しで褒められるほどのものでもないようなものだったんですよね。

ただ,まあやっぱり連続Aクラスは気分良いことは良かったからな(爆) それゆえに,監督自身も中途半端な自信を持ち,ファンも幻の「強さ」に浸り,フロントも本腰入れて補強に走るきっかけすらなかったということであれば,監督だけを責めても確かにどうにもならないのかもしれません。

しかし,もし伊東さんが,今後もどこかのチームで監督をやりたいという気持ちがあるのであれば,やっぱりありもしない「あるべき姿」に頼るのではなく,ほんとうの意味で「やるべきことを全てやる」という姿勢を見せてほしいところですね。弱いチームが,全力を尽くさず,また打つべき手を自ら絞ってしまっては勝てるものも勝てません。

幸か不幸か「休む」と言ってくれるまでは,ファンもお付き合いするしかないのですから,どんな状況でも駆けつけ応援するファンのためにも,何とかいい加減目を覚まして,全力を尽くした采配を見せてほしいところですね。


さてさて,これまた「あるべき野球」を追い求める監督&英二コーチのために,復帰後いきなり敵地でのホークス戦に当てられるゴエモンにはかわいそうというほかありませんが,ここまでくれば腹をくくるしかないところ。

せっかく勝ち越しで意気上がっているところですので,楽天ファンに恨まれないためにも,是非ともナイスピッチングを,そして打線には,何とか2ケタ安打で大きな援護を見せてほしいところですね。

あ,そうそう,来日前から論議の的となっているサントスくんですが,下の動画見たら,こんだけファイトを出す選手が今うちのどこにいるんやと改めて目を見開かされましたよ。中途半端な外野ドングリーズを蹴散らすような活躍をお願いしたいところですね。



それではおやすみなさい

↓今度こそ,今度こそ敵地でホークスに勝利を!と渇望するファンもクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

これが大地だ! 自縄自縛のボス采配を帳消しにする魂の逆転2ランで,ついに勝ち越し!!

2017-05-21 17:23:15 | 千葉ロッテ
これが俺たちのキャプテンだよ!

ロッテ3-2楽天





ついでにこれも貼っとこ(笑)






いやー,今日も,7回,1死3塁で,好守備を見せていたミッキーに代打伊志嶺くん,しかも見逃し三振になったときはどうしてくれようと思ったんですけどね(苦笑) 昨日,あんまり戦犯というほどでもなかったパラ・ダフィに当てつけがましく名指し批判をしたことで,2人を代打にすら出せず,結果は最悪。それでいて,守備固めにダフィー(恥),更には8回,2死から井口がヒットで出たにも関わらず,案の定代走すら出せないときは,もうこの学習能力のない指揮官どのには怒る気もせんわいとゲンナリしていたんですが・・・,大地が全てを振り払ってくれました。

悠々8回を投げきり,気持ちよく終わる予定であったろう岸くんに対し,大天使・里崎の「このバットの出方とかを見ていると,インコースにストレートが来たら一発あるかもしれませんね・・・」とのコメントの直後に,まさしくそのインコースのストレート(←岸くん曰くスライダーだったらしい。それにしては曲がってないな(笑))を振り抜いた打球は,打った瞬間,こんな状況でもライトスタンドを埋めたファンの元への逆転2ラン。もう声にならない叫びを上げてしまいましたよ。

前カードに,凡退の後,ベンチを蹴り上げ,うずくまる姿を見て,そこまで抱え込まんでええんやで・・・と多くのファンが心を痛めていたところでしたが,そんな同情は不要とばかりに,見事に大仕事をやってのけた大地は,本当に凄いの一言だよ。一昨日に,We Are!で何事もなかったように,楽しく盛り上げ,今日も,イケメン8位(苦笑)にもかかわらず,音頭を取るなど,本当にチーム全体のことを思っているということを常に見せてくれます。4月26日以来の猛打賞,そして,何と言っても,11カードぶり,4/13日以来の勝ち越しで,気持ちは最高でしょうから,ここから更に乗って行って,チームを引っ張る活躍を見せてほしいところですね。


そして,今日は,お立ち台に大谷くん,内君の2人を上げてくれたのも良かったね。毎日のように肩を作り,僅差の場面で出て来てプレッシャーの中で結果を出すなど,現代野球の中で,相当しんどい役割を担っているにもかかわらず,スターター・野手に比べれば,ほとんど光の当たらない勝ちパターン投手を出してくれたのは素直に嬉しかったです。ほんまに,抑えて当然,負ければ国賊とばかりに,打たれたときばっかり取り上げられる悲惨な境遇やからね。

内君の「ピッチャーは明るくやってます」というコメントは,パンチが利いていてなかなか良かったですし,そういう声が聞けたのは嬉しいところ。初球ホームランはともかくとして(苦笑),間違いなくワックンからの思いをバトンとして受け継ぐことができたカラカーくんともども,投手は本当によくやってくれていると思うので,これからも,我チームの屋台骨を担う活躍を見せてほしいところですね。

さてさて,何と今季まだ負け越しがなかったという,とんでもない楽天相手に,初負け越しをつけるのがうちのチームであったとは,神様でも予想ができまい(苦笑) とにかく既に失うものは何もない状況ですので,ひたすらパ・リーグをかき回すべく,「ロッテに負けたら大変だ・・・」と逆に相手にプレッシャーをかけながら,楽しい試合を見せてほしいところですね。

それでは

↓夢でも見てるんやろか・・・と喜びにひたっている同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへにほんブログ村
コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり監督の差だよ,大きいのは(苦笑)

2017-05-20 18:45:26 | 千葉ロッテ
ロッテ0-2楽天

いやー,昨日の夢から,一転どん底に引き戻されてしまいましたねえ・・・。引き分けなら全然オッケーだったんですが,アレは痛かった。

もう今日の敗因は,監督さんと投手コーチでしょう,どう考えても。

せっかく昨日タカシ・大地・ネモティの流れでサヨナラを掴み取ったにもかかわらず,なぜか右投手相手に,パラデス君を外して,よりにもよって,流れをぶった切る上に肩の壊れている伊志嶺くんを,懲りずに2番で起用(ちなみに昨日も1番で4タコ)。昨日は勝ったし,打球方向も微妙だから書きませんでしたが,昨日も初回からセンター横の打球をウィーラーくんにもかかわらず,あっさり2ベースにするなど,もう守れないんだよ,彼は。打てるのならともかく,打率は身長以下の1割5分台,HR0,打点2,俊足と言われながら盗塁1(苦笑)の男を,無理にセンター起用して,そんでもって最後まで腹を据えて使い続けるのならギリギリまだしも,今日も10回に,田中くんにセンター「横」2ベースを献上したところで,慌てて守備固め,ついでに送られるのが守備が上手いわけでもなんでもない柴田くんって,もうみっともないの一言。実は,相手の田中くんは,昨日の代走後の1打席以外は打席に立ったことすらないルーキーにもかかわらず,今日はきっちりとスタメン起用し,3三振にもかかわらず,代打を送らず,プロ初ヒット,更にはプロ初決勝HRまで打たせるに至ったあちらの監督さんとは,あまりに差がありすぎて言葉がありません。


そんでもって,逆に,こちらはまともな代走要員が他にいないにもかかわらず,伊志嶺くんをスタメンで出したことで,せっかく福浦様が速球ハーマン君相手にクリーンヒットを打ったにもかかわらず,送られる代走が吉田くんしかいないって,もう本当に何も考えてないよね,うちの監督さん。

昨日の田中くん見ても,代走から流れを変えることだって十分できるわけですし,スタメンで使わず伊志嶺くんを代走で送って盗塁でもさせれば,(もちろん相手の攻め方も守備陣形も変わることは十分承知の上で)キヨタンの食らいついたヒットでサヨナラもあり得て,伊志嶺くんもヒーローになることすらできたわけで,本当にひどいよ,この使い方は。


そして,もう一つは,土肥くんの続投。うまく三者凡退に抑えたとはいえ,11回で既に17球投げていた土肥くんを,12回もマウンドに送り,それでもきっちり左2人は抑え,最後の最後でアマダーくんには慎重になったかストレートの四球を出したところで既に31球。もうな,マウンドに行く暇あったら代えてやれよ,英二コーチも。この時残っていたピッチャーは,数日前に量り売りのように大量登録した東條くん,高野くん,阿部くんの3人と祐太と数は盛りだくさん。それにもかかわらず,ルーキーにイニングまたぎ,更には30球越えさせても,この人らを使わんってことは,ビハインドゲームのためだけに4人も置いているってことで,実に余裕がありますなあ,我チームは。代走・守備要員すらまともにおらんのに(怒)

何度も何度も書いてますが,リリーフが1イニングを抑えるというのは,それだけでも大変なこと。それを完ぺきにこなして,気持ちよく上がらせてあげれば,多少の連投も可能,翌日も使えて自信もついていくところが,他にピッチャー余っているにもかかわらず,わざわざイニングまたぎ,そして,必要のないプロの怖さを味わわせて,一体どうしようと言うんでしょうかね,この監督とコーチは。せっかくのナイスピッチングが,まるで駄目みたいになるのは,本当にかわいそうなんですよ,投手にとって。

せっかく左打者の多い楽天相手にジョーカー的存在が生まれそうなところだったのが,これでは明日どころか,しばらく使えんよ,実際のところ。改めて若い子のメンタルを壊すには,上司の無理解があれば簡単なことなんだなあと,暗澹たる気持ちになった今日の試合でした。


うーん,こんなに長く書くつもりはなかったんですが,書いたら止まらんかったよ(苦笑) まあ,しかし,選手たちはよくやりましたよ。もちろんあと1歩の詰めが足りなかったんですが,そこは相手も首位チーム,美馬くんのピッチングも良かったし,そう簡単には行きません。その中で,終盤は,相手のミスもありとは言え,何とかチャンスを作って,そこそこ盛り上げてくれました。守る方では,二木くんの速球とフォークのコンビネーションは相変わらず素晴らしかったし,タムタムが3度に渡り,盗塁あるいは牽制殺でチームを救ったしね。

どう考えても,昨日の勝利も選手のおかげですし,とりあえず,こんなフィーリングというか思いつき起用を続けるようでは,勝ち続けるのは厳し。明日は岸くん相手にますます厳しい戦いですが,まあ,ノルマの週1勝は果たしたということで(爆),何とか奇跡を起こすべく,リラックスして試合に臨んでほしいところですね。

それでは

↓ひっそり辛さを噛みしめる同志もクリックお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

やった,やったよ・・・ 男・根元の魂のサヨナラ撃で,ついに連敗脱出! 2ケタ安打!!

2017-05-19 22:30:22 | 千葉ロッテ
ふう,久しぶりに叫んでもたな・・・(苦笑)

ロッテ4x-3楽天





グダグダなWe Are!


エースVS釜田君で,ここで勝たずしてどこで勝つ?しかし,いまさら有利な対戦などない!?と臨んだ一戦は,ダフィーのやらかしで1点を献上し,早速不安な序盤。しかし,今日はいつもと違い,少ないながらもヒットがつながり,3回,ミスター0とは二度と呼ばせない!?吉田くんが先頭2ベースを放つと,ミッキーが内野安打でつなぎ無死1,3塁。ここで,釜田君がボークをかまし,労せず同点,更に2塁とするも,伊志嶺くん,大地が倒れ,2死2塁。しかし,ここで上がってきてから好調を維持し,ついに3番に据わったネモティが,うまく捉えてセンター前に運び勝ち越し。6回には,2死無走者から,ダフィークリーンヒットの後,キヨタンが見事に2ベースを放ち,3点目。しかし,楽には勝たせてくれず,7回,連打の後,2ゴロの間の1点で,再び1点差とされます。次の8回,恐怖の外国人トリオに対し,ワックンは一気にギアを上げ,この試合マックスの150キロなどを出す快投で,3凡。119球を数え,内くんにつなぐかと思いきや,志願の9回のマウンドに上がったワックンは,先頭を打ち取るも,島内くんヒット,代走田中くんに走られ,更に相変わらずボールが手につきづらい吉田くんがこぼす間に進まれ1死3塁。岡島君四球後,藤田くんに対し,討ち取った打球は,無情にもボテボテゴロで,名手福浦様も,無理とわかりながらもやむなくホームに送るも,間に合わず野選でついに同点。しかし,エース・ワックンは,なおも1死1,2塁のピンチを気力を振り絞り,何とか後続を断ちます。結果的にはこれが大きかった。サヨナラで勝ちをつけるぞ!と思いきや,キヨ・パラ・ヨッシーは倒れ,残念ながら勝ちは付かずも,10回は内くんがランナーを出すも5凡で無失点。その裏,先頭ミッキー倒れ,ダメか・・・と思いきや,今日は守備固め(苦笑)タカシがクリーンヒットで塁に出ると,エンドランで大地が痛烈に引っ張った打球は,HRかと思いきや,フェン直2ベース。あれで帰ってこれんのか,これはまた満塁策で,1死満塁で福浦様のデジャブか・・・と思いきや,相手はかえって福浦様を警戒したか,はたまたコントールが乱れての押し出しを警戒してか,ネモティ勝負。そのネモティは,なかなか手を出さず,フルカウントとなり,6球連続ストレートの後,8球目に投じられたフォークを,泳ぎながらも見事に引っ張りサヨナラライト前。エースに勝ちは付けられずも,劇的なサヨナラタイムリーで,ようやく10勝目,今季マリンナイター初勝利,19試合ぶりの2ケタ安打,借金再び19,打率ようやく1割9分台(苦笑)と,記録?づくしの勝利と相成りました。


いやー,結果には繋がらなかったけど,ワックンの8回のギアチェンジ,そして志願しての9回登板は燃えたね・・・。間違いなくエースとしての矜持・気概を十分に見せてもらいました。8回にマックス連発するところが,まさしくエースの真骨頂。ヒーインで根元が言っていたように,エースに勝ちを付けたかったというのはチーム全員の気持ちでしょうから,ここからは勝利が積み上がるはずと信じて,次もナイスピッチングをお願いしたいところですね。

一方,もう今年でそろそ引退が見えてくるかねえ・・・と生温かく感じていたネモティの打撃には素直に脱帽です。いや,ホント,スマン。2点目のタイムリーも素晴らしかったですが,最後の最後で,泳がされながらも食らいついていったのは,まさしく気持ちが勝ったからでしょう。お立ち台で「涌井」と呼びかけるなど,いまやうちのチームでは貴重となったベテランでもあるわけですので,ここから何とかチームを引っ張る活躍を見せてほしいところですね。

さてさて,釜田君相手に,1死3塁のチャンスを二度に渡って潰したり,毎度毎度の初球バント失敗→その後強行してゲッツーといい,本調子とは言い難いところですが,理屈抜きに2ケタ安打は好材料。もはや失うものは何もありませんので,エースに次いで期待の持てる二木くんにはナイスピッチングを,そして,打線には今日以上の好投を期待したいところですね。

それではおやすみなさい

↓結局,喜んでしまったよ・・・というツンデレな同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

こりゃきついね・・・。

2017-05-18 22:20:16 | 千葉ロッテ
ロッテ1-5西武

せっかくフロントが,ようやくにしてサントスくん活躍にこぎつけたにも関わらず,それを祝うどころか,かえって悪化しているような貧打ぶり。しかも,それでもヒットだけは相手より出ているというのが,より暗黒さを際立たせているよな・・・。しかし,まあ確かにランナーが出んことには始まらんよ,このチーム。

上げてきた金澤くんは,とんでもない悪送球をかまし,またリリーフ3人衆も,見事なまでに負けパターン入りでは,どうやって盛り上がればよいことやら。

ただ,確かにそれだけではどうかと思いつつ,現状,間違いなく穴になっている1番外野候補を取ってきたにもかかわらず,いま絶対欲しい選手ではないとのたまってしまう伊東さんも,もはや指揮官としては,落第もいいとこだよなあ。感情的な行き違いがあることも分かるし,大砲がほしいのも分かるけど,取ってきたばかりの選手&フロントにそりゃないぜ,セニョリータ。一応,大砲も探しているとは言っているわけだしなあ。早くも帳尻の何たるかを見せつけつつあるパラデスくんとうまくハマれば,そこそこ面白そうな気もしますしね。

まあ,個人的にも,今日の入れ替えとかを見ても,もはや期待できる要素は見受けられないので,サントスくんは代行へのプレゼントにしたほうがいいと思うんですが,そううまくもいかんのでしょうか。

借金20でも区切りがつかないといよいよもって,こりゃこのまま行くのかね・・・と,暗澹たる,というよりも,気持ちの持っていきようがない今日の敗戦でした。

さてさて,本当に,こりゃ,どのチームも,我チームとやるのを心待ちにしてるだろうなあ。それでも,8連敗が5年ぶりというのは,確かに伊東さんが,やりくりしてきた結果であり,我々も,色々と目を背けて,Aクラスという言葉に酔ってきた5年間の重みを思いつつ,2桁連敗になったら,さすがに何か起こるんだろうか,いや起きまいと反語を頭のなかで繰り返して眠りにつきたいと思います。

それではおやすみなさい

↓抱えきれない思いを抱える同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

うーん,パラデスくんに1本出たから,自分的には勝利(苦笑)

2017-05-17 22:59:04 | 千葉ロッテ
ロッテ4-8西武

いやー,1回の3連続タイムリーを見ると,今度こそ,今度こそは行ける!と思ったんだけどねえ。いや,ホント,マジですよ,今日こそはイケルと思ったんですがねえ(くどい)

まあパラデス君の守備にお腹立ちの方も多々おられるでしょうが,千隼でやらかして降格させたはずが,またもや懲りずにレフト,それもマリンの外野で使う伊東さんがどう考えても悪いでしょう。絶対自分の非をそういうことでは認めんけどね,あの方は(苦笑)

ついでに,ジェイソンも同情の余地がまったくないわけではないんですが,いつも大したピッチングをしているわけでもないのに,味方に足をひっぱられるとすぐブチ切れるあの性格は何とかならんのですかね・・・。1億4千万円ほど払って再雇用した結果,使い続けなあかんというのも,全くもって無駄というか,いらんなあと思うところです。いまさら日本人扱いになっても,どうせ外国人枠がすぐスカスカになるうちにとってほとんど意味もありませんし(爆),あのプライベートでのいい人ぶりと,肝心のお仕事での豹変ぶりに付き合うのもそろそろ疲れました。本人も愛想が尽きたのであれば,ちょうど良い気もするので,是非とも次回は,若手に先発を譲って欲しいところですね。


まあ,しっかし,相も変わらず,途中交代の原動力が,懲罰ばっかとか,いい加減,本人も嫌にならんのですかねえ,監督さんも。ツイ界隈でもさんざんささやかれていますが,自分が好きな人は,いくらミスしようが,しょぼいバッティングしようが変えないのに,自分に逆らう術すら知らないような若手に対しては,怒りをそのまんまぶつけての途中交代は,見ていて本当にゲンナリします。大河が守備で一瞬の判断を誤ったとか,(普段めったに出さんのに)エンドランのサインを見落としたとか,そんだけ追い込まなあかんことなんかなあ。点を取られたらとりあえずのタムタム途中交代と併せて,ただの昭和パワハラ上司やなあと,ものすごーく冷めてしまうところです。

ついでに,パラデス君の志願特打も,この記事だけ見ていると,伊東さんしか出てきませんが,実際は,山下コーチがつきっきりでやってたらしいですよね。これまでも,何度も何度も「打てたのは監督のおかげ」みたいな声が出てコーチは何やってんの・・・とささやかれてきていたところですが,実際は,多分確実に,この人,他人の手柄取るタイプだと思うなあ。選手もその空気を読んで,監督のおかげと言っとかなみたいな。そうでなければ,一応は自分の部下である打撃コーチを差し置いて,「2番パラデスは,投手コーチと相談して決めた」なんて言いませんって,絶対。

落としたピッチャーに塩を塗り込むことしか言わない,イエスマン英二コーチともども,選手たちが潰れる前に,何とかしてほしいなあ・・・と改めて思った今日の敗戦でした。

さてさて,なんかXデーの気配がなさそうなのが残念ではありますが,借金20は次のポイントになったりしますかね!? まだまだ先と思ったら実はリーチがかかったりしているので,明日何かが起きるのか起きないのか,それも気にしつつ今日は休みたいと思います。いや,もちろん,何事もなかったように勝ってくれてもいいんだけどね,ホントは(涙)

それではおやすみなさい

↓もう何も感じないよ・・・と言いつつ,しっかり喜怒哀楽にまみれる同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

うーん,コメントしづらい(苦笑)

2017-05-16 21:15:34 | 千葉ロッテ
ロッテ2-3西武

うーん,なんか見せ場もありつつ,一方でミスもあったりして,勝てそうな気もしたし,一方でなかなか,あと1点が遠かった気もするし,よう分からん試合でした。

ただ,パラデスくんがねえ・・・。個人的には,守らせたのがまずは良くなかったと思うんですが,打席の内容も全く見るべきものがなかったからなあ。完全にファームに落ちる前に戻ったような中途半端なスイングあり,落ちる球に空振り三振ありでは,さすがに盛り上がりようがありません。盟友は一仕事しただけにねえ。しかし,2番って(苦笑)

大河のゲッツーと,キヨタンのバント失敗が痛かったのは確かなんですが,なんか今ひとつ怒る気にもならんのだよねえ。キヨタンは守備でも見せたし,最後の打席の粘りはなかなか良かったしね。

こうして淡々とシーズンが過ぎてゆくんでしょうか。打開策も全くと言っていいほど見当たらんところですが,これはいよいよ真の大型連敗になるのか,はたまた踏みとどまるのか,選手の意地を見てみたいと思います。

それではおやすみなさい

↓どこに楽しみを見出したら良いのかわからない同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

伊東さんは,実はドラ1信奉者?

2017-05-15 21:00:40 | 千葉ロッテ
負けるのはまあ仕方ないとして(仕方ないのか),常連さんとのコメントの中で,最近,ドラ1の不甲斐なさが話題に上がることが多く,そういや,そもそもあんまりロッテって,ドラ1とか気にしなかったのに,なんで最近不甲斐なさが目につくのかね!?,ひょっとして伊東さんがドラ1を重用しているので,余計に不甲斐なさが気になるの!?と思って,過去のドラ1と,レギュラー獲得者を比較してみることにしました(暇人か)

というわけで,今日もロッテ26番さんから引用させていただきます。

過去ドラフト一覧  過去レギュラー一覧

なにせ,うちのチームは花のドラ4という言葉があるくらいで,正直,ドラ1よりも,中位・下位指名に存在感があると言われるところ。実際,87年から89年指名の伊良部・前田・コミさんはやや例外として,98年以降2000年代までエースあるいは勝ち頭を担ったジョニー(2位),晋吾(6位),地味様(2位),俊介(4位),コバヒロ(4位),ナルニャン(6位)と,ほぼドラ1とは無縁。ドラ1で目立つのは,ピカチュウと雅やん,カラカーくんくらいですかね,投手陣の方は。

一方,打つ方も,まあ,落合(3位)とか愛甲(1位)とか西なんとかさん(5位)のレジェンドは置いといて,平井さん(6位),堀様(3位),初芝神(4位),福浦様(7位),GO!GO!明(3位),小坂(5位),サト(2位),タケ(4位),マツ(5位),ゴリ(3位)と,サブとツヨシを除いては,ほとんどドラ1とは無縁の状況。

正直言って,昔は高橋薫(99年)とか,柳田くん(05年)とか,1軍に上る機会すらないまま引退という選手も結構いたという印象で,ドラ1が重用されていたという印象も全くと言っていいほどないんですよね。


それが,伊東さんになってからは,(移籍組だけど)ワックン&井口が投打の軸を担い,ゴエモン・カラカーくん・祐太・タカシ・伊志嶺くん・松永くん・奨吾・大河と(数だけは)1軍にドラ1が目白押し。また,既におられませんが,キムキムとかハットリくんも,伊東さんになってからが,起用機会が最も多かったところ。ついでに,藤岡くんも祐太もパワハラ受けつつ,なかなか簡単には捨ててもらえないんだよね(爆)

とりわけ,キヨタンを除いては,愛人枠ともささやかれる,タカシ・伊志嶺くん・松永くん・奨吾辺りが,明らかにその他の選手よりもチャンスを与えられているところを見ると,伊東さん,心の底では


やっぱりドラ1はモノが違う

と信じているんではないかなあ。

何と言っても,ご自身も,とんでもない囲い込み政策の後,栄えあるドラ1指名を受けて,常勝西武の扇の要となったわけで,自分に対する自信というのは,人1倍,いや人3倍位あるんちゃうかなあ。何と言っても,監督就任のときに,最大の補強が俺とのたまったくらいだしなあ(苦笑)

ついでに,伊東さんが,腰を据えて育成できない,しない根本原因も,その自らが現役時代に次々と捕手のライバルをぶつけられて勝ち抜いてきたという自負があると思われ,そういう意味では,ちょっとかわいそうというか,いまさら生き方は変えられないような気もするんだよなあ。


多分,伊東さんは,俺が見込んだドラ1を育てたい,そして,そいつらにはそれを乗り越える力がある(はず)と信じているような気がするんだよね。

虐待は連鎖する,あるいはパワハラを受けたものは,パワハラを受けたものは必ずパワハラを正当化する(言い過ぎ?)とはよく言われるところで,その圧迫育成がうまく行けば一つの美談になるのかもしれませんが,残念ながら,今は平成の御代も押し詰まったゆとり世代,そして,伊志嶺くんも,松永くんも,奨吾も,あの根本御大(詳しくはmansengoさんの数々の記事をご参照下さい)が見込んで囲い込んだ伊東さんとは違うんだよな(苦笑)


すんげー取り留めもなくなりましたが,改めてやっぱり生き方は変えられんのだろうなあと思うところ。その愛のムチ?が結果につながるか,全く結果に繋がらず,ぼろぼろになってチームを去るのか,あるいはパラフィー&チェンくんを初めとした,伊東さんから見れば全くのアウトサイダー,あるいは香月くん,柴田君といったアウトオブ眼中の人々が奇跡を起こすのか,全く先行きは不透明ですが,そんなことはそんなこととして,選手たちは,とにかく自分たちの野球人生のためにがんばるという気持で,明日からも食らいついていってほしいところですね。

それではおやすみなさい

↓そんなことより明日からの観客動員のほうが怖いわ・・・という,ファンなのに経営者目線を強いられる同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は勝てると思ったんだけどなあ・・・

2017-05-14 18:43:35 | 千葉ロッテ
ロッテ2-4日本ハム

またもや怒りの懲罰が発動され,降格されたホッシャン,ついでに落とされた岡田くんに代わって上がってきたのはパラデスくんにネモティ。噂の巌クリニックが再びやってくれるか!?と思ったら本当にやってくれました(笑) 完全に目覚めたダフィーが,低めの球をすくってスタンドに運べば,ネモティ2ベース,パラデスくん,ナイスヒット&熱いヘッスラ盗塁で,盛り上げてくれます。タカシの1ゴロで2点目を奪い,なお1死3塁で,あと1点取れていれば,少しは展開も違ったと思うけどな・・・。結局,カラカーくんが徐々に点を取られ,勝利こそなりませんでしたが,結局,全てのヒットは,大地を除いては,1週間前まではいなかった3人から放たれていることを考えると,本当に,今の1軍には,人を成長させない,活躍させない何かがあるんでしょうなあ(苦笑)

まあ,あれだけ怨嗟の的だったパラフィーがそれぞれマルチとは,楽しいことこの上なし。浦和が辛かったという理由が,朝早くて電車に乗らなあかんかったからというのが,子供か!という感じで,おもしろかったですが,あのヘッスラ見たら,本質は,単なるノリの良い野球少年だと思うので,せめて気分良く仕事をさせてやってほしいところですね。

カラカーくんは,せっかくの先制点をもらいながらの四球からの同点撃は残念でしたし,踏ん張ってほしかったなあとは思うところですが,まあ昨日までの大空襲を考えると,慎重になるのも仕方がないところではあるしなあ。勝ち越し・追加点を奪われた後も,ギリギリで最少失点に収めるなど,気合は感じるものはありましたので,せめて次回こそは,普通に援護してやった上での結果を見たいなあと思った投球内容でした。


一方,伊東さんって,本当に,同じような手駒を揃えて,テキトーに使うのが好きなんだなあと改めて思うところ。

7回以降,テンションがだだ下がりだったのは,何と言っても,その継投あるいは代打起用。

勝ちパターンで使うはずだった有吉くんを,昨日30球近く投げさせたにもかかわらず,おそらく昨日打ち込まれた怒りに任せてマウンドに送り,8回には,マッスをやっぱり敗戦処理に送り出し。勝っている状況ならともかく,ビハインドで送っても,やり返したことにはならないわけで,肉体的にも精神的にも疲れが増すだけでしょう。ランナーを出しながらも何とか抑えた有吉くんには意地を感じましたが,本人もえらいところに来たと思っとるんちゃうかなあ(苦笑) ピッチャーは,役割を決めなあかんとあんだけ言っているのに,結局,勝ちパターン限定で使われているのは,内くんだけ,後は,数こそ沢山いるものの,その時の場当たり気分で,ビハインド,ロングリリーフ,たまに勝ちパターンとテキトーに送り出されるピッチャーばかりで,投げる方もやっとれんでしょう,これは。


そして,圧巻は,今日も飛び出した大河→伊志嶺くんの代打策。育てる意思も,それこそ伊志嶺くんの方が打てるだろうという見通しも何ら感じられない,「相手が左を出してきたから」というだけの代打策は,案の定の三振に終わり,夢もキボーもありません。そして,ここで三木くんを守備に出してしまったことで,もはや他にショートを守れる選手がいないにもかかわらず,9回は,1死1,2塁から三木くんに福浦様を代打に送るなど,もはや場当たり以外の何者でもない采配。幸か不幸か,点が取れなかったので,何も起きませんでしたが,もし同点あるいは勝ち越しとなったら,大地ショート,ネモティセカンドとかやってたんですかね・・・。最終回に代打を送るのはいいんだけど,それならちょっと冷静になって,あらかじめ伊志嶺くんを送るのをやめておけば何の問題もないんだけど,それが我慢できない短慮ぶり。ついでに,井口の代走も,岡田くんを落として,伊志嶺くんを無駄に使っていたことで,同点のランナーにタムタムを送らざるを得ないなど,もはや何をかいわんやという状況。いまさら単純な勝ち負けは求めていないんですが,もうちょっと普通に頭を使って,納得が行く形を取れないものなんですかねえ。

結局のところ,4年前に既に書いていたように,伊東さんって,同じような手駒を揃えるのが好きで,そうすると,かえって采配が場当たりで腰が座らなくなるということの繰り返しで来ているんだよね。それがリリーフで言えば,同じようなビハインド・ロングリリーフ要員揃い,野手に関しては,一見,走れて守れて,そこそこ打てそう,裏を返せば,走りも守るのも打つのも中途半端な選手揃いという現状を招いているんだと思います。多分,伊東さんって,全ポジションに,双子で利き腕だけ違うのが揃っているのが理想なんとちゃうかなあ(苦笑)

岡田くんだって,守備・代走要員として使えば(伊志嶺くんは代走要員),だーれも文句言いませんし,逆にホッシャン・香月くんなんか,それこそ打つ方限定で,DHとかで使ってもいいくらいなのを,前者は打てないから落とし,後者は守りでミスったから落とすって,監督本人も,選手に何を求めているのか,自分でも分からなくなっているんではないかなと言うところ。もちろん本人的には,「打って守って走れるのは当たり前」ということなのかもしれませんが,力弱い選手たちにアレコレ求めても器用貧乏(もはや器用ですらないけど(爆))にしかならんというところでしょう。


わずかに期待した?試合後の動きもなく,こりゃこのまま同じようなことを繰り返して沈んでいくのかねえ。せめて,クビがかかっている各選手は,来年以降を見据えて,自分たちのために頑張って欲しいところですね。

それでは

↓またこんな日曜の夜か・・・としみじみブルーになっている同志もクリックお願いします
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加