旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アレーナ・ディ・ヴェローナのトゥーランドット 7月12日

2014年07月14日 | 日記

外は雨。近くのリストランテでたっぷり開演時間後までゆっくりして重役出勤。
天気予報通り雨が上がったので、午後10時18分開演。
なぜこんなことをするかというと、公演キャンセルしたら、数千人分のチケット払い戻しになるので大損害が出るということで、チケットには「小雨決行」と書いてあります。11時半までは開演待ちするという説も。1音でもオケが鳴らしたら、払い戻しはしないそうです。
この日のパフォーマーのMVPは指揮者のダニエル・オーレンで、第2幕からは遠慮なしに、オケが付いてきて欲しいところは「ジャジャジャーン」とか「ギャー」とか「ゲー」とかがなりたてながら振ってました。わたしは前から4列目だったので、結構指揮振りを笑いながら見ていました。


リューのマリア・アグレスタはすばらしかった。アレーナが静まりかえっていました。
この舞台は、ゼッフィレッリのスカラ座・MET共同制作の豪華絢爛な名舞台を、横長のアレーナの舞台にあわせて拡大して人数を3倍くらい載せたものです。衣装は和田エミ。
細かい演出まで、ほとんど一緒です。ただ大きく違うのが、METだと女性の着物の長い袖を振って優美な群舞になっているのですが、ここは屋外であることを勘案してか、布を持ってやってるんですよね。これが妙に目立つなあと・・・


まあ、鉄板演目なので大受けしていましたが、きのうのバティストーニがいかに見事だったかということを再確認できた演奏でした。
第1幕、第2幕を続けて演奏して、翌日0時40分終演。偶然というのは恐ろしいものでw、出口で加藤浩子さんと遭遇。 ブラ広場のカフェで飲んだので帰りは2時過ぎに・・・

加藤さんのレポート

野外オペラで雨に降られると~ヴェローナ音楽祭「トゥーランドット」

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祭りだワッショイ@アレーナ・... | トップ | ボルミオ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。