旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祭りだワッショイ@アレーナ・ディ・ヴェローナ

2014年07月13日 | 日記


日本でも活躍する若き俊英バティストーニ指揮の「仮面舞踏会」。初めて聞いたのですが、すばらしいです。大振りな指揮でオケをぐいぐい引っ張って、メリハリのある音楽を聴かせてくれます。
最後のリッカルドが死ぬところは思わず感動。加藤さんが押す理由がよくわかりました。「ビバ・マエストロ」の声がかかってましたね。


アメリアのホイ・へーも初めて聞いた。みんな指揮に釣られていい感じで盛り上がってました。
演出は新演出で、徹頭徹尾「仮面」を強調した演出。3つの回転舞台を使ってボストン総督リッカルドの部屋、レナートの家は転換なし。


合唱団多数。リッカルドに敵対する陰謀者が100人くらいいるんだもんなあ、あれじゃ逃げ切れないよなー。


2幕の「ここは恐ろしい場所」は、ぽっかりと満月がかかってすごくいい雰囲気になっていました。ホイ・へーが、リッカルドとレナートがアメリアを逃がす相談をしている後ろで、舞台でつまづいて転んでいた。
とにかくバティストーニのヴェルディを堪能させていただきました。
偶然というのは恐ろしいものでw、幕間に客席で加藤浩子さんと遭遇。

加藤さんのレポートはこちら

完璧な1日~ヴェローナ音楽祭、バッティストーニ指揮、メーリ主演「仮面舞踏会」

『ヨーロッパ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロッシーニ「オリー伯爵」  ... | トップ | アレーナ・ディ・ヴェローナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。