パキラ健忘帳

行った場所、見た事やった事、おいしかった物、気に入った物。どんどん忘れていくんで自分の為の覚書です。アホな失敗も数知れず

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

乳頭温泉へ

2016-10-09 20:05:15 | 
母と1泊2日で乳頭温泉へ。

乳頭温泉の鶴の湯は、立ち寄りで1度行ったことがあるのだけど、それ以来自分の中でナンバーワンの温泉であり、また訪れたいとずっと思っていた場所。
前は立ち寄り湯だったので今回は宿泊で。
でも、大人気のお宿のため、取れたのはいちばん悪い6畳1間のお部屋。JRびゅうの「地温泉」で取ったんだけどこのシリーズの温泉はなかなか渋いラインナップだわ。

新幹線で田沢湖まで。そこからはレンタカー。運転がプレッシャーだわ。なんせ約1年ぶりだから。
お昼は、湖畔のORAEでパスタ。

お天気もいいので遊覧船で湖を一周。田沢湖は水深が深いので、色が瑠璃色なの。
たつこの伝説を聞きながら40分の船旅。
乗り場のところには魚が餌付けされていてうじゃうじゃいるわ。

車で向かうのは乳頭温泉の一番奥にある黒湯。
だんだん道も狭くなりまだ先なのかと思うほどの距離で、秘湯感が半端ないわ。
坂道を下りていくと温泉がわき出ている池が見えて小さい地獄谷みたい。
古めかしい湯治棟があってススキの穂がたなびいていい感じ。
お風呂は木のぬくもりを感じる。打たせ湯もあるわ。

お風呂の後は黒卵をいただく。大好きなの。


そして、鶴の湯へ。
久しぶりだけど変わってない。いい感じだわ。
私たちのお部屋は3号館の2階ででトイレも共同。テレビもない。携帯の電波も届かない。今まで泊まった旅館で一番狭いお部屋だけど、こういうのも悪くない。

早速お風呂へ。白濁の湯は大好き。露天風呂は広くて、下が砂利になっているのが気持ちいい。ぷつぷつと泡が出てる場所があるんだけど、あれは湧き出てるのかな。このお風呂はほんと最高。
お風呂は4か所もあって、温度や泉質も違っている。混浴もあるけど入らなかった。

夕食は別館の広間で囲炉裏を囲んで。一緒になった人たちとおしゃべりして情報交換したのも楽しかった。
山の芋鍋はここの名物。ほかにも山の御馳走が並びおいしかった。

翌日は角館へ。
再び、田沢湖を通り、たつこ像の近くのホテルでお茶をしてから、武家屋敷へ。
お昼は長介で十割そばの二色盛りを。
母がお疲れ気味だったので、初めて人力車に乗ってみる。たったの15分だったけど目線が高いのがいい気分だし、説明をしてもらうとよくわかるのでいいわ。
その後青柳家を見学。


時間があったので抱き返り渓谷へ行ったが、登り口のところで引き返す。滝まで結構歩くので挫折した。
帰路へ。

お土産はもろこしクッキーさくらほろほろ。素朴な味。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木曽路へ | トップ | 七味温泉と小布施 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事