パキラ健忘帳

行った場所、見た事やった事、おいしかった物、気に入った物。どんどん忘れていくんで自分の為の覚書です。アホな失敗も数知れず

乳頭温泉と角館へ

2017-03-20 08:55:05 | 
2月の健忘録。

雪見風呂を堪能すべくぎゃおるさんと1泊で秋田へ。

昨年に続いて、再びびゅうの地温泉で鶴の湯を予約。当然いい部屋はもう取れなくて、また3号館なんだけど。
あのお風呂のためなら、お部屋が狭かろうが、テレビがなかろうが、携帯が繋がらなかろうが問題ないわ。

田沢湖駅の近くの「そば五郎」で地鶏せいろを食べてから、バスで乳頭温泉に向かう。
道の両脇には雪の高い壁ができていて、ザ・雪国の趣き。
さすがに慣れているバスの運転手さんはそんな雪道をがんがん進んでいくわ。

チェックインには早かったので、ちょっと先にある「妙の湯」まで行き、立ち寄り温泉。
ここは女性向きの造りで、更衣室もおしゃれにしてる。

露天風呂は女性専用もあるけど、川沿いの景色がひらけたほうは、混浴なのよね。
小さいタオルしか持ってなくて、行けないわねーなんて話していたら、隣にいた方が、バスタオルを貸してくださって、じゃあ3人で行ってみましょうと、勇気を出して混浴へ。
やっぱり解放感が違うわ。行ってよかったわ。

またバスで宿近くのターミナルへ。そして送迎の車に乗り鶴の湯にチェックイン。
秋の景色とは一変して雪の風情が期待通り。入り口にはかまくらもあるわ。
お部屋は前回同様で、同じ2階のお部屋。

一番好きな女性用の露天風呂は雪景色がすばらしく、いつまでも入っていられる。
ここは本当に最高。


本当にお風呂に入るしかほかにすることはないので、本を持って行ったけど結局読まなかった。
夕食は別棟の広間で、お膳でだされる。
名物、山の芋鍋と山の幸の素朴なごちそう。派手さはないけどなんかおいしい。
びゅうで申し込むと囲炉裏端に座らせてくれるのよね。お酒もつくし。

前回もいた給仕のおじさんが味のある秋田弁でするおしゃべりがかわいらしくて癒される。

次の日は角館へ。雪で足元がちょっと悪い。
ランチはしちべえで親子どん。

この時期なので、観光客向けに地元の方のお話を聞くイベントをやっており参加。
そのあとは石黒家を見学。
やはり春の桜を見たいわ。

おみやげはもろこし。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 七味温泉と小布施 | トップ | 京都へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む