The day of MuNEHIKO

ザ デイ オブ ムネヒコ

ペンチで指を潰される

2018-01-12 | 練習/サイクリング
「寒いから送ってほしい」。
女房を東飯能駅まで送迎するため車に乗り込む。
ドライビングメーターには外気温マイナス6度とある。

寒いけどマイナス6度は本当かな、、
家に戻ってからトレーニングに出掛ける。


■トレイルランニング
マイナス6度は本当かもしれない。
家から1キロほど離れた所から林道に入り直ぐに
足底に危険を感じるくらい凍てつく。

それよりもつらいのが手の指先で
寒いというより痛い。
ペンチで指を潰されているようだ。

グー、パー グー、パーすれば温まるか試してみる。
指が動いているのかどうかよく分からないほど感覚がない。
とにかく痛い。いたい、、、
もう帰ろうかとさえ頭を過ぎる。

そんなこんなで2日連続のトレイルランニング、
道路をジョギングするのとは違い、アップダウンがあるのでペース走にならず
どちらかというとインターバルが掛かるので淡々とした走りにならずに飽きにくい。

下りは特に楽しい。
木の根、石、土、芝
足をすくわれないようにどこに着地させるか
一歩一歩がとにかく面白い。



-Fin-


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

The Day of Cycling

2018-01-10 | 練習/サイクリング
めっきり太ってしまった。
75キロ。
シーズン中より7キロも重いのはまずい。

7キロとはどんな重さか。
スーパーで5キロと2キロの米を抱きかかえてみたらこれはまずいと。

10年前、自転車を乗り始めた頃より1キロ重いけど
筋肉量が多いのでその頃よりデブというわけでもないがそれにしても重すぎるな。

今年の初戦は4月、なんとヒルクライムの予定なので
少なくとも3月までに7キロを絞る。
月2キロ、週換算で500グラム。これを3ヶ月間も続けなけばならない・・・

そんなわけで今月は確実に減量重視の運動とする。
自転車は完全なLSD、トレイルランニング、それと夜の食事量、特に炭水化物を控えよう。


■シャークアイランド 水曜練へ
仕事の勤務シフトは3ヶ月毎に更新するのだが
成績によっては希望する勤務シフトに着くことができる。

オフシーズンはシャークアイランドでペース走をしたいと考えていた。
幸い水曜休みの希望シフトに着くことが叶ったので今日、こうして彼らに会うことができる。

久しぶり、
山伏を走ったのが夏頃だから半年ぶりくらいか。


集まったのは計8人
富岡方面へのサイクリングはダイエット走として都合が良かった


他チームに混じって走ると思うことや課題を洗い出すにはいい機会だ。
集団走行については比較的意識と考え方が彼らと似通っているのでピリピリせず走りやすい点も◯

休憩時間。
自転車や機材、トレーニング理論などの会話は皆無、
それぞれ子供の話、成人式の話題など自転車と関係ない話題で盛り上がる点も◯

時間の都合で最終目的地まで付き合えないので50キロ地点で折り返し組の3人と一緒に引きかえす。
帰りの50キロは完全なペース走に仕上げたかったので2時間じっくりと最後まで先頭で走らせてもらった。

おかげでとてもハラが減った。その反動で食べ過ぎては無駄になるので気をつけろと・・・。


■衝動買い

といってもたかが雑誌。
立ち寄ったコンビニでたまたま目に留まった自動車雑誌の表紙がその気にさせた。

毎月発売日に欠かさず買っていた愛読誌、いつから買わなくなったのだろうか、20年ぶりに買った。

ペラペラとめくる。
構成や内容中身は良くも悪くも20年前と同じで進化も退化もしていない。
昔から読み応えのある雑誌というわけでもなかったしインターネットがないあの頃の単なる情報の収集源だった。

WEBで情報を抑えられるようになったので買わなくなったんだろう。今思うと。



ALPINE A110

直感的に「おお!」だが
紙面で観る限りはスペックや外観、内装は「焼き直し感満載」、
エンジンは日産でターボエンジンと知るやすぐに興味の対象ではなくなってしまった。
A110という名前だけに興奮しただけだった。
A110ではなくて進化版ならA710とかでいいのに。


旧モデルのリバイバルとしてビートル、MINI、500があるが2CVも出ないかなあと昔から期待しているけど
これは完全な妄想で終わりそう。

-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

74ーX=4

2017-10-10 | 練習/サイクリング
予定変更で来月1本レースに出ることになったので
今年の締めとしていい結果を出すからにはやることをやっておく。

ひたちなかの3時間エンデューロ、ヒルクライムではなくド平坦だから
体重管理はさほど厳しくしなくていいのは気楽だが
スタミナを消耗してもアタックに対応できるようにしておきたい。

独りで100キロ走る練習はしんどいけど
集中力が切れないようにメニューを予めはっきりと設定しておく。

●本日のメニュー
・時間と共に疲れてきた頃に高強度でじっくり追い込む

名郷まで40分3倍強(ペース
TSS70からの追い込み
 ・山伏峠を14分4倍強(追い込み
TSS100からの追い込み
 ・小瀬戸8分/4.3wkg
TSS150から追い込み
 ・成木市民センター〜小沢トンネルまで13分/4wkg

100キロ 3時間40分 TSS190 獲得標高1204m



いつもの駄菓子屋でガリガリ君を食べて帰ろう。
む!財布の中身は74えんしかない。。

ガリガリ君はいくらですか?
「70円です」
ああ、よかった。

こどもが100円握りしめて駄菓子屋へ。
ガリガリ君を買っても30円のお釣りが残る。
他にお菓子も買えるようにと70円に設定したのかな、、?



そうあってほしいと思いながら美味しくいただいた。

-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

この日一番の収穫は

2017-10-08 | 試合
第一回幕張グラベルクリテリウム

ややひび割れて古びた走りにくいアスファルトを走破するのが好きだ。
去年あたりから飯能の至る道路はキレイに舗装が直されて「走りやすくなってしまい」つまらなくなった

マウンテンバイクを始めたいけど簡単に機材を揃えられない。
でも欲しい、走ってみたい。
でも買えない。

そんな時に知ったのが去年京都で始まったグラベルクリテリウム。
ロードレーサーを使って未舗装路をかっ飛ばすレース、おれが望んでたのコレだ!と。
でも、京都。簡単には行けないなぁと思っていた所で
関東(幕張)で初めて開催されることになったので迷わずエントリーを決めた。


●インターミディエイト 2位

場所は幕張、スターライトなんとかというシクロクロスのレースをやっている場所らしい。
1周700m弱を20周、ちょうど30分くらい。
ターマック5割、ダート5割といった感じ。
ホームストレート、バックストレート以外は芝と土で
アップダウンはほとんど無し。

オフロード未経験、練習なしで挑んだので
慣れない路面状況をどうしてよいかわからず怖かった。
特に段差やバンプを越える技を全く知らないので
他の人の走り方を見て真似た。それが正しいのかもわからず・・・。

タイヤはこの日のために用意した28Cだが
空気圧もよくわからず、5気圧くらいで試走したがツルツル滑って
怖かったので3気圧まで落としたがそれが正解だったのかよくわからないが
転ばずに済んだのは幸い。

MTBもシクロクロスもやったことないけど「脚力でなんとかいけるだろ」。
試走して直ぐに甘い考えだと気づく。
脚力5割、テクニック5割くらいだろうか、、
メカトラもなく転ばず完走できれば上出来だろう。

「なんとなくこの辺りだろう」と出走クラスはインターミディエイトにしたが
スタート地点に並ぶ、シューズ達を見るとみんなマウンテンバイク用で
オフロード未経験者は多分自分だけという心細さを感じながらスタートの号砲を待つ。

クリートキャッチがのろまでいきなり5位。
前方の3名は集団となりどんどん離れて行ってしまい
1周終えていない時点で
「表彰台はないな、、」とがっかり。

まぁベストを尽くせばいい。
とはいえ家族が応援してくれているのでいいとこ見せたい。



5周くらいでメカトラで止まってた人を交わして多分4位。
お!まじめにやってればいいことあるかも、、

さらに数周後にもう一名(メカトラ?)止まっていたのを抜く。
周回遅れみたいなのも何回か抜いて
自分より前の人か後ろの人か、順位がわからない。
「おれは何位〜?」と叫びながら走ると 実況のがらぱさんが「2位だよー」と教えてくれた。

おお!いいね。
そしてさらにさっきまで前には誰も見えなかったのがはっきり見えてきた。
これはもしかしたら1位の背中か?いや周回遅れか?よくわからない。
次の周で「何秒遅れ〜?」とまた訊くと
「タイムギャップ15秒〜」。
それ以来、タイムギャップを毎周回実況してくれるので面白くなってきた。

残り9周で8秒まで縮めたが1位は踏みなおしたようで残り5周で10秒、12秒と離されては
10秒までまた縮めるがなかなかそれ以上縮まらない。
残り3周程、
これ以上踏みまくっても並ぶことすらできないと解ったので
「転べ!転べ!」と祈る。
落車してくれたら10秒あれば抜かせる。
更に最低2位を守るために丁寧に丁寧にコケないようにとペースで走ることにしたが
結局勝つことはできなかった。

ヒルクライムと同じでじっくりと長時間踏み込んでいくのが出来ない。
踏んでいける脚力はあるが気持ちが続かず弱い。


「テクも脚もないので前走者が転んでくれることを祈りながら走りました」とコメントしているとこ

なおき、千葉さんに続いてやっとこのジャージで表彰台に上がれた
ことに気づいた。
せっかくなのに真ん中じゃなかったことが悔やまれる。

ゴール後に尊敬する三船さんと少し話しをさせてもらった。
今日を楽しみにしていた気持ちと、また来年も開催して欲しいと伝えたら
来年もその予定だと聞き三船さんから握手してくれたのが嬉しかった。


30分後にこどものレースは3周で1〜3年生の混合クラス、
多分うちの子だけが小学一年生、さらに
9名のうち8人全員がイオンバイクのチーム所属だったが
臆することもなくスタートと同時にニコニコしながら走っていった
姿がとても「らしいな」と印象的だった。



テクニックも脚力もスタート前からビリなのは分かっていたが
彼なりに全力で最後まで走りぬいた。

2周目から泣きながら走っていたが何故だかわからない。
ギヤチェンジできてなく、小さいギヤでくるくる回してスピードが
出てない。
見えない区間で転んでディレーラーがイかれたのか、、。

頑張れ!
すぐにでも自転車を降りて泣きついてくるんじゃないか?というくらい
激しく泣きながら、それでも走り続けた。

みなさんから沢山の拍手をいただきながらビリッケツでゴール。

すぐに駆け寄ってあげた。
「どうした?なんで泣いてる?」
 くやしいよ〜 びえーーん え〜〜ん

今まで出たレースで悔しいそぶりを見せたことは一度もなく
競うことに興味がなくて平和主義でマイペースな性格だからこの言葉にうるっときてしまった。
最後まで走り続けた姿も嬉しかった。

帰りの車で「きょうがんばったからおもちゃかってよ」だって。
こどもってやつは・・・

-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

かっこいい屋根を観に

2017-10-02 | 他の趣味
連休2日目、日曜に引き続き月曜も休めるのが嬉しい。
ちなみに火曜も休みなので嬉しさ続く。

今日は自転車なし。
脚が疲れまくっている。
筋肉痛が強すぎて乗る気力は全く湧いてこない。
以前から予定していた神社巡りに出向くことにした。

朝食を作って子供と女房を送り出し、掃除を済ませるのは
日課で休みの日も特に変わりなくこなす。

ピカソをキレイにし終わったのが10時半。
さぁ、神社へGo!


檜原ヒルクライムの試走に行く途中で何度も気になっていた青梅市にある住吉神社。
神社に駐車場がないので、少し離れた公園の駐車場にピカソを停めて
歩いて行く。


街のいたるところに猫をモチーフにした看板に興味を惹く








街の景色を楽しみながらぶらぶらと歩き20分ほどで神社にたどり着くと
神社もなにやら猫と何か関係しているようだ。


比較的斜度のきつい石段を登って本堂にたどり着く


構えは江戸時代から復元せずそのまま残っているらしい。
神社が好きというよりは和式の屋根が好きで神社と寺が目に入ると
ついつい屋根を見入ってしまう。


建築的な知識はなく詳しいことは全くわからないけど
単に見ていて楽しい。ただそれだけ。





昨日のヒルクライムと運動会の全力疾走のおかげで脚が疲れてもう歩きたくない。
もう一軒巡りたかったけど素直に帰った。

-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

AMは裏を使い切り、PMは表を使切る。

2017-10-01 | 試合
●第7回東京ヒルクライムHINOHARAステージ



1h00min47sec 年代別9位/総合50位


2017年当初、レースは月2〜3回出る予定だったが
仕事と家庭の都合を考慮して出走回数は大きく下回っている。
来週予定している幕張のレースで今年を締めくくることになると
今年挑んだレースは計3回、自分史上過去最低出走回数となる年になりそうだ。

とはいえ9月の宮杯は天候に左右されて棄権したので計4回になる。
いや、大福屋の柳沢峠TTを入れたら5回。

5月 柳沢峠TT
7月 奥多摩ヒルクライム
9月 宮杯
10月 檜原ヒルクライム
10月 幕張グラベルクリテリウム

思えば大嫌いなヒルクライムに3回も出ているけど
千葉さんがヒルクライムに転向し始めている影響もあるな。

檜原ヒルクライムに挑もうと思ったのは自発的で
去年初めて走った時、面白いと思ったから。
区間距離25キロの内、序盤10キロはアップダウンを数回繰り返すハイスピード区間で
且つ強めのインターバルに着いていけないと千切れてしまう様は
ロードレースで集団が削られていくサバイバル感に似ていて興奮する。



去年はハイスピード区間が終わり中盤に差し掛かった10キロ地点のインターバルに
着いていけず簡単に千切れてしまったがインターバルが掛かる区間を試走で予習しておいた
おかげか17キロまで着いていけた。
無理をすればもっと先まで着いていけたかもしれないが
最後まで着いていけるわけもなく、千切れた途端劇的にペースを失うのは怖い。
ここまで来られた事をよしとして自分のペースでゴールを目指した。

都民の森を越えてゴールまで3キロを残し、背後から「オハヨウゴザイマス」の声が迫って来た。
集団から千切れていたサイモンが追い上げてきた。
そしてふわっと俺を追い越していった。
マイペースからサイモンに目標を切り替える。
サイモンのペースが少し速く、着いて行こうにも少しづつ離れてゆく一方。

集団から落ちてくる人は最後まで1人もいなかった。
むしろ数人に抜かれているので落ちていったのは俺自身だというショック。

残り2キロになると斜度が緩くアップダウンを繰り返すがヒルクライムの醍醐味、
淡々と高強度で追い込むのが弱く、誰の背中さえも見えない孤独な状況だとなおさら気持ちが入らない。

スタートから58分経過し今日の目標が1時間切りだということを思い出したが遅かった。
47秒足りなかった。
ゴールに爽快感はなく「もう終わりか、早かったな」冷めた感覚は
「ヒルクライムできていない」証拠だ。

去年より3分以上更新できた事と最近登りで敵わない千葉さんより先にゴール(今年初)できた
のは悪くなかったが。
その千葉さんは年代別で3位、きっちり入賞を果たす。
彼の安定感は証明済み。
ここ1〜2年で9割の確率で入賞するんだから尊敬しています。


東京でもっとも高い標高地点でのゴール後


12時に帰宅し5分でシャワーを終えたら地区運動会がある小学校へ走る



着くなり即座に配られた弁当をさっさと平らげて内臓と登り疲れた身体を一時休止。

レース結果をメールしたこだまさんから返信。
「1500メートル走、入賞しました!」と。
彼も今日、別の場所で行われている地区の運動会に参加しているようだ。

よしおれも頑張るぞと意気込む。
本日の最終種目、年代別リレーへ。
スタート待機場所へ移動、
裸足の人がいた。(変わった人だなと思った。)
ふと聞き覚えのある楽しげな声、双木さんだった。

俺の憧れているスピダーをつい先日手に入れたばかりだと知っていたので
興奮した。(今朝のヒルクライムよりも)
出走を控えた待機場所でバタバタしていたので短い時間だったけど
おれは将来アルピーヌが欲しいと言うとエンスーな話で盛り上がって嬉しかった。

「バンっ!!」
おれとしては本日2回目の戦いはスタートした。
スタートは小学低学年から始まりバトンは順に中学年、高学年へ。
俺たち「大河原」は序盤から1位をキープしているぞ!
2位をドンドン遠ざける「大河原」に興奮した。
が、中学、高校〜ここで2位に転落してしまう、、
いやいや、最初から最後まで1位ってのもつまらないでしょ、、
あともう少しで抜かせる!ってのがレースの醍醐味だろ!

20代、30代、まだ2位のまま。1位まで少し差が開いたか、、
3位に抜かれる気配はなさそうだが安心してはいけない。
そして俺40代、2位のままバトンを受け取る

100メートルのスプリント走、

午前中にハムストリングにムチ打って、
午後は大腿四頭筋にムチを打って両面使い切っちまえ!!(明日も休みだし)

全力で走るなんて小学校以来だよな、
走ってた時に思ったこと
・この走り方は正しいのか?
・こんな棒ッキレを握って全力で突っ走る。動物が見たら不思議に思うだろうな、、
・1位に少しでも近づけ
・みんな!俺の全力を見てくれ
・今どんな顔になってるのかな、ちょっと恥ずかしいかも
・バトンちゃんと渡せるか不安・・・

1位までの差を僅かに縮めただけだった。

我ら大河原はそのまま2位でゴールした。
1位は原町、アンカーは裸足の双木さんだった。

これを書いている時点でまだ夕方の5時。
1日って長いな。
日曜日最高だと思った。

-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

SATORI

2017-06-22 | 練習/サイクリング
平日休み、
毎週木曜は追い込みの日。

限界を超える負荷を与える日と書くとなんとも苦しそうだが
今やるべき練習はそういうもの。
高強度の練習にはだいぶ慣れて来たしモチベーションも悪く無い。


名郷まで3倍でウォームアップ。
山伏峠を4回登った。

1回目は全力、
調子を戻しているので当たり前だが今年のベストタイム、13'58 319w 4.5wkg。
頭はクラクラ、激しい睡魔、とても眠い。この感覚は久しぶりだ。
辛くてこのまま帰りたい。


下に降りて一呼吸ついて2回目。
遠くに見える登ってる人を目標に走り出す。
全然力は入らないが材木屋あたりでだんだん力が戻ってくる。
限界を一度出し切った後の回復力はそれほど悪くないようだが
1本目から1分半遅れて 15'20 281w 4wkg。


もう疲れた。
帰ろ。

「強くなりたいんだろ?」

・・・・。



呼吸が落ち着く前に3回目、踏み出す。
気持ちも身体も疲れてからがやっと練習の始まりだ。と言い聞かす。

はーーなんて辛い練習だ。
 いや練習は基本的に苦行なんだ。そうでなければ強くなれん!


辛さ、苦しさと向き合いどう耐える、凌ぐ、立ち向かうのか。
それが練習とレースの課題、幾多の修行をくぐり抜けて悟りを目指す。
自転車は仏教なのか?
と妄想しながら力を振り絞る。

3回目 15'35 274w 3.9wkg、2回目から15秒遅れ。
垂れた感じはしないがもう4倍が出ない。
それが垂れなんだが。



小学校の午後の授業参観に間に合わせる為に4回目でお終いにしよう。
4回目、タイム度外視でSFR。
50回転以下、これはなかなか難しいような。
踏みつけるようではふくらはぎに筋肉がついちまいそうだ。

筋肉ってのは縮んだ状態から伸ばす時にチカラを発揮するんだから
太腿を遠くへ遠くへ送るようにまわしてやる。
うむ、しっくりくる。
たぶんこれか。
でもこの回す感じは坂登る時いつもやってるやつだな。

180min
77km
TSS179


授業参観が終わって学校の前にある図書館に立ち寄る。



何かが見えるかもしれない・・・


-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

筋力が足りない

2017-06-15 | trg cal
平日休み。
こどもを送り出してからコーヒー飲みながら一息。
通勤時間帯が過ぎた9時から練習。
危ないからね。

体重は戻りつつ(減り)あるけど軽くなったからといって強くなるわけじゃない。
坂では少し速くなるかもしれないけど軽さは絶対的な強さではないね。
身体の割にはパワーが足りないと自負する。
筋トレ的な強度アップを今までまともにやったことがないってのも課題だろうと思う。

モチベーションは悪くない。
疲れていない限り今日も高強度の練習だ。


・目的→パワー強化
・メニュー→10分走5本(3.5倍x3 4倍x1 4.5倍x1)
・体重→69.8kg

●アップ25分
① L5 Vo2MAX 311w(4.45w/kg) 10'40 成木全力走
 →1ヶ月前の4.1倍にプラス0.34倍。体重は落ちてパワーはちゃんと上がってる。だいぶ調子は戻ってきているな。

② L3 250w(3.5w/kg)10分走 ダム〜名郷
 →小沢下りから名郷まで。心拍が落ち切らないようにL3でリカバリー。

③ L3 262w(3.6wkg) 16'36 山伏フルダンシング
 →初めて峠までずっとダンシング。もう少し強めでも最後まで持ったかも。

④ L4 286w(4.09w/kg) 12'37 SFR
 →山伏の登り返しはシッティングで50回転以下のSFR。弱い太ももがプルプル弱音を吐きながらもなんとか完走。

⑤ L3 251w(3.6w/kg) 10分走
 →メニューは終わりだが途端に強度を落とさず次第に。名郷から水汲み場までL3リカバリー走。

2h28min
67km/999m↑
TSS 155



お昼は女房と寿司ランチ。
こども抜きでの外食は慣れない。
二人で来てしまってごめんねとなんとなく罪悪感(数分後にすぐ忘れたが。)

子供が帰って来て野球の練習をしたいというのでボールの投げ方と打ち方を教えてあげた。
野球をそれほど知ってるわけじゃないのに。

フォームとか理論なんか全然知らないのでとにかく「楽しい」と思えればいいかな
という感じで教えるというより楽しく遊んだ。 


-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

調子は戻りつつ

2017-06-14 | trg cal
●週一の体力測定
小瀬戸(約8分半)を3本全力で駆けた平均値で調子の良し悪しを俯瞰する
2週連続でパワーは上がっているけど成長しているわけではなく調子が戻ってきているだけ。

毎週、体重が落ちてパワーが上がっている傾向。数値管理で始めてこの調子でよしと云える。

2017/05/25  4.32w/kg 71kg
2017/06/09  4.36w/kg 70.8kg
2017/06/14  4.47w/kg 70.5kg


4.5w/kgまであともう少し。
最低4.6倍でギリギリか。
試合に出てもたかが知れてる。

目標の5倍は遠く険しい。
体重3キロを落とせたとしても出力を今より22w出す必要があるのか、、、


-FIN-

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

結局乗る

2017-06-09 | メニュー
休日の金曜日は基本的に練習メニューの決まりはなし。
乗ってもいいし休んでもいい。
だらだらとお菓子を食べてのんびりしてもいいという自由な日。

とりあえずやりたいことから自然に。
午前、庭の手入れ、掃除を済ませてからスーパーへ買い物。
トマトカレーを作って女房と食べて午後1時前。
まだ半日も時間があるのに何もやりたいことがない。
退屈ってのは残酷だな。

部屋の改造や日曜大工などやっておきたいことはあるけど気が進まない。
これは自転車に乗る風向きだな、、、と気がつくと既にジャージを着ようとしている。

昨日追い込んだ脚がまだ重いからゆっくり流すくらいでな、、、


●小瀬戸 全力走 3本 70.8kg
自転車に乗る気ではなかった10分後にはアップを完了して全力走に入ろうとしている気まぐれだが
辛い練習に独り立ち向かう気持ちの強さがいつも足りないのでこの勢いは利用しておく。

1本目...8'21 321w(4.57w/kg)
 >先週できなかった315wの目標を余裕でクリア。きつかったけど更新できて一安心。

2本目...8'26 313w(4.45w/kg)
 >中盤まで305wキープで一杯、終盤の1分でもがき倒したけど2w届かなかった。惜しい!

3本目...8'21 294w(4.18w/kg)
 >たれったれ。初っ端から300w届かず280を維持するだけで一杯。こんなに力がでないのかと驚くほど。終盤に全部出し切っても300w届かなかった。

結果:平均 309w(4.4w/kg)
 >先週は307w(4.37w/kg)、0.6%の進歩か。殆ど変わってないな。


今日の追い込みはここまで。
名郷まで3倍で流していると赤沢で川松とすれ違ったが
こっちには気づかなかったみたいだ。

64km/564mUP 2:12 29.1km/h TSS127
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

FTP:277w(3.9w/kg)

2017-06-08 | FTP
毎年5月頃が調子悪い。
高強度な練習が足りないんだろうか、、
練習量が少ない割には食べてるのはマイナスで体重が減らない。

FTP4.5倍に乗らなかったらレース出ても意味がない。
ひとまずFTP測ろう。現実はそこからだ。

●FTP:277w(3.9w/kg)

ひーーー!酷すぎる。
本当なのかと疑いたくなる。
4倍を割ったのは初めてかもしれない。
ここ5、6年で一番弱いぞ。
走っている途中で「これはもうダメだな」と思ったけどここまで酷いとは、、。

シーズン中のピーク最強時より5%も弱い。
5%か、、、。

体重を落としつつ、パワーを上げる必要がある。
9月に間に合わせるには1ヶ月で1.5%上げて行かないと。

コツコツと地道にやろう。
途中で続かなくなるような無理はせず。

-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

全力走5月のスコア計測 #成木TT #成木8 #榎木

2017-05-19 | 練習まとめ
何のためのガーミン、パワーメータは単なる強度指標なのか?ストラバは走行距離をみんなに自慢するだけ?
練習の結果が数値としてちゃんと作られているのに管理がメンドくさかった。
なんとなく辛い練習を続けていればどんどん強くなれる。
そんな時期はとっくに過ぎてるぞ。

自転車以外のスポーツでは考えられない。
素人なのに練習量のログが簡単に作れるなんて。しかも項目も多い。
やっぱり使わない手はないんだよな。自分を変えていくには。

課題はどうやって活かしていくかだ。

課題の抽出と目標、それをクリアするためのアクションプラン。まるで仕事だ。
実際に仕事でそんなやつを毎月作成と提出を繰り返して、Badプラン、Goodプランを考察して抽出。
結果に繋がっている実績があるのでやり方としては否定できない。 


やる気十分!


■5/19 のプロパティ:71.3kg+カレラ+重いパワータップ

●成木 全力走 11:12 28.7km/h 89cad 295w 4.2w/kg
追い風だったくせにノロすぎてショックだがこれが現実。

11分リカバリ

●成木8〜榎木峠 10'15 24km/h 86cad 292w 4.15w/kg
これ以上強いと垂れてしまいそう。
9割ぐらいで登り、残り200mぐらいから全力。 

この練習のやり方では強くなれない気がする。
垂れてもいいからひたすら5倍でどこまで行けるか?を繰り返していく方がいいだろう。
辛い時間がずっと続くことを恐れているのかもしれない。

●榎木峠 6'04 19.2km/h 80cad 323w 4.59w/kg
垂れることを恐れず強く回し続けた。5倍は行かなかったがしっくり来た。
これでいい。

5/3のタイムより+16 秒、体重は+1kg、
体重1kgあたり10秒の差か。
ベスト体重まであと3キロということは単純計算で30秒。つづら折れで姿を消せるくらいの差はでかいな。

3本の全力走をやりきり、名郷までリカバリーすると
川松とすれ違った。
思い返すと1年振りくらいに顔を見たような。
ちゃんと生きているようで一安心。


YES COKE YES


-Fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

練習日記

2017-05-18 | メニュー
年間練習課題に沿って今月から高強度な練習に移行するはずだったことを忘れていた・・・。

持久力は身についてきたけど高強度であることが課題
チーム練では持久走をメイン、ソロでは高強度5分、10分、20分以上のインターバルを取り入れよう。

●5/14日曜練 55分全力走(都民の森
檜原の丁字路までペース走。の約束だったが二ツ塚で千葉さんに着くのがつらい。
脚が完全に弱ってる。


橘橋(檜原村役場先の丁字路)から都民の森まで追い込み開始
Y字路の信号機先、坂がキツくなったところから強度を上げてから千葉さんが遅れる

いつ来るかいつ来るかドキドキしながら決して後ろは振り向かず登り続ける。
追いつかれずに都民の森着、 55分35秒 22.5km/h
久しぶりにタイム計ったがこれは遅い。
体重は71キロの豚なので相応か。いや、レース機材だから50分は切らないと。。

●5/15(月)小瀬戸 4倍 8分x1本
あまり強めに練習する気分じゃない。
小瀬戸だけ4倍で駆けてそのまま水汲みでリカバリ走でリターン。


●5/16(火) 小瀬戸 4倍 8分x3本
家を出て3倍ほどで10分アップ、小瀬戸から倉掛峠まで4倍で8分40秒台を3本、
筋肉痛になるほどのキツさではなくTSS100。
20分ほど仮眠してから仕事に入るがランチ時間までぐったり。妙に疲れた。

●5/17(水) ウォーキング 90分
自転車に乗る気分ではない。正しくはインターバルをやる気分ではないが運動はしておきたい。
ポッドキャストを聴きながら茜ヶ峠と龍崖山をやや早足でウォーキング
週に1回はウォーキングかトレイルランをすると練習にメリハリが付くだろう。

江戸時代から使われている道らしい


●5/18(木) 阿須4倍4分半 駿台5倍 3分強x4本
成木でインターバルをしようと家を出たが1分後に雨が次第に強くなる。
帰ってローラーをする気分にはなれずなんとかこのまま練習できないだろうか、、、
雨雲が掛かっていない駿台方面へ。

阿須の信号機からピークまで4.4倍307wを4分半。
20分リカバリして 駿台の坂でインターバル
縦方向のダンシング縛りで5倍を3本 3分強
ラストはダンシング解除で全力走、5倍。

【本日の学び】
縦方向のダンシングは脚に全然こない。
それから腰(体幹)の使い方次第で普段使われていない筋肉が使うことができるのかな、、
どこがどう使えるのかまだよくわからない。


-Fin-

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

vs Manabu

2017-03-25 | trg cal
今週の土曜練はShark Islandブーマナとタイマン。

彼は日頃から強度高い練習をしているし調子が良いみたいで
もしかしたら千切れてしまうかもしれない。
本番用のCanyonで行くべきか。
いや、重いホイールつけてcarerraで行け!

公民館から名郷まで4倍ほどの強度で先頭時間は1〜2分くらい。
おれは温まるのに時間が掛かるな。さほど強度高いわけじゃないのに名郷に着く前に根をあげそうだ。
8割強度で山伏峠へ突入、工事信号は珍しくノンストップ。

メーター基準で登ることにする。4.5倍ペースで。
三分の一くらいまでブーマナに2、3秒先行を許す。

いまいち彼の脚力キャラが分からないけど俺はおれのペースでいけ。
材木屋ヘアピンからちょっとずつ先行し始める。といってもペースはずっと4.5倍なので彼が少しづつたれているだけ。

その調子のまま最終的には30秒くらい離してピークへ。
そのまま横瀬側299まで下って折り返し、山伏を登り返す。

コースプロファイルは俺の方が知っているだろうから俺固定で最後まで引く。
ずっと4倍。いい調子で離れず着いて来てる。

「もう半分は超えた。あと1/3だ!」と声を投げる。
返事はない。
少しづつ離していきピークへ。(復路も負けずに済んで一安心。。)


峠を下って名郷から飯能まではリカバリモードで負荷はほどほどで無事帰宅。
彼とは何度も練習しているけど初めて2人での練習は新鮮で面白かった。
話すと素直でいいやつといつも思う。もっともっと強くなってほしい。

62km(978mUP)
120min
TSS150(推定)


-fin-
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

インターバルツアー

2017-03-23 | メニュー
BGM
Erykah Badu/New Amerykah: Part Two


休暇日。
来週末で卒園する保育園へこどもを送る。
車か歩いて行くか?
 「あるいていく」

保育園まで約4キロ、こどものあしで約1時間。
河を渡りコンビニでお菓子を1個買ってのんびり歩きながら、
途中の神社でお参りしたりちょっとしたピクニック。
ってやばい!あと10分しかないぞ走れ!

来月から小学校。
こうして長い距離を歩きながら手を繋いで歩いたり走ったりなんて出来事は
もう二度とないかもしれない。



保育園からポッドキャストを聴きながら2時間という長い散歩が終わりやっと帰宅。
息つく間もなく掃除、洗濯済ませて11時。
ちょっとスタート遅いけど短時間でスパッとインターバル練に出る

メニューは昨日と同じ4倍の中強度メニューを昨日より倍やろう。
で、明日も練習したいからTSS150以下に抑える。
インターバルメニューってのは飽きやすく一人でやるとなると精神との戦いだ。
同じ場所の反復を繰り返すってのが良くないので2本ずつ終わったら別の場所に移動する。
別の場所に移るだけでも気持ちはラクかもしれない。
同じ場所をいったり来たり「あの自転車の人は何をしているのだろう?」と近隣住民に不審がられずにも済むし。

1セット目:自森表2分半/裏1分 X2
2セット目:苅生 4分 x2
3セット目:山王峠 8分 x2
4セット目:成木 10分
TOTAL 9本



終わったら小沢峠をダウンヒル。
7ヶ所あるコーナーの内、ブレーキングは3ヶ所だけだろう。
上手い人はもしかしたらヘアピンの前だけしか使わないのかもしれない。

今までリア寄りの荷重が過ぎたようでコーナーで転んだ試合が過去2回。
なぜ転んだのか、、?理由がわからなかったが多分フロントのグリップが低過ぎてハンドリングを失ったことが原因だったのかなと最近思う。

自動車で峠をかっ飛ばしてた出身としてはとにかくアンダーステア(前荷重)を嫌う。
ハンドリング不能になり曲がれなくなる状況を絶対に避けなければならない。
逆にリア荷重でコーナーインした場合、滑っても修正が効く(いわゆるドリフト状態)という4輪の定説意識で
2輪のコーナーリング理論に無理やり当てはめていたようで、それはそれで間違いだったことは十分理解していたけど、
身体が拒否反応を示していたようで最近ようやく自転車のフロントを信じられるようになってきてから
コーナーに対する意識がだいぶ変わった。

前荷重を意識するとコーナーリング時にハンドルから感じるロードインフォメーションというものがあることを知って面白く思えてきた。

帰宅後の昼飯は女房とラーメンショップへ。
10枚貯まったサービス券で600円オフの恩恵を受けて前回知ったネギ増し(50円)という
オプションをプラスしたネギラーメンでおれは今日もしあわせだ。
I LOVEラーメンショップ




2h36min
69km(1070mUP)
TSS 154
Comment
この記事をはてなブックマークに追加