将棋漬け

将棋オンリーで生きてるオジサンの戯言ばっかり

忘備録(2017.11〜)

2019年02月19日 | 将棋
2017.11.17 深川いっぷく 将棋クイズ王決定戦を見る、銀杏記者の凄さしか覚えてない。千田さんが「にゃんこならべ」もらってた。

2017.11.19 幕張メッセ JT杯決勝 山崎・豊島戦 解説 藤井九段、聞き手 上田初美女流
開始前から山崎さんの気合が凄かった、豊島さんはいつも通り。山崎さんの気合での優勝に見えた。
勝利者握手会に初めて並んだ、山崎さんの笑顔を良かったなー。

2017.11.21 静岡、浮月楼 女流王座戦前夜祭 やっぱり前夜祭は楽しいことを再確認。
2017.11.22 解説会 立会人 広瀬八段、解説者 中尾五段、聞き手 室谷女流二段、藤田女流二段
サイン会 藤田女流二段「女流二段 藤田綾」、室谷女流二段「大阪狭山市観光大使 室谷由紀」
夜、大阪に移動、久し振りに「やごか」で飲む、やっぱりここの刺身は最高だ!、土瓶蒸しも美味!\(^o^)/
2017.11.23 関西将棋会館 関西将棋の日 朝、久保さんなどの出迎えを受けて受付
サイン会 稲葉八段「疲労困憊」と書いてもらう、前日対局でホントに疲労困憊してたみたい。(^◇^;)
ココイチでカツカレー食べてたらイベントに遅刻した。ψ(`∇´)ψ
都成・藤井女流の「お絵描き対決」の絵の色紙が当たった。
稲葉・菅井戦での菅井さんのボヤキが最高だよね!\(^o^)/
終了後はとっつあんで飲んだみたいね。

目が疲れたなー。
コメント

げっ!

2019年02月18日 | 将棋
忘備録が一昨年までしか…_| ̄|○
大船渡なんてもう覚えてないよ。(^◇^;)
仕方ないので箇条書きにするしかないですね、うん。

2017.11.1 ねこまど 豊川七段出版記念トークショー サイン会「七段 豊川孝宏」サイン本「好打シャーミン」

2017.11.4 芝浦工大学祭でりさりさ先生の写真撮ってから、立教学祭でたかみーの指導対局を見た。

2017.11.10 女流王座戦前夜祭 (大阪ウェスティンホテル) とっつあんで飲んだのかな?
2017.11.11 芝苑 サイン会 淡路九段「間に淡路 九段」←「初めて書くよ(笑)」そりゃそうでしょうね。
西田四段「四段 西田拓也」異常なくらい書くのが遅い「丁寧ですね〜」「話し掛けないで下さい、間違えそうでから〜!」ゆうに5分以上掛かりました。長谷川優貴女流二段「女流二段 長谷川優貴」スイスイ慣れたものです。宮本広志五段「五段 宮本広志」。里見咲紀女流初段「女流初段 里見咲紀」女流初段を大きく書きすぎて名前が付け足しみたいに…。糸谷八段「八段 糸谷哲郎」安定のダニフォントです。山口絵美菜女流1級「5プリン=1絵美菜」プリンから離れられないのね。全員合筆色紙が当たったよ。

2017.11.12 大阪から戻って両国に、予約してないけど木村先生の九段昇段祝賀会にあわよくば出るつもり。
大会やってたので覗いてみたら、並行して指導対局もしてた。飯島七段、三枚堂五段?、高野四段。
木村先生に挨拶したら「予約してない?、あー出て下さいよ」で、やったね!\(^o^)/
祝賀会は盛大でした、棋士も数多く出席してね。野月さん、行方さんは盟友だからもちろんね。
しかし、リュック預けてまで祝賀会に出るとはオジサンも木村ファンなのかな?
銀杏記者が係員の人になってたのは何故?

やっぱりスマホからはブログ更新は疲れるなー。
コメント

超お久しぶり〜ね♪

2018年12月18日 | 将棋
昨日の佐藤・羽生戦見ましたか?
終局は01時3分、双方1分将棋、感想戦終了は02時10分です。
オジサンはご存知のように羽生さんのファンですが、康光先生の将棋も大好きです。
何と言っても奔放な序盤作戦(作戦なのか?)に惹かれます。
「何故私の戦法は真似されないのか?」と将棋世界の自戦記に書いた事もあるくらい、真似されません。(真似出来ないが正しい表現かと)
近頃では、挨拶でそれを自らネタにするくらいほどになり客もそれを期待するほどです。(笑)

両者の対戦はこれが161戦目だそうで、局数半端なく多いですね。
それはある時期までタイトル戦で戦う事が多かったせいでもあり、
またタイトル戦でなくとも両者が勝ち進んでいた事の証しでもあります。
対戦成績は、羽生竜王の106勝に対し佐藤九段の54勝、意外にも対戦成績は差がついていますね。
実は「羽生善治被害者の会」なる会がありましてですね。(ないです)
話が長くなりました。(^◇^;)

昨日の将棋に戻ります。
先手後手は組み合わせ抽選時に決まっていて、佐藤九段の先手。
三手目、早くも康光流炸裂、▲56歩!
これは角交換されて馬が作られるので、定跡書などには「やったらアカーン!」
みたいな感じで書かれているような手なのです。(よく「良い子は真似しないように」などとも言われたりします)
また、オジサンが(将棋だけ)敬愛する升田幸三先生が(確か)大内先生にこの戦法で挑まれて、巧みな指し捌きで優勢を築き「1.2.3.…7手か」(7手も相手の手を手抜いても大丈夫の意)と呟いて相手を腐らせたという曰く付きの戦法なのです。

眠くなって来たので、これまで。
もしかしたら続くかも。
コメント

忘備録(10の2)

2018年04月15日 | 将棋
10/27 竜王戦第2局前夜祭 大船渡 大船渡に行くのは初めてである、以前宮古には行ったことがあるが。
新幹線で一関に、一関に降りたのも初めてここからローカル線で気仙沼に向かう。
二両連結である、ディーゼルなのである、ボケーっとしてると気仙沼に到着した。
ここからはBRTなのである、震災で被災して復旧していないのか復旧出来ないのかは知らない。(BRTについてはググったが、つまりは線路だったところをバスレーンにしてバスを走らせる、崩壊した所は一般道を走るらしい)
バスは普通のバスである、おもしろいのは踏切である、遮断棒がバスを封鎖するように降りてくる新鮮だ。
走り始めてすぐに一般道に出た、で後はずーっと一般道を走る…普通のバスじゃね?
陸前高田市に入ったら…何もない、遠くの海岸を見ると高い防波堤があった、後は見渡す限り盛り土、例の奇跡の一本松がひっそりと佇んでいるだけ、アレから何年も経っているのに…

大船渡に入った、建物を見ると安心する、だがほとんどが更地のまま…と思っていたら終点であった。
ん?、ここって何か違うよね、あれれっ?
今更だが目的地は終点ではなかった模様です。(泣)
地図で調べると歩けそうなので歩き出す…なんか遠くないですか?、途中のコンビニでカルピスウォーター買うついでに聞いてみたら「後2・3キロじゃないですか」…マジか!?(@_@)
前夜祭の時間が迫る中必死に歩きましたよオジサンは、70なのにこの仕打ちはないよなー、ホント。ψ(`∇´)ψ
とっぷり暮れた中にホテルを見出した時にはタップリ汗かいてました。
チェックインして着替えて会場に、あら着席なのね、助かった。
キョロキョロしてたら「オジサンじゃないですか」振り向くと「おー、o島君じゃん!」昔、練馬にあった大友先生の道場での仲間です、以前遠野で名人戦があった時には世話になりました。
「後で飲みましょう」心強い一言来た〜!\(^o^)/
コメント

忘備録(10月)

2018年04月14日 | 将棋
10/1 通天閣将棋祭 通天閣 最初は通天閣の地下でぐるぐる将棋、久保王将、菅井君、鎮先生、都成君、大橋君、えみなちゃん、咲紀ちゃんがぐるぐる廻って指して行く、即ち写真撮り放題なのであーる。
菅井君がメガネなしだ、「どうしたの?」「いやー、寝てる間に下に落ちたらしくて起きるときに壊しました」踏んづけたんかい! 「大丈夫なの?」「オジサン相手ならね」ぐぬぬっ!ψ(`∇´)ψ
なお、将棋は華麗な技を駆使して勝ちました!(誰も見てないから言える)
午後から近くの朝日劇場に場所を移してイベント目隠し将棋やらトークショー、席上対局などなど。
なお、森九段と里見さんのコラボしかしは抽選に外れて買えませんでした。(泣)
終わったら飲むしかないですね。

10/2 和歌山にて酒蔵見学をさせて頂きました、ありがとうございました。
その後案内された産直市場が凄かった!、何でこんなに安いのー?!(@_@)
果物、野菜、それに魚・海産物が「ホントかよ?!」みたいな値段で種類も豊富…住みたいぞ。(まあ、夜の灯りがないとダメ人間ですがね)
飲み屋もチェーン店だけど良かったよ!、和歌山凄い!

10/9 福崎九段、浦野八段コラボトークショー ねこまど 主に旧関西将棋会館の話でしたが知らなかった話も満載で、福崎九段の暴走を浦野さんが止まるのが何回も!(笑)
コラボ色紙はもちろん名前シリーズでお願いしました。

10/13 いっぷくでmtmtさんの何かあったよね。

10/19 竜王戦第一局前夜祭 セルリアンタワー いよいよ竜王戦!、燃えるものが来た〜!って感じ。
羽生さんとあきら君とも少し話せたし、まあ見守るしかないという感じですな。

10/20 飲み会 飯田橋

10/21 竜王戦解説会 セルリアンタワー 終局後の能楽堂での感想戦観覧は珍しい企画で良かった。
勝利を祝して飲むしかないよね!(あきら君ファンもいたけど)
コメント