車大好き少年

人と同じくクルマにも1台1台個性がある。86オーナーになりたての新入社会人が考えていきます。

仕事の悩み、仕事のギャップ。

2017年03月04日 12時56分19秒 | その他
最近仕事がうまくいかなくて悩んでいます。
こんなこと、記事にすべきことじゃないかもしれないけど、
自分を直接的に知らない誰かに聞いて欲しくて記事にしました。
高校生の時からやってるこのブログに記録しておきたいというのもあります。

僕は就職してもうすぐ1年の社会人1年目です。
(就活の記事はこちら)
入社直後から入社前とのギャップを薄々感じてはいたものの、ギャップなんてあって当たり前だとは思うのであまり考えないようにしていました。
でも辛くなるとなぜこんな選択をしたんだ、思ってたのと違うってなってしまい考えてしまいます。

ギャップ1
仕事は毎日飛込み訪問の連続。(こんなに飛込み訪問の毎日だなんて知らなかった…)
飛び込んでもほぼお断りされます。
相手も断るために嫌な態度をとり、時にはひどい言葉を浴びせられることもあります。
こっちは何もしてないのに。
どんどん自信がなくなって、弱腰になって、話も聞いてもらえず、毎日が過ぎていき、上司に詰められて、仕事が辛い。負のスパイラルです。
入社前はまだ商品を売りつけるタイプの営業ではなく、土地を貸してもらって賃料を払うタイプの営業なのでマシだと思っていました。
でも、そんなの関係なかったです。
毎日の飛込み訪問で心をすり減らし、時間に追われ、気がつけば余裕のない人になっていました。
程よくマイペースなことで精神状態を保っていた僕にとってはかなりのダメージです。

ギャップ2
ほぼ毎日9時10時まで残業して(月に90〜100時間くらいの残業)、残業代は見込み残業で30時間分しか出ません。これが実態です。
就職活動の時には、残業は月に30時間くらいでそれを超えても残業代はしっかりと支払われると聞いていました。
大きい会社に入れば幸せになれるなんてちょっとでも思っていた大学時代の自分に一喝してやりたいです。
僕の能力が高くないのは事実ですが、1年目としてはごくごく普通レベルのはず。
先輩に相談して、自分なりに悩んで、考えて、努力して行動しているのに、仕事が遅い、効率が悪い、会社は君の成長を待てない。と言われ続けます。


そりゃお金を稼ぐのは甘くない、どんな仕事でも辛いものだというのはわかっていますが、辛くて逃げたい。というのが最近特に強くあります。


やっぱり、車売ってた方が幸せだったのかな、なんて思ってしまいます。
車売るのだってそれは大変で辛いことの連続だと思います。
でも僕は車がとにかく好きだから、好きなことならなんとか乗り越えられる気がします。

はっきり言って、駐車場は好きじゃないです。
車を駐める土地屋であってあくまで不動産業です。
就活生の時は車の匂いがする不動産業なんて思ってましたけど、生粋の不動産業です。

好きじゃないことを今後40年やっていける気がしない。

今となって考えれば、この会社を選んだのも給料がいいから(いい生活ができる?)、名が通っているから(変なプライドか?)ってところだけだったかもしれません。

『楽しい』っていう一番大切なことを忘れていました。

・いい生活ができても、圧倒的に長い時間を費やす仕事が楽しくないと、人生楽しくありません。
最近知ったのですが、初任給はいいですが10年働いている人と手取りそんなに変わらなかったです。

・名が通っている会社で働いても、仕事は楽しくありません。楽しくなければ誇らしくもありません。

記事にして、心の整理して、思いました。
僕、この会社辞めた方がいいです。笑
笑い事じゃないけど、そう思います。

ただの愚痴みたいになってしまったけれど、すごく悩んでいることなので。
もっと楽しく社会人したいです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

筑波ジムカーナ場練習会

2017年01月31日 18時28分16秒 | 86 ZN6
いつかは愛車でサーキットを走ってみたい。
車好きならば誰もが一度は考えることだろう。

でも最初からコースは危険という師匠の助言から、筑波ジムカーナ場で行われる練習会に参加して思いっきり車を走らせて来ました。



広場にコーンが置いてあるコースです。1速固定で走ります。
まずはぐるぐると広く回ります。
制御装置はABS以外すべてオフ。
見たこともないFRの本当の顔を知りました。
じゃじゃ馬とでも表現すべきでしょうか。
Uターンをラフにするとアンダー→オーバー→スピンとなります。
アンダーの挙動、オーバーの挙動、スピーンしている時のどうにもできない挙動をしっかり学習!
次にサイドターンの練習。
8の字を素早く回れるようにするのが今回の目標だったので、サイドターンは必須です。
でもこれが難しい。
ブレキング→ハンドル操作→サイドブレーキ→クラッチを絶妙なタイミングで行わなければなりません。
緊張しているとどんな手順だったかわからなくなってしまうほど。
荷重移動で車をを操って走らせることがいかに大変で大切なことか学べました。
そして、ターンがうまくできても立ち上がりがまた難しい。
そっぽ向いてしまったり、カウンター当てても思うような動きしなかったり。
最後の方はたまーに8の字が思うようにうまくできるくらいまで上達できました。



楽しかった。
ワインディングのような気持ちよさはないですけど、繊細な操作を求められ、考えて走らせる楽しさを発見しました。

将来的にはミニサーキット、本サーキットデビュー目指して、練習しようと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

群サイアタック見学

2016年12月10日 06時35分54秒 | 86 ZN6
いつかはレースに出てみたい。
クローズドコースで思いっきり走ってみたい。
そう思っていたところに、群サイタイムアタックの見学に来ないか?と、
レンタカーバイト時代の社員さんのAE86乗りに誘われ、見学へ行ってきました。

AE86乗りさんは家庭の事情で、86を手放すということで、最終戦になりました。

なのでカメラを持って、思い出のクルマと思い出のレースをしっかりと撮ってきました!



練習タイムに何度か同乗させてもらい、走ったのですが、
クローズドコースを走るのは思っていた以上に奥が深い。

コースを熟知し、正確な操作をしないと速く走れません。

これがいかに難しいか。
また、車両のコンディション、気候との兼合いもあります。

全てが揃って、やっといいタイムが出る。
そんなシビアな世界でした。
頭ではわかっていましたが、こうやって見学して初めてその厳しさ、
楽しさを知ることが出来ました。

レースでAE86さんは見事、表彰台に上がることができました。
レースは2年ぶりとのことでしたが、その腕は衰えていなかったようです。

うーん、すごい。

とりあえず僕はジムカーナから、レースデビューを目指して日々練習していこうと思います。

いい大会あったら教えてください!笑

いい影響を与えてもらった1日でした。







各々の自慢のマシンで、競う姿に憧れました。

いつか愛車の86で、タイムを競いたいです。
必要があれば、うちの子の強化もしていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

86ミッション交換で入院、退院

2016年10月24日 11時24分33秒 | 86 ZN6
今回は早速発生した86のマシントラブルについて。

タイトルだけ見て、もう事故ったか?って思ったあなた。
今回に限ってはハズレです。笑

9月中旬にオートバックスでエンジンオイル交換と
納車3ヶ月無料点検をやってもらった時のこと。

リフトで上がっていく愛車を見て本当にオーナーになったんだなとしみじみ感じていた時のことでした。



ちょっと来てください。
ピットの人に呼ばれて、車を下から見てみると、
アンダーカバー内からポタポタと多くオイルが漏れたあとがありました。

『どこのオイル漏れかは不明だが、オイル漏れが発生している』とのこと。
修理した方がいいということになりました。

茨城のスーパーオートバックスで購入した愛車なので、それを伝え保証で
自宅近くのオートバックスで直るか聞いたところ、あまり乗り気ではない様子。

まぁ、そうですよね。
他が売ったクルマなんて知ったこっちゃないですよね…

とりあえず、茨城のオートバックスに問い合わせてくれと言われ、帰りました。

茨城のオートバックスの販売担当者に電話したところ、恐らく保証で直ります。とのこと。

そう。
普段はオプションで延長保証なんてつけない僕がちょっと高い
オプションの手厚い保証に入っていたのだ。

通常保証は3ヶ月で切れていたので、オプションの保証を使うことに。

実はオイル漏れ発覚の1週間後、シルバーウィークに86での大阪旅行を計画していた。

オートバックス担当者に伝えたところ、今東京のオークション会場に
積載車で来ているから帰りに寄ってくれることに。

旅行のことも伝えると、修理内容によっては間に合うかもしれません。
お約束はできないけれど1週間での修理、トライしてみましょうと力強く言ってもらえました。
数ある中古車屋の中でこのお店のこの人から購入できたことを嬉しく思った瞬間でした。

通り道でもないのに東京のオークション会場から3時間も走ってわざわざ夜遅くに取りに来てくれた対応には驚きでした。
愛車で大阪に行きたい、早く直したいという僕の想いを配慮していただいた行動だったと思います。

後日、診断結果が電話で告げられました。
ミッションオイル漏れです。
エンドシールから漏れています。
とのこと。
修理内容を聞くと、ミッション交換になります。
もちろん保証で全て直りますので費用負担はございません。とのことでした。
ただ、ミッションの取り寄せで1週間くらいかかるので旅行には間に合いません。
代車がありますので、代車で行ってきてください。とのことでした。

後日、代車を届けていただけることになりました。
仕事終わりの時間に合わせて、自宅まで届けてもらいました。
代車は長距離移動も考慮して選んだのか、10年前のインテグラタイプSで2.4リッターという86を超えるパワーを持っていました。
さらに、旅行を意識していただいて、ポータブルナビも付けてきました!というカー用品屋の強みも活かした対応です。
インテは乗り心地も良く、クルーズコントロールもあって古いけどなかなかいいクルマでした。
燃費は86より若干悪かったですが、レギュラー仕様なのでそんなに変わらないですね。笑

1週間後、仕事終わりに合わせて自宅に86を届けてもらいました。

ミッションのフィーリングが変わっているかと、ドキドキしながら乗ると、
うん、かなり動きが硬い。ミッション慣らし運転が必要になりました。

3000回転以下、優しいシフトチェンジを意識して走りました!
でも確実にシフトチェンジの質感が、修理前より良くなっています。
特に3速、5速の入り方が全然違いました。
これが本当の86のシフトフィールなのか!と驚きながら乗っています。

今は慣らし始めから1000kmちょっと走りました。
硬さも、なくなってきているような気がします。
慣れただけかもしれませんが。笑

初回は5000kmくらいでミッションオイル交換しようと思います!

今回の件で、もっとクルマのメカニズムを知るべきだと思いました。
本でも買って、勉強するか〜!

ミッション交換費用を調べてみると、数十万円と、とても高額なんですね!

オプションの長期保証をつけていなければかなり痛い出費になったんだと思うと、いい判断だったなと思います。

今後はもう少し86を労わりながら長い付き合いをしていこうと思います。

また、茨城のスーパーオートバックスさんとも少し遠いけど、
車検や点検で長い付き合いをしていこうと決めました!

こういう、かかりつけの店があるって大切ですよね。
特に僕みたいに無知なクルマ乗りにとっては。笑

新車だと最寄の購入店だと思いますけど、中古の場合、いい車両のために遠方のショップでの
購入でなかなかかかりつけにできない事も多いと思いますが、
親身になってくれるショップを見つけることは大切ですね!



オイル漏れ発覚後、自宅駐車を見てみるとオイル漏れの痕跡が。

乗って出庫して、帰ってきて入庫して降りるので気づきませんでした(^^;;

また、ミッションの調子も良くなかったです。
入りが悪かったり、高回転時に異音がしていたり。
これからはクルマの調子を見ながら車両の状況を把握できるオーナーになります!

↓エンジンの奥には新しいミッションが!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

86インプレッション〜86のある生活〜

2016年09月21日 17時38分17秒 | 86 ZN6
今回は愛車・86のインプレッション!
購入から3ヶ月が経過し、走行距離は5000キロになろうとしている。
一通りオーナーとしての気分も味わえたところでまとめておこうと思う。



このブログを始めたのが高校1年の夏前だから、こんな記事を書き続けて7年にもなる
『車大好き少年』だが、そろそろ少年を名乗るのが恥ずかしくなってきた。
思い起こすとブログを始めた頃は、いや、ずっとかもしれないが、
クルマ好きをこじらせすぎていて、もしも、オーナーになったら、
という妄想ばかりして車の記事を書き続けてきた。
そんな妄想少年も成長し、社会人デビューと同時にようやく
一台のクルマのオーナーになってしまったのだから時の流れは早い。
このブログは、僕の成長記録と言ってもいいのかもしれない。
だから、遠慮なくうちの子(86)との生活記録も書き記しておきたい。



■いいクルマ!



86ってどんなクルマか?
友人にそう聞かれたら、「いいクルマだ」と答えてしまうだろう。
もちろん、誰にとってもいいクルマだというわけではない。
4人乗りだけど、実際は2人乗りのところとか、2枚ドアで乗車位置が
低いがゆえに乗り降りが大変なところとか、遮音が少ないくロードノイズが
気になるところとか、乗り心地が硬いところとか、MTが面倒くさいところとか、
挙げだしたらキリがないくらい普通の人からしたら厄介なクルマだ。
もちろんこんなことは買う前からわかっていたことで、僕からしたら全部楽しいことなのだ。
うちのクルマ2人乗りだからと言えば男女グループでのお出かけも
ドライブデートになるし、乗車位置が低いと地面を這っているかのような感覚になって、
ソレっぽさが増す。遮音も足の硬さもスポーツカーそのものだし、
うーん、MTは面倒くさい時もあるけど、その分エンジンブレーキ時のブリッピングやヒール&トゥーがうまく決まった時には
心の底から嬉しいし、楽しい。
そんな使い辛い要素が、このクルマとの生活を楽しく濃いものにしてくれていると感じる。



速さがどうだとか、スペックがどうだとか、どうでも良くて目に見えるものよりも
フィーリングがいいクルマこそが、所有欲を満たしてくれるんだと思う。
サーキットを走るわけでもない、峠ガンガン攻めるわけでもない、
山を気持ちよく流して満たされている今の僕には最高の愛車だと思う。



■どこが良いのか?

まずはエクステリアから






2ドアクーペに憧れていたこともあって、とてもかっこいいと惚れ込んでいる。
リアフェンダーの盛り上がり、笑っているかのようなフロントバンパーの口角の上がり方、
フレームレスのドア窓、プリケツのようなリアビューも最高だ。



全体的に筋肉質で、肉付きがあるけどデブじゃないアスリート体型をうまく
スタイリングで表現できていると思う。ただ、クリアのテールレンズが
あまり好きではない。特にボディーカラーが黒だということもあって、
レッドのテールレンズの方がマッチしそうだ。



次にインテリア



真ん中のグレード、Gグレードということもあり、豪華さはないが
このシンプルさが逆に気に入っている。
レーシングカーは装飾なくシンプルで視認性の良いメーター、
操作のしやすいスイッチ類で統一されているもの。
ちょっとそんなレーシングカーの雰囲気すら感じられるコクピット、インテリアは
とてもスマートで逆にそこがかっこよく感じられる。
かと言って、安っぽくなっていないのもすごいところ。
ダッシュボードはウレタンのソフトパッドだし、ハンドル、シフトノブ、
ハンドブレーキは赤ステッチの本皮仕様!(スポーツインテリアパッケージのオプション)、
ペダルはアルミでドアの内張りも合皮、シートはホールド性の高い
スポーツシートになっていて触れるところにコストダウンはなく、
そのへんのコンパクトカーと比べれば上質感すら感じられる。
まさに、ムダがないインテリア。
エアコンスイッチの安っぽい操作感は残念だが、この価格帯のこの類いのクルマで
そんな細部までこだわっているのはフォルクスワーゲンくらいだろう。

ニーパッドが欲しい。
峠を走っていると無意識に足を踏ん張っているが、
けっこう左足がセンターコンソールに当たってしまうもの。
峠を走ると当たって軽い青あざになることがある。
上のグレードには標準装備のニーパッド、後付で付けたいアイテムになりそうだ。

■安全性
安全装備が充実してるのも好感が持てるところ。
ABS、トラクションコントロール、
横滑り防止装置が標準装備なのはもちろんの事。
やや激しく走ったときにそれらの介入を遅くし、挙動の乱れを安全に楽しめる
スポーツモードがあるのも嬉しいところ。僕みたいにスポーツドライビングに
自信がない、テールが流れただけでも怖いっていう人でも楽しく、
安心して攻められるのもこの制御があるから。
もちろん、運転のウデに自信がある人は制御を切って走ればいい話で、
FRの醍醐味ドリフトもできる。
8月にデビューした後期型はトラックモードになっていて、さらに絶妙な制御なんだとか。
僕は山を走るときも普通の制御モード!これからスポーツモードに挑戦し、
姿勢変化やスポーツドライビングを楽しめるようになりたいと思う。

エアバッグが6つあるところも安全、安心のひとつ。
今までクルマの安全性についてはこのブログで深く考えてきた。
そのクルマはもしもの時に頼れるヤツか、と。

国産車はまだまだ運転席と助手席にしかエアバッグが標準装備でない車種がたくさんあり、
やっぱりもしものことを考えると不安である。
でも86は運転席、助手席に加え、カーテンシールドエアバッグとサイドエアバッグを標準装備!
エアバッグが出たときはクルマの人生が終わった時だと思うけど、
安心して楽しく走らせられるのもこのような安心が底支えしているからだと思う。
とはいっても、安全運転を心がけたいところだ。

■走行フィーリング

フィーリングもとてもいい。
とっても濃い走りが楽しめる。
ハンドリング、エンジンのレスポンス、吹け上がり、ブレーキタッチ、
限界時の挙動にとても満足している。

ハンドリングはダイレクト感があって、意のままに操れるという表現をしても誇大にならない。
特に狭い峠で左右に頻繁に振るような動きをした時にいい車だなと感じる。
ハンドルとタイヤの接地感が薄くならないし、グイグイ食いついてくるからどんどん攻めたくなる。
もちろんそんな走りをしているときはニヤついてしまう。本当に楽しいやつだ。
エンジンも2リッターで200馬力あるだけあってとてもパワフル!NAだからレスポンスもよく、
高回転時のサウンドの高揚感は文字にできないほど。



エンジンそのものもいい音だし、サウンドクリエイターの効果も働いて吸気音がすごい。
すっごい空気吸ってるのがわかる。すごく本格的で純正なのに
こんな音させちゃっていいんですか?って感じ。
ブレーキもしっかりしている。
山とかだとフル加速して減速しての繰り返しで負担がかかりやすいから
気をつけなくてはならないが、強いブレーキをした時の安定感と制動力にはいつも感心するし、
こういうブレーキがあるから安心して激しい走りもできるんだと思う。

限界時の挙動変化もおもしろい。やはり、FRということもあってウェットの路面だと
交差点とかでも滑ることがあるほどシビアだ。

ドライの山のコーナーでも少し早めにアクセルオンするとスライドがはじまることもある。
すぐに制御装置が働いて何事もなくパスできるが、あ、制御入った!って走りが
楽しかったりもする。一応スポーツタイヤを履いてることもあって、
そんなにすぐに滑らないが、BRZよりも姿勢変化を楽しめる86ならではの挙動だと思う。

■タイヤ



タイヤはブリヂストンのPOTENZA アドレナリンRE003を履いている。
アドレナリンはポテンザの中でもシティユースを想定したタイヤでRE001のような
本格的なスポーツタイヤではないが、今のところかなり満足している。

やっぱりポテンザブランド、アドレナリンを侮るなかれ。
ウェットの山で激しい走りをしてもコーナーで気をつければ滑らない。
他社の同レベルのタイヤを試したことがないから比較はできていないが、
かなり優秀と言えるタイヤだ。

また、グリップするから低重心のクルマと相まってコーナリングスピードの限界がとても高い。
もちろん過信は禁物だが、それなりに攻めても走りは音を上げないタイヤだ。
( 音はキュルキュルしてます)

それに、少年時代から憧れていたポテンザ、そんな楽しいタイヤを転がしていると
思うだけで楽しいに決まっている。
走り込んで、いろいろ知っていきたいと思う。

かなり背伸びして手に入れた愛車、ハチロク。
とりあえずはノーマルのまま、少し余裕が出てきたら小さいところから手を入れていこうと思う。

週末に乗るドライブの時間、洗車の時間がとても楽しみで、そんなご褒美があるから仕事も頑張れる。



ハチロクと僕は一緒の時間を過ごした分だけ、絆が深まるだろう。
手に入れたのは1台のクルマではない、ハチロクと楽しむ人生だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加