野の花ガーデンblog

野バラが大好きのんのんです。江戸時代に咲いていたような古いバラに興味を持っています。

実生カタイエンシス

2013-05-31 20:13:23 | バラの実生
1月に種まきしたロサ・ムルチフローラ・カタイエンシスが、咲きました。
なんという予想外の展開、種まきから4ヶ月のスピード開花です。


苗がちいさいので、花が大きく感じます。
花色もちょっと黄色みがかってますね。


なんといっても最大のサプライズは、この花びら!
枚数が多いです。


もしかしたら四季咲きバラに変身したの?
将来は八重の花になったりして、、、。
なんて次々と妄想が湧いてきますが、
一季咲きのバラでこんなに早く、ミニサイズで咲くなんて、、
ビックリですね。



お母さんも咲いています。


ロサ・ムルチフローラ・カタイエンシス


ツクシイバラに似ているタイプだそうですが、
やっぱりこの株はこの株で独特なバラですね。


枝垂れて咲いている向こう側は武蔵野シリーズの〈おぼろづき〉


そろそろ終わりかけです。


筑紫いばらの淡い色も同じ展開ですね。



こちらはツクシイバラの濃いタイプ。
樹形もランブラータイプというかよく伸びて、開花の時期も少し遅れます。



こんなに濃い色の花が川原に咲いていたら、
遠目に見てもよく目立つでしょうね。







ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホシミスジが | トップ | 近所の山でミヤコイバラ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カタイエンシス (ミセスサニー)
2013-06-02 21:38:36
どんなものなのかなあ~と思い始めていたので、
みせていただいてうれしいです。
めしべの軸(花柱)に毛があるかどうか
なんですが、教えていただけますか?どの株もでしょうか?
ツクシイバラはどうですか?
ミセスサニーさん 花柱の毛 (のんのん)
2013-06-03 05:50:16
たしかに、たしかに、そこが重要なポイントでしたね。

日本の野バラの中ではムルチフローラだけが無毛なのですが、ツクシの花柱とは・・盲点でした。

うちのカタエンシスは違うと言われているタイプなので、参考にならないかもしれませんが、花柱に毛はありません。
高さやばらけ具合も、つくしとまったく一緒です。
つくし似と言われる由来かもしれません。
ついでに、武蔵野シリーズのおぼろづきも同じですね。

参考までに今咲いているロンギクスピスやムリガニーは高くて細い毛が生えています。
葉がテリハでもみんな花柱に毛があるとは限らない、、、
興味深いですね。

コメントを投稿

バラの実生」カテゴリの最新記事