暇人短剣符
暇人の日常散策、世界中の友との再会を夢見て日々上昇中。




話題を呼んだGoogle Earth、時々使って楽しんでいます。
ここでも紹介させていただきました。

さて想像したのですが、わたくしたちは少なくとも半径数キロの地図があれば苦労しないはずです。本当に世界中を地図として結ぶ必要があったのでしょうか。
旅行に行くときは遠方の地図が便利です。それが世界旅行になるとき、Google Earthの本当のニーズが分かるということでしょうか。
ということは、同じことがあるサービスにも言えるわけです。

そう、路線です。

これも、半径数キロで十分。考え方は同じです。だから、世界中どこへでもいける路線はシーズです。でも、もし、家の近くの駅からベトナムのメコンデルタまで行く路線が一発で出るとなると・・・すごいとしか言い様がないですが、彼らならやりかねませんね。Web2.0の概念からするとバックパッカーが利用した方法やVIPが利用した乗り物などが投稿によって検索経路に加えられていくことになるでしょう。だとすればリルートのサーチサービスを考える必要があり、この部分がマーチャンダイズのコアとなるでしょう。
限りなくマクロであり、且つミクロな彼らをはじめとする戦略が今後どのように成長していくのか、一歩先を見つめてみたいと思います。

FC2ブックマーク ECナビにブックマーク Save This Page to Reddit Save This Page to YahooMyWeb Save This Page to newsvine Save This Page to digg Save This Page to delicious Add to Technorati Favorites! ドリコムRSSクリップ この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマーク コメント ( 15 ) | Trackback ( 3 )



« おもしろすぎます。 セルフマネジメン... »
 
コメント
 
 
 
こんばんわ ()
2005-11-24 22:36:00
トラックバックから辿ってまいりました。

確かに我々の行動範囲なんて、たいしたことないですよね。

近場の地図があればそれで十分。

でも私は世界地図を眺めるのが好きです。もちろん路線図を眺めるのも好き。

まだ見ぬ地に思いを馳せたり、なぜこう作られたのか?と考えるをめぐらせたりしています。

Googleの力は計り知れないです。今後も要チェックですね。
 
 
 
TBありがとうございます (LUCK)
2005-11-24 22:59:39
初めて地球儀を買ってもらったとき、飽きることなく眺めていました。

今度は写真で眺められるので、また飽きることなく眺めています。

Google Earthの先にどんなものが出てくるか楽しみです。



また訪問させていただきます。

 
 
 
Unknown (rakuraku)
2005-11-24 23:39:08
私達日本人は、世界地図を見る時の日本の地図は地図の真ん中に日本がありますね。でも、イギリスの地図は英国が中心で、日本は極東の端に置かれているのでしょうね。そう考えながら、オーストラリアやアフリカの国々を見ていると、面白いですね。Google Earthはそんなことも教えてくれると思います。
 
 
 
バックパッカー (百丸)
2005-11-24 23:57:52
英国のクック社とGoogle 社が、提携すれば、いとも簡単に移動経路システムを構築できるような気もします。

マクロであり、ミクロであり、リッチでもあり、プアーでもあり・・あらゆる範囲と想定レベルのシステムも可能性大ですね。



将来的に、人間の目線で、その歩く方向の風景や光景までが組み込まれるかもしれません。

ちょっと、怖いですね。
 
 
 
Unknown (A子)
2005-11-25 00:10:50
TBありがとうございます。アメリカにいたときに、地図サイトで、起点を終点の地名を入れると、どこの道路を通ってなどが、一発で検索できるものがありました。鉄道ではありませんが、国内の移動で、そういうものがあればいいなあと思うことがあります。



既にあるのかは知りませんが・・・。



グーグル・アースのおかげで、またブログの世界も広がりました。
 
 
 
ケアレスミスが・・・ (A子)
2005-11-25 00:13:18
すみません。先ほどのコメントで、「起点を終点の地名を・・・」と書きましたが、「起点と終点の住所を・・・」の間違いでした。ごめんなさい。
 
 
 
TBありがとうございます (光る饅頭)
2005-11-25 07:16:38
「本当はもっと見えてるんだろうな」と思いながら見てました。世界的な遺産や過去行ったことのあるところを見るのは結構楽しいです^^これからもよろしくお願いします^^
 
 
 
Unknown (うぃfy)
2005-11-25 09:16:11
TBありがとうございます。



google earthっていいですよね。

これをみるまで、世界の名立たる物が具体的にどういった環境のところにあるのか分からなかった。知らない道、知らない土地を知るって面白いですよね。
 
 
 
Unknown (LOHAS)
2005-11-25 10:37:28
始めまして!、トラックバック有難うございます。

本当にWEBは計り知れない可能性が創造できますね!これからもたまにお邪魔させて頂きます。
 
 
 
|ω・)ノ おじゃまします (杏仁豆腐)
2005-11-25 15:35:22
トラックバックからきました~こんにちは



Google Earthおもしろいですね~

路線も見れたらおもしろそうですね~

うーん。旅したいなぁ~
 
 
 
Unknown (なゆ)
2005-11-26 12:45:06
トラックバックから飛んできました。

日本では一時期話題になったのですか?

ワタシは今までこんなものがあるなんて知りませんでした・・・

使ってみるとほんと面白いです。



路線の話で、「シーズ」という言葉が出ていましたが、何かのソフトかシステムですか?

バックパックで今度旅行したいな、と思っていて、ちょっと気になりました。
 
 
 
TBありがとう (poiuy)
2005-11-26 14:48:35
こんにちは、TBありがとう。

確かに路線と組んでってのも面白いかもしれない。



いまは純粋に娯楽として楽しんでます。やっぱみんなが書いているように昔住んでたところとか旅行で行ったことがあるところ。。そして世界の名所とか眺めてるだけで楽しくなります。

googleマップもあるけど、やっぱり面白さはgoogleearthのほうが圧倒的に上ですね。64bit版と多言語対応版・・ぜひとも出てほしいですね。
 
 
 
TBありがとうございます (egoo)
2005-11-29 11:05:06
TBありがとうございます。

こちらからもTBさせてもらいました。



なんにも考えずにgoogle earth使ってましたが、

確かにこれをどんな風に変化させ

活用できるようにしていくのか。

見もののように思います。
 
 
 
TBありがとうございます (kei)
2005-11-30 04:21:17
>旅行に行くときは遠方の地図が便利です。

年始に海外に行く予定がありましたので、道や施設の位置などがバッチリ理解できました。

確かにgoogleマップにしても交通機関に関しては理解し辛い点がありますので路線探索が強化されるとより便利になりますね。
 
 
 
コメントありがとうございます。 (暇人)
2005-12-10 17:09:04
Google動きました。



Google、公共交通機関乗換案内のβ版公開(ITmediaニュース)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/09/news013.html
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
Google Earth (グーグルアース) で遊ぶ (今日もいいウンココロ)
Google Earth グーグルアース、聞いたことありますか?既に知られている人には知られている存在だと思いますが、世界中の空中写真を見ることができるフリーソフトです。
 
 
 
google earth (■□egoo-log□■)
最近話題になっている『google earth』 使ってみましたよ。 地球の人工衛星写真が見れると言うこのソフト。 そこそこの性能があればいけるみたいです。 ちなみに使ったのは Celeron1.8GHz,グラフィック内臓{/pc2/} これマジすごいです。 まずはインターフェースと富士山か
 
 
 
Vol.029 マッシュアップ 2 (日本人が誰も知らない?!海外ネットビジネス速報)
さて、マッシュアップは、言うまでもなく、地図をどのように、 使うかがポイントです。 たんに、地図上の店などの広告を載せるのでは、おもしろくありません。 サイトに訪問してくれた人に、なにか役に立つ情報を提供できないか と考えると、いいアイデアが出てくるかもし.