泣ける笑える玉手箱   長崎沙織 

お笑い・ポエムなど
 

(ポエム) かかえきれない荷物なら 長崎沙織 (2010年 3月の詩)

2016-04-21 22:47:19 | ポエム

かかえきれない荷物なら

ちょっとここらで

一休み

誰も責めたりしないだろ

 

かかえきれない荷物なら

ちょっとここらで

一休み

木陰を探して寝転んで

 

流れる雲を

追いかけよう

 

かかえきれない荷物なら

少しは誰かの手を借りて

上手な持ち方覚えよう

 

かかえきれない荷物には

いろんな思いが詰まってて

 

時には痛みが突き刺さり

声あげ泣きたくなるだろう

 

かかえきれない荷物には

捨てられないものあるけれど

 

誰かと一緒に持ったらば

心が軽くなるだろう

 

誰もが荷物をかかえてる

 

見えない荷物をかかえてる

 

かかえきれない荷物なら

ちょっとここらで

一休み

誰も責めたりしないだろ

            end

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(you tube) グラバー園 精霊流し 2015 夏  長崎沙織

2015-08-23 23:43:04 | 長崎沙織の you tubeです。

8月15日

数十年ぶりに長崎市のグラバー園を

訪れました。

世界遺産に登録された園内は

晴天にも恵まれ

多くの人達が訪れていました。

グラバー富三郎さんの時代に

祖父一家はグラバー亭で暮らし

祖父は コックをしていたそうです。

レンガ造りのキッチン。

祖父はどんな料理を作っていたんだろう・・

と想像しながら見てしまいました。

夕方からは 精霊流し。

動画をお楽しみくださいませ。

グラバー園と精霊流し

               end                 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

(笑い) トメさん ポークって何じゃろな   長崎沙織

2015-06-28 14:35:38 | 笑えるトメさん

わ~~~~!

江戸から長崎に引っ越して外出時間が激減!

まとまった老人がウロウロする

巣鴨のような通りが・・ない!

喧嘩も出来ん!どうなってんだ!

しか~し!スマホという現代文明とは 

上手に付き合いをしとります。ハイ。

この年で スマホを使いこなすトメくん

あんたは エライ!

ついつい・・・ラインゲームの

ポコパンやらツムツムをやっておったら

・・・飽きた・・・

そこでだ!

フエイスブックなどという

アメリカ生れのお友だちコーナーにまで

手を染めてしもうた・・・トメ。

システムはよくわからんけんど

とにかくだな 新しいものにはだな

チョッカイを出す!これがモットー!

数名の友人をゲット!どうだ!まいったか!

そこへ・・・

「トメさん ポーク1件があります」

との伝言を発見。

え?ナヌ?ポーク?

あたしゃね どっちかというとだな

ビーフが好み 次がチキン

三番目が ポークだよ。

何なのさ! そのポークって?

トメさん などと名指しでのお知らせ。

仕方ない・・

とりあえず おそるおそる開けてみると・・

フェイスブックつながりのお方の記事が

ヒョイっと画面に・・

あじゃじゃじゃ~・・どげなこと?

しょうが焼きじゃないの?

ソテーでもなく 冷しゃぶでもないの?

食いモンじゃないんか!

どうなってんだ! フェイスブック!

謎めいたことば・・・ポーク・・

 

そうだ! 

最近 このトメより出遅れて

スマホを手に入れたオオバカ息子に

聞いてみるか・・

「ちょいと!見とくれよ。

このポークって 一体全体 何なんだい?

ある日 ひょっこり

マイ・スマホに乗り込んできたんだけんど」

 

「やはり・・ばあさんにはわからないか・・

年には勝てないな~。

 これは

 ちょこっと お知らせ。

 ちょこっと 元気かな?

 ちょこっと 肩をツンツン。

 つまり 軽い挨拶ってとこだな」

「ほほ~・・・ポークは軽めに・・

あくまでも薄味で? サッパリと?」

「お袋!まさか・・豚肉と間違ってんじゃないだろな。

あいさつは p o k e

豚肉は p o  r  k

スペルが 違うんだよ!スペルが!

発音は ポ ウ ク と ポ オ ク わかる?」

「やかましいね~! 

いちいち知ったかぶりして!」

 

んま~・・

どこで仕入れた情報なんだか・・

オオバカ息子の奴 意外にも知っておったか・・

しか~も・・フェイスブックにまで手を染めておったか・・

バカタレが~!

やや・・先を越された悔しさがフツフツと・・。

 

 ん?

・・・・って~ことはだよ

このトメくんも

誰かれ構わず

ポークをプレゼント出来るってこと?

ツンツンツンツン 肩たたき!

チョンチョンチョン と こにゃにゃちわ!

 

しか~し・・どこでポークするんじゃろか?

又 オオバカ息子に聞かねばならぬのか・・

「ちょいと!

どこで ポークするんだい?え~?

このスマホのどこで?」

「ほら! この画面の下の その他ってところを

ポンっと押して ほらほら ここに

ポークってあるだろ?

ここを ポンっと押して・・・」

「で?」

「ポークしたい人を選んで・・・」

「ポーク?」

「ポーク」

「ポーク?」

「ポーク」

・・・・・・

「はっきり言っておくけど

おふくろみたいなばあさんに

ポークされて喜ぶ奴はいないな。」

「当たり前だよ!

痩せても枯れても トメだよ!あたしゃ~。

喜ばせる気なんて サラサラないよ!

手当たり次第に ポーク攻撃で

腹一杯にしてやるんだよ~~!

ポークなんだから ニクまれてなんぼだろ?」

                      end

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

(youtube) 長崎ランタンフェスティバル 2015   長崎沙織

2015-03-24 09:40:01 | 長崎沙織の you tubeです。

長崎ランタンフェスティバルに行ってきました。

毎年 数十万人が訪れるそうです。

メガネ橋ライトアップと中国変面ショーの動画です。

どうぞ~!!

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

(日記) おはようの場所   長崎沙織

2015-03-15 16:01:32 | 日記

姉夫婦が暮らしている

長崎県諫早市に引っ越して

数ヶ月が過ぎた。

 

33年間の東京暮らし。

見上げれば

首が痛くなるほどの高層ビルも

信じられないような人込みも

ズラリと並ぶ華やかなお店も

真夜中でも明るい通りも

懐かしい思い出になった。

 

長崎市の隣りにある諫早市は

静かで清潔。

殆んどの人が車で移動しているので

人通りは少ない。

引越しの後片付けや手続きで

バタバタと過ごした毎日。

せっかくだからと

家具なども少し新しくしたり

カーペットを敷いたり・・

くたびれた夫婦には

落ち着くのに2ヶ月ほどかかった。

歩いて15分程のところに住んでいる姉が

いろいろと世話をしてくれ

あれこれと差し入れもしてくれ

心強く有り難かった。

 

さて・・・・

落ち着いてみると

これからの生活のこと。

 

仕事を始めなければ・・・

資格があるのでなんとかなるだろう・・

と就職先も決めずに

あっさりと帰ってきたものの

65歳という年齢である。

 

偶然とは不思議なものだ。

諫早市で調剤薬局を営んでいる

同級生がいるよ。

と 学生時代の友人が教えてくれた。

名前と顔は知っていたが

一度も話したこともなく

学校をサボってばかりの私の事など

おそらくは 記憶していないだろう。

(どうしようか・・・ハローワークに行ったほうがいいかな・・

 いきなり 電話しても迷惑かも・・・この歳だし・・)

と 迷ったが ドキドキしながら

・・・電話した。

明るい優しい声が聞こえた。

私の友人から話は聞いている・・

一度 お会いしましょう

との返事。嬉しかった。

 

今 その薬局に週4日

パートで働かせてもらっている。

自宅から歩いても行ける距離だ。

事務の女の子たちも

真面目で優しい。よく働く。

若くて ピチピチしている。

あれこれ 失敗しながら

迷惑をかけながら

教えてもらいながら

新しい職場での毎日。

今までの経験が

役に立つこともあれば

役に立たないこともある。

(今まで何をやってきたんだろう・・)

と 反省することもある。

 

それでも 一番嬉しいことは

この街の中に

「おはようございます!」

と言える場所が出来たということだ。

「お疲れ様!」

と言える場所が出来たということだ。

 

どこに暮らしていても

繋がりがなければ

人は寂しい。

 

その場所は

職場でなくても

趣味のサークルでも

小さな居酒屋でも

ファミレスでも

近所の公園でも

駅のホームでも

バス停でも

リハビリのホームでも

 

「おはよう!」

と言える場所があれば

人は 勇気を出して

生きていけるのだろう。

 

「おはよう!」

ただそれだけで

元気をもらい・・・

元気を与える・・・

 

その場所は

心の一歩を踏み出せば

誰もが見つけられる

暖かな空間だ。

 

                 end

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

(写真) 梅のあみだくじ  長崎沙織

2015-02-14 20:09:46 | 写真

 

暖かな日差し。

散歩の途中

梅のあみだくじを見つけました。

どれを選んでも・・・

きっと 春です。

      

                                       end

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(イラスト) トメさんの勝手なバレンタインデー  長崎沙織

2015-02-11 01:40:04 | 笑えるトメさん

 

 おほほ~!

 届くじゃろか~。 

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(写真) 屋根の上の職人さん  長崎沙織 

2015-01-31 14:50:23 | 写真

 

隣の家の修復工事。

屋根の上で

朝から夕暮れ時まで

働いている職人さん。

なんだか いいな~・・。

         

        

 

              

 

 

                     

                                                                                  end

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

(ジャポネット高台) ぜい肉マシーン トッテリーナ

2015-01-17 20:35:27 | ジャポネット高台

みなさ~ん!お久しぶりぶりです!

ジャポネット高台テレビショッピングのお時間ですよ~!

まだ 営業しとるんかって?

もう 売るものはなかろうって?

それがですね~! あるとですよ!

さ! 本日のお勧め商品はですね

その名も 仰天の逸品!

「ぜい肉マシーン トッテリーナ!」

またまた ご冗談を!

などと 今 フン!と鼻で笑った そこの奥さん!

これを見ないと・・ソフトバンクの社長ですよ~・・

じゃなかった・・・損ですよ~!

ハイ! これです! カメラさん ズーム・アウト!

しちゃ~いけましぇん!

ズーム・インイン さらにイン!

ごらんくださ~い!

このマシーンは

たった5分!たった5分でですね~

奥さんの気になるぜい肉を

・・・・トッテしまうんですよ!

5分ですよ!5分!

5ヶ月じゃないんですよ!

今まで試した あらゆる健康器具たちがですね

頬を赤らめて スゴスゴと立ち去ります!

(いや~・・やられたな・・こいつには・・)

ではですね 早速ですね

この神業マシーンの威力を

ご紹介しますよ~! 

奥さん! 鏡の前でまず一番気になるところは?

ハイ。聞かなくともわかりますですよ~!

それは・・おなか・・・はっきり言えば 腹!

このマシーンはですね

気になる部分をこのベルトで挟んで

5分間 振動を与えるとですね!

ぶよぶよと腹周りでだらしなく漂っていたぜい肉が

・・・・・とれます!確実に!100%!

しかもですよ! それだけじゃありましぇん!

ななな~んと!ここ大事なとこですよ~!

ぜい肉が!ぜい肉が!

筋肉に変貌を遂げるんですよ!

あっという間にですね~

腹筋が・・・割れます!見事に!

割れていいのは 筋肉と卵ぐらいですよ~!

これ ほんとですよ~~!

もうですね!ママ友からは

「いつの間にジムに通っていたの~?

 信らんな~い!」

などと羨望のまなざし・・

年齢に関係なくですね

ヘソ出しルックも夢じゃ~ありましぇん!

更に! 奥さんの気になる二の腕!

ここにもですね!このベルトを巻いていただくと!

な な なんとですね!

腕の場合は 時間が短くても オッケー!

3分!3分!両腕で合計たったの6分!

ダラ~リとたるんだ腕周りが

変貌を遂げ

適度なですね 筋肉付きの二の腕が

あっという間にですね

奥さんの肩の下に登場しますよ~!

これはもう 夢のマシーンですよ!

もうですね!

10年間封印していた

ノースリーブのワンピースを

タンスから引きずり出して

街をお散歩できます!

「見て見て!私の二の腕を!」

思わず 道行く人を呼び止めて

指差し確認をしたくなるほどですよ~!

プルルンプルルンと

歩くたびに妙な動きにウンザリ。

「どっかに行っちまえ~!」

などと腕をつねったりすることも・・

もうありましぇ~ん!

そして 奥さん! ここ肝心です!

ジーンズですっぽり覆った・・太もも・・

これは 大問題です。

「昔は・・両太ももの間に隙間があったのに

 今は・・あの空間はどこに消えたのかしら・・

 探してもみつからないのよね~・・

 時々 すれて痛いのよね~」

ずばり!立派なぜい肉です!

さ~・・ここにもですね

このベルトを巻いて頂くと

5分!5分!

両足合わせても たったの10分!

見事な若き日の太ももに大変身!

脂肪を筋肉に変えてくれますから

ガリガリではなく

適度にキュン!と引き締まった太ももが

完成しますですよ~!

今までのジーンズサイズがブカブカ!

すぐに新しいジーンズを買いにいくことに!

しかもですね~ シルエットが美しい立ち姿に!

素晴らしいでしょう?

 

実はですね~・・・

ジャポネット ここ数年間

社員が総力をあげて

秘密の研究をしておりましてですね~

奥様方の日頃の悩みを解決できないかと・・

とにかく ぜい肉を取り 筋肉をつける!

時間をかけずに

いっぺんに出来ないものかと・・

そしてですね~!

ついに!ついに!ぜい肉から筋肉への変換成分を発見!

はい! ジャポネット独占です!

その名も

ゼイキン

こんなに嬉しいゼイキンは

他にはありましぇん!

 

こりゃあですね 乳酸菌・ガセリ菌などと並ぶ

画期的な成分ですよ~!

このベルトから 高濃度の「ゼイキン」が噴射!

研究を重ねた微妙な振動によってですね

スイッチの切り替えひとつで

あらゆる身体の部位に対応してですね

絶大なる効果を発揮するんですよ~!

うそじゃあ ありましぇんよ~!

夢の夢のマシーンなんですよ~!

特許 申請中ですよ~!

一回の使用で1か月の効果が持続!

 しか~も!

べルトを3年に一度交換すればですね

10年間使えますよ~!

 

そこの奥さん!

この「ゼイキン」たっぷりの器具

「ぜい肉マシーン トッテリーナ」

じぇひ!じぇひ! お試しください。

もちろん!

女性だけじゃあ ありましぇんよ!

デップリお腹をさすって

リビングに横たわっておられる

 ご主人にもお試しくださいね~!

時間は 女性よりもプラス2分となります!

お間違えないよう お願いしますよ~!

 

さ 気になるお値段です!

今回は 史上初の健康器具ですので

お試し価格となります!

ジャポネット 頑張って大サービスです!

信じられないお値段ですよ~!

29000円!29000円!

ニクゼロ!ニクゼロ!

廊下でホコリを被った器具たちに比べれば

ダ~~ンゼン お得ですよ~!

今回は

先着100名様となっておりますよ~!

交換用ベルトは別売りで

9674円! 9674円!

クローナシ! クローナシ!

破格でご提供しとります!

こちらも 100個ご用意しとりますよ~!

ご注文は

414141の414141

414141の414141

お電話お待ちしておりま~す!

ジャポネット高台でした~!

                   end

                                       

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

(笑い)  トメさん  江戸のハタキは長崎で

2015-01-12 19:31:39 | 笑えるトメさん

数ヶ月前。

東京都北区王子のトメ宅にて。

 

「おふくろ。俺・・・転勤だって。」

「あら そうかい。」

「長崎だよ!長崎!」

「あら そうかい。福砂屋のカステラ頼んだよ。

 ありゃあね 底に貼ってある薄紙はがすと

 ザラメが付いててうまいんだよ。」

「おふくろ!転勤だよ!テ・ン・キ・ン・!」

「だからあ~! カステラを頼んだよ!って言ってるだろ?

相変わらず しつこい男だね~。誰に似たんだか知らんけど」

「・・・とうとう・・出張と転勤の区別もつかなくなったか・・・」

「あれま。あんた 出張と転勤って何か違うの?

長い 短いだけの話だろ?

「あのね! 俺ね! 長崎の支店で働くことになったんだよ!!

ず~と!!何年も!急に決まったんだよ!」

「そりゃあ・・通うのが大変だね~。

交通費はちゃんと会社から出るんだろうね?

あそこは九州の西のほうだから 

通勤時間も 半端じゃなかろうぜ!ご苦労さん!」

「おい! ばあさんに言ってやれ!」

「お母さん!冗談は止めてくださいよ!

 あのね これから何年になるかわからないけど

 あなたの このまぬけな息子が!!

 出世なのか 左遷なのか知らないけど!

 長崎の支店に 転勤になって!

 定年まで働くかもしれないから!

 わたしたち!思い切って!

 東京から 長崎に! 引っ越すんですよ!

 この家を引き払って!

 長崎に 住むことに!なったんです!

 わかった??このば~か!」

「え?・・・どげなこと?

この家を?引き払って?あんたらは?

長崎に? 引っ越す? 

はて・・・・な? あんたらが・・この家からいなくなる・・

つまり・・・このトメは自由の身となり・・

この家のすべての部屋を・・使い放題!ってこと?うん?

部屋は4つしかないけんど。」

「そんなこと 言ってる場合じゃないでしょが!

私たちがいなくなって!

この古びた一軒家に!

古びた老婆が!

一人でちゃんと暮らせるかどうかって!

聞いてんだよ!親切心で!!」

「んま~・・その高飛車な態度!

嫁いで来たときからビタ一文変わらないね~!

このトメが古びた老婆?

老婆は古びてないと価値がないんだよ!

ああたらが長崎に行けばだな

その横柄なる鬼嫁の振る舞いに

このか弱きトメくんが涙することもなくなる・・・

どうじょ! どうじょ!行っとくれ!

こっちは 清々するぜ!」 

「あらら~・・・そうですか・・

 そりゃ~ 良かった~・・

 パパ!行かないんですって!

 私たちが こんなに一緒に行きましょうって

 説得したのに・・・・ねえ~?」

「おふくろ・・どうすんだ?うん?」

「・・・・・つまり・・・

この家にばあさんを残して

二人で長崎のマンションかなんかに引っ越して

うるさいばあさんから開放されて

自由なる暮らしをしようって魂胆だな?

孫のみきちゃんはアメリカ暮らしで帰っては来んし

どうせばあさんは行かないだろう・・

な~んて 甘い考えをしておる。

王子に住み慣れたばあさんが

九州なんぞに行くわけがない。

しか~し! とりあえずどうするか聞くだけ聞いてみよう・・

あとで ゴチャゴチャ言われても面倒だから・・

という筋書きだな。

 

よ~く!わかりました!

トメが邪魔なんだね~結局は・・・

・・・年を取るのは・・グス・・・辛いね~・・

一人で・・この家に残ります・・・ハイ。

ああ~・・・・・・・

玄関の鍵を開け・・ガチャ。

暗い部屋に足を踏み入れる・・ガラガラ。

電気のスイッチを入れ・・・・プチ。

カップラーメンをすすり・・・・ズルズル。

コタツに丸まって・・寝る・・・グワ~ッ。

風邪を引いて・・・・フワックション。

そのまま凍死・・・・・ナンマイダ~。

・・・・・・・・・・・・・

ってなわけにはいかんぞ!!

ベッタリくっ付いていくぞ!

人生最後まで あんたらを困らせてやる!

王子は もう!制覇した!

東京タワーも スカイツリーも征服した!

九州には 

温泉もあるじゃないか!

とんこつラーメンもあるじゃないか!

うまい魚もあるじゃないか!

軍艦島もあるじゃないか!

茂木びわもあるじやないか!

教会群もあるじゃないか!

行きたいとこがわんさかあるんだ~!

行かない理由は 一切なし!

さ~!! 連れていくんだ!このトメを!

ダメよ~♪ ダメダメ♪ なんて言うんじゃないぞ!」

「・・・・・・」

「・・・・・どうする?パパ。」

「こんなおふくろでも

悲運なことに母親だからな・・・

連れていくか・・・」

 

「ハイ!決定しました!

親孝行な息子と嫁を持って

トメくん シ・ア・ワ・セ♪  エヘ。

 

「お母さん!一緒に来たいんだったら

自分の部屋くらいちゃんと片付けて

ガラクタは捨ててくださいね!」

「じいさんの仏壇は?」

「ば~か!捨ててどうすんだ!

とにかくね!

自分のことは自分でする!

わかった?こっちはいろいろ忙しくなるんだ!

今度住むところは

小さなマンションなんだから

お母さんの部屋は

4帖半しかないですよ!」

「大丈夫だよん! 入らない荷物はね~

 あんたらの部屋に置かせてもらえば

 問題なかろう?何か?」

「そんな考えじゃ~ 今までと同じくらい

グチャグチャの部屋になります!

これがいい機会なんですから

ホコリだらけのタンスやコタツも

キレイに掃除して

すっきりさせてもらわないと 困りますよ!」

 

「ご心配なさるるな。

 江戸のハタキは長崎で!」

「ば~か!」

 

10月某日

東京から長崎へと

トメ一家移動。

                 end

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

(ごあいさつ) 明けましておめでとうございます。

2015-01-01 00:00:00 | 笑えるトメさん

 

 明けまして おめでとうございます。

 今年も 張り切って参りましょう!  トメ。

 

            

 

    

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

(ポエム) 遠くなった あなたへ

2014-12-08 00:29:48 | ポエム

あなたは いつも 動いていた

あなたは いつも キラキラしてた

あなたは いつも 忙しげだった

あなたは どこか 孤独だった

あなたは

捕まえようとすれば逃げていく

形のない憧れだった

 

あなたに出会って

たくさん 学び

たくさん 知った

 

人は

人と生きて

人生がある

 

賑やかな街も

触れ合う人がいて

大切な 人がいて

初めて

心に光が灯る

 

遠くなった あなたは

不思議に

ふるさとのように

懐かしい

 

ありかとう・・  東京

ありがとう・・巡り会えた人たち

 

                                       end 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

コメントを下さった皆様 ブログを見て下さった皆様   長崎沙織

2014-12-06 13:52:04 | 日記

 

長い間 ご無沙汰しました~。

コメントを下さった

karinさん!

たいそんさん!

てくっぺさん!

ベルママさん!

つねさん!

ほたるさん!

本当にありがとうございました。

お返事も書かず ごめんなさいね。

そして グログを見て下さっていた皆様

ありがとうございます。

 

8月に 25年間お世話になった

勤務先の調剤薬局の閉店

9月に残務整理・退職

10月に生れ故郷の長崎へ引っ越し

11月は引越しの後片付けと

慌ただしい4ヶ月を過ごし

12月に入って ようやく一段落しました。

 

 

皆さん お元気のことと思います。

時々 スマホを開いて

あ~・・皆さん頑張ってるな~と思いながら

見るだけの日々を過ごしていました。

根っからの 無精者です。ペコリ。

又 ぼちぼちと

ブログを始める予定です。

宜しくお願いします。

                              長崎沙織

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(ポエム) 行く場所 帰る場所  長崎沙織

2014-07-18 08:23:21 | ポエム

誰だって

欲しいのだ

行く場所を

 

行く場所を

なくせば

じっと 一人

膝をかかえ

時間の過ぎるのを

待つしかない

 

誰だって

欲しいのだ

帰る場所を

 

帰る場所を

なくせば

じっと一人

暗い夜に

佇むしかない

 

行く場所・・・

 

帰る場所・・・

 

人は いつも

それを求めて

長い 長い道を

歩き続ける

 

行く場所にある 

希望

 

帰る場所にある

安らぎ

 

人は ただ

それを求めて

 

長い 長い道を

歩き続ける

 

行く場所は

心の中にある

 

帰る場所も

心の中にある

 

心を開けば

きっと

見つかる

 

立ち止まり

振り返り

涙あふれる

日々があっても

 

行く場所・・・

 

帰る場所・・・

 

思い出の中にも

 

その場所は・・・・

 

ちゃんと ある

 

だから

 

また

 

歩いていける

 

                                           end 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

(日記)  はるおばさん   長崎沙織

2014-06-27 15:43:13 | 日記

先日

長崎の姉から 電話があった。

「はるおばさんが 亡くなったとよ」

 

はるおばさんは 

父の一番上のお姉さん。

大好きな おばさんだった。

107歳。

8人いた おじさんおばさん達が

みんな いなくなってしまった。

とても 寂しい。 

月日の流れを 切なく感じずにはいられない。 

 

父も母も 亡くなってしまったけれど

はるおばさんが 長生きで元気でいてくれる・・

それだけで 

不思議と心強かった。

 

はるおばさんとの思い出は

若かった自分との思い出に重なる。 

学校の帰りや 買い物の帰り

我が家に向かい

急な石段を登っていく途中に

はるおばさんの家はあった。

おばさんの家で休ませてもらっては

お茶をご馳走になり

時には 美味しいお菓子もご馳走になり

何でもないお喋りをして

「じゃあね~ おばさん」

「又 おいで~」

 

はるおばさんは どんな時も

ニコニコとしていて

怒った顔を見たことがなかった。

私の母は 

喜んだり 怒ったり 

泣いたり 笑ったり

感情をそのままさらけ出す・・・

そんな性格だった。

そして そのいろんな表情が

今では かけがえのない思い出でもある。

 

はるおばさんの思い出は

穏やかな笑顔ばかり。

 

はるおばさんは 若い頃に

大きな悲しみを経験している。

上の二人の息子を

8月9日の原爆で一瞬にして失った。

夫も被爆し 生死をさまよった。

その時のショックは

どれほどのものだっただろう。

まだ生まれていなかった私には

ただ 想像することしか出来ない。

それでも 

心の奥の深い悲しみを隠し

グチをこぼすこともなく

いつも笑顔だった。 

おばさんから

「辛かった・・苦しかった・・」

という話を 一度も聞いたことがない。

生きている・・・それだけで充分・・

そんな思いで 暮らしてきたのだろう。

両親の世話をし 

下宿していた姪っ娘を可愛がり

まるで 柔らかな空気のように

ふんわりとしていた。

 

年末の餅つき大会も

おばさんの家の庭先に

近所の人たちが大集合。

縁側で みんなで餅を丸めた。

大変なことも 何でもないように

サラっとこなしていた。

 

料理も上手で

お正月の煮豆の味は 最高だった。

はるおばさんのお父さん・・・・

私のおじいちゃんは

グラバー邸でコックさんをしていたので

きっと 料理のセンスは

父親ゆずりだったのだろう。

 

私がまだ幼い頃に

父と母が 赤痢にかかり

二人とも同時に入院。

小さかった私たち子供三人は

不安でいっぱいだった。

その時も 自分の息子たちを引き連れ

長い石段を登って

我が家に泊まってくれ

料理・洗濯・掃除 全部引き受けてくれた。

両親のいない心細さに 

私は毎日 おねしょ。

そんな時も いつもニコニコして

黙って 後始末をしてくれた。

怒られた記憶がない。

 

それでも たった一度だけ

おばさんに言われた言葉が

今でも忘れられない。 

 

高校を卒業後

私は地元の大学に合格し

意気揚々と難しそうな本を手に持ち

はるおばさんの家に立ち寄ったとき

おばさんが ポツリと言った。

「勉強が出来ることと

賢いということは 違うよ、

〇〇子ちゃん。」

 

ドキリとした。

 

あれからもう45年以上過ぎたけれど

辛いことや 悲しいことが

降りかかってくるたび

失敗をするたび

はるおばさんの あの言葉が

心に浮かんでくる。

 

その通りだね おばさん。

どんなに教科書を暗記しても

賢くはなれないね。

 

人への思いやりや 優しさを

自分自身で育て

持ち続けることが

賢いことなんだね。

 

生意気な私に足りないものを

おばさんは 

わかってたんだね。

 

その意味が

心にズシンと響くよ。

 

おばさんが

107歳まで生きたのは

原爆で一瞬に亡くしてしまった

二人の息子たちの

生きるはずだった命の分まで

頑張ったんだね。

 

今まで 気付かなかったけど

きっと そうなんだね。

「お前たちの分まで

お母さんは生きてきたよ」

息子たちに

そう伝えたかったんだね。

 

はるおばさんは

親思いの末っ子

みっちゃんのそばで暮らし

孫たちにも恵まれ

幸せな 晩年だっただろう。

ここ数年は 体力も落ち

入院をしていたけど

私の姉が時々見舞いに行くと

「来てくれて ありがとう ありがとう」

と何度も言ってたそうだ。

そして

あの優しい顔で 笑っていたそうだ。

 

はるおばさん・・ 

戦争という辛い日々を乗り越えて

よく生き抜きましたね。

楽しい思い出を ありがとう。

たくさん たくさん ありがとう。

 

あなたの大好きだった弟・・・・

私のお父さんに会ったら

よろしくね。 

                end

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加