西京極 紫の館

サッカー観戦、映画や音楽鑑賞、読書などなど、
日々のなんやらかんやらを書いてみようかな、と♪

レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー

2013年02月01日 00時16分51秒 | 西京極シネマ
【出演】
 ヒュー・ジャックマン
 ラッセル・クロウ
 アン・ハサウェイ

【ストーリー】
19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、彼は市長にまでなっていた。バルジャンはファンテーヌという娼婦と知りあい、彼女の娘・コゼットを里親から取り戻すと約束をする。しかしある刑事の出現をきっかけに、彼の過去が暴かれることとなり、彼は自分の正体を告白し、コゼットを連れて逃亡する…

【西京極の評価】
客観的に観るとこの「ああ無情」ってかなり出来過ぎなお話ですよね?それなのに3時間近い時間観続けてしまえるのはミュージカルだからこそなのかもしれません。ほとんどが心理描写を台詞にしちゃってるし、普通のドラマだったら完全に脚本家の手抜きです。それが歌だとすんなり受け入れられてしまう。これこそミュージカルの力なのでしょう。あ…短い台詞まで歌ってしまうところはミュージカルというよりむしろオペラか?圧巻は冒頭の囚人たちが巨大船を海からドックへ引き上げるシーン。このスペクタクル感は凄い。その凄さが最後まで持続できれば良かったのだが、マリウスとコゼットの一目惚れ辺りからややご都合主義っぽさが気になりだして…原作通りではありますが、エポニーヌが可哀想過ぎる…彼女の扱いの分やや評価厳しめで☆3つにしました。

【総合評価】 ☆☆☆★★(満点は☆5つ)
 ストーリー ☆☆☆★★
 演出/演技 ☆☆☆★★
 映像    ☆☆☆☆★
 音楽/音響 ☆☆☆☆★

人気ブログランキングへ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テッド (日本語吹替版)  監... | トップ | 声をかくす人  監督/ロバート... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ですねえ (sakurai)
2013-02-05 13:55:22
中身は、原作に比べるとずいぶんと薄っぺらいもんになっているのですが、それが3時間近くの映画になるというのは、ミュージカルのおかげですね。
私は、ミュージカルがどうも苦手で。
歌になった瞬間、自分の中で映画対する緊張感がなくなってしまうですよ。
セリフの一個も聞き逃さないように!!って張りつめて対峙している気持ちを削がれるというか。
私の勝手なのですがね。
冒頭のシーンは圧巻でしたね。あすこは見どころでした。
最初に一番のごちそうを出されたみたいで。。。。
sakuraiさんへ (西京極 紫)
2013-02-05 17:37:07
コメントありがとうございました。

僕はミュージカルには先入観はないのですが、
映画が全体的に軽くなるのは否めませんね。
その一方でミュージカルでなきゃ
こんな台詞恥ずかしくて言えねぇ〜!!
っていうのもあります。
今回も結構そういうところがあった様に思います。

ラストのカーテンコール的歌いあげシーンが
冒頭の船引き上げシーンに勝てなかったのが
やや拍子抜けしました(苦笑)
映画 (iina)
2013-02-10 11:13:22
あいかわらずTBをたくさん集めましたね。33個ありました。33個の努力を思います。
拙ブログではTB13ですが、それなりなTBを貼った結果です。コメントの方がたのしいと思う気持ちが、時間差があるものの22個になった背景です。
こんな話は、前にも触れたかもしれませんね。この映画のコメントには、これに類する話題を上げなかったため、ほぼ終盤に残すことにしただけで特別に西京極 紫さんに印象づけられたわけではありません。m(__)m

映画はあるがままに愉しむに限りますが、あれこれ注文を出す方の評価や批評等を、覗き見る立場からすれば面白く拝読しています。
iinaさんへ (西京極 紫)
2013-02-10 17:19:12
コメントありがとうございます。

TBはその映画が公開当時(あるいはその後も)どれくらい注目されていたかの指標になるかなと思い、
目についた方(gooブログが多いですが)にTBさせて頂いています。
「レ・ミゼラブル」はさすが古典文学の名作だけあってTBも多めでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
レ・ミゼラブル (本と映画、ときどき日常)
監督 トム・フーバー 出演 ヒュー・ジャックマン     ラッセル・クロウ     アン・ハサウェイ いや〜、泣けました! 2回泣いちゃいました(涙、涙 もう最初から最後まで理不尽で悲しい出来事の連続(涙 パンを盗んで19年間刑に服したジャンバル・ジャ...
「レ・ミゼラブル」(1回目) (或る日の出来事)
かわいそうさを盛り上げる歌の力が加わって、気持ちよく泣けた〜。
レ・ミゼラブル (2012)/ヒュー・ジャックマン (カノンな日々)
もうね、あのファンテーヌの唄が聴こえてくるだけで条件反射的に感動の記憶が呼び起こされてしまいます。日本での舞台を1度観ただけなので偉そうなことは言える私ではありませんが ...
レ・ミゼラブル / Les Misérables (勝手に映画評)
傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。 “お昼休み”の番組のメイン...
レ・ミゼラブル(2012) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Les Miserables。イギリス映画。ヴィクトル・ユゴー原作、トム・フーパー監督。アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド ...
映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ〜〜(ノω≦。)…ジーン… (よくばりアンテナ)
映画観終わって数時間経っているのに、 まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。 映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのと つっこまれてもおかしくないほど涙...
映画レビュー「レ・ミゼラブル」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レ・ミゼラブル~サウンドトラック◆プチレビュー◆伝説的大ヒットミュージカルの映画化「レ・ミゼラブル」。音楽の力に圧倒される、力強い作品だ。 【70点】 19世紀のフランス。 ...
レ・ミゼラブル (あーうぃ だにぇっと)
レ・ミゼラブル@TOHOシネマズ日劇
レ・ミゼラブル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(P) もういちど家族に対し見つめ直したくなるそんな映画。
『レ・ミゼラブル』 2012年12月21日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『レ・ミゼラブル』 を鑑賞してきました。 今年の見納めでも良いと思っていた映画でしたが... 【ストーリー】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。...
レ・ミゼラブル (そーれりぽーと)
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて...
レ・ミゼラブル (ダイターンクラッシュ!!)
2012年12月22日(土) 15:50〜 TOHOシネマズ日劇1 料金:1000円(割引料金) 『レ・ミゼラブル』公式サイト かの有名な古典であり、有名なミュージカルだ。 原作は読んでおらず、ミュージカルも観ていない。 リーアム・ニーソンの「レ・ミゼラブル」を観たが、内容を...
レ・ミゼラブル (to Heart)
愛とは、生きる力。 原題 LES MISERABLES 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 158分 原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説) 脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー 監督 トム・....
レ・ミゼラブル (心のままに映画の風景)
19世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...
レ・ミゼラブル (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしかった!!
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
映画「レ・ミゼラブル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2013年の1本目は、もう2週目に入った1/9。 この調子では、昨年の数字(60本、ここ数年では最低)どころか、 週1本のペースも守れない。 来週は少し行かないと。 2013/1/9、109シネマズ木場。 昨年見たい映画に上げていた「レ・ミゼラブル」 ミュ....
レ・ミゼラブル (Akira's VOICE)
感動で満たされた!  
レ・ミゼラブル (風に吹かれて)
慈悲の心と愛に出会って公式サイト http://www.lesmiserables-movie.jpビクトル・ユゴーの同名小説のミュージカル舞台版の映画化監督: トム・フーパー  「英国王のスピーチ」
レ・ミゼラブル (もののはじめblog)
いつ行っても空いている映画館が、正月でもあり相当に混み合っていた。一安心。 なぜかしら、大勢で同じ映画を観る方が、より楽しく感じられる。 渥美清が話していたが、『男はつらいよ』で寅さんが家族達が鍋を食べてしまってから家に着いたため食べそこねすねる・・・場...
レ・ミゼラブル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Les Miserables監督:トム・フーバー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム・カーター・・・
「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?
レ・ミゼラブル (キノ2)
★ネタバレ注意★  トム・フーパー監督のイギリス映画です。  言わずと知れた超有名ミュージカルの映画化作品。  キャストは、主人公ジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマン、執拗にバルジャンにつきまとうジャベール警部にラッセル・クロウ、娼婦に身を落と...
イギリス映画「レ・ミゼラブル」、文豪の名作のミュージカル、その映画化! (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆☆ 世界の文豪ビクトルユーゴの名作を舞台化した「レ・ミゼラブル」。 そのミュージカルを映画化した本作は、全編歌で進行される。 レ・ミゼラブルといえば、中学時代、国語教師がこの小説を読み聞かせてくれ感動した思い出がよみがえる。 世界共通...
「レ・ミゼラブル」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
囚人番号24601。 銀の燭台。 女性の忘れ形見。
レ・ミゼラブル (538ねん。)
ツレが見たかった映画でした 帝国劇場とかでブロードウエイ翻訳ミュージカルを見てて ミュージカル映画なので見たいと思っていたとか 私がアマンダ・セイフライドにはまりこんでるのを知ってるので 一緒に行こうと調整して今日の鑑賞の運びとなりました ってかミュージカ...
「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる (はらやんの映画徒然草)
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった
レ・ミゼラブル (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...
レ・ミゼラブル 文句なしっ! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=4】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる17本目の鑑賞、妻と1月2日に鑑賞、朝から1人で3本鑑賞してようやく本命、そうとう疲労困憊やったのだ。 ラ・ミゼラブルは子供の頃以来、何度か本を読み、そして2005年の年末にミュージカル「「Les Miserables」を梅田芸....
映画:「レ・ミゼラブル」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年12月27日(木)。 映画:「レ・ミゼラブル」。 監  督:トム・フーパー 脚  本:クロード=ミシェル・シェーンベルク      アラン・ブーブリル      ハーバート・クレッツマー      ウィリアム・ニコルソン 原  作:ヴィクト...
「レ・ミゼラブル」と「コッホ先生と僕らの革命」のころのヨーロッパについて (迷宮映画館)
知ってるようで、知らない19世紀のヨーロッパ。
レ・ミゼラブル・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誇り高き人々の唄。 ヴィクトル・ユーゴーの不朽の名作を原作に、1985年にロンドンで初演されて以来、全世界で6000万人を超える観客を動員した傑作ミュージカル、「レ・ミゼラブル」の完全映画化。 十九世...
レ・ミゼラブル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 数ある映画ジャンルの中でも、ジャンルとしてここ数年あたしが一番好きなのはミュージカル映画なのですが、そんなミュージカル映画の決定版とも言えるコチラの「レ・ミゼラブル ...
レ・ミゼラブル (かこぶろ。)
ユゴーが1862年に発表してから約150年ですか!!! 大ヒット・ミュージカルを「英国王のスピーチ」でアカデミー監督賞に輝いたトム・フーパー監督で映画化。 ミュージカル映画は好き嫌いがあって敬遠する映画ファンもいるかもしれませんが いきなり歌って軽快に踊りだすこと....
映画『レ・ミゼラブル』を観て〜アカデミー賞3部門受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
13-1.レ・ミゼラブル■原題:Les Miserable■製作年、国:2012年、イギリス■上映時間:158分■観賞日:1月2日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:トム・フーパー◆ヒュー・ジャックマン(ジャン・バルジャン)◆ア...
レ・ミゼラブル (いやいやえん)
思っていたよりも良かったー。でも泣くほどでもなかったかな。 主人公ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、法の番人ジャベール役のラッセル・クロウ。不遇のファンテーヌ役のアン・ハサウェイが名曲「夢破れて」を素晴らしい声で歌いあげる(彼女が歌が上手...
レ・ミゼラブル (タケヤと愉快な仲間達)
監督  トム・フーパー  出演 ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ 【あらすじ】 1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年....
レ・ミゼラブル (Yuhiの読書日記+α)
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきたミュージカルを映画化したもの。監督はトム・フーパー、出演はヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド他。 <あらすじ> 1815年、ジャン・バルジ....
レ・ミゼラブル (RISING STEEL)
ご無沙汰してました!今年初めの映画レビューは大ヒットしたこの作品! レ・ミゼラブル / LES MISERABLES 2012年 イギリス映画  ワーキング・タイトル・フィルムズ ユニヴァーサル製作 監督:トム・フーパー 製作:ティム・ビーヴァン エリック・フェル...
映画 レ・ミゼラブル (2012年) (こみち)
JUGEMテーマ:洋画    ミュージカルを見ているような錯覚を受ける映画でした。   なので、映画として観るのでなく、ミュージカルとして   観たほうがしっくりきますね。    前評判とおり、フ...
レ・ミゼラブル (のほほん便り)
なんと、普通の台詞まで歌で、終始一貫した音楽劇なのに驚きました。だけど、俳優さん達の圧倒的・歌唱力と、ベースになってるリズムが一貫してるので、違和感ありません。じつは、普通、ミュジカル映画の場合、「後で音を入れる」けれど、この場合、その場で録音したもの...